カテゴリー「お弁当・テイクアウト」の記事

2013年5月18日 (土)

富士屋と信州屋~動楽市「おかわり編」

Rimg1461

このブログでも、度々名前は挙がっている(この時とか)富士屋
富岡の街中の一角に建つ、昭和30年創業の喫茶食堂です。
その歴史と見るからに「食堂!」って雰囲気。
そして味わい溢れるメニューに、ブロガー仲間さんも含め多くのファンが訪れます。

今回(第7回)の動楽市の帰り。
ご縁(?)もあって、富士屋に寄ることができました。
実は、入るのは初めてだったりします(^^;

頼んだのは、名物の一つアヅキアイス(200円)。

Rimg1464

手づくりならではのシャリシャリとした食感と、懐かしいような小豆の甘さが絶妙。
「あずき」ではなく「ア『ヅ』キ」と表記するのに相応しい、「アヅキアイス」です。

クリームソーダ(250円)のシロップも、お店の手づくり。
決してキツイ緑色でない、淡い色のクリームソーダもおいしそうでした(^^)

Rimg1466

(↑お客さんが席を立った直後です☆)
これまた看板メニューの中華そば(500円)も、おいしそうだったなあ…

Rimg1465

Rimg1467

富士屋を出てからは、一人てくてくと富岡製糸場方面へ。
製糸場すぐの信州屋へと向かいます。

Rimg1468

「和風絹しゅうまい」で有名なお店。
母親に「富岡に行ったなら買ってきて」との指令(?)があったので、寄った次第。

Rimg1478

絹のような滑らかな食感に、お肉が苦手な母親も食べられるしゅうまいです。
皮も柔らかく、肉汁たっぷりで美味♪
8個入りで735円です。その日の夜ゴハンにいただきました(^^)

動楽市そのものも楽しいけれど、合わせて富岡散策すれば、もっと楽しい♪
動楽市のブログでも、「街歩きのススメ」「ガッツリ観光のススメ」として紹介されています(→こちら)。
一日、いや、一日あっても、足りないですよ~\(^^)/

~今回紹介したお店~

富士屋軽喫茶店
富岡市富岡1072
TEL:0274-62-0752
営業時間 10:30~19:00
定休日 水曜日

信州屋
富岡市富岡51
TEL:0274-63-2000
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
URL:http://kinusyumai.com/
※高崎タカシマヤの地下1階でも販売されています。その他は、デパートの企画展(群馬展など)で。我が家も企画展で買うことが多いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

「ぐんまちゃん」のマカロンとお弁当―くわの実&牛や清

Rimg0810

先週の土曜日、高崎街中へ行った当初の目的は…高島屋の「群馬展」でした。
真っ先に向かったのは、昨年「ぐんまちゃんケーキ」を買った「くわの実」のブース。
今年はケーキの他に、ぐんまちゃんのマカロン(210円)も登場。
メレンゲの部分は顔&耳に、チョコレートやアイシングで目や口元、たてがみを描いています。
後ろ姿だって、こんなに凝っているんですよ(^^)↓

Rimg0814

マカロンの中は、カシスやフランボワーズを使用した、ベリー色のクリーム。
思ったより量が入っていて、食べ応えがありました。
個人的には、ケーキよりこちらの方が好みの味です♪

でもやっぱり…「ぐんまちゃん」にかぶりつくのは、抵抗がありました☆
心の中で「ごめんね…」なあんて、呟いたりしちゃって(笑)

さて、「ぐんまちゃん」を冠する商品。もう一つ、お弁当がありました。

Rimg0798

前橋のすき焼き・しゃぶしゃぶの名店「牛や清」です。
こちらも気になっていて、遂に手にできた一品(1,050円)。

Rimg0801

中身は牛肉のお弁当で、煮玉子のほか、花形のニンジンにトマト、ブロッコリーも付いて、とっても華やかです。
玉ねぎが入っていないのも、「牛丼弁当」との大きな違い。
(「牛や清」には「牛丼弁当」もあります)

できれば、ニンジンは「ぐんまちゃん」の形になると、いいんだけどなあ…(^^;
でも、十分に煮込まれた、甘くておいしいニンジンです!
煮玉子もおいしい♪モチロン、お肉は言うことありません~!!

