« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月24日 (土)

【告知】『秋のパンまつり』 at TOMIOKA!

フライヤー

『秋のパンまつり』 at TOMIOKA
「おかって市場」で開催される、パンまつりの秋バージョン。
今年(2016年)は10月2日(日)の、11時から開催されます。
(↑時間、今年の春までと違うので、間違えないでくださいねー!!)

出店するパン屋さんとコーヒー屋さん、そしてスープ屋さんは写真(↑)の通り。
(クリックすると拡大します)
Facebook「おかって市場」のブログにも紹介されていますので、併せてチェックしてみてくださいね♪

「パンまつり」ではお馴染みのお店に、初登場のお店。
いろいろな顔が揃っていますが。。。

今回、ここで紹介するのは、県外から初出店する2つのパン屋さん。
「ベーグル屋 ハル」さんと「ヘブンズテーブル」さんを紹介します(^▽^)

ベーグル

「ベーグル屋 ハル」さんは、長野・上田市での「発酵祭り」にも出店されていたベーグル屋さんです。
地元・長野の小麦「ゆめかおり」を使ったベーグルは、すっきりした味で、とても食べやすいです。

動物性原材料(卵や乳製品)不使用で、オーガニックに重点を置いているのですが。
ベーグルの種類はとても豊富!
「よもぎきなこ」に「ダブルベリー」、「黒糖ピーナッツ」。
「オレンジ&紅茶」に「豆乳チーズ」に「カフェモカ」。。。

ベーグルたち

「発酵祭り」の際、どれを「お持ち帰り」しようかすごく迷って。
随分と長い間、ベーグルたちと「にらめっこ」していました(笑)

ベーグルは常時10種類は並ぶそうですが、他にもマフィンやスコーン。
食パンや豆乳クリームパンといった、ヴィーガンブレッドも焼いていらっしゃいます(^^)

「ベーグル屋 ハル」
URL:http://www.fsf-haru.com/

…そして、もう一店舗の「ヘブンズテーブル」さんの拠点は、埼玉の川口市。
パン教室や料理教室を開く傍ら、金曜日にはアトリエでパンを販売していらっしゃる。
自家製酵母のパン屋さんです。

今回の「秋のパンまつり」の出店を機に。
どんなパンなのかを、知っておきたかったので。。。
(一応「パンまつり」のスタッフ(お手伝い)なので、「予習」です・笑)

お取り寄せしたパンたち

そこでこの度、「お取り寄せ」をしてみました♪
初めてだから、セレクトした数種類のパンが入った「おまかセット」と。
シンプルな「玄米カンパーニュ」をオーダー(^▽^)

パン

パンはカンパに食パン、クリームやあんこなどの「おやつパン」に。
チキンやトマト、チーズを使った「お食事パン」もありますが。

使っている自家製酵母が、パンの種類ごとに違っていて。
そのパンの特徴に合わせているんですね。

「スモークチキンと玉ねぎ」のパンだったら、「酒粕&ヨーグルト酵母」。
「ほうじ茶とあんこ」のパンだったら、「ほうじ茶酵母」。
「オレンジとチョコレート」だったら、「オレンジ酵母」…といった具合。

先述の「玄米カンパ」はモチロン…「玄米酵母」!

オーブントースターで温めると、酵母から来る食材の香りが一層漂って。
とっても、シアワセな気持ちになりました♪

「ヘブンズテーブル」
URL:http://www.f6.dion.ne.jp/~h-table/h-table/

…それでは、「『秋のパンまつり』 at TOMIOKA」おさらいです!(↓)

『秋のパンまつり』 at TOMIOKA
開催日 2016年10月2日(日)
開催時間 11:00~15:00
(↑開始時間(くどいようですが)間違えないでくださいねー!)
場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
Facebook:「『秋のパンまつり』 at Tomioka」
※駐車は専用駐車場へお願いいたします。詳しくは「おかって市場」のブログをご覧ください。
※パンは早めに完売となることがあるので、ご了承ください。

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

「ちゃきち」の抹茶パフェ―富岡・一ノ宮

抹茶パフェ

9月最初の土曜日は、母親の誕生日。
甘味が好きな母親。そこで、かねてより「連れて行きたい」と思っていた。。。
富岡の「ちゃきち」さんへ、一緒に行きました。

私にとっても、初めての「ちゃきち」さんです。

いただいたのは、写真(↑)の抹茶パフェ
ミニサイズの方ですが、抹茶ジェラートに「あんこ」、生クリームはモチロンのこと。
抹茶のわらび餅、白玉に栗の甘露煮、ほうじ茶のシフォンまで入っていて。
底部には、抹茶クリーム(かな…?)で和えたグラノーラ。

