« 金沢で高級魚「のど黒」を食す。―金沢の旅(その4) | トップページ | 「ターバンカレー」でパワーチャージ。そして「まとめ」―金沢の旅(最終回) »

2016年8月31日 (水)

金沢21世紀美術館「まるびぃ」へ。―金沢の旅(その5)

市民ギャラリー

「市民ギャラリー 2004.10.09-2005.03.21
マイケル・リン作(2004年)

―金沢の旅。2日目は、兼六園の側にある「金沢21世紀美術館」へ行ってきました。
2004年に開館。通称「まるびぃ」の名で親しまれている、現代アートの美術館です。

過去に2回金沢を訪れた時は、まだなくて。
オープンを知った時から、ずっと行きたいと思っていた美術館。

それが、「北陸新幹線に乗りたい」という友人のひと言から、行けることになって。
もう、飛び上がるほど嬉しかったですo(>▽<)o

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館は、「街に開かれた公園のような美術館」をコンセプトとしています。
そのため、美術館の前は芝生の広場。
作品も点在し、見たり触れたりすることが、できるようになっています。

市民ギャラリー

館内も企画展を行う「展覧会ゾーン」のほかに、無料で入れる「交流ゾーン」があって。
「交流ゾーン」にも作品が常設されています。

なお、冒頭と(↑)の「市民ギャラリー…」は、「交流ゾーン」の作品。

撮影可能な場所も多く、館内はどこを撮っても絵になるので。
たくさんカメラに収めてきました♪
(展覧会ゾーンの作品も可能でしたが、ここでの掲載は控えておきますね☆)

カフェレストラン

カフェレストラン「Fusion21」。

カラー・アクティヴィティ・ハウス

「カラー・アクティヴィティ・ハウス」
オラファー・エリアソン作(2010年)。

館内の様子

ブルー・プラネット・スカイ

「ブルー・プラネット・スカイ」(2004年)。
越後妻有の「光の館」と同じ、ジェームズ・タレル氏の作品。
ここでも、観ることができました。

スイミング・プール(外から)

レアンドロ・エルリッヒ作の「スイミング・プール」(2004年)は。
上からも「中」からも「観る」ことができます。

スイミング・プール(中から)

スイミング・プール(中から)

スイミング・プール(中から)

「中」から観た光景。
(プールの「中」に入るには、展覧会ゾーンに入るチケット(有料)が必要です)

緑の橋

「展覧会ゾーン」と「交流ゾーン」。
どちらにある作品も、興味深く観ることができて。

雲を測る男

金沢の旅、2日目は。
ここ「まるびぃ」で、一日を過ごしたので、ありましたo(^▽^)o

美術館の様子

金沢21世紀美術館
石川県金沢市広坂1-2-1
TEL:076-220-2800(代表)
URL:http://www.kanazawa21.jp/
※開館時間、休館日など詳細はWeb(↑)を確認してください。

------------------------------------------

最後に、おまけ。。。

美術館とつぶちゃん

「まるびぃ」の建物とアートを、じっと眺める「つぶちゃん」。
そこ、日陰とはいえ、暑いよ…(笑)

(金沢の旅は、あともう少しつづきます)

|

« 金沢で高級魚「のど黒」を食す。―金沢の旅(その4) | トップページ | 「ターバンカレー」でパワーチャージ。そして「まとめ」―金沢の旅(最終回) »

イベント・スポット」カテゴリの記事

群馬県外のおいしいこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/67247217

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢21世紀美術館「まるびぃ」へ。―金沢の旅(その5):

« 金沢で高級魚「のど黒」を食す。―金沢の旅(その4) | トップページ | 「ターバンカレー」でパワーチャージ。そして「まとめ」―金沢の旅(最終回) »