« 「キネマトベーカリー」~高崎・矢中町 | トップページ | 鬼石の「ワラシベベーカリー」 »

2017年2月15日 (水)

「雨ザラシ工房」さんのショップ&工房へ。

店舗外観

2月上旬の週末。
「雨ザラシ工房」さんのショップ&工房に、お邪魔できる機会がありました。
場所は高崎の井野町。旧17号線(県道12号)の、少し脇に入った場所にあります。

「雨ザラシ工房」さんというと。イベントでの出店や。
毎月第4土曜日に、富岡の「おかって市場」で出張されている。
「くりがま(栗の形をしたがま口)」の可愛さで注目の、革作家さん。

店舗入口

その雨ザラシ工房さんが、工房を兼ねたお店を構えたのは、昨年(2016年)の5月。
以来、「行きたい」と思っていて。この度、ようやく行けたのですが。

建物1軒という規模で、店舗となっていたのに。
まず驚いたので、ありました。

…これはきっと、中は素敵な空間が。
広がっているに、違いない。

そんな私の期待は。
決して、間違っていませんでした。

ギャラリーの様子

財布や鞄

チャーム

ランドセル

ギャラリーの様子

雨ザラシ工房さんご自身が手掛けた、革製品と。
他の作家さんによる、雑貨など。
数多くの、「作品」たちが。

見やすさと、楽しさを兼ね備えたディスプレイで。
センス良く、並べられていました。

くりがま

トレードマークの「くりがま」も、この通り♪
大きいのに、小さいの。色も、キャメルにブラウン、黒のものと。
たくさん「転がって」おりました(^▽^)

革たち

だけど、「見せる」のは、作品を展示(販売)しているスペースだけではありません。
工房―作業場の箇所も、「魅(見)せます」。

工房の様子

工具たち

キャメル色をベースに、整然と並んだ。
色彩豊かな糸に工具たち。
その中で、ちょっとだけ。無造作に置かれた小道具たち。

その空間が、アート作品かと思うほど美しくて。
すっかり、魅入ってしまいました。

ミシンたち

ミシンなどの機器類は3台。こちらも美しいフォルムで並びます。

なお、左側は大きく厚い革を縫う時に使うミシンで(恐らく「ランドセル」などかと…)。
中央は、革を薄くしたりするなど、加工に使う機械。
右側は、薄い革を縫う時のミシンです。

今回は、右側のミシンで。
以前買った「栗」のチャームに、縫い目を付けていただきました。

縫製の様子

縫製後のチャーム

…これはこれで、カワイイ♪(^▽^)

落ち葉チャームWS

その他にも、工具を使って。
落ち葉のチャームに「虫食い穴を作る」体験などを。
させていただいたりして。。。

すっかり、長居をしてしまいました(^-^)

工房の様子

単に「出来上がった物」を展示し、販売しているだけではなく。
その「過程」の様子も見せ、触れて、「味わって」もらうことで。
作品の良さ、素晴らしさを知ってもらう。

…そう言えば、イベント出店や出張販売の時も。
ワークショップや、「ガチャガチャ」を通じて。
「味わってもらう」ことを、大切にされていたよなあ。。。

ガチャガチャ

(↑「ガチャガチャ」。中に革のチャームが入っています)
出店などで幾度もお見かけしていた、雨ザラシ工房さんの姿を。
ふと思い出して。
思わず、笑みがこぼれたので、ありました(^▽^)

看板

雨ザラシ工房
高崎市井野町713-3
TEL:027-364-3648
営業時間 9:00~19:00
定休日 水曜日と第2,4日曜日
(ほか出店等で、店舗はお休みになることがあります)
URL:http://amazarashi-kobo.com/
Twitter:@amazarashi_kobo
Facebook:「雨ザラシ工房」
Instagram:amazarashi_kobo
※毎月第4土曜日は、富岡の「おかって市場」に出張されます。次回は2月25日(土)です。
※修理対応もしてくださるので、お気軽に相談してみてください。

|

« 「キネマトベーカリー」~高崎・矢中町 | トップページ | 鬼石の「ワラシベベーカリー」 »

ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/69579574

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨ザラシ工房」さんのショップ&工房へ。:

« 「キネマトベーカリー」~高崎・矢中町 | トップページ | 鬼石の「ワラシベベーカリー」 »