カテゴリー「お好み焼き・焼きそば」の記事

2015年9月 2日 (水)

「浪花屋のたこ焼」と「うまかんべぇ」

浪花屋のたこ焼

浪花屋のたこ焼

私がモノゴコロ(物心)がついた時…既に高崎の街中で、店舗を構えていた「浪花屋」さん。
聞くところによると、創業して50年以上もやっているとか☆
私より年上!どおりで、「お店がある」ことしか、知らない訳で。。。笑

街中の一角、3畳程度の敷地で販売しているのは、たい焼と…これ↑、「元祖高崎名物 浪花屋のたこ焼」

「健康食品」(!)と謳っているだけあって、たこ焼きの生地は、もちもち。
一般的に広まっているのとは異なり、粉の部分がたっぷりで、弾力があります。
でも…決して「もさもさ」した食感ではなく、「もちもち」。

ソースは酸味を利かせて、さっぱりと。
このソースが、幾つでも頬張れる所以です。

久しぶりに、食べました。
高崎の隠れた「名店」ですo(^▽^)o

浪花屋
高崎市田町65(田町交差点角)
TEL:027-325-0519

--------------------------------------------------

そして、もう一つ。

うまかんべぇ

うまかんべぇ

「上州名物 うまかんべぇ」
群馬の方言(「おいしいでしょ!」の意味)が名付けられたお菓子は、松井田の「アメリカンベーカリー」さんによるもの。
1924年(大正13年)創業の、和洋折衷のお菓子屋さんです(パン屋さんではありません^^)。

お店独自の製法で練り上げた白あんを、パイ生地で包んだ「うまかんべぇ」は、確かに、「和洋折衷」を象徴する、お店の看板菓子。
白あんは卵が入っているのかなあ…懐かしい味もして。
何だか「あったかく」なる、お菓子です(^^)

オーブントースターで温めると、パイ生地が香ばしくなり、一層美味しくなります。

全国菓子博覧会で「金賞」を受賞。
イタダキモノ(頂き物)で、そこで初めて知ったのですが…これを知らなかったのは、群馬県民として不覚でした(笑)
群馬の手土産の一つに…ぜひ入れたい、銘菓です。

アメリカンベーカリー
安中市松井田町松井田526-1
(松井田小学校入口の西側)
TEL:027-393-0141
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜日
URL:http://american-bakery.com/

※「うまかんべぇ」という方言は、実際は群馬以外の地域(埼玉北部など)でも使われています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

「山猫庵」と焼まんじゅう

お店外観

先週の土曜日、(たまの…)母親孝行で、倉渕に行った時のこと。
榛名から倉渕へ向かう国道406号沿いに、「山猫庵」を見かけました。
窓一面から見つめる大きな目に、ほのぼのと描かれた絵。
そして、渋すぎる「焼きまんじゅう 山猫庵」の看板。

「このお店ねぇ~、焼まんじゅうが美味しくて有名なんだよっ」

焼まんじゅうが大好きな母親に教える私(^-^)/

母親は「へぇ~…」と言いながらも、ちょっと訝しげな様子。

…結局、倉渕からの帰り道に寄ることになりました。

焼まんじゅう

そうしていただいた焼まんじゅうは、ノーマルな餡なしと、ゴマがたっぷりかかった「ごま味噌」。
餡なし140円、ごま味噌でも150円という安さ。

櫛から外してかぶりつけば、まんじゅうの「ふわっ」と軽い食感に、絶妙な甘さとしょっぱさで味噌だれが絡んできます。
味にキビシイ母親も、唸るほどの美味しさ。
「実は焼まんじゅうは余り…」な私も、「うまいうまい」と言いながら一串平らげるほどでした(^▽^)v

山猫たち

焼まんじゅうは「餡入り」も。他には「焼そば」や「ところ天」もあります。
ご年配のご夫婦が「焼そば」を注文されていたのですが、チラッと見ただけで食べたくなりました(笑)
また、入口や店内には、山猫や「森の住人」たちが。

黒板

店内の黒板には、店主さんからのメッセージ。
字が綺麗で読みやすいです。店主さんは小学校の先生をされていたとのこと。
店内がどことなく居心地がいいのも、小学校の懐かしさを感じるから…なのかも知れません。

焼まんじゅうを持って…

私がお店を初めて知ったのは、こちらのお方のブログから。
(↑クリックすると、紹介されているページに行きます)
その後も、いろいろな方が紹介されています。

まさに、「知る人ぞ知る」お店です(^-^)/

R406号沿い

山猫庵
高崎市上室田町1276-1(国道406号沿い)
TEL:090-5789-1459
営業時間 9:30~16:30
営業日 金・土・日曜日(2014年9月より)
URL:http://www1.odn.ne.jp/noharauta/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

「ぼっかけ焼きそば」って??―長田本庄軒

けやきウォーク前橋のフードコート(フェスティブコート)にある焼きそば屋さん「長田本庄軒」。

Cimg1640

焼きそばを買おうと列に並んでいたら、メニューに見慣れない焼きそばが。

その名も「ぼっかけ焼きそば」。

…「ぼっかけ」って一体何??

値段は「中」で550円。豚肉&キャベツの焼きそばもあるのですが、こちらは同じ「中」でも450円。豚肉よりも高い!
焼きそばの写真を見ると…何だかそぼろっぽいお肉しか入っていないような…

でも、お店の看板メニューみたいだし、「ぼっかけ」自体にすごく興味が沸いたので、そちらを注文してみました。

Cimg1639

ぼっかけ焼きそば(中)。太めの麺に濃厚&甘いソースが絡まって、とてもおいしい。麺もふんわりとして、きちんと麺の味がします。何でもお店で製麺をしているみたいです。ゆでるのもラーメンのように一玉ごとに…と本格的。

で、気になる「ぼっかけ」はこちら

Cimg1639a_2 Cimg1639b

右側はちょっとわかりにくいのですが…実はこんにゃくと牛すじ肉!これらを甘辛く煮込んだものらしいです。この「ぼっかけ」が入っているので「ぼっかけ焼きそば」。
後で分かったのですが、「ぼっかけ」は神戸市長田区発祥の家庭料理で、カレーやうどんなどにも入れられるとか。
この焼きそば屋さんの店名も「長田」。「神戸」という文字も窺えるし、ナットク…

「こんにゃくに焼きそば!?」という気もしますが、「ぼっかけ」の入った焼きそばは味に深みが出る気が。牛すじ肉もよく味がしみていて、おいしかったです。ちょっとクセになる焼きそば…かも…

長田本庄軒(けやきウォーク前橋店)
前橋市文京町2-1-1(けやきウォーク前橋2階)
TEL:027-223-3380
営業時間 10:00~22:00
※詳細は「けやきウォーク前橋」のサイトをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ちょっと異色!?―大黒屋のお好み焼き

高崎の「大黒屋」というと、ラーメン屋さんもあるみたいですが、こちらは今川焼きの「大黒屋」。
高崎渋川線(三国街道)沿い、環状線との交差点すぐ北の高架脇にあります。
※お店の外観は→こちら(「食感.com」のブログより)

今川焼き以外にもたこ焼き・お好み焼きを売っていますが、今回はお好み焼きを買ってきました。こちらも持ち帰ることができます。

Cimg1299

お好み焼き(肉入り・380円)。アルミの袋を開ければそのまま食べられるよう、包装に工夫がされています。
お皿を汚す必要がなくて、とっても便利♪…ですが、お好み焼きには不可欠!なソースがかかっていません。
では、ソースはどこにいるかというと…(写真でもちらっとは見えてますが)

Cimg1301

こちら。折り畳んだ生地と生地の間についているのです。
マヨネーズもついているのですが、分かりますか?
焼いてソースをつけた後、生地を二つに折り畳むため、このような形になると思うのですが、結構合理的。これも汚さずに食べられる工夫ですね。

生地はかなり柔らかめで、生地とソース、中の具までもが一体となってとろけてしまうような食感です。ソースが十分しみ込んでいるのもあるのですが、とろろ芋をたっぷり入れていると思われます。キャベツもとっても柔らかいです。
対照的なのはお肉で、こちらは奥歯で噛み切らないほど固ーく焼かれています。でも、噛めば噛むほどジューシーに焼けた豚肉の味が。食感も味も、生地に負けずにしっかり主張していて、それもまた面白いです。

お好み焼き本来のふんわりとした食感を求めている人には違和感があるかもしれませんが、「あ、こういうお好み焼きもあるのねflair」と思ってもらえればと思います。
子どもにも受けがいいお好み焼きです。

大黒屋
高崎市下小鳥町460-3
TEL:027-363-4113
定休日 水曜日
※駐車場は高架下にあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)