« 「草木萌動」と「ちょっとしたcafe」 | トップページ | 「ひがし茶屋街」と「しおサイダー」~金沢の旅(その2) »

2016年8月14日 (日)

「北陸新幹線」と「金沢駅」~金沢の旅(その1)

北陸新幹線

「北陸新幹線に乗ってみたい」
そんな友人の一言から決まった、2016年の夏の旅。

「山の日」の祝日となった8月11日と、翌12日に。
北陸新幹線に乗って、金沢へ行ってきました。

最速の「かがやき」は高崎駅には止まらないので、「はくたか」に乗車。
それでも、金沢までの所要時間は2時間16分!
その気になれば、日帰りでも行けます。

金沢へは、新幹線の開通前にも行ったことがありますが。
4~5時間はかかっていて。「遠い」という印象が強かったけど。。。

…いやはや、金沢って「近い」場所、だったんですね~o(^▽^)o

「もてなしドーム」と「鼓門」

新幹線にも驚きましたが、更に驚き感動したのが、金沢駅の東口です。
アルミ合金のフレームとガラスによる巨大ドーム。
その先に、どっしりと佇む赤茶色の門。
「もてなしドーム」「鼓門」です。

「もてなしドーム」と東口

「もてなしドーム」は、金沢を訪れる人に差し出す「雨傘」をイメージしています。
「弁当忘れても、傘忘れるな」と云われるほど、雨の多い金沢。
まずは「雨傘」を差し出すことで、「もてなしの心」を表現しているのです。

鼓門

そして、「鼓門」は、伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージ。
米松(べいまつ)の構造材を利用した、らせん状の柱と格子の屋根が。
ため息が出るほど滑らかで、美しいです。

もてなしドーム

「世界で最も美しい駅14選」にも選ばれた、金沢駅。
伝統と現代の技術、更には「金沢の心」を融合した、佇まいに。

この後の旅が、素敵なものになることを。
予感せずには、いられませんでしたo(^-^)o
(しばらく、つづきます)

|

« 「草木萌動」と「ちょっとしたcafe」 | トップページ | 「ひがし茶屋街」と「しおサイダー」~金沢の旅(その2) »

交通・風習」カテゴリの記事

群馬県外のおいしいこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/66999144

この記事へのトラックバック一覧です: 「北陸新幹線」と「金沢駅」~金沢の旅(その1):

« 「草木萌動」と「ちょっとしたcafe」 | トップページ | 「ひがし茶屋街」と「しおサイダー」~金沢の旅(その2) »