個別に注文する場合は前日までに、お店まで予約を(^^)

~今回紹介したお店~

西洋菓子 くわの実(大友店)
前橋市大友町3-14-14
TEL:027-253-6314
営業時間 10:00~19:00
無休
URL:http://www.kuwano-mi.com/
※お店は他に南店(前橋市六供町892-1 TEL:027-224-5518)もあります。
※「ぐんまちゃん」の他に、前橋のマスコット「ころとん」のケーキやマカロンもあります!こちらも必見&必食♪

牛や清
前橋市岩神町4-9-15
TEL:027-231-4027
FAX:027-233-1519
営業時間 12:00~14:00/17:00~22:00
定休日 日曜日
URL:http://gyuya.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

詩人・伊藤信吉に逢う~菜花&土屋文明記念文学館

Rimg0597

「ポンヌフとカフェ」展に行った後は、保渡田町の「土屋文明記念文学館」へ。
2階の農家レストラン「菜花」で、詩人の浅見さんとランチをしてきました。
(浅見さんについては、こちらこちらを)
古墳が多く存在した保渡田。現在も、当時の雰囲気が漂う地域です。
天気も良く、窓からは、保渡田の景色が遠くまで見渡すことができました。

ここでいただいたのが、現在、記念館で開催中の「伊藤信吉没後10年記念展」にまつわるお弁当。
その名も「ショービキ弁当」です。

Rimg0593

「ショービキ」とは塩鮭や塩鱒(ます)のことを言い、「塩引き」から来ています。
群馬の、特に詩人・伊藤信吉の出身地―前橋・元総社の方言です。
名の通り、左上には大きな「ショービキ(塩鮭)」の切れ身が。
本来の「ショービキ」は、保存のためか、すんごく塩辛いです。でも、この「ショービキ」は塩気はマイルド。レストランで出すからかな~☆
身は厚くて、おいしかったですよ(^^)

なお、左下にあるのは「ヒッパタキ」。
これも方言で、コンニャクおでんのこと。伊藤信吉の詩(「おでん異聞」)に登場するんですね。
おでんというよりは、コンニャクのお刺身に近かったけど…しっかりコンニャクの味がして、こちらもおいしくいただきました。

ご飯はお赤飯。野菜たっぷりのお味噌汁。
花豆もついて、「農家レストラン」らしい、お弁当でした。

Rimg0590

サラダも付きます(以上で800円)。ドレッシングは、特産の「国分にんじん」を使用。
にんじんの味が濃かったです♪

食事の後は、記念展を観賞。
伊藤信吉は「風の詩人」と言われています。群馬で生まれ育った信吉は、群馬の風土にちなんだ詩や句を多く残しました。

Rimg0610

私が気になったのは…写真にもある「私の村ことば~伊藤信吉方言メモ」
信吉は生まれ育った地域の「ことば」―方言を、メモに書き留めていました。メモ片は段ボール1箱分、2,700語に上ります。
それを50音順にまとめたのが、この冊子です。実際、とってもよくまとまっています。
「ショービキ」「ヒッパタキ」はモチロン、「はあて(=風花)」「うんまい(=うまい)」「そんぶり(=つっけんどん)」…果ては「~べー」の接尾語も。

もはや「辞書」の域に達している、この方言メモ。
お値段は300円!お買い得です♪

記念展は3月17日(日)まで。
お弁当も、その時まで(たぶん…)の限定(1日10食)です。

伊藤信吉没後10年記念展~風の詩人に会いに来ませんか~
期間 開催中~3月17日(日)
場所 群馬県立土屋文明記念文学館(高崎市保渡田町2000)
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 火曜日
観覧料 大人400円 大学・高校生200円 中学生以下は無料
TEL:027-373-7721
URL:http://www.bungaku.pref.gunma.jp/

農家れすとらん 菜花
高崎市保渡田町2000(土屋文明記念文学館2階)
TEL:027-373-7721(文学館内 内線206)
営業時間 11:00~15:00(土日祝日は~17:00)
定休日 火曜日
URL:http://kokufuyasaihonpo.nomaki.jp/(国府野菜本舗HP)
※お弁当の他に「古墳カレー」というメニューあります。
※今回紹介した「ショービキ弁当」。実は名前が「ヒッパタキ弁当」だったか、自信が…(^^;でも、「確か『ショービキ』の方だったよな…」と記憶を信じ(笑)、「ショービキ弁当」で記載いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

父の日は「角上」で~鰻の蒲焼き編

Rimg8753

さて、父の日のお祝いです。
ほぼ毎年、父の日は「角上」でお寿司を買います(お寿司の写真はこちら)。
しかし今年、父は「鰻(うなぎ)が食べたい」と言ってきました。

買いに行ったのは…やっぱり、「角上」。
宮崎県産の鰻の蒲焼き。ちょっとリーズナブルになっていました。

一本買って、父親と私で半分こ。
(母親は食べたくないってことで、別のモノを買ってました)
父親には真ん中の、おいしいところをね(^^)
両端は私が、食べるから…

ご飯を炊いて、鰻とたれを温めて載せただけだけど。
「おいしい?」訊いたら、父親は「おいしい」と言ってくれました。

鰻は身が厚くって、ふんわりしていて、確かにおいしかったです(^^)

…母親と、家族みんなで囲む食卓。
鰻以外は何てことない、普通の食事。

…でも、そこには、かけがえのない幸せがありました。

角上生鮮市場(高崎店)
高崎市貝沢町1335-1(高崎環状線沿い)
TEL:027-353-1114
営業時間 10:00~19:30(日祝日は9:30~)
不定休
URL:http://www.kakujoe.com/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

寺田さんちのトマトチーズコロッケ

Rimg7940

高崎の街中・南銀座商店街の「寺田精肉店」。
こちらに「トマトチーズコロッケ」がある、と聞き、買ってみました。
高崎には、「オランダコロッケ」という名物があります。
ほくほくジャガイモのコロッケに、チーズとベーコンが入っています(詳細はこちら)。

「トマトチーズコロッケ」は、「オランダコロッケ」のイタリア版。
(オランダなのにイタリア?変な感じだけど☆)
具のジャガイモはトマト色。口にすると、トマトの味も広がります。
そして、とろ~りとろとろのチーズには、バジルが。
香りだって、ちゃんとしますよ(^^)

トマトとチーズとバジルの味が三位一体となって、気分はぷちイタリアン♪
マルガリータピッツァのコロッケ版、という感じもしました(^^)
お値段は100円。

Rimg7937

ちなみに、3月に土曜営業を始めた福ベーグルさんのコロッケサンド。
こちらは、寺田精肉店のコロッケを使用しています。
その名も「寺田さんちの○○コロッケサンド」。
「○○」には、コロッケの種類が入ります。

「トマトチーズコロッケ」も、登場していた日もありました。が…

…トマトチーズコロッケって、ゴルフボールみたいな球型なんですよね…☆

…どうやって、サンドするのかな…??

甚だギモンに思った、私です(笑)

寺田精肉店
高崎市鍛冶町20(南銀座商店街)
TEL:027-322-5979
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

ささやかな…お祝い―LaLa Sweets/角上

ブログを休止していた時、我が家では二つの「お祝い」がありました。

Ca390441_2

甥の5歳の誕生日です。(写真:姉撮影)
ケーキは「LaLa Sweets」さんの。マリオのプリントデコは、甥のたっての要望です。
ちなみに去年もLaLaさんで注文しました(その時のデコはゴセイジャー☆)。

誕生日が平日だったこともあり、ケーキは姉一家だけで食べました。
入院生活が長かった甥。
家族そろって誕生日が祝えて、良かったね(^^)

最近、風邪引いたことがきっかけで、また少し体調が…みたいだけど。
なんとか、持ちこたえて欲しいなあ…

そしてもう一つは、父親の退院です。

Rimg4407

こちらは「角上」のテイクアウトお寿司でお祝い。
久しぶりのお寿司。父親はおいしそうに食べてました。
こちらの体調は、まずまず、といった感じです(^^)

震災で、世間は「お祝い」モードではないけれど。
被災地の状況を考えると、「ご馳走なんか食べていいのか」とも思うけど。

でも、祝えるものは、祝った方がいい。
おいしいもの、食べられるのであれば、食べた方がいい。

祝えるのに祝わなければ、誰が日本の「明るさ」を取り戻すの?
食べられるのに食べなければ、誰が日本の「活力」を取り戻すの??

