« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

桐生が丘動物園~ゾウとサルとライオンと…

動物園

お正月に出かけた桐生の話「おまけ」編です。
(お出かけの内容はこちら。なお、最後に「桐生の話は一区切り」と言ったのは置いといてください・笑)

桐生天満宮と「リップル洋品店」に行く前に、ちょこっとだけ「桐生が丘動物園」に立ち寄りました。
半世紀以上の歴史のある桐生市直営の動物園は、昔も今も子どもたちの遊び場。
子どもたちは、たくさんの動物たちに目を輝かせ、もっとよく見ようと。
思わず身を乗り出します(^^)

ゾウの「イズミ」

このゾウさんの名前は「イズミ」。入園したのは1964年です(生まれたのは1955年だそう)。
私よりずっと「おねえさん」な、ゾウさんです。

私は小学校に入るか入らないか…の時に一度、動物園に来たことがあります。
…なので、その時も「お会いしている」はずなんですよね☆

当時の記憶が曖昧なのが、スゴく悔しいのですが(苦笑)
きっと、写真(↑)のお子さんみたいに、見ていたのだと思います(^^)

ライオン

こちらはライオンのブース。後で知ったのですが、昨年(2015年)末に、子どものライオンのペアがやって来たそうで。。。
だから、みんな見ていたんですね~☆
遠巻きに見てしまったのが、今になって悔やまれます(笑)

クモザルたち

クモザルさんたちは、アスレチックみたいな遊具(?)で遊び中。
上からも見られるのも、楽しい♪

飛行機とヘリコプター

南門の前にある飛行機とヘリコプター。
かなり古くなってますが、そこが動物園の雰囲気とよく合ってて、イイです(^^)

サル山

一方で、北側のサル山からは、桐生の街並みが一望!
更に山々、青い空へと拡がって。
桐生の街に溶け込んだ動物園なんだな…ってことを、感じます。

…私が大人になって、再び来ることができたように。
今の子どもたちが大人になっても、変わらずにそこにあって欲しい。

…そんなことを、思いました(^-^)/

桐生が丘動物園
桐生市宮本町3-8-13
TEL:0277-22-4442
開園時間 9:00~16:30
無休
※入園料は無料です。
※動物園のすぐ側には「桐生が丘遊園地」があります(こちらは財団が運営)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

「にちカフェDay」~at 循環の森 やまの家

カフェタイム

群馬が雪に見舞われた、その前日。。。
「循環の森 やまの家」で行われた、「にちカフェDay」というイベントに行ってきました。

「家」の引き戸を開け、土間並みに広い玄関に入った途端…感じたのは。
寒さで力んだ身体が「ふっ」と緩むような、暖かい空気と。
「家」が放つ、清らかで清々しい木の香り。

上がり端でカフェのメニューを注文し、「家」内を探索。
ほどなく「できましたよ~」と呼ばれたので、「居間」に当たる場所へ。
一度に10人は座れる、掘りごたつ式のテーブルです。

ゆっくりとお茶をいただきながら、木のぬくもりや人々の談笑に包まれて過ごす時間は。
とても緩やかで穏やかで。
ほっと和むひと時と、なりました(^-^)

カプチーノ

注文したのは、干し柿と干し芋のカプチーノ。
柿と芋は一口大で入っています。くるみも入っていて、スプーンやフォークで口にしながら、泡の立った豆乳を飲む形です。
カフェメニューは他に、チャイなど4種類ほどありました。

お菓子

物販コーナーには、身体に優しいおやつや食べ物が。
酒粕や粟を使ったケーキに。

パン

地粉を使った天然酵母のパン。

小物たち

食べ物の他には、手作り小物の販売も。
ささやかですが、フリーマーケットも行われていました。

物販の様子

今回はお正月ということで、お昼には餅つきが行われた模様です。
行った時間が昼過ぎていたので、様子は見られなかったのですが。。。
でも、ついたお餅で作られた、大福が販売されていて。
家のお土産に…と、お持ち帰りすることができました(^-^)

「家」からの景色

木に包まれた暖かい「家」で、外の景色を眺めながら過ごす。。。
小さな小さなイベントだけど、とても居心地が良く。
特に寒い冬にふさわしいなあ…と思いました。

…でも、きっと草木が芽ぐむ春や。紅葉が映える秋なども。
いい場所なのでしょうね(^▽^)

景色

さて、そんな「にちカフェDay」が行われる「循環の森 やまの家」…ですが。
場所は前橋の富士見町。赤城山麓の林の中にあります。
ナビで住所を指定しても、大よその位置が示されるのみ。

