カテゴリー「イベント・スポット」の記事

2017年4月24日 (月)

花と緑のマルシェ at Tomioka~次回は5月21日(日)開催!

花と緑のマルシェ at Tomioka

「花と緑のマルシェ at Tomioka」
当日の4月23日(日)は、雲一つない青空に恵まれました。
その天気に誘われるように、多くのお客様が「おかって市場」と「富岡倉庫」に。
訪れてくれました。

イベントの様子

私は当初はスタッフではなかったのですが。
マルシェ前日の準備に、飛び込みで参加(笑)
当日も、スタッフとして参加させていただきました。

イベントの様子

「動楽市」「パンまつり」、そして「つきいちマルシェ」と。
スタッフとして、また「お客さん」として。「おかって市場」のイベントに参加していますが。
今回の「花と緑~」は、全体的にお客さんの年齢層がちょっと高く。

この場所に初めて訪れたと思われる、年配のご夫婦や。
親子、そして孫と。三世代で訪れている方も、多く見られました。

お花を買うお客さん

確かに、これまでのイベントとは違った、「植物」が主役のマルシェ。
お客さんも、花や多肉やハーブなどの植物が大好きで。
それを目的に、訪れてくださったのですものね(^-^)

WSの様子

会場に訪れた皆さんが、草花を見て触れて、楽しんで。

フードの様子

そして時には、美味しいフードで。
喉とお腹を潤して。

お客さんが寛ぐ様子

穏やかな4月の日曜日を。
過ごしていただけたのかな…と思います(^-^)

かく言う私も、草花には学(=ガク)がないのですが。
草花を見て、また楽しんでいる様子のお客様を見て。

素敵な一日を過ごせて。
良かったなあ…と思いましたo(^▽^)o

テーブルから見た風景

改めて…「花と緑のマルシェ」にお越しくださったお客様。
出店者の皆様に、マルシェのスタッフの皆さん。
そして、「おかって市場」の方々。

素敵な一日を、ありがとうございました!
心よりお礼を申し上げます(^▽^)

…イベントの様子を写した、フォトギャラリーはこの次の記事で。。。
(一つにまとめようと思ったけど、今回もやっぱり…でした・笑)

そして、もう一つ。

この「花と緑のマルシェ at Tomioka」ですが。
来月、5月21日の日曜日も開催される予定です!!
(「動楽市」の1週間後です!)

出店者さんなど、詳しい情報はFacebookをチェックしてくださいね♪
よろしくお願いいたします~(^▽^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

【告知】花と緑のマルシェ at Tomioka!

フライヤー表紙

フライヤー中身

フライヤー裏面

富岡のイベントがつづきます。
4月23日(日)。10時から、「おかって市場」と同敷地の「富岡倉庫」で。
「花と緑のマルシェ at Tomioka」が開催されます。

「動楽市」に「つきいちマルシェ」。そして「パンまつり」と。
いろいろなイベント「も」、開催されている「おかって市場」ですが。
今回の主役は、この時期に華やかになる草花たち。

ガーデニングなどにぴったりの草花や、その苗をはじめ。
ハーブや多肉植物、木の実にドライフラワーを手掛けるお店が出店されるほか。
グッズや花器などの販売や、ワークショップも行われます。

そして…草花たちと併せて楽しめる。
フード出店やLIVE(音楽)も、用意されています♪(^▽^)

富岡倉庫の草花たち

「花と緑のマルシェ」の準備は、まだ寒さの残る3月から始まっていました。
「つきいちマルシェ」(第2日曜日)の時には、草花が育てられていて。

草花たち

草花たち

つきいちマルシェの様子

「つきいちマルシェ」の会場を、明るく華やかにし。
訪れたお客さんを、和ませていました(^▽^)

パンまつりの様子

「パンまつり」の時も、たくさんの色を。
咲かせていた、花々たち。

その後も、マルシェの実行委員(スタッフ)の皆さんにより。
草花をセッティングしたテーブルや。
パーゴラ(木材で作られた棚。蔓植物を絡ませたりします)が作られたりして。
準備が進められています。

…私は、草花には本当にガク(=学)がなくて。
「キレイだなあ」という感想程度しか、言えないのですが(笑)。

当日は草花でいっぱいの、「おかって市場」と「富岡倉庫」で。
皆さんと同じように、楽しみたいなあ…と思っています(^-^)