私は、そう思うんです。

だから、これからも「おいしいこと」紹介していきたいと、思います。

食べられること、その幸せを噛みしめることを、忘れずに(^^)

LaLa Sweets
高崎市飯塚町382
TEL/FAX:027-362-9966
営業時間 10:00~19:30
定休日 水曜日・第3火曜日
URL:http://www.lalasweets.net/
※ブログはこちら→「幸せのレシピ LaLa Sweets」

角上生鮮市場(高崎店)
高崎市貝沢町1335-1(高崎環状線沿い)
TEL:027-353-1114
営業時間 10:00~19:30(日祝日は9:30~)
不定休
URL:http://www.kakujoe.com/

---------------------------------------------

前回の記事、励ましのコメント寄せてくださり、ありがとうございました。
ご心配おかけしました…m(__)m

今、少しずつですが…立ち直っていると…思います。

なお更新は、仕事が激務なため(←「いつも『激務』じゃないかっ!」と突っ込む方もいらっしゃると思いますが☆)、できる時とできない時があります。

…さてさて、明日も仕事で朝5時起き。
もう寝る準備、しないとだなあ…☆☆

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

「日本料理 中むら」のお弁当

高崎城址のお堀沿いにあります「日本料理 中むら」。

Rimg1620

こじんまりしながらも格調高いたたずまいは、まさに「憧れの日本料理屋さん」。
正統派かつ上品な日本料理が堪能できます。
お店の方もとっても親切。居心地のいい時を過ごせます。

ランチだと1,000円前後でいただけますが、これより更に安く「中むら」の味を楽しむ方法があります。

…お店のすぐ近くにあるスズランデパート(高崎店)。
(写真でも遠くに見えてますね)
こちらで、お弁当が手に入るのです。

Rimg1659

ご飯、煮物、天ぷら2種、鮭、たまご焼き、きんぴら、ひじきの煮物などがついて、609円。
このお弁当は、その場で温かいご飯を詰めてくれます。ご飯の量は調節可能です。(写真の量は、やや少なめ)。

Rimg1660

お味は…お店の味そのまま!
この煮物など、とってもキレイでお上品です~。

更にリーズナブルに食べたい場合は、こちら。

Rimg1619

別の日にいただきました。ご飯の上に鮭、天ぷら2種、きんぴら、ひじきの煮物等を載せ483円。
ご飯が既に詰められている外は、こちらも味は変わらないです。

その他にも、かつ重や天重(いずれも500円台)のお弁当があります。

気温の変動が激しい春ですが…
暖かい日に、お弁当を持って外で食べると、いいですよねnote
近くには高崎城址公園高崎公園もあります。桜の季節は終わったけれど、新緑を見ながら食べるのも、気持ちいいですhappy01

日本料理 中むら
高崎市宮元町38-11
TEL:0120-26-4127(フリーダイヤル)/027-326-4127
定休日 日曜・祝日
※昼夜共に予約制です。

スズランデパート(高崎店)
高崎市宮元町13-1
TEL:027-326-1111(大代表)
営業時間 10:00~19:00
不定休
URL:http://www.suzuran-dpt.co.jp/takasaki/

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

乗附緑地でぷちピクニック―高崎観音弁当

Rimg1158

こちらも日曜日の話。午前中、高崎高島屋で開催中だった「群馬展」に行ってきました。
そこでお昼に買ったのが「高崎観音弁当」

「高崎観音弁当」は、高崎のPR活動の一環として「高崎おかみさん会」監修の下、高崎弁当(「だるま弁当」が有名)が開発しました。榛名豚と梅を使用した「梅カツ」をはじめ、地産地消にこだわったお弁当です。

…とは言え、午後はhiroさん宅に行く予定だし、一旦家に帰るのも…と思っていました。
そこで思いついたのが…

「乗附緑地で食べちゃおうかな~」

…で、行ったみた次第。乗附緑地はゲートボール場を主体とした運動公園で、魚釣りもできます。

Rimg1171

暖かい日だったので、釣り場近くのベンチによいしょっと。

Rimg1160

こちらが「高崎観音弁当」。高崎のシンボル、白衣観音が前面に出てます。

Rimg1162

お弁当には、「おしながき」やお弁当&白衣観音の説明が。観音さまの所在地・慈眼院で祈願された「おみくじ」まで入っています。

Rimg1163

おみくじは、初詣でで引いたのと同じ…「吉」。
目上の人の引立てによって幸運に恵まれるとのこと。同じ「吉」でも初詣でのよりいい気がする…heart02良いことです。(初詣でのは結んできてしまったので、内容よく覚えてないけど)

Rimg1167

で、いよいよお弁当をいただきます。

お弁当の中身は

○勇気(白飯)・やる気(ウコン飯)・元気(赤飯)の3色ごはん
○高崎新名物 梅カツ
○パスタ風こんにゃく
○白滝明太子和え
○榛名豚の角煮 白髪ねぎ添え
○野菜の煮物シンフォニー
(椎茸・里芋・ごぼう・紅葉人参の煮物 銀杏添え)
○レンコンきんぴら きぬさや添え
○手作り鶏団子
○ほうれん草入り玉子焼き
○香物
○コンニャク抹茶もち

左上にチラッと見えるのが梅カツ。さっぱりした味になっていて、おいしいnote
(でも、もう少し量があった方がいいなあ…)

意外なおいしさだったのが抹茶もち。
周りの皮がコンニャクになっているのですが、水まんじゅうのより透明でキレイ!味もみずみずしいけど、もちもちしてて…うん、面白いです~。

お値段は1,100円。3月末までの限定販売。
高崎駅構内や東京駅、特急草津、水上号車内で販売しています。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

「シャクナゲ」のカレー(テイクアウト編)

Rimg0564

高崎市上並榎町のレストラン「シャクナゲ」。
高崎経済大学の近くにあるこのレストランは、私の姉が学生の時(20年近く前)から親しまれていました。パスタ・グラタン・ドリア・カレー…と種類が豊富な上、デザートも盛りだくさん、そしてリーズナブルなので、今も学生さんや家族連れで賑わっています。

最近は…お店自体はご無沙汰なのですが、テイクアウトのカレーを食べました。それが上の写真です。

このカレー…実はかなりおいしいですhappy02

テイクアウトといっても、カレーはルーの状態です。そのため、お鍋に入れて水で溶く必要があります。一煮立ちしたら、ご飯の上にかけていただきます(ご飯は自分で用意)。

カレーは辛さもありつつも、リンゴなのかなあ~フルーティーな酸味&甘味も感じて、とっても奥深く、多彩な味。

今回は「かつみ工房」(シャクナゲのお弁当デリバリーのお店)のキャンペーンでいただいたのですが、お店では2~3人分を1,000円程度で販売している…はずです(1年ほど前の記憶なので、今違っていたらゴメンナサイsweat01)。
もし良かったら、問い合わせてみてくださいねhappy01

レストラン シャクナゲ
高崎市上並榎町1111-7
TEL:027-363-2440
営業時間 11:00~22:30(L.O.22:00)
定休日 月曜日
※詳細はこちら→群馬なびるんのサイト「シャクナゲ」
※お弁当デリバリー「かつみ工房」のサイトはこちら

--------------------------------------------------

おまけ

お寺へ用事&お墓参りに行ったら、お寺に咲いていました。

Rimg0578

見事な菊の花です。

Rimg0580

この赤い、小さいのも菊なのかな~。
大きな菊の花は綿帽子みたいですよね~。キレイでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

