« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

「KETTLE~ごぱんとおやつ」―高崎・上並榎

入口

新店舗&リニューアルオープンのお店紹介がつづきます。
今回は、高崎の上並榎町にオープンした「KETTLE(ケトル)」さん。

MOTOKONYAで期間限定のカフェをやっていた「kona」さんが。
満を持してオープンした、「ごぱん(=ご飯&パン)」と「おやつ」のカフェです。

夕方の19時半までやっている、ということで。
仕事が定時で終わった金曜日。「お茶だけでも♪」と思い、行ってきました(^▽^)

白とオークを基調とした入口に。ケトル(やかん)の絵と「KETTLE」のロゴ。
そして(写真はないのですが)、手で描いた黒板の看板。

そして、中へ入れば。。。

店内の様子

店内の様子

店内の様子

店内の様子

店内の様子

ナチュラルな色を基調に。
「大人」と「可愛らしさ」が同居した空間が。

「カフェ」な雰囲気だけれども、落ち着いた、居心地のいい空間で。

ずっと居座ってしまいたい。。。
そんな気持ちに、駆られました。
(…そう言えばMOTOKONYAでオープンしていた時も同じことを思ったなあ…→

本

実際、KETTLEさんの店内には、ZINEなどの本が置いてあったりして(絵本もあります)。
ゆっくりと、過ごせるようになっています(^-^)

レジカウンター

その一方で、パンや「おやつ」をテイクアウトすることも可能です。
テイクアウト目的で訪れても、大丈夫♪

更には、テイクアウトのお客さんが訪れても。
イートインのお客さんの妨げにならないような。
間取りの工夫もされています。

…実際、私がお茶をしていた時に、テイクアウトのお客さんが来たのですが。
お互いのプライバシーが守られている、印象を受けました(^-^)

メニューボード

メニューボードも、とってもカワイイ♪

…で、この時に注文したのは。。。

スコーンとアイスコーヒー

スコーンとアイスコーヒー

オレンジピールのチョコスコーン。バニラアイスを添えて。
カリッと温め直したスコーンは、チョコレートのケーキをいただいているかのような食感!
冷たいアイスとの相性も抜群です。

チョコスコーンのほろ苦さと香ばしさ。
それに、アイスの甘さとひんやり感。
オレンジピールの酸味…o(>▽<)o

…なお、ドリンクのアイスコーヒーは、「cafe MAKAP」さんが焙煎したオリジナルブレンド。
ほのかに甘みを感じる、KETTLEさんでしか味わえないコーヒーだなあ…と思いました(^-^)
(モチロン、美味しかったです♪)

店内の様子

「ごぱん」と謳っているだけあって、ランチなどのお食事もできる「KETTLE」さん。
MOTOKONYAでのオープンの時、(この時を含め)2回ほどいただけたのですが、どれも美味しい!
小鉢や漬物に至るまで、一品一品がとても丁寧で。
真剣に向き合うKETTLEさんのお人柄が、伝わってくる味なんですねo(^▽^)o

…「お茶」もいいけど、今度はぜひランチを。
この「KETTLE」の空間で、いただきたいなあ。。。と思いました!

ショップカード

KETTLE
高崎市上並榎町271-5
TEL:027-368-2759
営業時間 11:00~19:30
(ランチタイムは11:00~15:00)
定休日 月曜日
(7月は火曜日も臨時でお休みとなります)
URL:http://www.kettle-oyatsu.com/
Twitter:@KETTLE026
※ランチメニューはその都度変わります。Twitterをチェック。
※すぐ近くに駐車場もあります。こちらもWebやTwitterをチェックしてみてください♪

--------------------------------------------

…そして…

「KETTLE」さんにコーヒー豆を提供している「cafe MAKAP」さんも。
この度、リニューアルオープンされまして。。。

「KETTLE」さんに行ったほぼ1週間後。
その「店舗」に、行くことができました!

