カテゴリー「和洋菓子・アイス」の記事

2017年5月 4日 (木)

「an fruitiere」さんのお菓子たち~@高崎・MOTOKONYA

an fruitiereさんのお菓子

4月はじめのことになりますが…高崎の「MOTOKONYA」で水・土曜日だけオープンする。
an fruitiere(アン・フリュティエール)さんのお菓子を、買いに行くことができました。

ベイク(焼菓子)を中心に、クリームなどのデコレーションもされたお菓子たちは。
海外でも引けを取らない、オシャレで洗練されたフォルム。

既に行った方の話や写真で、分かってはいたのですが。
いざ目の当たりにしてみると。

その場でないと、分からない。
お菓子が持つ「雰囲気」というものも伝わってきて。。。

「早く食べたい!」という気持ちを。
押さえることが、できませんでした(^^)。

お菓子たちを上から…

タルトシトロンやパウンドなど

スコーンたち

アンフルケークなど

王道のベイクドチーズと、アンフルケーク(写真(↑)中央のサンドしたケーキ)。
そしてスコーンは…お土産にしたけれど。

どうしても食べたかったケーキは、その場で。。。
紙皿とフォークを用意していただき、隣の和室でいただくことにしました。
(基本テイクアウトですが、イートインも可能です。ドリンクはありません)

タルトシトロン

まずいただいたのは、上の白いメレンゲが何とも言えず可愛らしい。
「an fruitiere」さんのお菓子と言えばこれ、のタルトシトロン(レモンのタルト)。

ココナツシュガーとバナナパウンド

そして、マスカルポーネクリームをたっぷりのせた、「ココナツシュガーとバナナパウンド」

一気に2個いただいた上(笑)、後で「お土産」にしたお菓子も口にしましたが。
どのお菓子も、自身の特徴をとらえた味です。

「タルトシトロン」なら、レモンの酸味を前面に。
ふわっとしたメレンゲの食感と相まって、軽やかで爽やかな味。

対照的に、「バナナパウンド」だと、どっしりとした重量感が。
バナナの味もしっかりと、食べ応え十分。

それでも、すっと身体に馴染む甘さと美味しさを持つ。
(だから一気に2個も食べちゃったんです・笑)
「an fruitiere」さんのお菓子たち。

ラッピングされたパウンドケーキ

お菓子は、贈り物に相応しい、ラッピングされたパウンドケーキ類や。
(先に食べた「バナナパウンド」も、クリームがない形で包装されています)

クッキーたち

クッキー類も用意されています。
こちらも幾つか「お持ち帰り」しましたが、とっても美味しかったです(^^)

ショップカード

…高崎から東京へ修行をされて、ご家族のために高崎に戻ってこられた「an fruitiere」さん。
今はMOTOKONYAでの週2回オープンですが、これからも。。。

私たちに、素材の味と美味しさを楽しめる。
お菓子を作っていっていただきたいなあ…と、思いました!

入口の様子

an fruitiere
高崎市元紺屋町(「MOTOKONYA」内)
営業時間 10:00~16:00
営業日 水・土曜日
Facebook:「an fruitiere」
※駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。
※オープン日は、基本上記の曜日ですが、変更になる可能性もあります。行くときはFBや、MOTOKONYAのサイトなどでチェックすることをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

3月。梅の花とジェラートと。。。

梅の花

高崎市の榛名地区箕郷地区は、梅の生産地。
3月になると、梅畑には白い花が咲き。
見頃を迎えます。

3月の上旬、姪と榛名のAlbero.(アルベロ.)さんへ行った折。
少しの時間でしたが、梅の花を見てきました。

白く可愛らしい梅の花。甘酸っぱい香りも漂ってきて。
春が訪れてきたことを、感じます。

Albero.さんジェラート

Albero.さんのジェラートも、春仕様に。
私は、伊予柑、桜、アボカドのプチ3種盛り。
姪は、いちごミルク&はちみつカボチャのダブルです。

春待ちまーけっと

コラボハウスで開催中の「春待ちまーけっと」も見てきました。
(12日(日)まで開催しています。告知が遅くなりスミマセン…

…そんな姪ですが、この13日(月)に中学を卒業して。
高校生という、新たな一歩を踏み出します。

梅の花

地元の同級生と「同じ道」を歩んできた、小中学校時代。
それが…ひとりひとりが、「別の道」を歩むことになる―
―最初の「分岐点」となるのが、高校です。

姪も高校を受験するに当たって、学校見学に行ったり。
両親(姉と義兄)や先生とも相談して、いろいろ考えたようでした。

結局決め手となったのは。学力や技量ではなく。
今の姪に、一番合う(と思われる)校風の学校。。。

…でも、私はそれで良かったと、思っています(^▽^)

スニーカー

(↑姪への卒業&入学祝いのスニーカー)
「決まった道」ではなく、自分で「選ぶ道」になるのだから。
自分が「自分らしく」ある、道を歩めばいいのだと、思います。

自分が「自分らしく」歩めるのであれば。
高校とはまた、別の道だって、「アリ」なのです。

姪の、いや全ての。新たな「一歩」を踏み出す子どもたちの。
その先に続く道が。
自分らしく、生き生きと輝いた「道」になることを、願っています。

…そして、折しも。本日、3月11日は。
東日本大震災から6年の節目となります。

被災され、今現在も影響を受けている方の。
これから歩む道が。
少しでも、前に進める道になるように。

そして、今、何事もなく過ごせている私たちは。
その幸せを噛み締めると共に。
その幸せが、いつまでも、どの人にも。
続くことを願い、考えていかなくてはいけないな…と思いました。

-----------------------------------------------

榛名梅林と箕郷梅林についてはこちら(↓)。

高崎観光協会
URL:http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/
はるなび(榛名観光協会)
URL:http://harunavi.jp/
※3月19日(日)は、「榛名の梅まつり」が開催されます。 箕郷の梅まつりは3月下旬まで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

Albero.さんの新店舗「Regalo×Regale」へ/年末のごあいさつ

ジェラートとチラシ

榛名のジェラート・Albero.(アルベロ.)さん。
季節を感じるジェラートとその美味しさに、大人も子どもも釘付け♪
連日、多くのお客さんが訪れます。

そんなAlbero.さんですが、この12月。
ジェラートとはまた違った、新しい店舗をオープンされました。

お店の名前は「Regalo×Regale(レガーロ×レガーレ)」
「贈りもの」と「繋ぐ」という言葉を、掛け合わせた言葉です。

お店外観

「Regalo×Regale」の店舗は、Albero.の隣にあります。
ウッドデッキのある、茶色い屋根の建物です。

デッキの階段を上がり、白い扉を開けると。
目に入ってくるのは。。。

ジャム類と焼菓子

色とりどりのジャム類、焼菓子に。

野菜や果物

野菜や果物たち。

ドリンク

リニューアルした「梨ソーダ」に、新商品の「梅とプラムのソーダ」。
そして、3種類ものドレッシングに。

ハーブティー

ハーブティーと。

Albero.さんが自らの手で手掛けた、たくさんの品物たちが。
素敵なパッケージと共に、並んでいました。

品物たち

「Regalo×Regale」で並ぶ品物は、Albero.さんの畑のほか。
高崎で採れた農作物が、使われています。

それらを「高崎のおくりもの」という、オリジナルギフトとして提供することで。
心と心が触れ合う機会を、持ってもらえたら―

―「Regalo×Regale」には、そんなAlbero.さんの想いが。
込められたお店なのです。

焼菓子

そのため、ちょっとしたプレゼントから。きちんとした形の贈答まで。
袋に箱に…包装紙も農作物の絵を描いたのや、シンプルなデザインのもの…と。
とても充実しています。

そして包装のほとんどに。
「高崎」のタグが。

一口サイズのグラノーラやフロランタン(写真↑)の包装にも。
「高崎」のタグが、付けられていました(^^)

店内の様子

だけど、「Regalo×Regale」の役割は、それだけではありません。
店舗中央にある広いテーブルは、カフェスペースとして提供しているほか。
料理教室という、体験イベントも開催される予定なのです。

カフェメニュー

カフェメニューは日替りのスイーツに、コーヒーやハーブティーなどのドリンク類。
(写真↑ではまだ書かれてないですが、この日のスイーツはチーズケーキでした)
実は「Albero.」のジェラートも持ち込んでも、OKなのだそう。

その逆に、「Regalo×Regale」のお菓子を「Albero.」でいただくこともできます(^-^)v

ケーキとコーヒー

日替りスイーツのチーズケーキに、シティローストのコーヒー。
この日の豆はパプアニューギニア。
「Albero.」でもコーヒーが飲めますが、こちらはオリジナルブレンド。
豆が違うのです。

店内の様子

ジェラートのみにとどまらず、アルベロ.マルシェなどのイベントや。
クラフト作家さんが展示するコラボハウスの設置。
そして、今回の「Regalo×Regale」と。

いつも前を向いて、活動の場を広げられているAlbero.さんに。
来年の2017年も、目が離せないです(^^)

お店看板

GIFT of TAKASAKI Regalo×Regale
高崎市下里見町1701-1
(「Albero.」と同敷地内)
TEL:027-384-8892
営業時間 11:00~18:00
定休日 火・水曜日
(変更になる可能性があります)
※TEL・営業時間・定休日は「Albero.」と異なるので注意してください(私は間違えてオープン1時間前に行ってしまいました・笑)。またWebやSNSは「Albero.」と同じです。

GELATERIA Albero.
高崎市下里見町1701-1
TEL:027-340-1235
営業時間 10:00~19:00
不定休
URL:http://www.albero-yamakifarm.com/
Twitter:@alberooomame
Facebook:「alberogelato」
Instagram:「alberogelato」

※どちらのお店も、年末年始は営業時間やお休みが変わります。必ずSNS等でチェックしてくださいね(^^)

----------------------------------------------

…そして、少し早いのですが。。。

今回の記事で、2016年のブログ更新はひとまず〆まして。
次は2017年に書きたいと思います。

今年もブログを見ていただいたり、そしてブログからお声かけをしてくださったり…と。
本当にありがとうございました!

SNSが普及している時代。情報収集も発信もSNSが主流になって。
ブログがちょっと影を潜めている感があるのは…否めないですよね。

かく言う私も、今年からTwitterのほかにInstagramを始めているし。
ブログの更新頻度は、SNSよりできないでいます(特に後半の半年は週1回が限度でした…)。

情報を発信するのも収集するのも。SNSの方が簡単だし便利だし、早いです。
だけど、私はこれからも。ブログは続けていこうと思っています。

文章も写真(画像)もたっぷり載せられて。「記録」として残せるという。
ブログならではの利点もあるし。
私が文章も写真も、書いたり撮ったりするのが好き、というのもありますが。

でも一番の理由は。
「今の私」があるのは、このブログが「出発点」となっているから。。。

…最近は「情報発信」というよりも、自分の「活動記録」みたいにもなっていて。
一つの記事も長いし(笑)、読むのが大変かも知れないのですが。

ちょっと時間のできた時で良いので。
これからも、ご愛好いただければ嬉しいです(^^)

それでは、2017年が皆様にとって、素敵な年になることを。
願っています!!

最後に…ここ2,3年恒例となりました(笑)
「おまけ」です。

つぶちゃん

つぶちゃん♪今回は「ミシラヌモリ」の一コマを。
今年も可愛がってくだって、ありがとうございました!
来年も、よろしくお願いいたします(^^)

なお、先に挙げたTwitterとInstagramはこちら(↓)です。
Twitter
Instagram
こちらは2016年もまだ更新しています。ブログでは載せきれない情報や写真もあります。良かったら覗いてみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

真田丸ツアー・群馬編(その3)~「オイシイモノ」編。

前回前々回と続いた「真田丸ツアー」は、もう少し先があるのですが。。。
今回は「食べ物編」。
ツアーの合間にいただいた、「オイシイ(美味しい)モノ」を紹介します♪

…歴史探訪もいいけれど。
「美味しいモノ」も、押さえないとね…笑(^-^)v

まずは、みなかみ・月夜野の「名胡桃城址」→沼田市街へ向かう道中。
昼ゴハンにと寄ったのが。

「銀の月」外観

カツレツと紅茶の「銀の月」です。
行程を打合せしていた時に、ランチの場所が問題になりまして☆
(「名胡桃城址」周辺って、余りないので…)
その時、尾瀬の帰りに「銀の月」寄ったことを思い出しました(^-^)

ワンプレートランチ

平日限定のワンプレートランチ♪
揚げ物2種類に煮込み料理、サラダ、玄米ご飯。
そして、野菜のデリが3種類。ピクルス。お味噌汁やシャーベットもつきます(ドリンクはプラス料金)。

この日の揚げ物は海老フライに、鮭のクリームコロッケ(だったはず…)。
煮込み料理は、ビーフシチューでした(^-^)

…そして、「沼田城跡」に行く前。
ひと休憩の「お茶(カフェ)」に寄ったのは。

「KATO」外観

環状線沿いに移転した、フランス菓子の「KATO」
ここは私がリクエストをしました。
一度、ケーキを食べてみたかったんですね♪

カフェスペースもあって、お店で販売している紅茶なども飲むことができます(^-^)

ケーキたち

デコレーションに品があり、とってもオシャレなのが「KATO」のケーキ。

また、「真田丸」にちなんで…では。
「KATO」さんは「上州沼田 真田兵糧丸(ひょうろうがん)スタンプラリー」の参加店でもあります。
お土産に、「兵糧丸(をモチーフしたお菓子)」を買っていくのも、オツですo(^▽^)o

なお、私が、お土産に…と買ったのは。
「樫の木」のバウムクーヘンです。

「樫の木」外観

「真田丸展」会場の「グリーンベル21」からすぐ。
三角な建物が目印のお店。

作家の吉本ばななさんが「世界一おいしいバウムクーヘン」と。
絶賛された、名店です。

バウムクーヘン

「樫の木」の看板、チョコでコーティングされたバウムクーヘンは。
ドイツの「シュヴァルツヴァルト」の黒松を、イメージしているのだそう。

我が家の味奉行(笑)で、バウムクーヘン好きな母親にも好評でした(^-^)v

…「真田丸ツアー」なのに、「真田丸」とは余り関連のない「オイシイモノ編」(笑)
モチロン、先述の「兵糧丸」スイーツをはじめ、六文銭や兜のトンカツなど。
「真田丸」にちなんだ「美味しいモノ」も、たくさんあります♪

どちらを選ぶかは、お好みで。
でも、どっちを選んでも、きっと満足できると、思います(^-^)/

~今回紹介したお店~

銀の月
利根郡みなかみ町政所1042
TEL:0278-62-1002
営業時間
・Lunch 11:30~14:30
・Dinner 18:00~20:30
定休日 月曜日
URL:http://tsukiyonotei-ginnotsuki.com/

KATO Patisserie La Fourmi
沼田市高橋場町2115-1
TEL:0278-24-2340
営業時間 10:00~19:00
URL:http://www.kato-fourmi.jp/

洋菓子工房 樫の木
沼田市中町1122-4
TEL:0278-22-2777
営業時間 9:00~19:00
無休(元日はお休み)
URL:http://kashinoki-numata.com/
Facebook:「洋菓子工房 樫の木」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

初めての「Gram lump」店舗へ。

お店外観

渋川へお出かけする道中、友人への手土産も兼ねて。。。
高崎の足門町。高渋線(渋高線)そばにある、「Gram lump(グラムランプ)」さんへ寄りました。

群馬の「ベイクショップ(焼き菓子店)」と言って、まず浮かぶお店の一つ―「Gram lump」さん。
お菓子自体は、出店の時や手土産で、食べたことがあるのですが。
お店に入ったのは、実は今回が初めてでした。

白い壁に、ガラスの引き戸。
窓は格子があるけど、大きくて。
お菓子を作っている様子も、垣間見ることができます。

入口

さり気なく置かれた、観葉植物に。
風合い良く錆びた、シャベルやスツール、台車などの小道具たち。

…そして、引き戸をカラカラと開け、中へ入れば。

水色の秤

スコーンとマフィン

店内ディスプレイ

焼チョコレイト

お店のシンボルである、水色の秤と。
マフィンにスコーン、焼チョコレイトにビスケット。。。

たくさんの焼き菓子たちが、出迎えてくれましたo(^▽^)o

計量皿に載ったお菓子

「Gram lump」さんのお菓子は、グラム単位が基本です。
個数で求めることにはなりますが、重さを量って金額が決まります。

お菓子の特徴としては、形などに拘(こだ)らないダイナミックさと。
素材の味を思い切り主張しているところだと、思います。

ベースの生地は、小麦粉の旨味と食感を。
チョコだったら、チョコらしい甘さを。
キャラメルなら、キャラメルをガツンと感じられるように。

焼き菓子たち

それはまるで、「アメリカのマザー(お母さん)が作ってくれた」ようなベイク。

だから、食べ応えはあるけれど。
でも、決してお腹はもたれない。

オープンから2年と4ヶ月(2016年2月現在)。
これからも、群馬の「ベイクショップ」として、在り続けて欲しいな…と、思います(^^)

店内の様子

はかりうりのおやつ Gram lump
高崎市足門町819-5
(高渋線(渋高線)の「足門」交差点そば)
TEL:027-388-0395
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休(2月は火・水曜日)
URL:http://ameblo.jp/gramlump/
Facebook:Gram lump

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

「LASICU」さんの帆布バックたち。

「LASICU」さんのバック

(前回のつづき)もう一つのクラフト作品は、思高建設さんでのイベント。
「クリスマスローズ&スノードロップとマナペコのおやつ展」で、出逢いました。
帆布のバックを手掛ける、「LASICU」さんです。

LASICUさんの帆布は、しっかりしてるけど、肌によく馴染みます。
ごわごわしていなくて、しっとり、滑らか。で、柔らかい。

また、帆布とは思えない、可愛らしいデザインが見られるのも特徴です。
ナチュラル感もあふれていて、持つだけで自分も周りの人も「ふっ」と和ませる。
そんな、ふんわりしたイメージを抱かせてくれます(^-^)

バックの中

ころんとしたマルチ型のバック(冒頭の写真、左上のバックです)の中を覗かせていただきました。
底板があるのにビックリ!
型崩れしないように…とのお話でしたが、ここまでしっかりした底板は珍しいです。

しかも底板は、好みで外したり、お手入れがしやすいように、敢えて縫い込まない形にしているのだそう。
この気配りも、LASICUさんの魅力だと感じましたo(^▽^)o

トートバック

今回は展示販売のほか、オーダーの受注もしていらっしゃいました。
トートバックのほか、ショルダーバックやバスケット型も。
2色使いもできるみたいです。

オンラインショップでの受付のほか、委託販売も2ヶ所でされています。
1ヶ所は埼玉・入間(だったかな?)ですが、もう1ヶ所は群馬の渋川。とあるカフェです。

…そのカフェですが…実は「LASICU」さんがきっかけで。
この1週間後に、行くことができました!

それについては、改めて紹介したいと思います~(^-^)/

LASICU
URL:http://lasicu.thebase.in/
Instagram:a_lasicu
※オンラインショップのオーダー受付は日が決まっています。次回は2月14日(日)21:00~です。

---------------------------------------------

さて、今回のイベントに出店されていたマナペコさんのおやつ。

クッキー

LASICUさんのカバンをイメージしたクッキーもありました。
マナペコさんらしい芸術的センスと精巧さで、とってもカワイイです!

ケーキたち

こっちのケーキたちも、すごく美味しそう!(実際すごく美味しい♪)

毎年この時期に開催される、bottega616さん企画「○○とマナペコのおやつ展」のイベント。
この時(場所は違っていました)以来、毎年行ってるのですが。。。

今回はケーキはガマンして(笑)、事前予約していたアップルパイをいただきました♪

アップルパイたち

(…それでもクッキーとマドレーヌを買ってる・笑)
マナペコさんのアップルパイも、毎シーズン恒例。
だけど、今回はマナペコさんに直に申し込む機会がなくて。。。

…母親が「食べたい」とぼそっと言ったこともあり。
あと数台!ってところだったけど、申し込むことができました。

アップルパイ

他のお店とはちょっと違う、酸味のあるリンゴの魅力を最大限生かしたアップルパイ。
今シーズンもいただけて、良かったですo(^▽^)o

おやつ屋 マナペコ
安中市下間仁田800-1
TEL/FAX:027-382-7316
E-mail:mannapeco@gmail.com
Twitter:@mannapeco
Instagram:mannapeco
店頭販売日 金・土曜日 11:00~
※基本は注文販売。注文は毎日受け付けています。3日前までに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

「浪花屋のたこ焼」と「うまかんべぇ」

浪花屋のたこ焼

浪花屋のたこ焼

私がモノゴコロ(物心)がついた時…既に高崎の街中で、店舗を構えていた「浪花屋」さん。
聞くところによると、創業して50年以上もやっているとか☆
私より年上!どおりで、「お店がある」ことしか、知らない訳で。。。笑

街中の一角、3畳程度の敷地で販売しているのは、たい焼と…これ↑、「元祖高崎名物 浪花屋のたこ焼」

「健康食品」(!)と謳っているだけあって、たこ焼きの生地は、もちもち。
一般的に広まっているのとは異なり、粉の部分がたっぷりで、弾力があります。
でも…決して「もさもさ」した食感ではなく、「もちもち」。

ソースは酸味を利かせて、さっぱりと。
このソースが、幾つでも頬張れる所以です。

久しぶりに、食べました。
高崎の隠れた「名店」ですo(^▽^)o

浪花屋
高崎市田町65(田町交差点角)
TEL:027-325-0519

--------------------------------------------------

そして、もう一つ。

うまかんべぇ

うまかんべぇ

「上州名物 うまかんべぇ」
群馬の方言(「おいしいでしょ!」の意味)が名付けられたお菓子は、松井田の「アメリカンベーカリー」さんによるもの。
1924年(大正13年)創業の、和洋折衷のお菓子屋さんです(パン屋さんではありません^^)。

お店独自の製法で練り上げた白あんを、パイ生地で包んだ「うまかんべぇ」は、確かに、「和洋折衷」を象徴する、お店の看板菓子。
白あんは卵が入っているのかなあ…懐かしい味もして。
何だか「あったかく」なる、お菓子です(^^)

オーブントースターで温めると、パイ生地が香ばしくなり、一層美味しくなります。

全国菓子博覧会で「金賞」を受賞。
イタダキモノ(頂き物)で、そこで初めて知ったのですが…これを知らなかったのは、群馬県民として不覚でした(笑)
群馬の手土産の一つに…ぜひ入れたい、銘菓です。

アメリカンベーカリー
安中市松井田町松井田526-1
(松井田小学校入口の西側)
TEL:027-393-0141
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜日
URL:http://american-bakery.com/

※「うまかんべぇ」という方言は、実際は群馬以外の地域(埼玉北部など)でも使われています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

「ヤマワラウ」―高崎・若松町

ヤマワラウ

お店入口

高崎市役所の南側一帯は、古い建物も残る閑静な住宅街。
その一角に、ハイセンスで可愛らしいお店が誕生しました。

真っ白な外装に、淡いブルーグレーの扉。大きな窓。
さり気なく灯る、ペンダントライト。
そして…ライトの下、扉と同じブルーグレーで書かれているのは。。。

「ヤマワラウ」
…このお店の、名前です。

店内の様子

8月11日、ベイクショップ(焼菓子のお店)としてオープンした「ヤマワラウ」さんは、SNSなどであっという間に話題となりました。
オープンの11時ともなると、絶えずお客さんが訪れて。。。午後には完売。
本来は18時までのオープンなのですが☆
大人気です(^^)

マフィンたち

ベイク(焼菓子)はマフィンやスコーンを中心に。グラノーラバーやクッキーも置いてあります。
マフィンは白桃やチョコ、くるみなどの「おやつ系」のほか、甘くない「お食事系」のものも。
私が行った時は、「大葉&ベーコン」や「ドライトマト&ガーリックロースト」などがありました。

両手で隠せないほど大きいので、1個で十分食べ応えがあります。
でもフワッと柔らかい食感は、お店の雰囲気そのまま!
あっという間に、完食をしていました(^^)

マフィンたち

今回はマフィンとスコーンを買ったのですが、次はグラノーラバーやクッキーも買ってみたいな。。。

コーヒーやジェラートも販売しています。イートインスペースもありますが、こちらはまだ準備中とのこと。
…いつか、イートインもしてみたいですね…o(^-^)o

「ヤマワラウ」

…お天気と時間の都合もあって、汗だくでやってきた私(笑)
それでも、笑顔で優しく対応してくださった「ヤマワラウ」さん。

「ヤマワラウ(=山笑う)」の名前に合った、優しく温かいお店でした(^^)

ヤマワラウ
高崎市若松町2-11
TEL:027-381-5028
営業時間 11:00~18:00
定休日 火・水曜日(8月は無休だそうです)
Instagram:YAMA_WARAU
※駐車場はお店に向かって左。1台停めることができます。
※「ヤマワラウ」の由来ついては、okkoさんが詳しく紹介しています(↓)。とても綺麗な由来に、思わずため息が漏れました(^^)
ヤマワラウ。(okkoさんのブログ「紫陽花 *てづくり な まいにち*」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

フルーツオンザヒル~高崎・吉井町小串

フローズンアイスバー

8月に入ってから、SNSなどで話題のフローズンアイスバー。
ショーケースの中に、一斉に並んだ色鮮やかなアイスバーは、見た人を惹きつけ。。。
連日の猛暑も相まって、家族で、友人と、そして一人でも。
お店へと、足を運びます。

そんな私も、知ってすぐの週末土曜日に、行ってみました。

お店外観

お店の名前は「フルーツオンザヒル」
高崎の吉井町小串、「カタクリの里」のすぐ近くにあります。

果樹畑

お店の周辺に広がるのは、ブルーベリーやブドウなどの、果樹畑。
ここで採れた果物たちを使用して、アイスバーが作られています。

ブルーベリー

ブルーベリーの摘み取り体験も、できるみたいです(^^)

店内の様子

店内に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、フローズンアイスバーのショーケース。
ここでまず、「うわーぁ」と歓声が挙がります。

アイスバーたち

アイスバーの種類は10数種類ほど。
複数の果物を組み合わせたり、一つの果物でも、ヨーグルトやミルクと合わせたり…と、バラエティーに富んでいます。

…今が旬、大好きな「スイカ」もいいけど、どうしようかな。。。
迷った挙句、「イチゴマーブルヨーグルト」に決定♪

イチゴマーブルヨーグルト

(↑一口だけ食べちゃってます^^)
店内の席に腰掛けて、端から「かぷッ」と齧(かじ)りつけば。。。
口の中に、ひんやりとした感覚と。
イチゴの甘酸っぱさと、ヨーグルトの爽やかな味が拡がります。

齧り進めていくうちに、暑さで火照った身体は。
いつの間にか、クールダウンしているんですね(^^)

余りにも美味しかったので、お代わりをしちゃいました☆
でも一人で2本を一気に食べるのは、お腹に差し障るかな…と思ったので。

ブルーベリージュース&ブドウ

農園で採れたばかりのブルーベリージュースを(^-^)/
スムージーもあります。果実のままのブドウは、家へのお土産。
果物や野菜の販売もあります。

今の季節にぴったりの、フローズンアイスバーの農園カフェ。
東京だけじゃない、群馬でも、それも新鮮な果物を使ったものが食べられるなんて。

とてもシアワセだなあ…と思いましたo(^▽^)o

フルーツオンザヒル
高崎市吉井町小串750-5
TEL:027-388-8411
URL:http://www.fruitonthehill.co.jp/
※国道254号線、「小串」の信号から藤岡方面へ向かうと、お寺とコンビニが見えます。この間の脇道を登った所にあります。丘の上にあり、国道からでも看板(垂れ幕)が見えます。
ナビで住所を指定しても、正しく指定しないことがあるので、気を付けてください(私はそれで迷いました。結構分かりやすい場所なのに…笑)

---------------------------------------------

…ところで…

今回の記事…新しいカメラで写真を撮りました。

LUMIX GM

買ったカメラはこちら↑。Panasonicの「LUMIX GM」です。
世界最小と言われるミラーレス一眼で、これまで使っていたコンデジ・RICOH「CX1」と、カメラ本体の大きさはほとんど変わりません。

「…一眼で更にレベルの高い写真を撮りたい!」と思って購入したのですが、まだ使い勝手が分かっていない上、ブログにUPできる画像の解像度との絡みもあって…余り上手く写っていません(笑)

…早くコツを掴んで、いい写真をUPしたいなあ。。。

カメラ自体の性能はとてもイイし、写真自体の質も格段に違います。
がんばります~(^-^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

長野・善光寺門前町巡り

「大門」交差点

(善光寺手前の「大門」交差点。八十二銀行の白い建物が目印)
前回の長野・善光寺詣でのつづきです。
写真↑の八十二銀行をはじめ、長野の街には趣ある建物が、数多くあります。
洋館に日本家屋、蔵、昭和時代のビルをアレンジしたものなど。

建物

それらの建物を一つ一つ見るのも楽しい。
母親の身体(足)が調子良かったこともあり、善光寺からの帰りはのんびりと。
中央通りを散策しながら、駅に向かいました(^^)

THE FUJIYA GOHONJIN

こちらは、THE FUJIYA GOHONJIN(ザ・フジヤ・ゴホンジン)
現在はレストランですが、もとは江戸時代創業の善光寺門前宿「藤屋御本陣」。
建物の建設は1925年(大正14年)。善光寺仁王門を再生した、宮大工さんが手掛けたそうです。

HEIGORO移動車

向かいの日本家屋には、パティスリーのHEIGORO(平五郎)(THE FUJIYA GOHONJIN系列)が入っています。
建物の横には、オシャレな移動販売車が。
母親が目敏く見つけました。私以上に「おいいしいもの」が大好き(しかも味にキビシイ)母親。さすがです☆

ソフトクリーム

移動販売車の正体は、このプレミアムな生ソフトクリーム「クレミア」。
(蒸し暑かったので、既に溶けてきています☆)
濃厚でミルキー。ラング・ド・シャ生地のコーンで、とてもリッチなソフトでした!
(車での販売は御開帳の期間のみ。6月以降は店内で販売しています)

小川の庄

母親は幾つかお店を「探索」していましたが(お店の人にまで訊いてた!笑)、その中で特筆すべきお店が、この「小川の庄」
長野の郷土食「おやき」のお店です。

縄文おやき

ここでは囲炉裏で焼いた「縄文おやき」が食べられます。
最近では蒸すのが多くなった「おやき」。
でも、以前は囲炉裏で焼いたものを、家族みんなで食べていました。

おやき

焦げ目がついて、表面が香ばしく焼けた「おやき」は、蒸したのとは違った美味しさがあります。
熱いくらいの温かさもまた、格別でした(^^)

…一回で終わらせようかと思った、「善光寺の門前町巡り」でしたが。。。
スミマセン、もう一回つづきます☆

~今回紹介したお店~

THE FUJIYA GOHONJIN
長野県長野市大門町80
URL:http://www.thefujiyagohonjin.com/

HEIGORO
長野県長野市大門町515
URL:http://www.fujiyaheigoro.com/

小川の庄(おやき村長野分村大門店)
長野県長野市大門56-1
TEL:026-232-5786
URL:http://www.ogawanosho.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