« 「LASICU」さんの帆布バックたち。 | トップページ | CafeとZakkaの「Lita blanc」―渋川・上白井 »

2016年2月15日 (月)

渋川のカフェ「agenn」さんへ。

入口の扉

渋川の街中に、木・金・土曜日だけオープンするカフェ。
「agenn(アゲン)」さんへ行ってきました。
ダイニングカフェの時から(一時休業していました)、行きたいと思っていたお店です。

場所は高渋線(渋高線)を北上し、市役所通りも北上すると見えてくる、小さな川。
その川沿いに佇む、1軒の白いお家です。

真っ白な壁。でも入口は、中世ヨーロッパのお城に登場しそうな、重厚な木の扉で。
これを見ただけで、とってもハイセンスなのですが。。。

入り口

…扉を開けると、白を基調とした。。。

中の様子

中の様子

雑貨たち

中の様子

言い尽せないほどの、素敵な空間が拡がっていて。
私は思わず、感嘆のため息を漏らしていました。
(実際は、「素敵だステキだー!」と言いまくってたんですけどね・笑)

中の様子

ソファ席もあり、座敷になっている席もあり。
また、テーブルやカウンター席もあったりで。
どの席に座ろうか、すごくすっごく迷ったのですが。

…今回はランチではなく、カフェのみで。
また、時間もあり、ゆっくり過ごしたかった…ということもあり。

靴を脱ぎ、ソファ席に腰を下ろすことにしました(^▽^)

メニュー

席は決めたものの、今度は何を注文しようか迷います(笑)
「ルイボスシナモンミルクティー」に「メープル豆乳ココア」!?
…いや、ハーブティーも「実りの森」をはじめ、いろいろあるし…でも、まずは(初めて来たから)ってことで、コーヒーにしようか。。。

…最終的には、最初に「これはっ」と感じた「ルイボスシナモンミルクティー」をオーダー。

ミルクティー

そうして、いただいたミルクティーは、身体に緩やかに沁み渡る、優しい味(^▽^)

agennさんで扱う食材は、基本オーガニックなものを使用しています。
写真の奥にある砂糖も、甜菜(てんさい)糖。
粉みたいに滑らかで、甘さもカド(角)がないんですね。

私は普段、ドリンクに砂糖は入れません。
あらかじめ入っているのはともかく…追加しては入れないんですね。

…だけど、この甜菜糖は試しに入れたら、とても優しくて。
身体にすーっと、馴染む感じで。
気づいたら、2,3杯入れて、飲んでいました(^^)

チョコレートプディング

一緒に頼んだチョコレートプディングは、ラム酒の香りと。
カカオの味が前面に出た、大人のプディング。

チョコレートプディング

ひと口入れれば、濃厚かつビターなカカオと。
プディングの食感が、口いっぱいに拡がります。

プディングと室内

「空間」に溶け込むように置かれた、絵画や書などの作品。
優しく穏やかに流れる音楽。

そんな中で、美味しい飲み物やスイーツをいただきながら過ごす時間は。

…視覚、聴覚、味覚。全ての感性が解き放たれて。
この上なくリラックスした、ひと時となったのでした(^▽^)

agenn
渋川市渋川1786-30
営業時間 12:00~16:00
営業日 木・金・土曜日
URL:http://ayanayan-mici.blogspot.jp/
Twitter:@agenn
Instagram:agenn
※オーナーのAyaさんが4月に出産を控えていらっしゃるので、今後、営業日と営業時間が変更になる可能性があります。Webなどをチェック。【追記があります↓】

※2月19日(金)は、Piece*Plusさんのカラーセラピー企画があります(現在は満席です)。

~追記~
オープンは2月20日(土)まで。その後は出産のため、しばらく休業されるそうです。
(2016年2月18日)

-------------------------------------------

…ところで…

agennさんに行ったこの日は、もう1軒、別のカフェに行きました。
実はその「もう1軒」のカフェが、前回の記事の最後に予告をしたお店です。

いよいよ次回、そのお店を紹介します!

|

« 「LASICU」さんの帆布バックたち。 | トップページ | CafeとZakkaの「Lita blanc」―渋川・上白井 »

カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/63931800

この記事へのトラックバック一覧です: 渋川のカフェ「agenn」さんへ。:

« 「LASICU」さんの帆布バックたち。 | トップページ | CafeとZakkaの「Lita blanc」―渋川・上白井 »