それはまた次回の記事で。
紹介したいと思います~(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

「麺処 たまりや」―at 富岡街中

「たまりや」塩ラーメン

「麺処 たまりや」の塩ラーメン。味玉のせ。

富岡の街中、製糸場にも繋がる県道46号線沿いに。
新しいラーメン屋さんが、登場しました。

麺は細麺。透明感あるスープですが、思った以上に食べ応えがあります。
チャーシューも肉厚で、ボリュームたっぷりです。

また特筆したいのが、プラスで付けた味玉。
出汁で味を染み込ませた玉子は、マイルドながらもしっかりと味がついていて。
黄身の半熟加減も絶妙です(^^)

ラーメンとカウンター

ラーメンは写真の「塩」の他に「醤油」。
そして、最近(6月14日)から始まった「つけ麺」があります。
サイドメニューは、チャーシュー丼や「卵かけごはん」など。

店内の様子

空き店舗を改築した店内。
小ざっぱりしつつも、温かみも感じる。。。
女子一人(←実際入った)で入っても抵抗感がない、雰囲気を醸し出してます(^^)

富岡の街中でラーメンというと、「食堂」を中心に。
昔からあるお店が根強い中。

新たな「風」を吹き込んだ、「麺処 たまりや」さん。

この富岡の地で、頑張って欲しいなあ。。。

お店外観

…とりあえず、次は「つけ麺」を食べに行って。
暑い夏を乗り切りたいなあ~と、思っています♪♪

麺処 たまりや
富岡市富岡1192-1
営業時間
・昼 11:00~14:30
・夜 17:30~21:00
(スープが終わり次第終了)
定休日 火曜日
Twitter:@tamariya517
※駐車場はお店に向かって右手(東側)。「中島オート」さんの隣(東)の空き地の2番と3番です。「専用駐車場」と書いてあります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

「RINCAFE」から「Rinascimento Cafe」へ。

お店外観

信州・長野の話はもう少しあるのですが、一旦群馬に戻って。。。
群馬は5,6月と新店舗&リニューアルオープンラッシュ。
その中で行った(行けた)お店を紹介します(^-^)/

今回は、パンのRINCAFE(リンカフェ)さんがリニューアルして生まれたお店。
Rinascimento Cafe(リナシメントカフェ)

パンを提供するだけではなく。
パンとコーヒーで、ゆっくりと寛げる空間を。

店主さんの想いが、「ぎゅっ」と詰まったお店に。
6月の土曜日に、行くことができました。

看板

店内の写真撮影は「ご遠慮ください」となっています。
なので外観だけ。
南欧を彷彿とさせる音楽が流れ、リゾート地に来たような。
オシャレな雰囲気を醸し出しています。

でも、店主さんの、気さくさと優しさは変わらず(^-^)

メニューはサンドイッチやトースト、パンの盛り合わせなど数種類。
そして、コーヒーを中心としたドリンクです。

また、パンは従来通り、テイクアウトすることができます。
(サンドイッチも一部、テイクアウトできます)
パンだけ買いに、フラッと立ち寄ることも可能なんです♪
(↑強調してみました。イートインのみだと思っている方が多いので☆)

パンは食事パンが中心で。以前よりも種類は少なめですが。
でも…「RINCAFE」の時にはなかった、パンがあります。

リナシメント

店名にもなっている「リナシメント」
石臼挽きした群馬県産の小麦をメインにして、作られた食事パンです。
「群馬で店舗を開くからには、群馬の小麦を使ったパンを」―
―パンと地元に熱い想いを抱く、店主さんだからこそ生まれたパン。

生地の味はソフトで、甘さも感じます。
天然酵母のハード系のパンにしては食べやすく、誰でも口にしやす味です(^-^)

パン ド カンパーニュ

…で、こちらは従来もあった「パン ド カンパーニュ」。
見た目は「リナシメント」と似てますが…天然酵母パンならではの酸味が。
そして酸味の後に感じる、小麦の甘さとライ麦の素朴感。

「リナシメント」が、誰にでも好まれる優しいパンだとすれば。
「パン ド カンパーニュ」は、鋭くも「自分」を強く主張したパン。

「食事パン」「ハード系の天然酵母パン」とひと口に言っても。
小麦などの原材料や、産地、時期、作り方で、全く違う。

…店主さんによると、同じ「リナシメント」のパンでさえも。
その時々で、味が変わるのだそうです。

その他のパン

(↑「フロマージュ ド ブルー ノワ(ブルーチーズとくるみのおつまみパン)」とバゲット。お家の昼ゴハンにて)

麦、水、酵母…「生きている」ものから生まれたパンだから。
その味が変わるのは、ごく自然なこと、なんですよね(^^)

そんなパンの魅力を、思い切り味わってもらいたいから。
「パン」を味わうことを楽しむ、空間を作りたいから。

だから「RINCAFE」ではなく、「Rinascimento Cafe」へ。

…パンが本来持つ、素材の「力」を。味の「強さ」を。
多くの人が味わって欲しいなあ…と、思います!!

外観

…なお(余談ですが)、私は2週連続で訪れていまして。。。
最初はイートイン&テイクアウトを、母親と。
(母親もRinascimento Cafeさんのパンの大ファンです♪)
その翌週に、藤岡での約束の前に、テイクアウトのみで立ち寄りました。

イートインでは、4種類のパンの盛り合わせを。
その時に「リナシメント」と「パン ド カンパーニュ」の味の違いに感動したんですねo(>▽<)o

結局テイクアウトは「リナシメント」の方だけにしたのですが、翌週行った時は「カンパーニュ」を。。。
酸味があるのが食べたかったんですね。
とても暑い日だったから…酸っぱいのを欲していたのだと、思います(笑)

Rinascimento Cafe
藤岡市立石1461-1
(「RINCAFE」の時と場所は同じです)
TEL:0274-37-1083
営業時間 11:00~17:00
定休日 月・木曜日
URL:http://www.geocities.jp/rinascimento0503/
※パンの予約もできます。詳しくはWeb(↑)にて(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

「ルヴァン 信州上田店」

「ルヴァン」外観

信州・上田で「パン」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「ルヴァン」のパン。
天然酵母のパンを語る上では、決して外すことができない。
有名なパン屋さんです。

本店は東京にあります。…が、上田市にも店舗があって。
今回の「発酵祭り」の折に、訪れることができました。

場所は柳町通り。。。
「発酵祭り」の会場にもなった、通り沿いにあります(^^)

看板

上田の「ルヴァン」が注目されるのは、パンもさることながら。
その店構えにもあると、思います。

古民家を改装し、暖簾を下げ、木の看板を掲げる佇まいは。
趣深い上田の街に、合っていて。

…ずっと昔…大正、明治、いやひょっとしたら、更に前(!?)から。
そこで、パン屋さんをやっていたような。

そんな気持ちに、させてくれます(^▽^)

店内

…それは店内に入ると、なお一層。。。

パンたち

…そして並ぶ、「ルヴァン」のパンたち。

パンたち

パンたち

カンパーニュや食パン、セーグル(ライ麦)、コンプレ(全粒粉)といった。
ハードで重厚感ある、「天然酵母パン」の代表的なものから。

パイにクロワッサン、キッシュといった。
軽く口にできるパンまで。

想像してた以上の、パンの豊富さに。
ただただ感動するしか、ありませんでした。

「パンまつり」のルヴァン

…おかって市場の「パンまつり(at TOMIOKA)」で、見かけたパンたち(写真↑)は。
ほんのほんの、一部に過ぎなかったんですね。。。

物販スペース

店内は2階を中心にカフェスペースがあり、食事もできるほか。
信州(長野)の食材や加工品を、販売するスペースもあります。

「ルヴァン」は、その土地で生まれたもの、作られたものを。
とても大切にする、パン屋さんです。

だから上田の「ルヴァン」のパンは。
信州の水や小麦、果物や野菜が。
ふんだんに使われています。

入口の様子

そうして作られたパンは、口に入れた途端、「すーっ」と。
自然と身体に馴染み、溶け込んでいく。

これ以上ない味o(>▽<)o

以前は天然酵母特有の「酸味の強さ」が際立ってたそうですが。
今は、かなり抑えられて。
食べやすくなっている、と言われています。

なので、パンが大好きな人ならぜひ一度。
「ルヴァン」のパンの感動を、味わってもらいたいな…と思っています(^^)

店前の様子

ルヴァン 信州上田店
長野県上田市中央4-7-31
(柳町通り沿い)
TEL:0268-26-3866
営業時間
・パンの販売 9:00~18:00
・カフェ 10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 水曜日
(ほか不定休があります。詳しくはブログ↓をチェック)
Blog:http://uedalevain.exblog.jp/

-------------------------------------------------

…また、「ルヴァン 信州上田店」では6月17日(金)から。
萩原将之さん(はぎちゃん先生)の個展が開催されます。

器たち

器たち

(こちら↑の写真は、別の展示の時のです。。)
萩原さんが創り出す、「青」の世界。
この「青」の器たちが、「ルヴァン」の空間に登場します。

昨年(2015年)に引き続き、今回が2回目となる展示です。

お立ち寄りの際は…ぜひ♪

nobuyuki HAGIWARA Exhibition
(in ルヴァン信州上田店)
開催日 2016年6月17日(金)~6月26日(日)
時間 9:00~18:00(水曜定休)
在廊日 金・土・日曜日と最終日
※詳しくは萩原さんのブログで。ブログからFacebookやInstagramへもアクセスできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

信州・上田「柳町発酵祭り」は「パン祭り」!

柳町通り

甘酒など

チーズ

焼鳥

祭りの様子

5月29日の日曜日。
信州・長野の上田市で開催された「柳町発酵祭り」に行ってきました。

ビールやワイン、日本酒などのアルコール。
味噌に醤油、チーズ、糀(こうじ)から生まれた加工品といった。。。
地元の「発酵食品」が集まったこのイベント。

アルコールの「つまみ」にはモチロン、他のドリンクとも相性の良い食べ物も登場し。
日焼けしちゃう(!)ほどの晴天の下、盛況に行われました(^▽^)

…今回で2回目となる、この「発酵祭り」ですが。
今回、初めて登場したのが。。。

パン

ベーグル

パン

…パンっ♪♪

パンだって、「発酵食品」ですものね~o(>▽<)o

ベーグル

地元・長野のパン屋さんが出店された他。
群馬からは6店舗!ものパン屋さんが参加して。
それはそれは、大盛況となりました。

11時のスタートで、13時頃にはどのパン屋さんも完売!!
富岡の「パンまつり」といい…本当に皆さん、パンが好きなんですね~☆

…とか言いつつも、私も「パン好きな一人」なので(笑)
ここぞとばかり、長野のパン屋さんのブースに並びました(^▽^)b

「Local bench」さん

「パン屋さん」とひと口に言っても、パンの種類に風合い、食感など。
パン屋さんによって、全然変わってきます。

東御市の「Local bench」さん(↑)は、ソフトで軽い生地。
食パンやカンパ(カンパーニュ)の他、あんパンやメロンパン、デニッシュもあります。

「Spica・麦の穂」さん

それと対照的なのが、小諸市の「Spica・麦の穂」さん。
カンパもバゲットも、ぎっちり密度のあるパンで、食べ応えがあります。
小麦の味を十分堪能できるのも、魅力です(^^)

「まる屋」さん

今年(2016年)オープンしたばかり(確か…)、東御市の「まる屋」さんのパンは、「もちっ」とした食感♪

「ハル」さん

ベーグルの「ハル」さんは、種類が豊富で。。。
どれを「お持ち帰り」しようか、長い間「にらめっこ」してしまいました(笑)

祭りの様子

「パンまつり」のスタッフ仲間さんをはじめ。
長野に精通した方々から、噂に聞いていた…パン屋さん。

そのパンを手にすることができて。
それぞれが持つ個性と美味しさを、思い切り堪能することができて。
本当に良かったです♪

祭りの様子

…と、ここまで書いて。。。
「あれ?上田で『パン』と言えば…『あの』店は??」
と、思った方…きっと、いらっしゃいますよねぇ。。。

モチロン、行きました!買いました!!
「その」パン屋さんについては、この次に紹介します~(^-^)/

柳町発酵祭り2016
(2016年5月29日(日)開催)

