« 震災から5年…今年も、「花は咲く」。@LIVE BAR「みんなのうた」 | トップページ | コーヒーとカフェの街、清澄白河へ。 »

2016年3月13日 (日)

AURORA SHOES―at BELLURIA TAKASAKI

オーロラシューズ

昨年(2015年)の10月のことですが…高崎のセレクトショップ「BELLURIA(ベルーリア)」で。
オーロラシューズ(AURORA SHOES)のオーダーを、お願いしました。

「オーロラシューズ」とは、ニューヨーク郊外のAURORA(オーロラ)という町で作られている靴です。
機械の行程は最小限。職人さんによる手作業で生まれた靴たちは、履くにつれて自分の足に馴染み。
ソール(靴底)を交換すれば、長く履ける。まさに「一生モノ」と言ってもいい、コンフォートシューズです。

職人さんたちは、一つ一つ、丁寧に丁寧に靴を作っていくので。
オーダーをしても、届くのは半年後。
もしかしたら、それ以上かかる場合も、あるのだそう。

…だけど、かれこれ2,3年ほど。欲しい靴を思い描いて、探し求めていた私は。
「ここで半年待っても、大して変わらない」と思い(笑)、思い切ってオーダーをしました。

お店外観

そうしたら、予定より早く、先月(2月)の上旬に。
「届きました」との連絡が入ったので、取りに伺いました。

BELLURIAのお店は高崎の街中。
井上病院の向かいにあります。

店内の様子

前回訪れた時も感動した、アンティーク調の趣深い店内。

お財布

その中に、こだわりを持ったモノたちが、並びます。

器たち

アクセサリー

2階への階段

2階の様子

2階は主に衣料品。

2階の様子

個性的ながらも、優れた品質のモノたち。
素材や肌触り…触れると一層、その素晴らしさを実感します。

オーロラシューズ

…さて、そうして手にした「オーロラシューズ」ですが。
最初履くときは、ちょっと圧迫感があります。でも、履いて時間が経つにつれ、圧迫感がなくなってくるんですね。
まるで自分の身体の一部のように、足に馴染んで。。。

1日中履いていても、疲れや痛みを感じない。
まさに「奇跡」と言っていいシューズ。

…一つ一つ丁寧に。長く使える物を、作ること。
そしてそれを使うこと。

それがどんなに素晴らしくて、大切なことなのか。

この「オーロラシューズ」を通じて、改めて感じることが、できました(^-^)

店内の様子

BELLURIA(高崎店)
高崎市連雀町11-3
TEL:027-387-0308
営業時間 12:00~20:00
(土日祝は11:00~20:00)
定休日 木曜日
URL:http://belluria.ocnk.net/
Blog:http://ameblo.jp/itembelluria/
Facebook:BELLURIA
Instagram:belluria
※桐生と鎌倉にも店舗があります。詳細はWebで。オンラインショップもあります。
※オーロラシューズについては、半年に1回程度で受注会も開催しています。「Local Breeze」というイベントの中で行うので、チェックしてみてください(前回は2015年11月に開催されました)。

|

« 震災から5年…今年も、「花は咲く」。@LIVE BAR「みんなのうた」 | トップページ | コーヒーとカフェの街、清澄白河へ。 »

ショップ」カテゴリの記事

コメント

友達が桐生のお店で買ってた!彼女は足が大きく、たまたまお店にあった?残ってたのかな?靴がぴったりで、即購入したと。そんなに待つとは知りませんでした(^_^;)履きやすいって言ってたな。よい雰囲気。つぶさんに似合うね♪

投稿: 桐子 | 2016年3月24日 (木) 22時56分

◆桐子さん
お友達が!そうなんですね~♪
お店にあったのは試し履き用の靴だと思います。
(ちなみに冒頭の写真の靴がそうです)
私もそれを履いてみて、即購入をしたんです(^▽^)
最初はきついのですが、数分で足に馴染むんですね♪
履きやすいです。

履いた姿を、桐子さんにお見せしたいなあ。。。
今度こそ桐生で会いたいです!

投稿: つぶ | 2016年3月26日 (土) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/64416846

この記事へのトラックバック一覧です: AURORA SHOES―at BELLURIA TAKASAKI:

« 震災から5年…今年も、「花は咲く」。@LIVE BAR「みんなのうた」 | トップページ | コーヒーとカフェの街、清澄白河へ。 »