カテゴリー「群馬県外のおいしいこと」の記事

2017年7月 4日 (火)

「渋川飯塚ファーム」と「青山ファーマーズマーケット」

ジャムたち

ハーブ&フルーツジャム農家の「渋川飯塚ファーム」さん。
無農薬・無肥料のハーブを育てる一方で。
そのハーブと様々な果物を組み合わせた、無添加のジャムに、ハーブティー。シロップなどを生産する農家さんです。

高崎スズラン(の地下1階)に直営店があるほか、イベントにも出店されていますが。
出店場所は群馬県内のみならず。
東京、それも大きなイベントに出店されるほど人気で、注目されています。

ジャムたち

…以前は、ジャムやハーブティーを余り口にしなかった私が。
冷蔵庫にジャムをストックしておくほど、好きになったのも。
ハーブティーを「美味しい」と感じるようになったのも。
「渋川飯塚ファーム」さんのジャムやハーブティーがきっかけです(^^)

そんな「渋川飯塚ファーム」さん(以降「飯塚ファーム」さんと略します)が東京で出店されるイベントの一つに。
青山ファーマーズマーケット(Farmer's Market at UNU)があります。

会場の様子

毎週土日、国連大学前(青山学院大学の向かい)で開催されている、農家さんの出店を中心とした「食」のイベント。
その規模や、品物の充実さ。質の良さと評判で。
農家さんたちとのコミュニティーも図れるイベントです。

たまたま飯塚ファームさんが出店される日に、東京へ出かけたので。
これを機に行ってみました。

野菜と果物

こだわりと自信を持って、育てられた野菜たち。
全国から、集まります。

野菜を買う様子

香辛料たち

野菜や果物のほか、香辛料やナッツ類に。

キッシュ

調理したキッシュやクッキー。

サーディンパテの試食

サーディンパテや。

ワインたち

ワインなどの加工品までありました。

フードとドリンク

ワゴンカーなどでのフードの出店もあって。

フードエリアの様子

多くのお客さんが、食べたり飲んだりして。
ファーマーズマーケットの、和やかなひと時を、楽しんでいました。

渋川飯塚ファームさん

飯塚ファームさんにも、無事にお会いすることができ…(^^)

…それにしても、こんなにセンスのいい素敵な空間で。
様々な地域の農家さんと一緒に。
自ら生産し、加工した「食べ物」を。訪れた人たちに販売する。

渋川飯塚ファームさんのご活躍に、改めて感動すると共に。
これからもより一層、私たちに。
美味しく素敵なジャムたちを、提供していただきたいなあ…と思いました!

渋川飯塚ファーム
URL:https://iizukafarm.shopinfo.jp/
Blog:http://ameblo.jp/ikaho-farm/
Tiwtter:@iizukafarm
Facebook:@shibukawaikaho
※販売は高崎スズランでの直営か、出店、オンラインショップ(サイトからのリンクやこちらを)になります。
※最新の商品・出店情報はブログなどをチェック。なお、「青山ファーマーズマーケット」への出店は、他の出店等の都合で秋までお休みされるそうです。

青山ファーマーズマーケット
(Farmer's Market at UNU)

会場:青山・国際連合大学前広場
(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
日時:毎週土・日曜日 10:00~16:00
URL:http://farmersmarkets.jp/
Twitter:@farmersmarketjp
Facebook:@farmersmarket.at.unu
Instagram:farmersmarketjp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

「ターバンカレー」でパワーチャージ。そして「まとめ」―金沢の旅(最終回)

ターバンカレー

「ターバンカレー」のチキンカツカレー(写真のサイズは「小」です)。

「金沢21世紀美術館」でじっくり観ていたら…とっくりランチの時間を回っていて。
美術館のカフェも、周辺の食事処もいっぱいで。
またもや「ゴハン難民」になりかけた(笑)のですが。。。

お店外観

歩いていてふと目に止まった「ターバンカレー」の文字に。
「ここでいいよね!」ってことで、入りました。
時間は15時(午後3時)近く。すぐ席に着けそうだったのと。
暑さと疲れで…私も友人も、刺激的なモノを求めていたんですね☆

「ターバンカレー」は「金沢カレー」のお店です。
濃厚でドロッとしたルーに、添えられているのはキャベツの千切り。
ステンレスの皿に盛られ、先割れスプーン(又はフォーク)でいただく。

…そんな金沢のご当地グルメでもある、「金沢カレー」。

入ってから知ったのですが、この「ターバンカレー」は「金沢カレー」の「元祖」だそうで。
「(元祖)ならきっと美味しい♪」と、ワクワクしながら待ってました。
(お腹が空き過ぎてたのもありますが…笑)

チキンカツカレー

そうして運ばれてきた、チキンカツカレーは。
スパイスがピリッと効いていて。
カツはサックリ揚がっていて。
ソースの酸味とキャベツの食感が…また絶妙!

食べて一気にパワーチャージ。
疲れも吹き飛んで。元気になりましたo(^▽^)o
とても美味しかったです♪

ナスカレー

(こちら(↑)は友人が注文したナスカレー(野菜カレーの方だったかも…))

「金沢カレー」というと、ロースカツを載せるのが定番ですが。
私が食べたチキンカツやハンバーグ、野菜などのバリエーションもあります。
サイズも選べるのも、良かったです(^^)

ターバンカレー(本店)
石川県金沢市広坂1-1-48
(ウナシンビル1階)
TEL:076-265-6617
営業時間 11:00~19:00
(土日祝日は~16:00)
定休日 年末年始
URL:http://www.turbancurry.com/

----------------------------------------------

カレーでパワーチャージをして、帰途についた今回の金沢の旅。

…行くことが決まったのが、7月の下旬に入る頃。
で、行く日がお盆直前。「山の日」辺りしか都合がつかなくて。
どう考えても、新幹線の席も宿も取りづらい☆

正直、「ダメもと」で申し込みをした感じでした。

中田屋

(「きんつばで」有名な中田屋さん↑)
だけど、ギリギリで席も宿も確保できて、行けた金沢の旅は。
以前行った時よりも、金沢の伝統と文化、そして今の姿に。
じっくりと向き合うことができて。

とても、有意義な旅になりました。

ピーナッツ金箔ソフト

HUM&Go#のピーナッツ金箔ソフト↑)
度々「難民」になりかけた(笑)ゴハン。それも辿り着いた先はどれも美味しくて。
「町屋ゴハン」「地元の食材」「ご当地グルメ」。
様々な味を堪能することが、できました(^-^)v

無料休憩所の様子

(無料休憩所より。笹バッタ作りと、それを見入る子どもたち↑)
何気なく目を向けた光景も、印象深いものが多くて。

石川四高記念文化交流館

(石川四高記念文化交流館↑)
この上ない2日間を、過ごすことができました(^^)

北陸新幹線ができて、2時間ちょっとで行けるようになったから。
その気になれば、日帰りでも行くことができますよね♪

浅野川大橋

身近になった加賀百万石の金沢の街。
今後は今まで以上に頻繁に。
行ければいいなあ…と、思っています(^^)

最後に。。。

ガイドブック

石川県観光連盟が今年(2016年)に発行した、フリーのガイドブック。

「ちょっと石川」(緑と青色の冊子)は、名所や名産など、ひととおり紹介した「初めての旅」用。
「もっと石川」(赤とオレンジの冊子)は、伝統や名所を深いところまで紹介した、「ディープな旅」用に作られています。

どちらも全面カラーで写真も多く、とても見やすく持ちやすい上に。
石川の素晴らしさを、地元ならではの視点で紹介しています。
地図まで挟み込まれていて、本当によくできているんですよ♪

石川を訪れて目に入ったら、ぜひ手に取ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

金沢21世紀美術館「まるびぃ」へ。―金沢の旅(その5)

市民ギャラリー

「市民ギャラリー 2004.10.09-2005.03.21
マイケル・リン作(2004年)

―金沢の旅。2日目は、兼六園の側にある「金沢21世紀美術館」へ行ってきました。
2004年に開館。通称「まるびぃ」の名で親しまれている、現代アートの美術館です。

過去に2回金沢を訪れた時は、まだなくて。
オープンを知った時から、ずっと行きたいと思っていた美術館。

それが、「北陸新幹線に乗りたい」という友人のひと言から、行けることになって。
もう、飛び上がるほど嬉しかったですo(>▽<)o

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館は、「街に開かれた公園のような美術館」をコンセプトとしています。
そのため、美術館の前は芝生の広場。
作品も点在し、見たり触れたりすることが、できるようになっています。

市民ギャラリー

館内も企画展を行う「展覧会ゾーン」のほかに、無料で入れる「交流ゾーン」があって。
「交流ゾーン」にも作品が常設されています。

なお、冒頭と(↑)の「市民ギャラリー…」は、「交流ゾーン」の作品。

撮影可能な場所も多く、館内はどこを撮っても絵になるので。
たくさんカメラに収めてきました♪
(展覧会ゾーンの作品も可能でしたが、ここでの掲載は控えておきますね☆)

カフェレストラン

カフェレストラン「Fusion21」。

カラー・アクティヴィティ・ハウス

「カラー・アクティヴィティ・ハウス」
オラファー・エリアソン作(2010年)。

館内の様子

ブルー・プラネット・スカイ

「ブルー・プラネット・スカイ」(2004年)。
越後妻有の「光の館」と同じ、ジェームズ・タレル氏の作品。
ここでも、観ることができました。

スイミング・プール(外から)

レアンドロ・エルリッヒ作の「スイミング・プール」(2004年)は。
上からも「中」からも「観る」ことができます。

スイミング・プール(中から)

スイミング・プール(中から)

スイミング・プール(中から)

「中」から観た光景。
(プールの「中」に入るには、展覧会ゾーンに入るチケット(有料)が必要です)

緑の橋

「展覧会ゾーン」と「交流ゾーン」。
どちらにある作品も、興味深く観ることができて。

雲を測る男

金沢の旅、2日目は。
ここ「まるびぃ」で、一日を過ごしたので、ありましたo(^▽^)o

美術館の様子

金沢21世紀美術館
石川県金沢市広坂1-2-1
TEL:076-220-2800(代表)
URL:http://www.kanazawa21.jp/
※開館時間、休館日など詳細はWeb(↑)を確認してください。

------------------------------------------

最後に、おまけ。。。

美術館とつぶちゃん

「まるびぃ」の建物とアートを、じっと眺める「つぶちゃん」。
そこ、日陰とはいえ、暑いよ…(笑)

(金沢の旅は、あともう少しつづきます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

金沢で高級魚「のど黒」を食す。―金沢の旅(その4)

のど黒めし

テニスプレーヤーの錦織圭選手が。
「食べたい」と言って、話題となった「のど黒」。

「アカムツ」の別名として呼ばれる、この魚は。
北陸や山陰を中心に生息し。
その身は「白身のトロ」とも呼ばれ、高級魚として名を馳せています。

そんな「のど黒」を。
金沢での夜ゴハンに、いただくことができましたo(^▽^)o

お店外観

場所は、金沢の地元飲食店が集中する香林坊。
その一角にある「のど黒めし本舗いたる」
地元でも人気の高い、和食のお店です。

実は夜ゴハンも、気になっていたお寿司屋さんが臨時休業だったりで。
ゴハン難民になりかけいた、私たち(笑)。

ようやく、このお店を見つけたものの、待っているお客さんは10組以上☆
だけど、お昼にたっぷり食べたので、お腹も待てる状態だったし。
群馬ではまずお目にかかれない「のど黒」。「やっぱり食べたいよね!」ってことで。。。

…で、待つこと数十分。
日も薄暗くなってきた頃に、ようやく入ることができました(^-^)

お通しとビール

まずは、お通しを肴にカンパイ♪
私はいつも通りのノンアル(笑)。
(でも以前は、ノンアルでもビールは苦手で…最近、ようやく美味しく飲めるようになりました♪)

この後に蟹味噌(別注文)がやってきて。。。

そして、メインの「のど黒めし」

のど黒めし

釜のご飯一面に敷き詰められた「のど黒」。
炙られたことで香る、「のど黒」の旨味がまず、食欲をそそります。

「のど黒めし」の食べ方は3段階。
はじめは、そのままで。「のど黒」のストレートな旨味を感じて。

薬味入り

次に、薬味を入れて。

出汁入り

最後は、「のど黒出汁」をたっぷりかけて、いただきます。

初めて食べた「のど黒」は。
脂がのっていて。でも白身だからなのか、後に残る脂味ではなくて。
まさに「白身のトロ」。

口に入れた途端、思わず「!」と唸ってしまうほど。
美味しかったです。

出汁も、「のど黒」の旨味が濃厚で。
この出汁だけで、ご飯食べたいと思ったくらい(笑)

店内の様子

あの錦織圭選手が「食べたい」と言ったのも。
十分頷けるほどの美味しさ。

そんな北陸ならではの味を。
味わうことができて、とても幸せだと思いましたo(^-^)o

のど黒段ボールアート

…あ、この方も、食べられたのですね♪

のど黒めし本舗いたる
石川県金沢市柿木畠2-8
TEL:076-233-1147
営業時間
・昼 12:00~14:00(L.O.)
・夜 17:30~20:30(L.O.)
定休日 日曜日
URL:http://www.itaru.ne.jp/
※なお、すぐ近くには姉妹店「酒と人情料理 いたる(本店)」もあります。こちらは地酒とともに地元の新鮮魚介を堪能するお店です。

-------------------------------------------

…なお、この「のど黒めし本舗いたる」のメニューで。
思わず釘付けになってしまったのは。

メニュー

アイスクリームです(笑)
「加賀棒茶」「能登塩」「五郎島金時芋」―と、どれも金沢(石川県)ならではの味。
モチロン、〆にいただきました♪

加賀棒茶とアイス

悩んだ末、選んだのは「加賀棒茶」。
本来の加賀棒茶(お茶)も、「上がり」で出してくれたので。
一緒に堪能しました。

アイスもお茶も、ほうじ茶ならではの香ばしさはあるものの。
どこか透き通るような、香りと味で。
金沢らしい味だなあ…と、思いました(^^)
(金沢の旅、まだつづきます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

Pizzeria PERCHÉ―金沢の旅(その3)

お店入口

金沢の旅。「ひがし茶屋街」に滞在していて、悩んだのがランチです。
名所の茶屋街は、甘味処の方が多いのと。
「山の日」の祝日…お盆休みも始まり、多くの人が訪れていたこともあって。
茶屋街の食事処はどこも満席。1時間は待つお店もありました。

…とっくに12時を回っていて。1時間待つのはキビシイな。。。

そんな中、ガイドブックを頼りに見つけたのが、Pizzeria PERCHÉ(ピッツェリア ペルケ)
茶屋街から少し脇道に入った所にある。
ナポリピッツァのお店です。

店内の様子

町屋を改装したオシャレな店内。だけど待たずに、座ることができました(^-^)
散策と暑さで疲れた身体を、癒します。

マルゲリータ

ランチのピッツァは3種類。ドリンク&デザートのセットでオーダーします。
まず運ばれてきた、マルゲリータ。

ピッツァを切るところ

マルゲリータ

生地はもっちり、モッツァレラは食べ応えあるけど、後味すっきりで。
トマトソースも酸味が効いていて。
一枚が結構大きいのですが、自然と口に入っていきます。

マリナーラ

もう一つは、マリナーラ。
シンプルだからこそ、素材の味が際立つピッツァ。

ニンニク特有の臭みを、オレガノの酸味が上手く消して。
旨味とコクを味わうことができました。

ジェラート

〆のドルチェに登場したチョコレートのジェラートは。
チョコが濃厚で、でもさっぱりしていて。
ピッツァの口直しに最適(^-^)

金沢というとどうしても、「和」な食事になりがちですが。
趣ある町屋などで、「洋」を堪能するのもまた、オツです(^-^)

お店看板

Pizzeria PERCHÉ
金沢市東山1-12-3
TEL/FAX:076-251-3688
営業時間
・Lunch 11:30~14:30(日・祝日のみ)
・Dinner 18:00~25:00
定休日 水曜日
Facebook:「東山ピッツェリアペルケ」

----------------------------------------

金沢の話はまだまだつづきますが。。。
ここで少し。

今日(8月22日)は、台風9号が関東地方に上陸し。
群馬も雨風に見舞われ、避難準備情報の発令や。
自主避難所が開設された自治体もありました。

私はたまたま休暇を取っていて。
用事を足した後は、家で雨風の様子を窺っていました。

夕焼け

そして台風は過ぎ、まだ風は残るものの。
夕焼けが見られた、群馬の空。

それを見て、台風の威力を感じると共に。
過ぎ去った安堵感を、感じないではいられませんでした。

群馬では大きな被害はなかったのですが。
他の地域では、被害に逢われた方もいらっしゃったようです。

心よりお見舞い申し上げると共に。
被害を最小限に食い止めようと、尽力された方々に。
感謝を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

「ひがし茶屋街」と「しおサイダー」~金沢の旅(その2)

ひがし茶屋街

金沢の旅のつづきです。
金沢駅で荷物を預け、周遊バスに乗り向かった先は―「ひがし茶屋街」

茶屋街の多い金沢。中でも「ひがし茶屋街」は、江戸時代に加賀藩が形成した、最も格式の高い茶屋街と云われていて。
国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されています。

ひがし茶屋街

現在は、お茶屋を堪能できる施設のほか、ショップやカフェ(甘味が中心)、食事処も多く。
茶屋街の雰囲気を味わいながら、お買い物に休憩に…と楽しむことができます。

今回は2回目の訪問だったので、ショップを中心に巡りました。
和菓子や佃煮、お醤油など、お土産に喜ばれるお店の他。
金箔のコスメや手ぬぐい、お香などの、金沢の「町屋」ならではの店。

そして、金沢の伝統を受け継ぎつつも、現代の感性も取り入れた。。。
工芸品のセレクトショップです。

東山ギャラリーエッジ

「東山ギャラリーエッジ」(写真↑)に「縁煌(えにしら)」「玉匣(たまくしげ)」。。。
ここには、水引のアクセサリーや、金箔や漆を使った時計。
カワイイ絵柄が描かれた九谷焼など。

高い技術で作られた、センスある工芸品が多く。
とてもとても、楽しむことができましたo(^▽^)o
(どのショップも中の撮影はNGなので、写真はありません。ショップのサイト(↑)を見てくださいね)

…余りにも、ショップを巡るのに時間をかけたので。
初日は「ひがし茶屋街」だけで、一日が終わってしまったくらい。。。笑

ひがし茶屋街

それでも、一日巡っていると、ひと休みは…したくなります。
甘味処が多い「ひがし茶屋街」。でも、この時は甘いモノより、喉を潤したかった私たち。

サイダー

「玉匣」のショップにあったサイダーを、飲むことにしました。

しおサイダー

私がいただいた「しおサイダー」
実は、能登の海塩を使った「地サイダー」です。

能登の伝統的な製塩方法・「揚げ浜式」。
塩水を汲み揚げ、塩田に撒き、窯で煮詰める。
その行程は人力で行われ、熟練した技術が必要と云われています。

能登の伝統と技術で作られた、塩のサイダーは。
引き締まった甘さと、爽やかさが感じられて。

暑い北陸の夏に相応しい、飲み物だと思いました(^▽^)v

「しおサイダー」と「つぶちゃん」

(↑「つぶちゃん」もひと休み^^)
なお、2つ前の写真にあった「柚子サイダー」は、柚子街道・湯涌温泉の地サイダー。
こちらは友人が飲んでいました。
私もひと口いただきましたが、天然の柚子の香りと味がして、こちらも爽やかな飲み心地でした(^^)
(まだまだ、つづきます)

