カテゴリー「和食・食堂・定食」の記事

2016年8月27日 (土)

金沢で高級魚「のど黒」を食す。―金沢の旅(その4)

のど黒めし

テニスプレーヤーの錦織圭選手が。
「食べたい」と言って、話題となった「のど黒」。

「アカムツ」の別名として呼ばれる、この魚は。
北陸や山陰を中心に生息し。
その身は「白身のトロ」とも呼ばれ、高級魚として名を馳せています。

そんな「のど黒」を。
金沢での夜ゴハンに、いただくことができましたo(^▽^)o

お店外観

場所は、金沢の地元飲食店が集中する香林坊。
その一角にある「のど黒めし本舗いたる」
地元でも人気の高い、和食のお店です。

実は夜ゴハンも、気になっていたお寿司屋さんが臨時休業だったりで。
ゴハン難民になりかけいた、私たち(笑)。

ようやく、このお店を見つけたものの、待っているお客さんは10組以上☆
だけど、お昼にたっぷり食べたので、お腹も待てる状態だったし。
群馬ではまずお目にかかれない「のど黒」。「やっぱり食べたいよね!」ってことで。。。

…で、待つこと数十分。
日も薄暗くなってきた頃に、ようやく入ることができました(^-^)

お通しとビール

まずは、お通しを肴にカンパイ♪
私はいつも通りのノンアル(笑)。
(でも以前は、ノンアルでもビールは苦手で…最近、ようやく美味しく飲めるようになりました♪)

この後に蟹味噌(別注文)がやってきて。。。

そして、メインの「のど黒めし」

のど黒めし

釜のご飯一面に敷き詰められた「のど黒」。
炙られたことで香る、「のど黒」の旨味がまず、食欲をそそります。

「のど黒めし」の食べ方は3段階。
はじめは、そのままで。「のど黒」のストレートな旨味を感じて。

薬味入り

次に、薬味を入れて。

出汁入り

最後は、「のど黒出汁」をたっぷりかけて、いただきます。

初めて食べた「のど黒」は。
脂がのっていて。でも白身だからなのか、後に残る脂味ではなくて。
まさに「白身のトロ」。

口に入れた途端、思わず「!」と唸ってしまうほど。
美味しかったです。

出汁も、「のど黒」の旨味が濃厚で。
この出汁だけで、ご飯食べたいと思ったくらい(笑)

店内の様子

あの錦織圭選手が「食べたい」と言ったのも。
十分頷けるほどの美味しさ。

そんな北陸ならではの味を。
味わうことができて、とても幸せだと思いましたo(^-^)o

のど黒段ボールアート

…あ、この方も、食べられたのですね♪

のど黒めし本舗いたる
石川県金沢市柿木畠2-8
TEL:076-233-1147
営業時間
・昼 12:00~14:00(L.O.)
・夜 17:30~20:30(L.O.)
定休日 日曜日
URL:http://www.itaru.ne.jp/
※なお、すぐ近くには姉妹店「酒と人情料理 いたる(本店)」もあります。こちらは地酒とともに地元の新鮮魚介を堪能するお店です。

-------------------------------------------

…なお、この「のど黒めし本舗いたる」のメニューで。
思わず釘付けになってしまったのは。

メニュー

アイスクリームです(笑)
「加賀棒茶」「能登塩」「五郎島金時芋」―と、どれも金沢(石川県)ならではの味。
モチロン、〆にいただきました♪

加賀棒茶とアイス

悩んだ末、選んだのは「加賀棒茶」。
本来の加賀棒茶(お茶)も、「上がり」で出してくれたので。
一緒に堪能しました。

アイスもお茶も、ほうじ茶ならではの香ばしさはあるものの。
どこか透き通るような、香りと味で。
金沢らしい味だなあ…と、思いました(^^)
(金沢の旅、まだつづきます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

真田丸ツアー・群馬編(その3)~「オイシイモノ」編。

前回前々回と続いた「真田丸ツアー」は、もう少し先があるのですが。。。
今回は「食べ物編」。
ツアーの合間にいただいた、「オイシイ(美味しい)モノ」を紹介します♪

…歴史探訪もいいけれど。
「美味しいモノ」も、押さえないとね…笑(^-^)v

まずは、みなかみ・月夜野の「名胡桃城址」→沼田市街へ向かう道中。
昼ゴハンにと寄ったのが。

「銀の月」外観

カツレツと紅茶の「銀の月」です。
行程を打合せしていた時に、ランチの場所が問題になりまして☆
(「名胡桃城址」周辺って、余りないので…)
その時、尾瀬の帰りに「銀の月」寄ったことを思い出しました(^-^)