松井田と妙義山へ―紅葉ドライブ

群馬は街中もmaple紅葉真っ盛りmapleですが、松井田~妙義山方面へ紅葉を見に行ってきました。
松井田(現安中市松井田町)は群馬と長野の軽井沢をつなぐ碓氷峠や、釜めしで有名な横川駅があります。
妙義山は、群馬県民なら誰もが知ってる「上毛三山」の一つ。上毛かるたにも「紅葉(もみじ)に映える妙義山」と詠われるほどの紅葉の名所です。

今回は我が両親のほか、姉と姪甥がいたため、まずはレジャー!横川駅すぐにある「碓氷峠鉄道文化むら」に行きました。

Cimg1602

「鉄道文化むら」は実際に使われた列車の展示のほか、ミニSLとか乗れたり列車の運転までできたりと、子どもや鉄道ファンにはちょっと楽しいテーマパークです。

Cimg1588

寝台車や食堂車など、中に入れる列車も。お座敷列車は休憩所にもなっています。

Cimg1597

SLも展示。

Cimg1591

ミニSL。こちらは実際に乗れます。大人200円、子ども100円(確か小学生から)。写真は運転前の準備の様子。
私も甥(2歳)の付き添いで乗りましたが、そこそこのスピードで長い距離走るため、かなり面白いですhappy01

Cimg1600

こちらは園内を一周する列車(大人400円)。イギリス産の蒸気機関車で愛称「あぷとくん」…のはずですが、現在あぷとくんは検査中。代わりにディーゼルエンジンの列車が運行しています。
車両は木目で趣があるのですが、列車はかな~りゆっくりめ。正直物足りないかも…coldsweats01本来の「あぷとくん」ならまた違ったと思います。

ちなみに何故「あぷと」という名前なのか?―それはまだ信越線が横川―軽井沢間があった時(現在は廃線)に、「アプト式」という方法で列車が碓氷峠を登っており、そこからつけられた模様です。

なお、実際運行している列車は、この他にもトロッコ列車「シェルパくん」があります。
この列車は少し先にある日帰り温泉施設「峠の湯」まで行きます。「峠の湯」は私は2,3回ほど行ったことがありますが、お風呂が広く、施設もきれいで、かなりおススメ。列車と施設利用のセット料金もあるので注目です(往復の場合大人1,700円)。

さて、そんな風にぐるぐる園内を回ってたらお腹が空いてきましたcoldsweats01
やはりここは、「おぎのや」の「峠の釜めし」ですよね!

Cimg1603

「全国の好きな駅弁」では常に上位の超有名な駅弁。横川~軽井沢間が廃線となり、現在はドライブインなどの販売のみですが、その人気は不動!
鉄道文化むら近くの横川ドライブインで食べたのですが、食堂は席の確保が難しいほどの混みようで、食べていた人の半数は釜めしでした。値段は900円。

Cimg1604

薄く味付けしたご飯に、鶏肉・ごぼう・椎茸・栗・うずら・杏子・筍・紅しょうがと色とりどりの具材を載せた釜めしは昔と変わらない味。
ここ何年食べてなかったのですが、おいしさは健在!
具もおいしいのですが、ごはんもおいしいんですよね~。味付けもしつこくはないのに、しっかり主張しているというか…
昔は杏子が嫌いで、「これが入ってなければいいのになあ」と思った時もありましたが、こう改めて食べるとやはり杏子あってこそ!の釜めし。どの具が欠けてもいけないですconfident

…その後はいよいよ紅葉!ですが、ここまで書くとかなり長くなってしまう…ので次回に。
ちょっとだけ、鉄道文化むらで撮った紅葉の様子をお見せします。

Cimg1598

Cimg1590

碓氷峠鉄道文化むら
安中市松井田町横川407-16
TEL:027-380-4163
FAX:027-380-4111
開園時間 9:00~16:30(3~10月は17:00まで)
休館日 火曜日と年末年始
入園料金 大人:500円 子ども(小学生)300円
(本文にあった乗り物料金は入園料とは別にかかります)
URL:http://www.usuitouge.com/bunkamura/

おぎのや(ドライブイン横川店)
安中市松井田町横川297-1
TEL:027-395-2431
FAX:027-395-2011
営業時間 8:00~20:00
URL:http://www.oginoya.co.jp/
(「おぎのや」のサイトですが、お店情報もこちらにあります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