※注:ひがし茶屋街では飲み歩きはNGです。お店の前で飲みましょう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

「北陸新幹線」と「金沢駅」~金沢の旅(その1)

北陸新幹線

「北陸新幹線に乗ってみたい」
そんな友人の一言から決まった、2016年の夏の旅。

「山の日」の祝日となった8月11日と、翌12日に。
北陸新幹線に乗って、金沢へ行ってきました。

最速の「かがやき」は高崎駅には止まらないので、「はくたか」に乗車。
それでも、金沢までの所要時間は2時間16分!
その気になれば、日帰りでも行けます。

金沢へは、新幹線の開通前にも行ったことがありますが。
4~5時間はかかっていて。「遠い」という印象が強かったけど。。。

…いやはや、金沢って「近い」場所、だったんですね~o(^▽^)o

「もてなしドーム」と「鼓門」

新幹線にも驚きましたが、更に驚き感動したのが、金沢駅の東口です。
アルミ合金のフレームとガラスによる巨大ドーム。
その先に、どっしりと佇む赤茶色の門。
「もてなしドーム」「鼓門」です。

「もてなしドーム」と東口

「もてなしドーム」は、金沢を訪れる人に差し出す「雨傘」をイメージしています。
「弁当忘れても、傘忘れるな」と云われるほど、雨の多い金沢。
まずは「雨傘」を差し出すことで、「もてなしの心」を表現しているのです。

鼓門

そして、「鼓門」は、伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージ。
米松(べいまつ)の構造材を利用した、らせん状の柱と格子の屋根が。
ため息が出るほど滑らかで、美しいです。

もてなしドーム

「世界で最も美しい駅14選」にも選ばれた、金沢駅。
伝統と現代の技術、更には「金沢の心」を融合した、佇まいに。

この後の旅が、素敵なものになることを。
予感せずには、いられませんでしたo(^-^)o
(しばらく、つづきます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

pace around―長野・北佐久

外観

…ここでようやく、5月末の長野の話に戻ります。。。
(間が開きすぎ(笑)なので、前の話はこちらこちらで振り返ってみてください…)

上田からの帰り道、北佐久の御代田町にあるpace around(ペース・アラウンド)に寄りました。
浅間山麓の林道沿い。小動物もひょっこり出てきそうな場所に、静かに佇む。。。
家具や雑貨などを扱う、ショップです。

ペンダントライト

白い小径(こみち)を歩んでいくと見えてくるのが、クラシカルな青の扉。
そして扉の上には、これまたクラシカルな灯り。

それだけでもう、ショップのセンスの良さが窺えて。
ワクワクドキドキ、してしまうのですが。。。

店内

店内に入ったら、なお一層。。。

店内

園芸用品

窓際

店内

どこを見ても、何を撮っても、絵になる光景に。
ため息が漏れるばかりで、ありましたo(>▽<)o

絵?ではなく…

特にエントランスホールから真っ直ぐ店内に入り。。。
奥からエントランスホールを振り返って見た時の光景が、圧巻です。

一見、大きな新緑の絵があるのかと、思いきや。
実はこれは外の景色。
大きな窓になって、いるのです!

この時期(5月末)は新緑だったけれど、今(7月)はきっと深い緑の森。
そして秋は紅葉、冬は雪景色と。
変化していく、「絵」。。。

キッチン用品

そんな、素敵で非日常な空間を味わえる「pace around」ですが。
販売しているものは、家具の他にキッチン用品や食器。
洋服に書籍、ステーショナリー。園芸用品に至るまで。
実用的で多岐にわたっています。

―毎日使うもの、食べるもの、触れるものが。
機能的で、安心で、心地良いモノを―

ワイン

―それをコンセプトとする「雑貨店」なので、「食品」も取り扱っています。
加工品や乾物、コーヒー豆やワイン。
地元で採れた無農薬の野菜。パンや焼菓子も置いてあるのです。

実はコーヒースタンドもありまして。。。
店内でいただいてきました。

コーヒーと焼菓子

地元の「ル・パステ」さんが手掛けた、グレープフルーツマフィンと共に(^-^)

店内

買い物にも「ひと息」するのにも、寛げる。
居心地のいい、空間。

その感動は、名残惜しみながら店を出る、瞬間まで。

出入口

扉と両側の窓と、その先に拡がる新緑の景色が。
あたかも、ひとつの「絵」のように、存在していたのには。

…何て言っていいか、分からないほどの。
想いに包まれたので、ありました(T▽T)

この扉…また、開けたいです!

外観

pace around
長野県北佐久郡御代田町塩野400-158
TEL:0267-32-7007
FAX:0267-32-7010
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
URL:http://pacearound.com/
Facebook:「pace around」
※定休日のほか、臨時休業があります。また7月は「無休」の予定だそうです。詳しくはWebやFBで確認をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

「ルヴァン 信州上田店」

「ルヴァン」外観

信州・上田で「パン」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「ルヴァン」のパン。
天然酵母のパンを語る上では、決して外すことができない。
有名なパン屋さんです。

本店は東京にあります。…が、上田市にも店舗があって。
今回の「発酵祭り」の折に、訪れることができました。

場所は柳町通り。。。
「発酵祭り」の会場にもなった、通り沿いにあります(^^)

看板

上田の「ルヴァン」が注目されるのは、パンもさることながら。
その店構えにもあると、思います。

古民家を改装し、暖簾を下げ、木の看板を掲げる佇まいは。
趣深い上田の街に、合っていて。

…ずっと昔…大正、明治、いやひょっとしたら、更に前(!?)から。
そこで、パン屋さんをやっていたような。

そんな気持ちに、させてくれます(^▽^)

店内

…それは店内に入ると、なお一層。。。

パンたち

…そして並ぶ、「ルヴァン」のパンたち。

パンたち

パンたち

カンパーニュや食パン、セーグル(ライ麦)、コンプレ(全粒粉)といった。
ハードで重厚感ある、「天然酵母パン」の代表的なものから。

パイにクロワッサン、キッシュといった。
軽く口にできるパンまで。

想像してた以上の、パンの豊富さに。
ただただ感動するしか、ありませんでした。

「パンまつり」のルヴァン

…おかって市場の「パンまつり(at TOMIOKA)」で、見かけたパンたち(写真↑)は。
ほんのほんの、一部に過ぎなかったんですね。。。

物販スペース

店内は2階を中心にカフェスペースがあり、食事もできるほか。
信州(長野)の食材や加工品を、販売するスペースもあります。

「ルヴァン」は、その土地で生まれたもの、作られたものを。
とても大切にする、パン屋さんです。

だから上田の「ルヴァン」のパンは。
信州の水や小麦、果物や野菜が。
ふんだんに使われています。

入口の様子

そうして作られたパンは、口に入れた途端、「すーっ」と。
自然と身体に馴染み、溶け込んでいく。

これ以上ない味o(>▽<)o

以前は天然酵母特有の「酸味の強さ」が際立ってたそうですが。
今は、かなり抑えられて。
食べやすくなっている、と言われています。

なので、パンが大好きな人ならぜひ一度。
「ルヴァン」のパンの感動を、味わってもらいたいな…と思っています(^^)

店前の様子

ルヴァン 信州上田店
長野県上田市中央4-7-31
(柳町通り沿い)
TEL:0268-26-3866
営業時間
・パンの販売 9:00~18:00
・カフェ 10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 水曜日
(ほか不定休があります。詳しくはブログ↓をチェック)
Blog:http://uedalevain.exblog.jp/

-------------------------------------------------

…また、「ルヴァン 信州上田店」では6月17日(金)から。
萩原将之さん(はぎちゃん先生)の個展が開催されます。

器たち

器たち

(こちら↑の写真は、別の展示の時のです。。)
萩原さんが創り出す、「青」の世界。
この「青」の器たちが、「ルヴァン」の空間に登場します。

昨年(2015年)に引き続き、今回が2回目となる展示です。

お立ち寄りの際は…ぜひ♪

nobuyuki HAGIWARA Exhibition
(in ルヴァン信州上田店)
開催日 2016年6月17日(金)~6月26日(日)
時間 9:00~18:00(水曜定休)
在廊日 金・土・日曜日と最終日
※詳しくは萩原さんのブログで。ブログからFacebookやInstagramへもアクセスできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

信州・上田「柳町発酵祭り」は「パン祭り」!

柳町通り

甘酒など

チーズ

焼鳥

祭りの様子

5月29日の日曜日。
信州・長野の上田市で開催された「柳町発酵祭り」に行ってきました。

ビールやワイン、日本酒などのアルコール。
味噌に醤油、チーズ、糀(こうじ)から生まれた加工品といった。。。
地元の「発酵食品」が集まったこのイベント。

アルコールの「つまみ」にはモチロン、他のドリンクとも相性の良い食べ物も登場し。
日焼けしちゃう(!)ほどの晴天の下、盛況に行われました(^▽^)

…今回で2回目となる、この「発酵祭り」ですが。
今回、初めて登場したのが。。。

パン

ベーグル

パン

…パンっ♪♪

パンだって、「発酵食品」ですものね~o(>▽<)o

ベーグル

地元・長野のパン屋さんが出店された他。
群馬からは6店舗!ものパン屋さんが参加して。
それはそれは、大盛況となりました。

11時のスタートで、13時頃にはどのパン屋さんも完売!!
富岡の「パンまつり」といい…本当に皆さん、パンが好きなんですね~☆

…とか言いつつも、私も「パン好きな一人」なので(笑)
ここぞとばかり、長野のパン屋さんのブースに並びました(^▽^)b

「Local bench」さん

「パン屋さん」とひと口に言っても、パンの種類に風合い、食感など。
パン屋さんによって、全然変わってきます。

東御市の「Local bench」さん(↑)は、ソフトで軽い生地。
食パンやカンパ(カンパーニュ)の他、あんパンやメロンパン、デニッシュもあります。

「Spica・麦の穂」さん

それと対照的なのが、小諸市の「Spica・麦の穂」さん。
カンパもバゲットも、ぎっちり密度のあるパンで、食べ応えがあります。
小麦の味を十分堪能できるのも、魅力です(^^)

「まる屋」さん

今年(2016年)オープンしたばかり(確か…)、東御市の「まる屋」さんのパンは、「もちっ」とした食感♪

「ハル」さん

ベーグルの「ハル」さんは、種類が豊富で。。。
どれを「お持ち帰り」しようか、長い間「にらめっこ」してしまいました(笑)

祭りの様子

「パンまつり」のスタッフ仲間さんをはじめ。
長野に精通した方々から、噂に聞いていた…パン屋さん。

そのパンを手にすることができて。
それぞれが持つ個性と美味しさを、思い切り堪能することができて。
本当に良かったです♪

祭りの様子

…と、ここまで書いて。。。
「あれ?上田で『パン』と言えば…『あの』店は??」
と、思った方…きっと、いらっしゃいますよねぇ。。。

モチロン、行きました!買いました!!
「その」パン屋さんについては、この次に紹介します~(^-^)/

柳町発酵祭り2016
(2016年5月29日(日)開催)

場所 上田市柳町通り(長野県上田市中央4丁目)
時間 11:00~16:00

-------------------------------------------

最後におまけ☆
「発酵祭り」でお見かけしました(^-^)/

ニャンコとワンコ

「六文銭」の兜をかぶった、ニャンコとワンコ。
そう、今、上田と言えば…大河ドラマ「真田丸」!…ですよね♪

実は「レキジョ(歴史女子)」で、「真田丸」も毎週欠かさず観ている私。
(もう楽しみで楽しみで、日曜日の夜が待ち遠しいくらい。次の日仕事なのに・笑)

上田に行ったら、「『真田丸』ツアー」もしたいと思っていたけど。
…それはまた、次の機会に。
後の「お楽しみ」となりました(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