ワンプレートランチ

平日限定のワンプレートランチ♪
揚げ物2種類に煮込み料理、サラダ、玄米ご飯。
そして、野菜のデリが3種類。ピクルス。お味噌汁やシャーベットもつきます(ドリンクはプラス料金)。

この日の揚げ物は海老フライに、鮭のクリームコロッケ(だったはず…)。
煮込み料理は、ビーフシチューでした(^-^)

…そして、「沼田城跡」に行く前。
ひと休憩の「お茶(カフェ)」に寄ったのは。

「KATO」外観

環状線沿いに移転した、フランス菓子の「KATO」
ここは私がリクエストをしました。
一度、ケーキを食べてみたかったんですね♪

カフェスペースもあって、お店で販売している紅茶なども飲むことができます(^-^)

ケーキたち

デコレーションに品があり、とってもオシャレなのが「KATO」のケーキ。

また、「真田丸」にちなんで…では。
「KATO」さんは「上州沼田 真田兵糧丸(ひょうろうがん)スタンプラリー」の参加店でもあります。
お土産に、「兵糧丸(をモチーフしたお菓子)」を買っていくのも、オツですo(^▽^)o

なお、私が、お土産に…と買ったのは。
「樫の木」のバウムクーヘンです。

「樫の木」外観

「真田丸展」会場の「グリーンベル21」からすぐ。
三角な建物が目印のお店。

作家の吉本ばななさんが「世界一おいしいバウムクーヘン」と。
絶賛された、名店です。

バウムクーヘン

「樫の木」の看板、チョコでコーティングされたバウムクーヘンは。
ドイツの「シュヴァルツヴァルト」の黒松を、イメージしているのだそう。

我が家の味奉行(笑)で、バウムクーヘン好きな母親にも好評でした(^-^)v

…「真田丸ツアー」なのに、「真田丸」とは余り関連のない「オイシイモノ編」(笑)
モチロン、先述の「兵糧丸」スイーツをはじめ、六文銭や兜のトンカツなど。
「真田丸」にちなんだ「美味しいモノ」も、たくさんあります♪

どちらを選ぶかは、お好みで。
でも、どっちを選んでも、きっと満足できると、思います(^-^)/

~今回紹介したお店~

銀の月
利根郡みなかみ町政所1042
TEL:0278-62-1002
営業時間
・Lunch 11:30~14:30
・Dinner 18:00~20:30
定休日 月曜日
URL:http://tsukiyonotei-ginnotsuki.com/

KATO Patisserie La Fourmi
沼田市高橋場町2115-1
TEL:0278-24-2340
営業時間 10:00~19:00
URL:http://www.kato-fourmi.jp/

洋菓子工房 樫の木
沼田市中町1122-4
TEL:0278-22-2777
営業時間 9:00~19:00
無休(元日はお休み)
URL:http://kashinoki-numata.com/
Facebook:「洋菓子工房 樫の木」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年、今年もよろしくお願いします!

お節とお雑煮

2016年、明けましておめでとうございます!
皆様にとって2016年が、笑顔の絶えない、素敵な年になることを願っています。
今年もよろしくお願いたします(^-^)

…さて、2016年のお正月。今年は姉一家が風邪気味で、食事はせずお茶だけの挨拶だったので、シンプルなお正月料理になりました。
お雑煮とお節、そして付け合わせが少々。

でもお節は、ちょっと贅沢に。。。
「まるおか」さんで注文しました。

お節

素材の味を生かしたお節料理。
種類も豊富です。

味は薄味です。でも、濃いお節料理の味付けが正直…な私には、この方がむしろ好み♪
珍しくいろいろと、箸を付けました。
ふだんは、初日は伊達巻と栗きんとんくらいしか、手を出さないんです。。。笑

その後は、恒例の「ニューイヤー駅伝」の応援に行きました。

ニューイヤー駅伝

(↑選手が来る直前の様子)
今年はカメラをミラーレス(一眼)にしたし、意気揚々と応援&撮影に行ったのですが。
…あっけなく、撃沈。。。笑

Twitterの方には「撃沈」の様子をUPしましたが…選手が一団となっていたとは言え、カメラを使いこなせてないのが最大の要因。
もっとたくさん使って、来年リベンジです(←既に来年のこと言ってる☆)。

あと、元日ネタでもう一つ。

伊達巻

伊達巻

例年いただいている、伊達巻。
姉のダンナさんの親戚の方が、作ってくださるものです。

滑らかな口当たりと、優しくてナチュラルな甘さに、私も母親も大ファン!
「できることなら、その作り方を教えて欲しい」というのが、毎年の口癖になっているほど。

実際美味しさは評判で、今年は頼まれた分も含めて10数個も作ったそう。
でも、ご本人は全然苦ではなく。
むしろ楽しんで、作られているそうです(^^)

美味しい伊達巻。
今年も、ありがとうございました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

「高崎市 奇跡の給食」

奇跡の給食

高崎市役所の地下食堂。こちらで先日、「給食」をいただきました。
市内の小中学校で提供される給食のうち、昔からある懐かしい献立や、特産物を取り入れたメニューなど。
1日20食という限定ながら、食べることができるのです。

この週のメニューは…というと、左上から時計回りに、

●梅風味唐揚げ(ポテトサラダ付き)
●黄金煮
●けんちん汁
●麦(入り)ごはん

どれもお皿やお椀いっぱいに盛られ、ボリュームはあるのですが。
味付けは優しく、家庭的で。
完食してお腹いっぱいになっても、もたれることは決して、ありませんでした。

高崎市の学校給食は、「美味しい」と評判です。
子どもたちはもちろん、先生方にも喜ばれていると聞いています。
「また、美味しい給食が食べられる」―高崎市へ再赴任の際、そうおっしゃった先生もいるとか。

その評判の高さがきっかけとなり、美味しさの秘密とレシピを紹介した「高崎市 奇跡の給食」という冊子まで出版されました。

「高崎市 奇跡の給食」(からす川出版)

高崎市の給食が美味しい理由は、何と言っても「自校方式」であることです。
学校ごとに「給食室」を設け、そこで作られたゴハンが直接教室に届く…
温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で。。。

学校のある地域の食材を利用したり、食育などの授業を取り入れた献立が登場するなど。
学校独自の特色を出せるのも、「自校方式」の魅力です。

かく言う私も、高崎市の「自校方式」の給食を食べて、大きくなった一人。
給食は確かに美味しくて、「お代わり」もよくしていました。
どのような献立があったか、味はどうだったか…今でもはっきりと思い出すことができます。

麦ごはん&けんちん汁

…今回の地下食堂の「給食」も、「けんちん汁」と「麦ごはん」は、まさに昔食べた給食の味そのままで。

「あ~、この味だ~っ!」とカンゲキしながら、食べていましたo(T▽T)o

今現在、給食を食べている子どもたちが…大人になった時。
「美味しかったよね♪」って思ってくれること。
そして、給食を通じて感じた「食べること」の大切さを、次の世代に伝えてくれるといいなあ…と思います(^^)

~「高崎市 奇跡の給食」提供場所~

高崎市役所 地下食堂「はくもくれん」
高崎市高松町35-1(市役所本庁地下1階)
TEL:027-321-8099
時間 11:00~15:00
定休日 土・日曜日と祝日
※個数限定(1日20食)。メニューは週替わりです。

※注:学校によっては(合併前の町村地域の一部)、自校方式ではなく、センター方式が残っている箇所があります。

----------------------------------------------

…ちょっと余談になりますが…

私が子どもの時、好きだった給食ベスト3はこちら↓

1.カレーライス&チーズ又はアーモンドのサラダ
2.菜めし(飯)&煮込みハンバーグ
3.クリームサンド

また、「高崎市 奇跡の給食」を見て、食べてみたい給食ベスト3はこちら↓です。

1.高崎丼(高崎産チンゲンサイ入りどんぶり)
2.ごぼう入りドライカレー
3.ななはし天ぷら(豆入りかき揚げ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

上州富岡 日本料理「ときわ荘」

客室からの庭園

製糸場の世界遺産登録で、賑わいを見せている富岡、ですが。。。
ここ「ときわ荘」では、その喧騒が嘘みたいに。
静かで穏やかな時間が流れていました。

「ときわ荘」は、上州富岡駅から徒歩3分の場所にある日本料理店です。
建物の母屋と土蔵、長家門は、国登録有形文化財に指定されています。

外観

建築は昭和13年。地元の資産家・櫛渕家の住宅として建てられました。
柱には檜の無垢(むく)、玄関の床板や天井板には銘木を使用。
雁行(がんこう)配置の平屋建てで、どの客室からも南側の庭園が見える構造になっています。

