« 「雨ザラシ工房」さんのショップ&工房へ。 | トップページ | 「春の衣 展」~アーツ前橋ミュージアムショップmina »

2017年2月22日 (水)

鬼石の「ワラシベベーカリー」

お店外観

藤岡市との合併後も、長閑で穏やかな雰囲気を漂わせる鬼石の街。
その中心地から少し外れた、神流川沿いにある「ワラシベベーカリー」さんに行けたのは。
2月半ばに入る、週末のことでした。

お店のオープンは、昨年(2016年)の10月。

パンもこれまでに、2度ほどいただいたことがあるし。
店舗も一度、完売クローズ後に「通った」ことはあって。
店内や店主さんの様子も、「おおよそ」分かっていたのですが。

入口

それでも、入り口のドアノブを持つ手は。
「ワクワク」と「ドキドキ」という。
「はじめまして」特有の高揚感が、あふれていましたo(^▽^)o

そうして、入った店内。。。

店内の様子

パンとレジカウンター

店内の冊子

薪ストーブのある店内

むき出しで置かれたパンに。
分銅の秤に薪ストーブ。
オブジェとして置かれた、木の枝。小動物の角。。。

一方で、アンティークなランプシェードに。
白い壁に描かれた、草花と小動物。
そして、グロッケン。

野性的だけれど、どこか長閑な。
個性的な空間に。

ああ、このパン屋さんは。
「鬼石」にあるべき、パン屋さんなんだなあ…と、思いました(^-^)

パンたち

独特の空気の中、石窯で焼かれたパンたちには。
値札どころか、ネームタグもありません。
どんなパンかは、店主さんに直接伺います。

すぐに食べるか、一日経ってからがオススメか。
保存は。またその方法は。
店主さんは詳しく話してくれます。

また、パンは試食もさせてくれるので。
好みのパンを選ぶことも、可能ですo(^▽^)o

分銅秤

カンパーニュなどの大きめのパンは、グラム単位で。
ここで活躍するのが、分銅秤。

分銅秤で量る様子

ちゃんと、現役なんです(^-^)b

パンたち

…こうして手にすることのできた、パンたちは。
(この後予定があり、車の中でいただきました)
石窯ならではの、香ばしさと。
「自然」というものを、ダイレクトに感じる味。

鬼石ならではの、自然と個性を。
凝縮したようなパン屋さん。
近くを通った折にはぜひ一度、立ち寄ることをオススメします!

パンと青空

また、写真は撮れなかったのですが、季節限定のチョコマカロンが絶品で。
もっと買ってくれば良かった!と、後悔しているところです(笑)

ワラシベベーカリー
藤岡市鬼石譲原24-2
(国道462号線沿い。総合グラウンドの側です)
営業日 金・土曜日
(土日オープンから変更になりました)
営業時間
・金曜日 10:00~17:00
・土曜日 11:00~17:00
(完売次第終了)
Facebook:「warashibebakery」

|

« 「雨ザラシ工房」さんのショップ&工房へ。 | トップページ | 「春の衣 展」~アーツ前橋ミュージアムショップmina »

パン・ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/69659826

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼石の「ワラシベベーカリー」:

« 「雨ザラシ工房」さんのショップ&工房へ。 | トップページ | 「春の衣 展」~アーツ前橋ミュージアムショップmina »