それでは…改めて。イベントの詳細です(↓)

花と緑のマルシェ at Tomioka
開催日 2017年4月23日(日)
開催時間 10:00~16:00
場所 「富岡倉庫」と「おかって市場」
(富岡市富岡1450)
Facebook 「花と緑のマルシェ at Tomioka」
※駐車は富岡市営無料駐車場へお願いいたします。地図はフライヤー(↑写真)の通り。「パンまつり」や「動楽市」で停められる駐車場と同じです。
※ワークショップの事前申込は「おかって市場」まで(TEL:0274-67-5373)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

『春のパンまつり』 at TOMIOKA~出店パン屋さん紹介(後編)

「こーぼ屋122g」さん

『春のパンまつり』 at TOMIOKA。パン屋さん紹介の「後編」です。
まずは、前回(2016年秋)の「パンまつり」で、信じられない数を焼いてきた、こーぼ屋122g(玉村町)さん。
今回も、2日前の金曜日から仕込みをされていたそうです。

「スリジェ」さん

もう一つの地元・富岡のパン屋さん、「スリジェ」さん。
老若男女、世代を問わず、みんなが好まれるパンを作っています。
併設の「さくら珈琲店」では、コーヒーも飲めます。ある程度のパンを買うと、コーヒー券がいただけるかも…(^-^)

「ima」さん

メロンパンとベーグルの形が、ころんと可愛くて。
思わず「アップ」で撮ってしまった、ima(伊勢崎市)さん。
imaさんは「動楽市」のほか、4月23日(日)開催の「花と緑のマルシェ」にもフードで出店します!

「World cafe C-PORT」さん

初出店のWorld cafe C-PORT(高崎市)さんは、アメリカンスタイルのベーグルやシナモンロールがある一方で。
フィリピンのパン「パンデサル」や、ニッポンの「あんぱん」も並ぶ、個性的なパン屋さん。
焼き菓子も美味しいです♪

「クロフトベーカリー」さん

クロフトベーカリー(前橋市)さんは、パンの美味しさもさることながら。
ご夫婦のお人柄も、とても魅力。
お二人の笑顔と優しさ、パンを愛する気持ちに、いつも癒やされます(^▽^)

「屋台なまず」さん

ご夫婦のお人柄…と言えば、ワゴンカーの屋台なまず(高崎市)さんも、また然り。
いつお会いしても、明るくて。元気いっぱいで。
美味しいバインミー(ベトナム風サンドイッチ)を出してくれます!

「Sun'sバーガー」さん

ワゴンカーより大きい、移動販売車でやって来たのは、Sun'sバーガー(長野県佐久市)さん。
パティも野菜もボリューミー。1個で大満足のハンバーガー。
パティは車の中で、鉄板で焼きます。焼く過程を見るのも楽しい(^▽^)

「cafe MAKAP」さん

そして…「パンのおとも」となる、コーヒー屋さんは。
「動楽市」「つきいちマルシェ」でもお馴染み。「SPROCKET & COFFEE」の店舗でも、美味しいコーヒーと素敵な笑顔を見せてくれる。
cafe MAKAPさんと。

「AYA COFFEE」さん

緑のワゴンカーが目印。優しい笑顔と「あったかい」コーヒーを淹れてくれる、AYA COFFEEさん。
AYA COFFEEさんは4月の定期出店はお休みしていますが、23日(日)の「花と緑のマルシェ」には出店されます。
草花の緑とワゴンカーが、きっと合うと思います(^^)

「IL.PINO」さん

最後は、「スープ屋さん」として出店してくださった「IL.PINO」さん。
本業(?)は、地元・富岡にあるイタリアン・レストランです。
アットホームな雰囲気が魅力。お料理も食べ応えがあって、満足できます♪

…以上、パン屋さん17店舗に、「コーヒー屋さん」「スープ屋さん」が3店舗。

出店者さん集合写真

どのお店も、個性があって、素敵なお店です!

前回の記事でも書きましたが、この「パンまつり」をきっかけに。
お店に行ってみたりして。
その魅力を、感じていただければ…嬉しいです!(^▽^)

花と会場の様子

『春のパンまつり』 at TOMIOKA
(2017年4月2日(日)開催)

場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
Facebook:「『春のパンまつり』 at Tomioka」
※なお、秋の「パンまつり」は会場の事情により開催ができない(かもしれない)ので、次回は来年(2018年)になる模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

『春のパンまつり』 at TOMIOKA~出店パン屋さん紹介(前編)

「つばめベーグル」さん

『春のパンまつり』 at TOMIOKA。フォトギャラリー編です。
今回も、出店されたパン屋さんを紹介。
行った方も行けなかった方も、また…行ったけどパンが買えなかった(申し訳ありません!)方も。
チェックしていただければ、幸いです(^-^)

冒頭(↑)の写真、手前に並ぶベーグルたちは、地元・富岡の「つばめベーグル」さん。
ベイク(焼菓子)を彷彿とさせる、オリジナルなメニューもまた魅力です♪

「ルヴァン」さん

長野のパン屋さんの大御所、ルヴァン(上田市)さん。
県外ですが、上田は下道(国道18号)でも、富岡から1時間で行けます。
(高崎からだと1時間40分程度)
新幹線も止まります(^-^)

「ヘブンズテーブル」さん

「ヘブンズテーブル」さんは、埼玉県川口市のパン屋さん。
距離がありますが、通販が可能です。私も「お取り寄せ」して、いただきました(^▽^)
出店もされています。

「やぎぱん」さん

「つきいちマルシェ」のお馴染み、やぎぱん(みどり市)さん。
写真で見えている、マフィン(イングリッシュ系)も美味しい!
クロワッサンや(この時はなかったのですが)デニッシュは、独特の食感がクセになります。

「ツキモバザール」さん

ワゴンカーがカワイイ、ツキモバザール(埼玉県行田市)さん。
モチモチとした食べ応えあるのが、魅力的なパンです。
出店もされていますので、Twitter(Web(↑)からのリンクで行けます)をチェック。

「パン屋COCO」さん

今回初出店だった、パン屋COCO(埼玉県皆野町)さん。
天然酵母だけど、焼きそばやピーナツなど、昔ながらのコッペパンを提供してくれます。
私はまだ…食べたことがありません☆いつか絶対食べるぞ!(笑)

「ぱん卓」さん

そのお隣だったのが、「パンまつり」の常連・ぱん卓(前橋市)さん。
手前にハード系がありますが、奥には「メロンパン」の文字が。
結び目の形が特徴のドイツパン「プレッツェル」の姿も。種類が豊富です(^-^)

「キネマトベーカリー」さん

2店目の初出店、キネマトベーカリー(高崎市)さん。
奥の「レモンパン」が、絶品らしくて。。。
今のところ出店の時しか、登場していないそうです。お店でお目にかかれるのが楽しみですね♪

「工房チャツネ」さん

桐生の工房チャツネさん。
こちらも、「パンまつり」では常連さんです。
5月14日開催の「動楽市」にも出店される予定です。狙っていたけど…だった方、「動楽市」で、ぜひ!

「mugicco」さん

「mugicco」さん

「つきいちマルシェ」でお馴染みの、mugiccoぱん(神流町)さん。
店舗はなく、出店か委託販売などでしか食べられなかったのですが。。。
近日中にお店がオープンする噂を聞きました。こちらも、楽しみですo(^▽^)o

…と、ここまで書いて、10店舗。
「スープ屋さん」と「コーヒー屋さん」も併せると、まだ半分しか行ってません。

あと10店舗。ここに書くと、とてつもなく長くなることに気づいたので(笑)
ここで一区切り。次の記事に「つづき」ます(^-^)/

『春のパンまつり』 at TOMIOKA
(2017年4月2日(日)開催)

場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
Facebook:「『春のパンまつり』 at Tomioka」
※なお、秋の「パンまつり」は会場の事情により開催ができない(かもしれない)ので、次回は来年(2018年)になる模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

『春のパンまつり』 at TOMIOKA~ありがとうございました!

「パンまつり」の様子

「パンまつり」の様子

「パンまつり」の様子

4月2日(日)に開催された、「『春のパンまつり』 at TOMIOKA」
桜はまだ咲いていなかったけど、お天気に恵まれ。
かつてない数のお客様が、訪れてくれました。

一時は、「おかって市場」と「富岡倉庫」の地面が見えないほど。
お客様でいっぱいで。
過去最多・17店舗のパン屋さんが、多くのパンを持ってきていただいたのですが。
全て完売する、という状況になりました。

「パンまつり」の様子

せっかく訪れてくださったのに、パンを手にすることができなかった方もいらっしゃって。
申し訳なかったなあ…と思うと共に。
それだけ皆さんがパンが大好きで。足を運んでいただいたことを思うと。

「パンまつり」のスタッフの一人として。
また、「パン大好き!」な者の一人として。
感謝、感激せずにはいられませんでしたo(>▽<)o

出店者さんの様子

そして、出店してくださった、パン屋さんたち皆さんが。
笑顔で、一生懸命に。

出店者さんの様子

パンなどの説明もしながら、お客様と接しているのを見ていると。

出店者さんの様子

ご自身の作られた「モノ(=物)」に、この上ない「想い」を込めているのと。
そして単に「モノ」を売るだけではない。それを通じて得られる「幸せ」や、人同士の「繋がり」といった。
「コト(=事)」を大切にしているのが、伝わってきて。

出店者さんの様子

それにも感動すると共に。
今回の「パンまつり」に訪れてくださった皆さんにも。
出店者さんの「想い」を、感じていただければなあ…と思いました(^-^)

集合写真

終了後に撮った、出店者さんの集合写真。
「こんなに素敵な集合写真、ないんじゃないか」と思うほど。
皆さんが笑顔だったのも、すごく印象的だったなあ。。。

「パンまつり」の様子

今回の「パンまつり」にお越しいただいた皆様。
本当に本当に、ありがとうございました!

そして、出店者の皆様、スタッフの皆さんに「おかって市場」の方々にも。
心より、お礼を申し上げます。

パン屋さんの紹介も含め、フォトギャラリーは次の記事で。
紹介したいと、思います(^-^)/

『春のパンまつり』 at TOMIOKA
(2017年4月2日(日)開催)

場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
Facebook:「『春のパンまつり』 at Tomioka」
※なお、秋の「パンまつり」は会場の事情により開催ができない(かもしれない)ので、次回は来年(2018年)になる模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

【告知】『春のパンまつり』 at TOMIOKA!

20170304_1870574

「おかって市場」のイベントとして、定着をした「パンまつり」。
2017年の「『春のパンまつり』 at TOMIOKA」は、4月2日の日曜日11時から開催されます。

出店するパン屋さんと、コーヒー屋さん&スープ屋さんは、フライヤー(↑)の通り。
(変更になる場合があります)
ちょっと見づらい(スミマセンっ)…という場合は、ぜひFacebookを見てくださいね♪
Facebookでは、出店するパン屋さんの詳しい情報も載っています。

P1040818

(↑前回の「パンまつり」の様子。以降の写真も同じです)
今回出店するパン屋さんは過去最多!(うち初出店は3店舗)
そのため、より一層、個性あふれたパン屋さんが登場して。
見るのも、買うのも楽しめると思います(^▽^)

P1040814

なお、前回(2016年秋)の「パンまつり」では。
午後になってもまだ、パンがある状態で。
パン屋さんを店舗ごとにじっくり見たり。
何店舗かのパンを買って食べ比べ…ということができました。

P1040833a

当日の状況にもよるので、「今回もできます」と断言はできないのですが。。。
…でも少なくても、「パンまつり」に訪れた皆さんが。
「『パンまつり』に来て良かった!」と。
笑顔になって、パンをお持ち帰りいただければ…と、願っています(^-^)

P1040852_2

秋は会場の事情で、2017年は今回のみになる(かもしれない)「パンまつり」。
年度替わりで慌ただしい時期ですが、ちょっと「ひと休み」をしに。
「おかって市場」の会場へ、お越しいただければ嬉しいです♪

今回も私は、スタッフとして会場にいる予定です。
よろしくお願いいたします(^▽^)/

『春のパンまつり』 at TOMIOKA
開催日 2017年4月2日(日)
開催時間 11:00~15:00
(↑開始時間に注意してください☆)
場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
Facebook:「『春のパンまつり』 at Tomioka」
※駐車は専用駐車場へお願いいたします。詳しくはFacebookでご確認ください。
※出店者さんの情報等は、「おかって市場」のInstagramでも紹介されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