廊下

また、天井や欄間、縁側のガラス障子に部屋の灯り…と、ディテールも凝っていて。

客室

伝統と洗練さを併せ持つ、造りとなっているのです。

会席御膳

その中でいただくお食事もまた、格別で。

会席御膳

正統な日本料理の品々に、舌鼓を打ったのでありました。

客室からの庭園

お食事を堪能した後は、ゆっくりと庭園を散策。

庭園

庭園

季節の花は、庭園の中でひっそりと。
小川では鯉がゆったりと泳ぎます。

富岡製糸場と同様に、後世に受け継ぐべきもの。
ここ「ときわ荘」も、その一つだと思いました。

縁側

客室と庭園

玄関

天井

繭飾り

客室

長屋門と看板

ときわ荘
富岡市富岡1729-1
TEL:0274-62-0090
FAX:0274-62-0176
営業時間
・昼 11:00~14:00
・夜 17:00~20:00
不定休
URL:http://www.tokiwaso.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

「上野国分寺跡」の一本桜&「うめむら」のおばんざいランチ

「上野国分寺跡」の一本桜

前回の更新から1週間…ソメイヨシノはすっかり満開。葉桜のものも見かけるようになりました。
そんな中、「『上野国分寺跡』の一本桜が素晴らしい!」という話を聞き、今日(5日)母親と観に行ってみました。

史跡「上野国分寺跡(こうずけこくぶんじあと)」は、高崎市の国府小学校のすぐ近くにあります。
小学校を目印に車を走らせ、案内板を辿って行くと…史跡の片隅に佇む一本の桜が。

遠目からだと「思ってたより小さい…?」と思ったけれど、近づくとそれはそれは大きくて。
上に横に。そして下、小さな子どもでも届く位置にまで、花を咲かせていました。

桜

桜

桜

桜を愛でた後は、お買い物も兼ねて吉岡町~前橋・川原町。そして、敷島へと。
敷島公園のソメイヨシノは車の中から。

「うめむら」外観

そして上小出町の「うめむら」でランチをしました。
日本酒と割烹&小料理のお店ですが、ランチが人気です。

おばんざい定食

「おばんざい定食」(1,000円)。これにドリンクがつきます。

おばんざい

十数種類の「おばんざい」には、20品目以上の野菜が含まれています。
たんぱく質も、お豆腐に鶏の胸肉、海藻類…と、とってもヘルシー。

ここ最近、残業で食生活も不規則になっていた私。
ちょっと荒れていた胃に、優しく沁みわたりました(>▽<)

~今回行ったスポット&お店~

上野国分寺跡
所在地:高崎市東国分町&引間町、前橋市元総社町小見
※詳細は群馬県のホームページから。奈良時代、聖武天皇が仏教の力で災いを鎮めようと、国ごとに建てたのが国分寺です。「上野国(こうずけのくに)」とは、当時の群馬県のことを言います。

うめむら
前橋市上小出町1-32-3(ハイツ敷島1階)
TEL:027-232-5747
営業時間
・昼 11:30~14:00
・夜 18:00~23:00
定休日 月曜日
※ランチは「おばんざい定食」のほか「海鮮丼定食」、おばんざいと海鮮丼がセットになった「豪華定食」があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

富士屋と信州屋~動楽市「おかわり編」

Rimg1461

このブログでも、度々名前は挙がっている(この時とか)富士屋
富岡の街中の一角に建つ、昭和30年創業の喫茶食堂です。
その歴史と見るからに「食堂!」って雰囲気。
そして味わい溢れるメニューに、ブロガー仲間さんも含め多くのファンが訪れます。

今回(第7回)の動楽市の帰り。
ご縁(?)もあって、富士屋に寄ることができました。
実は、入るのは初めてだったりします(^^;

頼んだのは、名物の一つアヅキアイス(200円)。

Rimg1464

手づくりならではのシャリシャリとした食感と、懐かしいような小豆の甘さが絶妙。
「あずき」ではなく「ア『ヅ』キ」と表記するのに相応しい、「アヅキアイス」です。

クリームソーダ(250円)のシロップも、お店の手づくり。
決してキツイ緑色でない、淡い色のクリームソーダもおいしそうでした(^^)