抹茶パフェ

ミニサイズながらも、パフェの「盛りだくさんさ」が「ぎゅっ」と詰まっていて。
甘いモノ大好きな女子なら、年齢問わず、ときめいちゃうな~☆と思いました。

私も例外漏れず、その一人(笑)

可愛く積まれたパフェを、崩すのがもったいないなあ~と思いながらも。
外側から、少しずつ。
それぞれの味をじっくりと、堪能しました(^▽^)

あんみつ

こちらは母親が頼んだ「抹茶クリームあんみつ」
母親は甘味処に行くと、必ずあんみつをいただきます(^-^)

…ところで、「ちゃきち」さんは、日本茶のお店「吉田園」さんが手掛けているだけあって。
お茶スイーツ、中でも5段階の濃さが堪能できる「利き抹茶ジェラート五点盛り」が有名なのですが。

この度、五点盛りの一番濃いのより更に濃い。
抹茶ジェラート「極(きわみ)」を、追加でいただくことにしました。

「極」

実際はもっと緑色が際立っていた「極」。
お茶として点(た)てた抹茶をそのまま冷やしたような、苦みと。すっきりとした後味。
抹茶パフェの口直しにも、丁度良かったです♪

店内の様子

外に目をやると、時折上信電鉄の車両が横切ります。
その長閑な走行音と、心地良い振動が。

お茶スイーツと共に。
リラックスさせてくれる、和カフェです(^▽^)

お店外観

茶カフェ ちゃきち
富岡市一ノ宮264
(国道254号線(西上州やまびこ街道)沿い)
TEL:0274-63-4017
営業時間 11:00~18:00
定休日 月曜日
Facebook:「ちゃきち」
※ジェラートはテイクアウトもできます。またお茶の販売も行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

【告知】「さくらカフェ」ふたつの企画展

「さくらカフェ」さん主催の、ふたつの企画展。
その企画展に、この度、作品(写真)を出展することになりました。
今回はその告知です。

一つ目の展示は、こちら(↓)。

工芸空間ハガキ

前橋の粕川町にある「中之沢美術館」
9月11日(日)~10月2日(日)まで、「工芸空間」という6人の作家さんの展示が開催されますが。

同時開催となる「さくらカフェ写真展八年間の記録―23人の眼」に。
「23人のひとり」として、参加させていただきます。

ハガキ拡大

(写真↑の赤の点線のところです。。。)
作品はひとり1点。これまで「さくらカフェ」で展示された写真の中で、出展者ごとに印象に残ったものをピックアップしての展示となります。

写真という作品を出してまだ1年。
美術館での展示だなんて、いいのかなあ~と思いながらも。
嬉しく思っています。

初日の11日(日曜日。明日です)は、16時の閉館の後、オープニングがあるそうです。
(参加はどなたもできます)
私はオープニングに行くのは難しそうですが、期間中は必ず行って。
「工芸空間」の展示と併せて、堪能できれば…と思っています(^-^)

…そしてもう一つは、少し先ですが「さくらカフェ」さんでの展示。
「十月の作品展」です。
(今月(9月)の展示ではないので、ご注意を…)

十月の作品展ハガキ

十月の作品展ハガキ

昨年(2015年)、作品を出すきっかけとなった、「十月の作品展」。
今年も参加させていただきます。

こちらに出す写真は、ブログには既に載っているものですが。
「作品」として出すのは、初めてです。

ブログで「一部」として観るのとは、また、印象が変わってくると思うので。
そこを感じていただくのも…と思っています。

…というか、既に私自身、その「違い」を感じていて。
今、展示に向けての作業をしているのですが、その中で驚いたり悩んだり(?!)しているところです(笑)

昨年の様子

昨年展示された、この空間。
今年はどんな形になるのかな。。。

他の作家さんの作品も、楽しみです(^-^)

…それでは、改めて告知(↓)です!

さくらカフェ写真展八年間の記録―23人の眼
(2016年9月11日(日)~10月2日(日)開催)

場所:中之沢美術館
(前橋市粕川町中之沢249-14)
時間 11:00~16:00
定休日 火曜日
入場料 無料
※「工芸空間」との同時開催となります。
※9月22日(木・祝)14時より、松村智恵子さんのダンス「手の舟~未来のキオク」が開催されます。

さくらカフェ十月の作品展
(2016年9月30日(金)から10月23日(日)の金・土・日曜日)

場所:さくらカフェ
(前橋市富士見町石井1659-14)
時間 
・ランチタイム 12:00~14:00
(ランチは要予約。TEL:027-288-5568)
・カフェタイム 14:00~17:00
営業日 金・土・日曜日
※10月8日(土)はワークショップも開催されます。詳しくは「十月の作品展」の写真2枚目(↑)をご覧ください(クリックすると拡大します)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

「ターバンカレー」でパワーチャージ。そして「まとめ」―金沢の旅(最終回)

ターバンカレー

「ターバンカレー」のチキンカツカレー(写真のサイズは「小」です)。

「金沢21世紀美術館」でじっくり観ていたら…とっくりランチの時間を回っていて。
美術館のカフェも、周辺の食事処もいっぱいで。
またもや「ゴハン難民」になりかけた(笑)のですが。。。

お店外観

歩いていてふと目に止まった「ターバンカレー」の文字に。
「ここでいいよね!」ってことで、入りました。
時間は15時(午後3時)近く。すぐ席に着けそうだったのと。
暑さと疲れで…私も友人も、刺激的なモノを求めていたんですね☆

「ターバンカレー」は「金沢カレー」のお店です。
濃厚でドロッとしたルーに、添えられているのはキャベツの千切り。
ステンレスの皿に盛られ、先割れスプーン(又はフォーク)でいただく。

…そんな金沢のご当地グルメでもある、「金沢カレー」。

入ってから知ったのですが、この「ターバンカレー」は「金沢カレー」の「元祖」だそうで。
「(元祖)ならきっと美味しい♪」と、ワクワクしながら待ってました。
(お腹が空き過ぎてたのもありますが…笑)

チキンカツカレー

そうして運ばれてきた、チキンカツカレーは。
スパイスがピリッと効いていて。
カツはサックリ揚がっていて。
ソースの酸味とキャベツの食感が…また絶妙!

食べて一気にパワーチャージ。
疲れも吹き飛んで。元気になりましたo(^▽^)o
とても美味しかったです♪

ナスカレー

(こちら(↑)は友人が注文したナスカレー(野菜カレーの方だったかも…))

「金沢カレー」というと、ロースカツを載せるのが定番ですが。
私が食べたチキンカツやハンバーグ、野菜などのバリエーションもあります。
サイズも選べるのも、良かったです(^^)

ターバンカレー(本店)
石川県金沢市広坂1-1-48
(ウナシンビル1階)
TEL:076-265-6617
営業時間 11:00~19:00
(土日祝日は~16:00)
定休日 年末年始
URL:http://www.turbancurry.com/

----------------------------------------------

カレーでパワーチャージをして、帰途についた今回の金沢の旅。

…行くことが決まったのが、7月の下旬に入る頃。
で、行く日がお盆直前。「山の日」辺りしか都合がつかなくて。
どう考えても、新幹線の席も宿も取りづらい☆

正直、「ダメもと」で申し込みをした感じでした。

中田屋

(「きんつばで」有名な中田屋さん↑)
だけど、ギリギリで席も宿も確保できて、行けた金沢の旅は。
以前行った時よりも、金沢の伝統と文化、そして今の姿に。
じっくりと向き合うことができて。

とても、有意義な旅になりました。

ピーナッツ金箔ソフト

HUM&Go#のピーナッツ金箔ソフト↑)
度々「難民」になりかけた(笑)ゴハン。それも辿り着いた先はどれも美味しくて。
「町屋ゴハン」「地元の食材」「ご当地グルメ」。
様々な味を堪能することが、できました(^-^)v

無料休憩所の様子

(無料休憩所より。笹バッタ作りと、それを見入る子どもたち↑)
何気なく目を向けた光景も、印象深いものが多くて。

石川四高記念文化交流館

(石川四高記念文化交流館↑)
この上ない2日間を、過ごすことができました(^^)

北陸新幹線ができて、2時間ちょっとで行けるようになったから。
その気になれば、日帰りでも行くことができますよね♪

浅野川大橋

身近になった加賀百万石の金沢の街。
今後は今まで以上に頻繁に。
行ければいいなあ…と、思っています(^^)

最後に。。。

ガイドブック

石川県観光連盟が今年(2016年)に発行した、フリーのガイドブック。

「ちょっと石川」(緑と青色の冊子)は、名所や名産など、ひととおり紹介した「初めての旅」用。
「もっと石川」(赤とオレンジの冊子)は、伝統や名所を深いところまで紹介した、「ディープな旅」用に作られています。

どちらも全面カラーで写真も多く、とても見やすく持ちやすい上に。
石川の素晴らしさを、地元ならではの視点で紹介しています。
地図まで挟み込まれていて、本当によくできているんですよ♪

石川を訪れて目に入ったら、ぜひ手に取ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »