« 8月と9月のさくらカフェ。…そして10月の展示。 | トップページ | 中之条ビエンナーレ2015―暮坂「花楽の里」から六合エリアへ。 »

2015年9月26日 (土)

中之条ビエンナーレ2015―中之条駅から沢渡・暮坂エリアへ。

中之条駅壁面

前々回の記事で…最後にちょこっと述べた「中之条ビエンナーレ2015」
まずは、シルバーウィークの連休中に、行くことができました。

中之条の「温泉+故郷+アート」の祭典・「中之条ビエンナーレ」。
前々回(2011年)は、中之条伊勢町(中之条街中)と伊参(いさま)エリア。
そして前回(2013年)は、四万温泉と沢渡エリアを中心に行ったので。。。

今回は、まだ行ったことのない、暮坂六合(くに)エリアを。
今までと同様に、バスツアーを使って行きました。

通運ビル

出発は例年と同じく、中之条駅前の「通運ビル」
バスツアーの受付をしつつ、通運ビルや駅壁面の作品を見学します。
(なお、冒頭の写真が駅壁面の作品。黒板になっていて、自由に書き込むことで「完成」していきます)

作品&ショップ

作品

作品

前回は見入っていた余り、バスに乗るのが最後になったようですが。。。
今回は集合時間(10時10分)…どころか、会場がオープンする9時30分より前に来ていたので(←早すぎ)、余裕を持って見ることができました(^-^)v

そうして、出発したバスツアー。
まずは前回行った時、建物に「萌え」てしまった、沢渡エリアの「丸伊製材」

丸伊製材

作品

丸伊製材

…ただ…丸伊製材に来る途中に、ちょっとしたアクシデントが起こりまして。。。
当初の予定より、滞在時間が短くなってしまいました☆
駆け足で見たような感じ。もう少し、じっくり見たかったなあ。。。

その後は、暮坂峠をくねくねと越えて。
「暮坂牧水茶屋」へ到着。

暮坂牧水茶屋

茶屋の入口に掲げられた「門」。
裏手に広がる遊歩道をイメージした作品です。

地図

遊歩道の地図(写真左)。実は、この遊歩道も「作品」となっているんですね。
「犬の散歩道―暮坂高原遊歩道再生プロジェクト」
―作者のスタン・アンダソンさんが、暮坂に住み始めてから10数年間、飼い犬と一緒に再整備してきた「作品」です。

ビエンナーレの期間中は、ご本人の案内による「犬の散歩道ツアー」も、開催されていました、が…。

私が茶屋を訪れる数日前(9月15日)。
アンダソンさんは急逝されてしまったのです。。。

「犬の散歩道」

アンダソンさんの遺作となった「犬の散歩道」。
(中央の坂になっている箇所が、遊歩道の入口です)
私は直接、ご本人にお会いすることはできなかったけれど。

この道の先に、ご本人が優しく佇んでいらっしゃる気がして。

…来ることができて、良かった。
そう、思ったのでありました。

散歩道と花

…ツアーのバスは、さらに峠を越えて。
次の目的地へ、向かいます。

中之条ビエンナーレ2015
開催中~10月12日(月・祝) 無休
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円
(高校生以下は無料。またパスポート・ガイドブック・パスケースの付いたセット(2,000円)もあります)
URL:http://nakanojo-biennale.com/
Twitter:@NAKANOJO_BIEN
Facebook:「中之条ビエンナーレ」
※バスツアーやイベント、会場MAPなど概要ついてはサイトを。臨時で開催されるイベントやマルシェの情報は、FBやTwitter(FBへリンク)でチェックするのがいいと思います。

|

« 8月と9月のさくらカフェ。…そして10月の展示。 | トップページ | 中之条ビエンナーレ2015―暮坂「花楽の里」から六合エリアへ。 »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/61755355

この記事へのトラックバック一覧です: 中之条ビエンナーレ2015―中之条駅から沢渡・暮坂エリアへ。:

« 8月と9月のさくらカフェ。…そして10月の展示。 | トップページ | 中之条ビエンナーレ2015―暮坂「花楽の里」から六合エリアへ。 »