Rimg1466

(↑お客さんが席を立った直後です☆)
これまた看板メニューの中華そば(500円)も、おいしそうだったなあ…

Rimg1465

Rimg1467

富士屋を出てからは、一人てくてくと富岡製糸場方面へ。
製糸場すぐの信州屋へと向かいます。

Rimg1468

「和風絹しゅうまい」で有名なお店。
母親に「富岡に行ったなら買ってきて」との指令(?)があったので、寄った次第。

Rimg1478

絹のような滑らかな食感に、お肉が苦手な母親も食べられるしゅうまいです。
皮も柔らかく、肉汁たっぷりで美味♪
8個入りで735円です。その日の夜ゴハンにいただきました(^^)

動楽市そのものも楽しいけれど、合わせて富岡散策すれば、もっと楽しい♪
動楽市のブログでも、「街歩きのススメ」「ガッツリ観光のススメ」として紹介されています(→こちら)。
一日、いや、一日あっても、足りないですよ~\(^^)/

~今回紹介したお店~

富士屋軽喫茶店
富岡市富岡1072
TEL:0274-62-0752
営業時間 10:30~19:00
定休日 水曜日

信州屋
富岡市富岡51
TEL:0274-63-2000
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
URL:http://kinusyumai.com/
※高崎タカシマヤの地下1階でも販売されています。その他は、デパートの企画展(群馬展など)で。我が家も企画展で買うことが多いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

「茶寮 さいばし」で夜ゴハン

Rimg9355

高崎・下中居の「茶寮 さいばし」で夜ゴハンをいただきました。
野菜を中心とした食事処です。野菜ソムリエさんもいらっしゃいます。
ランチはあるものの、夜は宴会を主としたコース料理…だったのですが、この9月から、夜でもランチメニューの一部が食べられるようになりました。

写真↑は「野菜丼」の「マグロとホタテのお刺身」をトッピングしたもの(1,200円)。
25種類の野菜が入ったどんぶり。トッピングは5種から選べて、やまと豚や赤城鶏などが載せられます。

Rimg9361

「やまと豚のひれかつ」を載せると、こんな感じ♪

Rimg9358

こちらは、もう一つのメニュー「さいばし流野菜カレー」
ミニサラダがついて1,300円。

いずれも、「お上品な量(=量が少なめ)」に見えますが、何気にボリュームがあります☆
私は、最初挙げた野菜丼「マグロと帆立の刺身」をいただいたのですが、結構お腹にたまりました(腹9.3分目くらい?)
一番ボリュームあったのは野菜カレーで、ビックなひれカツ2枚に圧倒!!とうもろこしまで付いてるし、サラダは「ミニ」じゃないし…(^^;
男性でも、満足できちゃいます☆

Rimg9367

これらの夜ゴハン。ミニデザートが付きます。
焼き茄子とメープルシロップのアイス。「焼き茄子」とは、これまた珍しいアイスです!
茄子の味と香ばしさ、メープルの甘さが絡み合って、奥深いおいしさがありました。
奥は栗のフレーバーティー(580円)です。飲み物は単品。
夜だと、アルコールを飲む方もいらっしゃるので、ドリンクは別注文なんでしょうね(^^)

Rimg9354

今回は、ブログ仲間のまりさんと、最近ご挨拶したドラミさんと♪
ドラミさんとまりさんはブログ仲間で、私とドラミさんが直接、お知り合いになったことで実現した、この女子会。

まりさんとも、昨年の11月以来、なかなかお会いできなかったのですが…
ドラミさんと知り合ったことで、早速「3人で会おう!」と連絡を寄こしてくれました(>▽<)

まりさん、ドラミさん、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします♪

※なお、野菜カレーを注文して「びっくり!」のドラミさんの様子はこちら(^^)

茶寮 さいばし
高崎市下中居町110-9
TEL/FAX:027-346-3669
営業時間
・Lunch 11:30~15:00(L.O.14:30)
・Dinner 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 日曜日

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

「俺のそば」でガールズトーク

Rimg6800

高崎・飯塚町の「俺のそば」
お蕎麦&ソースかつ丼のお店ですから、お客の半分以上は男性です。
女性客は、大抵男性客のお連れ様。
カップルとか、夫婦とか、ファミリーとか…
女性のみ、というのは、あんまりない光景です。

だけど、ある日の日曜日、3人の女性客が訪れました。
うち二人は「俺そばさんでお昼食べよう♪」と待ち合わせ。
もう一人は、ふらっと立ち寄った、模様です。

そして3人共、カウンターに。
二人と一人は、全く面識がありません。
いえ、二人の方も、直接顔を合わせるのは初めて☆

だけど店主のmasaさんを通じて、3人の間に交流が生まれます。
しまいには、女性3人で、職業や群馬での生活、お店情報で大盛り上がり!!

「俺のそば」でガールズトーク。
しかも、カウンターで☆
それはめったに見られない、光景でした(^^)

Rimg6798

冬季限定の白いソースかつ丼(並600円)。
定番の茶色いソースの代わりにかかっているのは、ホワイトソース。
子供のころ母親が作ってくれた「ライスグラタン」を思い出しました(^^)
黒胡椒もかかって、洋食に近いソースかつ丼です。

…ガールズトークの場を作っていただいた、だいまるさん、そしてMさん。
楽しい時間、ありがとうございました♪

俺のそば
高崎市飯塚町738
(高渋線沿い。飯塚町南交差点そば)
TEL:027-388-8090
営業時間 11:00~14:30/17:30~21:00
定休日 月曜日
※ブログはこちら→「M's MEMORANDUM」
※駐車場はお店隣のほか、スーパーベルク前にもあります。
※かつ丼はテイクアウト可能です。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2011年4月20日 (水)

…その後は、「俺のそば」さんへ行きました。

前回の「Cafe Kuma」さんのつづきです。
「Cafe Kuma」さんを後にしたのは13時ちょっと前。
お昼ゴハンはまだでした。家のある高崎方面へ車を走らせつつ、どこで食べるか考えていたのですが…

「『Cafe Kuma』に行ったんだから、ここは『俺のそば』でしょ!」

と思い立ち、車のスピードを上げて(←アブナイ)「俺のそば」さんへ直行。

…何故って、それは「Cafe Kuma」のマスターKさんと、「俺のそば」店主のmasaさん、以前の仕事仲間(お勤め先一緒)だからです。
お互いよくご存知の間柄です。masaさんも何度か「Cafe Kuma」へ行き、Kさんにアドバイス等されているようです。

Rimg4048

(↑の写真は、1月に行った時撮影)
着いたのは14時少し前。昼の営業時間に間に合うかハラハラしたけど…。
14時までだと思ったら、14時30分まででした☆(十分間に合った!)

今回、「行ったら絶対食べよう!」と思っていたのはこちら。

Rimg4475

「トマトソースかつ丼」と、その2行下の「セット」です。
セットはミニ蕎麦とミニ丼。小さなサラダも付きます。
しかもミニ丼は好きなのが選べます。実はお蕎麦も+50円で、鶏or牛のつけ蕎麦にできます。
かおぱんさんokkoさんも紹介されてます♪ちなみに、前は「レディースセット」だったのですが、男性の方も注文するので、「レディース」は外しちゃったそうです☆

モチロン、ここはいっぺんに、「ミニ蕎麦とミニトマトソースかつ丼」のセットです。

Rimg4477

女性だと、ボリュームあるかも☆
でも、お腹ぺこぺこで(基本的に)しっかりゴハンを食べる私。丁度よかったです(^^)

変わり種のつけ蕎麦が有名だけど、普通のつけ汁もさっぱりしていておいしい♪

Rimg4479

カツ丼は、ソースかつ丼よりマイルド感があります。
洋食屋さんの「カツレツ」??でも、キャベツあるし、ソースも和風な味わいだし…。
何とも面白い!でも、おいしいです♪

masaさん、アイディアマンだなあ~(^^)

お昼の営業終了間際、ということもあって、今回もmasaさんとお話ができました。
「Cafe Kuma」さんの話から、スマートフォンの話、計画停電の時のお話…

そしたら、あっという間に、時間が15時に!!

営業時間過ぎてまで、話し込んでました!
masaさん、今回もありがとうございました(^^)

俺のそば
高崎市飯塚町738
(高渋線沿い。飯塚町南交差点そば)
TEL:027-388-8090
営業時間 11:00~14:30/17:30~21:00
定休日 月曜日
※ブログはこちら→「M's MEMORANDUM」
※駐車場はお店隣のほか、スーパーベルク前にもあります。
※丼ものはテイクアウトもできます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)