« 真田丸ツアー・群馬編(その2)~「上州沼田真田丸展」。そして「沼田城跡」 | トップページ | 真田丸ツアー・群馬編(ラスト)~「正覚寺」。そして沼田の「河岸段丘」 »

2016年7月30日 (土)

真田丸ツアー・群馬編(その3)~「オイシイモノ」編。

前回前々回と続いた「真田丸ツアー」は、もう少し先があるのですが。。。
今回は「食べ物編」。
ツアーの合間にいただいた、「オイシイ(美味しい)モノ」を紹介します♪

…歴史探訪もいいけれど。
「美味しいモノ」も、押さえないとね…笑(^-^)v

まずは、みなかみ・月夜野の「名胡桃城址」→沼田市街へ向かう道中。
昼ゴハンにと寄ったのが。

「銀の月」外観

カツレツと紅茶の「銀の月」です。
行程を打合せしていた時に、ランチの場所が問題になりまして☆
(「名胡桃城址」周辺って、余りないので…)
その時、尾瀬の帰りに「銀の月」寄ったことを思い出しました(^-^)

ワンプレートランチ

平日限定のワンプレートランチ♪
揚げ物2種類に煮込み料理、サラダ、玄米ご飯。
そして、野菜のデリが3種類。ピクルス。お味噌汁やシャーベットもつきます(ドリンクはプラス料金)。

この日の揚げ物は海老フライに、鮭のクリームコロッケ(だったはず…)。
煮込み料理は、ビーフシチューでした(^-^)

…そして、「沼田城跡」に行く前。
ひと休憩の「お茶(カフェ)」に寄ったのは。

「KATO」外観

環状線沿いに移転した、フランス菓子の「KATO」
ここは私がリクエストをしました。
一度、ケーキを食べてみたかったんですね♪

カフェスペースもあって、お店で販売している紅茶なども飲むことができます(^-^)

ケーキたち

デコレーションに品があり、とってもオシャレなのが「KATO」のケーキ。

また、「真田丸」にちなんで…では。
「KATO」さんは「上州沼田 真田兵糧丸(ひょうろうがん)スタンプラリー」の参加店でもあります。
お土産に、「兵糧丸(をモチーフしたお菓子)」を買っていくのも、オツですo(^▽^)o

なお、私が、お土産に…と買ったのは。
「樫の木」のバウムクーヘンです。

「樫の木」外観

「真田丸展」会場の「グリーンベル21」からすぐ。
三角な建物が目印のお店。

作家の吉本ばななさんが「世界一おいしいバウムクーヘン」と。
絶賛された、名店です。

バウムクーヘン

「樫の木」の看板、チョコでコーティングされたバウムクーヘンは。
ドイツの「シュヴァルツヴァルト」の黒松を、イメージしているのだそう。

我が家の味奉行(笑)で、バウムクーヘン好きな母親にも好評でした(^-^)v

…「真田丸ツアー」なのに、「真田丸」とは余り関連のない「オイシイモノ編」(笑)
モチロン、先述の「兵糧丸」スイーツをはじめ、六文銭や兜のトンカツなど。
「真田丸」にちなんだ「美味しいモノ」も、たくさんあります♪

どちらを選ぶかは、お好みで。
でも、どっちを選んでも、きっと満足できると、思います(^-^)/

~今回紹介したお店~

銀の月
利根郡みなかみ町政所1042
TEL:0278-62-1002
営業時間
・Lunch 11:30~14:30
・Dinner 18:00~20:30
定休日 月曜日
URL:http://tsukiyonotei-ginnotsuki.com/

KATO Patisserie La Fourmi
沼田市高橋場町2115-1
TEL:0278-24-2340
営業時間 10:00~19:00
URL:http://www.kato-fourmi.jp/

洋菓子工房 樫の木
沼田市中町1122-4
TEL:0278-22-2777
営業時間 9:00~19:00
無休(元日はお休み)
URL:http://kashinoki-numata.com/
Facebook:「洋菓子工房 樫の木」

|

« 真田丸ツアー・群馬編(その2)~「上州沼田真田丸展」。そして「沼田城跡」 | トップページ | 真田丸ツアー・群馬編(ラスト)~「正覚寺」。そして沼田の「河岸段丘」 »

和洋菓子・アイス」カテゴリの記事

和食・食堂・定食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/66715223

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸ツアー・群馬編(その3)~「オイシイモノ」編。:

« 真田丸ツアー・群馬編(その2)~「上州沼田真田丸展」。そして「沼田城跡」 | トップページ | 真田丸ツアー・群馬編(ラスト)~「正覚寺」。そして沼田の「河岸段丘」 »