3月。梅の花とジェラートと。。。

梅の花

高崎市の榛名地区箕郷地区は、梅の生産地。
3月になると、梅畑には白い花が咲き。
見頃を迎えます。

3月の上旬、姪と榛名のAlbero.(アルベロ.)さんへ行った折。
少しの時間でしたが、梅の花を見てきました。

白く可愛らしい梅の花。甘酸っぱい香りも漂ってきて。
春が訪れてきたことを、感じます。

Albero.さんジェラート

Albero.さんのジェラートも、春仕様に。
私は、伊予柑、桜、アボカドのプチ3種盛り。
姪は、いちごミルク&はちみつカボチャのダブルです。

春待ちまーけっと

コラボハウスで開催中の「春待ちまーけっと」も見てきました。
(12日(日)まで開催しています。告知が遅くなりスミマセン…

…そんな姪ですが、この13日(月)に中学を卒業して。
高校生という、新たな一歩を踏み出します。

梅の花

地元の同級生と「同じ道」を歩んできた、小中学校時代。
それが…ひとりひとりが、「別の道」を歩むことになる―
―最初の「分岐点」となるのが、高校です。

姪も高校を受験するに当たって、学校見学に行ったり。
両親(姉と義兄)や先生とも相談して、いろいろ考えたようでした。

結局決め手となったのは。学力や技量ではなく。
今の姪に、一番合う(と思われる)校風の学校。。。

…でも、私はそれで良かったと、思っています(^▽^)

スニーカー

(↑姪への卒業&入学祝いのスニーカー)
「決まった道」ではなく、自分で「選ぶ道」になるのだから。
自分が「自分らしく」ある、道を歩めばいいのだと、思います。

自分が「自分らしく」歩めるのであれば。
高校とはまた、別の道だって、「アリ」なのです。

姪の、いや全ての。新たな「一歩」を踏み出す子どもたちの。
その先に続く道が。
自分らしく、生き生きと輝いた「道」になることを、願っています。

…そして、折しも。本日、3月11日は。
東日本大震災から6年の節目となります。

被災され、今現在も影響を受けている方の。
これから歩む道が。
少しでも、前に進める道になるように。

そして、今、何事もなく過ごせている私たちは。
その幸せを噛み締めると共に。
その幸せが、いつまでも、どの人にも。
続くことを願い、考えていかなくてはいけないな…と思いました。

-----------------------------------------------

榛名梅林と箕郷梅林についてはこちら(↓)。

高崎観光協会
URL:http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/
はるなび(榛名観光協会)
URL:http://harunavi.jp/
※3月19日(日)は、「榛名の梅まつり」が開催されます。 箕郷の梅まつりは3月下旬まで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

「春の衣 展」~アーツ前橋ミュージアムショップmina

春の衣 展

3月2日の木曜日。
「アーツ前橋」のミュージアムショップmina(ミーナ)で、「春の衣 展」の開催が始まりました。

桐生のRIPPULE YŌHINTEN(リップル洋品店)さんが、障害者支援施設「赤城野荘」さんの手織りとコラボした展示で。
今年(2017年)が2回目の開催になります。

初日の2日は平日。でも、たまたま家の用で仕事はお休みしていて。
用事が終わった午後に、行くことができました(^▽^)

展示の様子

RIPPULEさんご自身が在廊されていた初日。
ショップ「mina」内は、多くのお客さんが訪れていて。
和気あいあいとした、楽しい空気が流れていました。

洋服たち

その空気の中、RIPPULEさんが織りなす「色」たちは。
鮮やかで、美しく。

靴下たち

少しずつ訪れつつある、「春」の気配を。
感じることが、できました。

糸と手織り機

色とりどりの洋服が並ぶ隣では、これまた春らしい。
優しい色をした様々な糸と、手織り機が。
赤城野荘さんによる、「さをり織り」のワークショップ。開催期間中の金・土・日曜に体験することができます(予約制です)。

つぶちゃん

「つぶちゃん」も、「おかあさん(=RIPPULEさん)」に会えまして。

カフェラテと「つぶちゃん」

偶然逢ったお馴染みさんと、併設のカフェでお茶したりして(笑)。
可愛がって、もらいました(^-^)

展示の様子

3月の末日まで開催される、「春の衣 展」。

冬の間じっと佇んでいた空気が、ふっと緩んで。
少しずつ暖かく、明るく。色付いていく、春。

そして、新たな一歩を踏み出す、春。

そんな春のはじめにふさわしい、展示です(^-^)

展示の様子

春の衣 展
~2017年3月2日(木)~3月31日(金)開催~

場所 アーツ前橋ミュージアムショップmina
(前橋市千代田町5-1-16)
TEL:027-289-8094
時間 11:00~19:00
休館 水曜日
※「さをり織り」のワークショップは、金土曜日は15:00~18:00、日曜日は11:00~18:00です(予約制)。
※また、RIPPULEさんについてはこちら(↓)。

RIPPULE YŌHINTEN(リップル洋品店)
店舗:桐生市小曽根町4-45
(水道山記念館や大川美術館の近くです)
URL:https://www.ripple-garden.com/
Twitter:@ripple_kumi
Facebook:RIPPULE YŌHINTEN
Instagram:ripple_youhinten
※店舗のオープンは、毎月1日~7日(11:00~19:00)。その外での出展等については、WebやSNSを確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

富岡倉庫オープンハウス~「倉庫」から「賑わい空間」へ。

看板

富岡の「おかって市場」と、同じ敷地にある「富岡倉庫」
普段は閉鎖していますが、1月下旬の1週間、公開される機会がありました。

「富岡倉庫」の公開は、過去にもありましたが。。。
今回は、今後の富岡の「姿」を決める、重要な内覧会でもありました。

「富岡倉庫」は、現在立て替え工事をしている市役所と、その周辺と併せて。
新たな交流の拠点として、整備されることが決まっています。

今ある「富岡倉庫」をどのような「形」で、活用していくのか―
倉庫を見学できるようにする一方、その活用案をパネルで提示することで。
広く意見を募集するために、開催されたのが…

…今回の内覧会―「富岡倉庫オープンハウス」だったのです。

富岡倉庫の様子

富岡倉庫は、一番奥にあるレンガ造りの「1号倉庫」と。
その左手前にある、石積みの「2号倉庫」。
さらに手前にある、土壁平屋の「3号倉庫」からなります。

今回は更に、「おかって市場」のある繭の「乾燥場」と併せての。
活用案の提示になります。

乾燥場(おかって市場)

まずは、「おかって市場」のある「乾燥場」。
ここの1階は、なんとブックカフェに!
そして、2階は「フューチャーセンター」として、人々がコミュニケーションを図る場所となります。
(「フューチャーセンター」の詳しい説明はWikipediaを。。。)

乾燥場内部

ただ、この乾燥場は、乾燥機や繰糸機をはじめ、当時の様子が残されている箇所があります。
(以前このブログでも紹介しています。詳しくはこちら

乾燥機

それらは、歴史的資産として。
一部を保存し、公開展示をする形を取ります。

…そうなると、当然。
「じゃあ、『おかって市場』はどうなっちゃうの??」
という疑問が、沸いてきますよね。。。

3号倉庫

そこで、「おかって市場」は、乾燥場向かいの「3号倉庫」に移転します。
脇の2階建ての建物(写真左端に半分見えます)を取り壊し、3号倉庫も一部減築することで。
通りに開いた市場になります。

2号倉庫

そして、2階建て石積みの「2号倉庫」。
こちらは、1階はレストラン。
2階はイベントホールを計画しています。

2号倉庫1階

レストランになる1階の様子。
天井(2階の床)が補強されるなどもあり、この(↑)木の天井が見られるのは今回限り、だそうですが。。。
それでも、柱に壁、窓枠と。
洗練さと懐かしさを兼ね備えた、趣深い空間を造り出しています。

2号倉庫2階

イベントホールとなる2階は、落ち着いた、でも少し重い空間になっていますが。。。
半分ほど吹き抜けにすることで、開放的で明るい空間を造り出そうとしています。

しかも吹き抜けは、壁いっぱいに造る訳ではなく。
吹き抜けの周囲には、人が立って居られる程度の空間も、造り出す形です。

1号倉庫

そして、レンガ造りの1号倉庫は、「学び」の場。

1号倉庫内部

歴史ある倉庫の特徴と。趣深さを生かした。
富岡や周囲の世界遺産群にまつわる、資料展示の他。

1号倉庫の1階天井

VRシアターを導入し、世界遺産群の情報発信を行います。

パネルと扉

「倉庫」から「交流拠点」への整備は。
単に建物そのものに、留まりません。

1号倉庫と2号倉庫

1号倉庫と2号倉庫の間に、駅から通り抜けられる動線を設けることで。
コの字型に閉ざされた敷地を開放。
観光客が自然と足を運ぶ流れを、作ります。

なお、この動線は、2号倉庫と3号倉庫の間にも設けられます。
現在はブロック塀が遮っていますが、解体する予定です。

倉庫から市役所を臨む

この他にも、市役所の新庁舎の前(現在の市役所が建っている場所)は、広場になったり。
旧歯医者さんを、ゲストハウス&店舗に改修したり。
通りを新たに舗装するなど。

富岡の街中全体が。
今ある街の「良さ」を生かしつつ、新しい要素を取り入れ。
更に魅力あふれる「街」として、生まれ変わろうとしているのです。

倉庫敷地の様子

その「新しい街」の大きな核となる「富岡倉庫」。

3号倉庫から

今回、「オープンハウス」という内覧会を開催し。
見に来た人に、広く意見を求めたことは。
とても良かったと、思います。

意見を書く様子

みんなの意見や想いも取り入れて。
誕生する、「賑わい」の拠点。

その拠点がぜひ、みんなの「笑顔」があふれた。
素敵な空間になることを、願っています!

花と「富岡倉庫」簀の子

富岡倉庫オープンハウス
(2017年1月23日(月)~29日(日)開催)

○場所 富岡倉庫(富岡市富岡1450)
○問い合わせ先 富岡市都市計画課
(TEL:0274-62-1511 内線1474)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

旧井上房一郎邸~高崎街中のオアシス

旧井上房一郎邸

高崎市美術館に行くと、併せて入ることができる「旧井上房一郎邸」
高崎市の文化振興に貢献した井上房一郎が、建築家アントニン・レーモンドの自宅を再現した形で。
設計・建築した建物です。

アントニン・レーモンドは、群馬音楽センターを設計したモダニズム建築の第一人者で。
井上房一郎と親交がありました。

私は、高崎市美術館に行く必ず、旧井上邸(=旧井上房一郎邸)にも立ち寄ります。
落ち着いた、深い茶色の平屋建て。
柱に縁側、窓枠と一つ一つに至るまで。

格調高く、すっきりと。
趣深い佇まいに。

ふっ…と、自身の中で張り詰めていたものが。
解けるのを、感じるのです。

中庭

旧井上邸には、中庭(パティオ)のスペースから入ります。
中庭の両側に部屋があり、廊下で結ばれている構造です。

千両

先日行った時、入口で見かけた千両。
赤い実と緑の葉が「差し色」となって。
邸宅を一層、引き立てていました。

居間

入って右側(美術館側)は、暖炉もある居間スペース。

寝室

反対の左側はソファベットもある、寝室スペースとなっています。

和室

寝室の奥には和室が。
このシンメトリー(対称)の美しさも、たまりません。

和室と光

縁側のガラス窓から差し込む、冬の光もまた。
何とも言えない、趣があります。

廊下

どこを切り取っても絵になり。

窓の鍵

行く度に、新たな感動がある旧井上邸。

居間

美術館の企画展で、作品の展示がされることもありますが。
展示されていない時でも、立ち寄りたい。

庭園から

それは、街中のビルに囲まれた、癒しの空間。
茶室のある庭園を、ゆっくり散策するのも、一興です(^▽^)

花

旧井上房一郎邸
高崎市八島町110-27
(高崎市美術館内)
TEL:027-324-6125(美術館TEL)
開館時間
・12月~2月 10:00~17:00
・3月~11月 10:00~18:00
(入館は30分前まで。閉館時間は美術館と異なります)
休館日
・月曜日(祝日の場合は翌日)
・祝日の翌日
(その他展示替期間や年末年始。美術館に準じます)

※写真撮影は、企画展の展示がある時は撮れない場合もあります。
※また、今回の写真は、昨年(2016年)5月と今年(2017年)1月のを組み合わせています。今年1月に撮ったものは、3,7,9枚目と最後の12枚目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