« 中之条ビエンナーレ2015―暮坂「花楽の里」から六合エリアへ。 | トップページ | 中之条ビエンナーレ2015―六合エリア・赤岩地区(後編) »

2015年10月 4日 (日)

中之条ビエンナーレ2015―六合エリア・赤岩地区(前編)

赤岩地区

六合の赤岩地区(赤岩集落)は、「中之条ビエンナーレ」における六合エリアの拠点。
今回(2015年)のビエンナーレでは、六合エリアのほとんどの作品が集まっています。

山間の集落で、寄せ集まるように家々が建ち並び、道幅も狭め。
何よりも、この里山の風景もじっくり味わうには…歩いて回るのがおススメです(^-^)/

「長英の湯」と風鈴

バスツアーの一行もモチロン、バスから降り、てくてくと歩きます。
そうすると、聞こえてくるのは…風鈴の音。

風鈴たち

様々な音色の風鈴は、白根開善学校の生徒さんが作ったもの。
原料の土も成形も、一つ一つが個性あふれる風鈴。
それらが奏でる音色は、六合の空気に合って…心地良く響き渡ります(^-^)

お蚕さんの里

そうして、まず向かったのは「お蚕さんの里」
養蚕が盛んだった赤岩集落。それに必要な器具を展示している場所ですが。。。

「動物」たち

…あれ???(笑)

展示の様子

「動物」たち

さり気なく(?)佇んでいる「動物」たちに。
思わず、笑みがこぼれてしまいました(^-^)

湯本家住宅

その次に行ったのは、「湯本家住宅」
赤岩地区で一番、多くの作品が展示されています。

湯本家住宅

湯本家住宅は、別名「長英の隠れ家」とも呼ばれています。
幕末の蘭学者・高野長英を、江戸幕府から匿った場所―と云われているからです。

建物も土蔵造りながらも、1,2階は19世紀初頭、3階は19世紀末と、異なった時期に建てられており、貴重な建造物。

作品

作品

作品

内部の様子

作品

作品も、高野長英を彷彿とさせるものが…多い気がします(^^)

作品

作品

作品

作品

作品

作品

作品

修復中?―いえいえ。実はこれも「作品」(^-^)/

湯本家の建物を利用した作品も多い一方、「作品」と思えてしまう光景も多くて。
建物フェチ(?)な私には嬉しい「会場」でした。
(私の建物フェチについては…前回のビエンナーレのこちらからどうぞ☆)

赤岩地区の風景

湯本家を後にし、赤岩地区の更に先へ。。。
信じられないほど青い空の下。散策は更に…つづきます(^-^)/

中之条ビエンナーレ2015
開催中~10月12日(月・祝) 無休
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円
(高校生以下は無料。またパスポート・ガイドブック・パスケースの付いたセット(2,000円)もあります)
URL:http://nakanojo-biennale.com/
Twitter:@NAKANOJO_BIEN
Facebook:「中之条ビエンナーレ」
※バスツアーやイベント、会場MAPなど概要ついてはサイトを。臨時で開催されるイベントやマルシェの情報は、FBやTwitter(FBへリンク)でチェックするのがいいと思います。

|

« 中之条ビエンナーレ2015―暮坂「花楽の里」から六合エリアへ。 | トップページ | 中之条ビエンナーレ2015―六合エリア・赤岩地区(後編) »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/61888038

この記事へのトラックバック一覧です: 中之条ビエンナーレ2015―六合エリア・赤岩地区(前編):

« 中之条ビエンナーレ2015―暮坂「花楽の里」から六合エリアへ。 | トップページ | 中之条ビエンナーレ2015―六合エリア・赤岩地区(後編) »