かく言う私も、ナビを頼りに行ったら、たどり着くことができませんでした☆
(それで、餅つきの時間に行けなかったという…笑)

目印は県道34号線沿い。「米野」の信号近くに並ぶ、たくさんの円筒の「ポスト」です。
この「ポスト」の左脇道を入っていくと、右手に小山に登る道が。
私が行った時は、ガーランド(フラッグ)があったかな。。。

「やまの家」外観

小山を登ると見えてくるのが、「循環の森 やまの家」。
実は個人のお宅。「にちカフェDay」の時に、オープンする「お家」です(^-^)

「にちカフェDay~丁寧な暮らしを愉しむ一日」
(第12回 2016年1月17日(日)開催)
場所:循環の森 やまの家
(前橋市富士見町引田476-58)
時間 11:00~15:00
(うち、ランチは12:00~14:00)
URL:http://nichinichidocafe.gunmablog.net/
Twitter:@nichicafe
※おおよそ3ヶ月に1回開催されています。次回は4月24日(日)予定です!
※「循環の森 やまの家」のTwitterもあります→@junkannomori

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

群馬、再び雪に見舞われる。

19日朝の様子

2016年(平成28年)1月18日。
未明に雨から変わった雪は、朝の通勤時間も降り続け。。。
群馬の平野部(前橋)でも、20センチという積雪を記録しました。

写真(↑)は翌19日の朝の様子です。
2年前(2014年)の73センチの積雪と比べれば、まだ…という感じなのでしょうが。
でも、道路に雪は残り、雪対策をしていないと車の運転は難しい状況です。

私はスタッドレスタイヤを履いているので、いつも通り自動車通勤をしていますが。。。
いつもの時間より早く出て、ゆっくりと。
特に写真の19日は、溶けかかった雪が凍結していて。
ハンドルを取られそうになった箇所も、幾つかありました。

20日降り始めの様子

それでも除雪が進み、「このまま雪が溶ければいいのにな…」と思っていた矢先。
今日(20日)の朝は、再び雪が!(写真↑)
そしてその後、スキー場かと思わせるような猛吹雪!!

…私は雪がひどくなる前に仕事場に着けたけど。。。
あの吹雪の中、運転や歩いていた方々は怖かっただろうなあ…と思います(>_<)

どうやら今回の雪は、これで終わる様子ではなさそうです。
今週末(23日)も、群馬南部に雪の予報が出ているみたいですね。

全国的にも、吹雪や積雪の影響が出ている模様です。
これ以上、被害が出ないことを…願っています!

…それにしても、12月は信じられない暖かさだったのに。この寒さと雪。
やはり地球全体が、変わってきているのかなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

ITALIAN BAR 「STELLA」―高崎・上並榎町

前菜盛り合わせ

先週の土曜日、昨年末に会えなかった友人とお茶をして。。。
話が弾んで夜ゴハンに…と行ったのが、イタリアン&バーの「STELLA」
高崎の上並榎町にある、席数20程度の小さなお店です。

友人はワイン、私は運転手(+飲めない)からソフトドリンク。
で、まず頼んだのが、写真(↑)の前菜の盛り合わせ。
生ハムにサラダ、マリネにキッシュ…と盛りだくさん!

これで2人分。色鮮やかな盛り合わせ、ボリューム、そして種類の豊富さに。。。
…前菜好きな友人&私は、目を輝かせました(>▽<)

パスタ

パスタは黒板メニューの、お魚(種類は…笑)とあさりの生トマトのソース・スパゲティに。

パスタ

キャベツとジャガイモのチーズソース・そば粉のパスタ。

…本当はここではパスタは1種類で、メインを頼むべきなんだろうけれど。
友人も私もパスタ好き。なので、思わず2種類頼んでしまったという…(笑)

前菜もパスタも、素材と調理を大切にした味。
美味しかったです。お腹が許せばずっと食べていたい、美味しさがありました(^▽^)

エスプレッソ

食後のエスプレッソ。次回行った時は、ドルチェと併せていただきたいなあ。。。

店内の様子

白と木目を基調とした、落ち着いた店内。
席の間隔は、ゆとりがあります。カウンター席もあり、じっくりとお酒&料理を堪能することも。

美味しいお料理と、ゆっくり過ごせる店内の雰囲気に。
話はなお一層、盛り上がったので、ありました(^-^)

お店外観

ITALIAN BAR STELLA
高崎市上並榎町114-2
TEL:027-387-0755
営業時間
・Lunch 12:00~14:30(L.O.14:00)
・Dinner 18:00~22:30(L.O.22:00)
定休日 月曜日
URL:http://italianstella.jp/
Facebook:Italian Bar Stella

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

吾妻山麓の「リップル洋品店」へ。

お店外観

店内の様子

靴下

2016年、最初のお出かけは桐生に行ってきました。
昨年(2015年)の夏に、桐生の街中から吾妻山麓にお引っ越しをした「リップル洋品店」―rippleさんの元へ。
第1土曜日である三が日の2日、遂に行くことができました。

水道山記念館への急坂を過ぎ、大川美術館へと通じる沿道にある、1棟の建物。
ガラス張りの引き戸を開けると…目に飛び込んでくる、たくさんの「いろ」たち。
茜(あかね)に藍(あい)、エンジュにカリヤス、ログウッド。。。

自然から生まれた糸や布、そして染料。
それらから生まれた、洋服や靴下たち。
そこには、この上ないrippleさんの世界が、広がっていました(^▽^)

服など

バック

つぶちゃん

「つぶちゃん」にとっても、念願の「里帰り」♪
心なしか、いつも以上に嬉しそうです(笑)

店内の様子

染め場や縫製の作業場は、ご自宅を兼ねた下の階へ。
山の斜面を利用し、沿道からは店舗だけ見える構造になっています。
都会の店舗といっても通用する、洗練された造り。そしてディスプレイ。

外観

…都会と明らかに違うのは…山麓にあるということ。
でも、それだけではありません。

テラス

店舗つづきにある、広いテラス。
(正確にはテラスは建物の屋上で、店舗は「屋上階」に当たるのですが)
実はここも、「リップル洋品店」の一部で。。。

桐生の街

テラスからは、桐生の街が一望できるんですね!

屋上からの眺望

更に、店舗の屋上に登れば…このとおり!!

穏やかな山並に囲まれた、桐生の街。
建物たちも決して高さはなく、穏やかで優しい。

いつ見ても「ほっ」と和む、桐生の街。

テラス席

その街を眺めながら、「お正月だから」と振る舞っていただいた焼き餅と。
淹れてくれたコーヒーとお茶は格別で。

…rippleさんが、とてもとても桐生を愛していて。
桐生の街と一緒に暮らしていきたい…という思いを集約させたのが。

…このお店なんだなあ…と、思いました(T▽T)

お餅をいただく様子

なお、いただいたお餅は、「矢野商店」さんの。
とても美味しかったです。ご馳走さまでした!

テラスの風景

リップル洋品店(RIPPLE YŌHINTEN)
桐生市小曽根町4-45
(水道山記念館or大川美術館近く)
営業日 火曜日と、月の第1土曜日
営業時間 11:00~19:00
URL:http://www.ripple-garden.com/
Blog:http://ripple-garden.doorblog.jp/
Twitter:@ripple_kumi
Instagram:ripple_youhinten
※店舗外の展示の日程についてはWeb(↑)などを。
※テラス(屋上)は、普段の営業日は立ち入りができない可能性があります。

------------------------------------------------

…なお、今回は2年ぶりの桐生だったのですが…

「三が日に行くからには初詣もね!」ってことで、桐生天満宮に行ったり。
その他、ちょっと「まごまご」してたら、時間がなくなってしまい。。。

…お昼ゴハンもお茶もせず、帰ってきてしまいました(笑)

なので、桐生の話はこれで一区切りになります☆

次回行く時はリベンジで。
気になっている場所、たくさん行って満喫したいです~(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

konaさんの「おやつとごはん」~@MOTOKONYA

看板

入った所の様子

シナモンロール

話はちょっと遡って、昨年(2015年)末の話になりますが。。。
再開した高崎街中の「MOTOKONYA」。ここで、konaさんが「おやつとごはん」のカフェをオープンされていると聞き、行ってきました。
konaさんは、パンや焼き菓子を中心に、マルシェなどで出店されている「おやつ屋」さん。
JAMCOVERさんのイベントでも、お見かけします(^^)

年末の買い物の合間。MOTOKONYAへ行ってみると…
かわいいレタッチで書かれた看板に、メニューボード。
引き戸を開ければ、クッキーにスコーンと…これまたキュートなkonaさんの「おやつ」ワールドが。
konaさんと言えばこれ!のシナモンロールも、「おめかし(=ラッピング)」して並んでいます♪

スコーン

スコーンはこの日は6種類。
プレーンに、チョコチップやオレンジ&クリームチーズなどの「おやつ系」のほか、ブラックペッパーやオニオンが入った、「お食事系」もあります。
目当ての一つだったスコーン。「全種類買おうか」と本気で思いました(笑)
(…結局、4種類を1個ずつ…に留めました☆)

瓶詰めクッキー

クッキー類は、包装されているのもある一方で、1個から買える(↑)なものも(^^)
駄菓子屋さんみたいな感覚で、楽しい!

この日は「黒糖きな粉ボール」(手前)と、「メロンパンクッキー」(奥)。
「メロンパンクッキー」は、メロンパンがそのまま小さくなったようなカワイさです♪

ランチメニュー

…さて、もう一つの「お目当て」だったのが、ランチ。
「おやつとごはん」のカフェなので、ランチが食べられるのです♪

ランチは2種類で、お米を使った「ご飯もの」と、スコーン&スープのセット。
スコーンのセットもいいな…と思いながらも、「ご飯もの」を選択。

グリーンカレーのランチ

この日はグリーンカレーでした。
お米は古代米を使っています。サラダと副菜が2種。お漬物。ドリンク付き。
箸袋やスプーンに「kona」とスタンプされているのが、またカワイイ(^^)

グリーンカレー

グリーンカレーは思っていたよりも、スパイスが効いていました。
カフェの「ゴハン」…とは言え、ちゃんと本来の味を生かしているんですね(^^)
古代米とも合います。

副菜

カレーがスパイシーな一方で、副菜やサラダの味付けは、シンプルで優しく。
この味加減も、いいなあ~と思いました。

コーヒー&クッキー

食後のドリンク。先述の「メロンパンクッキー」と「きな粉ボール」をプラスすれば、一口デザートを付けたような気分に♪

konaさんの可愛いくて美味しいお菓子やゴハン。
そしてMOTOKONYAの、「和」も融合した居心地のいい空間。

ここでは、年末の喧騒が嘘みたいに、緩やかな時間が流れていて。
少しの時間だったけれど、「ほっ」としたひと時を過ごすことができました(^^)
(…ホント、帰りたくなかったなあ…笑)

フライヤーのガーランド

konaさんの「おやつとごはん」@MOTOKONYA。期間限定なのですが、2016年に入っての1月もオープンします。
火曜日~土曜日(日・月曜日はお休み)の11時~16時。
なので…年始は5日(火)から…ですね♪

メニューは日替わりなので、konaさんのTwitterブログをチェック。
私もスコーンのランチを食べたいので。。。
ぜひまた、行きたいな~♪と思っていますo(^▽^)o

kona 「おやつとごはん」 at MOTOKONYA
高崎市元紺屋町9
時間 11:00~16:00
お休み 日・月曜日
URL:http://konasweets.blog135.fc2.com/
Twitter:@konasweets
※期間限定のオープン。現時点(2016年1月3日)では1月末まで予定されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年、今年もよろしくお願いします!

お節とお雑煮

2016年、明けましておめでとうございます!
皆様にとって2016年が、笑顔の絶えない、素敵な年になることを願っています。
今年もよろしくお願いたします(^-^)

…さて、2016年のお正月。今年は姉一家が風邪気味で、食事はせずお茶だけの挨拶だったので、シンプルなお正月料理になりました。
お雑煮とお節、そして付け合わせが少々。

でもお節は、ちょっと贅沢に。。。
「まるおか」さんで注文しました。

お節

素材の味を生かしたお節料理。
種類も豊富です。

味は薄味です。でも、濃いお節料理の味付けが正直…な私には、この方がむしろ好み♪
珍しくいろいろと、箸を付けました。
ふだんは、初日は伊達巻と栗きんとんくらいしか、手を出さないんです。。。笑

その後は、恒例の「ニューイヤー駅伝」の応援に行きました。

ニューイヤー駅伝

(↑選手が来る直前の様子)
今年はカメラをミラーレス(一眼)にしたし、意気揚々と応援&撮影に行ったのですが。
…あっけなく、撃沈。。。笑

Twitterの方には「撃沈」の様子をUPしましたが…選手が一団となっていたとは言え、カメラを使いこなせてないのが最大の要因。
もっとたくさん使って、来年リベンジです(←既に来年のこと言ってる☆)。

あと、元日ネタでもう一つ。

伊達巻

伊達巻

例年いただいている、伊達巻。
姉のダンナさんの親戚の方が、作ってくださるものです。

滑らかな口当たりと、優しくてナチュラルな甘さに、私も母親も大ファン!
「できることなら、その作り方を教えて欲しい」というのが、毎年の口癖になっているほど。

実際美味しさは評判で、今年は頼まれた分も含めて10数個も作ったそう。
でも、ご本人は全然苦ではなく。
むしろ楽しんで、作られているそうです(^^)

美味しい伊達巻。
今年も、ありがとうございました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »