« 真田丸ツアー・群馬編(ラスト)~「正覚寺」。そして沼田の「河岸段丘」 | トップページ | 「北陸新幹線」と「金沢駅」~金沢の旅(その1) »

2016年8月 9日 (火)

「草木萌動」と「ちょっとしたcafe」

「草木萌動」

2013年2014年と夏季限定でオープンしていた、南牧村の「ちょっとしたcafe」が。
(ほぼ)通年でオープンするようになったのは、昨年(2015)年のこと。

それから約1年…ようやく、訪れることができました(^-^)

場所は、最初(2013年)にオープンしていた所と同じ。
県道沿いにある、1軒の古民家です。

入口

入口に掲げられている4つの文字。
「草木萌動」―読み方は「そうもく めばえ いずる」

実はこの古民家は、単にカフェをするだけではなく。
南牧村で暮らす人々と。
南牧村に訪れる人々とを。
「つなぐ」場所として、生まれ変わりました。

その「場所」として名付けられたのが、「草木萌動」。
春の訪れを感じ、草木が新たに芽吹く時期を差すことから。
…「はじめの一歩」を踏み出そう!という意味が、込められています。

カフェ内の様子

「ちょっとしたcafe」に当たるカフェスペースは、入ってすぐの広間。
でもカフェのほかにも、ヨガ教室や。
南牧村で採れた野菜類を使ってのワークショップ。
雑貨市などのイベントも、開催されます。

更には、南牧村のお祭りや観光スポットのチラシや。
移住や二地域居住の情報も、置かれていて。

南牧村に馴染みがない人も。南牧村をもっと知りたい人も。
気軽に訪れることが、できるようになっています。

本など

手作りの小物たち

縁側の席

外の南牧村の緑を、味わいたくて。
縁側に近い席に、腰を下ろします。

窓から入る、心地良い風と。
途切れることのない、蝉の鳴き声。

お水と「おしぼり」

そして、お水と「おしぼり」でひと息をつけば。
固まっていた身体と心が。
ゆるりと解(ほど)けていって。

「…(街に)帰りたくないなあ…」
なあんて、思ってしまいました…(^-^)

梅ソーダ

そんな中でいただいた、梅ソーダは。
この上ない爽やかな飲み心地。

トースト

mugicco(むぎっこ)さんのパンを使ったトーストも。
素朴で優しくて。
カフェと村の雰囲気に、合っていました(^^)

P1040060_2

なお、このmugiccoさんのパンは、ランチでもいたいだくことができます。
それが写真(↑)の「はいからごはん」。

ランチは他に「傳(でん)ごはん」というのがあって。
村の伝統料理をアレンジした、「和」なゴハンになっています。

縁側の様子

「草木萌動」で過ごす時間は、本当に穏やかで。
心安らぐ時間。

蝉の抜け殻

そこには、村に寄り添いながらも。
村と一緒に歩んでいこう…とする。

出入口から

想いから、来ているのだと…感じました(^^)

草木萌動
甘楽郡南牧村大日向甲1517
TEL:050-5587-2655
URL:http://www.somei.onl/
Facebook:「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

なんもく村のちょっとしたcafe
(住所と電話は「草木萌動」と同じ)
営業時間 11:00~18:00
(ランチは14:00まで。冬期は16:30ラストオーダー)
定休日 月曜日と第2土曜日
(変動あり。なお、金曜日はお菓子と珈琲のテイクアウトのみです)
URL:http://nanmoku.patieco.com/
Facebook:「なんもく村のちょっとしたcafe」

------------------------------------------------

最後に。。。

南牧村を訪れると、至る所で見かけるもの。
それは…

石垣

石垣です。
平地のない南牧村では、宅地や畑はもちろんのこと、道路や川の護岸にまで。
石を積み上げることで、土地を作り出し、使用してきました。

そのため、村は石垣の文化がとても発達していて。
写真(↑)のような擁壁や、石垣の段々畑。
石垣でできた坂道や、その上に建つ家を、数多く見ることができます。

私は全然知らなかったのですが、今回同行してくれた方が。
教えてくれたんですね(^^)

南牧村のいいところを、また一つ知ることができました。
教えてくださって、ありがとうございました!

|

« 真田丸ツアー・群馬編(ラスト)~「正覚寺」。そして沼田の「河岸段丘」 | トップページ | 「北陸新幹線」と「金沢駅」~金沢の旅(その1) »

カフェ」カテゴリの記事

コメント

つぶさん おはようございます。

紹介してもらいました なんもく村のちょっとしたcafe を先月ようやく訪ねられました。
手づくり料理はおいしくて、雰囲気も店の人の感じもみんないいですね。
店の内外を何コマか撮って編集した後、あらためてこちらの記事を再見しますと、
つぶさんは、写真が、なかでも屋内の写真が、上手いですね。

おしぼりやグラスを手前にした時に、後ろに店内や障子を入れて、雰囲気が出ています。
光と影や、明と暗もとらえていて、立体感や奥行きも表れています。
セミの抜け殻もよく見つけて、すかさずおさえましたね。
中から外へ向かっての、のれんなどのアングルも思いつきませんでした。
また行きたくなるようなカフェの紹介をありがとうございました。

投稿: ふさじろう | 2016年12月 5日 (月) 10時02分

◆ふさじろうさん
行っていただいたのですね!ありがとうございます!
先月…ということは、11月。紅葉が見頃の季節でしょうか。
その時期の南牧村も、いいですよね。
私は夏しか行ったことがないけれど、本当は四季折々の南牧村を見るべきなんだろうな…と思いました。

また、写真の撮り方も褒めていただき、とても嬉しいです!
割と直感で撮ることが多いです。
「ぱっ」と目に飛び込んできて「あ、この光景いいな」という感じです。
完全な素人ですが(笑)でもその方が上手く撮れるし。
自分らしいと、思っています(^^)

こちらこそ、ありがとうございました!

投稿: つぶ | 2016年12月 5日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/66890383

この記事へのトラックバック一覧です: 「草木萌動」と「ちょっとしたcafe」:

« 真田丸ツアー・群馬編(ラスト)~「正覚寺」。そして沼田の「河岸段丘」 | トップページ | 「北陸新幹線」と「金沢駅」~金沢の旅(その1) »