場所 上田市柳町通り(長野県上田市中央4丁目)
時間 11:00~16:00

-------------------------------------------

最後におまけ☆
「発酵祭り」でお見かけしました(^-^)/

ニャンコとワンコ

「六文銭」の兜をかぶった、ニャンコとワンコ。
そう、今、上田と言えば…大河ドラマ「真田丸」!…ですよね♪

実は「レキジョ(歴史女子)」で、「真田丸」も毎週欠かさず観ている私。
(もう楽しみで楽しみで、日曜日の夜が待ち遠しいくらい。次の日仕事なのに・笑)

上田に行ったら、「『真田丸』ツアー」もしたいと思っていたけど。
…それはまた、次の機会に。
後の「お楽しみ」となりました(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

「ピッコリーノ」~山名八幡宮のパン屋さん

山名八幡宮

高崎の「山名八幡宮」は、創建830年の歴史を持つ「安産と子育て」の神社。
この神社の敷地内に、今年(2016年)の4月、天然酵母のパン屋さんがオープンしました。

パン屋さんの名前は「ピッコリーノ」

オープン当初から話題となり、連日行列、完売となるパン屋さんに。
5月の中旬の土曜日に、行くことができました。

お店建物

お店は境内の入口、随神門のすぐ右脇。
赤茶色の、改修した古民家にあります。

店舗の様子

古民家とは対照的に、銀色系のスタイリッシュな店構え。

そして中へ入ると、これまた。。。

店内の様子

…まるでオシャレなバックかアクセサリーを。
展示しているかのような、ディスプレイ。

奥で焼き上がったパンたちは、棚を経由して店内へ。
この運び方も、スマートで洒落ています(>▽<)b

カウンターのパンたち

パンの種類は、食パンにカンパーニュ、フランスパン(バゲット)、レーズンパン、チーズパン…と。
シンプルなパンが中心。

クルミやドライフルーツのパンもありますが、決してハード系中心ではなく。
天然酵母にしては、ソフトなパンも作っているのが特徴です。

群馬県産の小麦(ダブル8号)と天然酵母(ホシノ天然酵母)。
そして、水とほんの少しの天然塩。

原材料は、たったこれだけ。

パンたち

(↑買ったパンたち。ひと通り買ってしまった…笑)
そうして作られたパンたちは、どれも天然酵母とは思えないほど、柔らかく軽い食感で。
酸味などの、クセもなく。
誰でも口にしやすい味。

冷凍しても味が落ちない、と云われていますが。
確かにその通り!

いや、むしろ冷凍して、ゆっくりと自然解凍した方が。
小麦の、丸みを帯びた甘さが感じられて。
いつまでも食べていたい、心地にさせてくれます(^▽^)
(↑あくまでも個人的な感想です。ピッコリーノさんは「解凍しないでいきなり焼いてください」とおっしゃっています)

八幡宮周囲の様子

赤ちゃんも、子どもも。そして大人も。
誰もが安心して、美味しく食べられるパンを。

「安産と子育て」の神様がいらっしゃる。
山名八幡宮ならではの、パン屋さん。

その優しい味が、恋しくなって。。。
これからも、度々通ってしまうんだろうな…と思いました(^▽^)

パンとレジ

ピッコリーノ
高崎市山名町1579-4
山名八幡宮内)
TEL:027-346-1767
営業時間 10:00~15:00
定休日 火・水曜日
URL:http://www.piccolino-pan.com/
Blog:http://piccolino-yamana.hatenablog.com/
Facebook:「ピッコリーノ」
※パンは店舗の他、「スーパーまるおか」さんでも買うことができます(月・金曜日)。また、山名八幡宮内にあるカフェ「ミコカフェ」さんのメニューにもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »