« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

「baimai」OPEN!―富岡・上高尾

baimai

8月22日土曜日。朝8時。
場所は富岡の上高尾。一軒の古民家。
ここで…みんなが待ち望んでいたお店が、オープンしました。

名前は「baimai(バイマイ)」
大人気の移動カレー屋さん「ポンカレー」のワカさんのお店です。

看板

その味の美味しさと、ワカさんのお人柄で、出店の際は常に行列!ファンも数多い「ポンカレー」。
(モチロン私も…ファンの一人)
でも…ワカさん自身は、ワゴンカーでの移動販売を止め、店舗を持ちたいと思っていました。

富岡の上高尾で空いている古民家を見つけ、今年(2015年)5月で移動販売を終了した後は、自らの手で古民家をリノベーション。
お店仲間さんや「ポンカレー大好き」な皆さんも手伝って、今回のオープンとなりました(^^)

店内の様子

そうして誕生した「baimai」の店内は、あたたかさが溢れていて。
ゆったりと寛げる、空間になっていました。

カウンター席

カウンター席から見えるのは、長閑な富岡の風景。
一人で訪れても、気兼ねなく過ごせるように…という、ワカさんの配慮です(^^)

子ども用椅子

ワカさんの配慮は、子どもたちと、その親御さんにも向けられています。
カウンター席の脇には、子ども用の椅子が(^^)

奥には個室もあるのですが(利用できるのは9月から)、こちらを利用できるのも、お子さん連れの方に限られます。

子育て中のお母さんには、周りを気にせずにゆっくりと食事をしてもらいたい。。。
移動販売の時に感じた、ワカさんの願いが込められているのです。
(なお、個室は身体の不自由な方やご年配の方も利用できるそうです)

店内の様子

私が「baimai」を訪れたのは、オープンした翌日の朝8時。
「baimai」は土日は朝8時から始まります。

11時まで食べられるのが、「朝食プレート」
これを、まずは食べたい!と思っていました。

朝食プレート&ラッシー

焼きナスのドライカレーに、ライ麦パンとピタパン。
キュウリのヨーグルトサラダと、キタアカリ(じゃがいも)のフライです。
ドリンク(私はラッシーにしました)はプラスして。プレートの内容は、都度変わります。

ドリンクも含めてワカさんの手作りですが、パンは桐生の「ワンネス」さんによるもの。

朝食プレート

「ワンネス」さんのシンプルなパンに、ワカさんのカレーが…よく合う!
サラダもフライも言うまでもなく…とてもとても美味しいです(^^)

「朝食プレート」もそうですが、「baimai」では移動販売では出せなかったメニューが、いろいろと登場しています。
魚を使ったカレーや、ラッシーをはじめ、自家製シロップを使ったドリンクたち。
そして、プリンやケーキなどのスイーツ。

また、登場するのはカレーとは限らず、スープだったり…と。
その日その時季に合わせて、メニューができているのです。
(詳細はFacebookを見てくださいね)

厨房の様子

朝食にランチに、カフェに。
ドリンク1杯だけでも、気軽に来て欲しい。

…そうおっしゃっている、ワカさん。

その笑顔には、確固たる意思を持って、更に歩もうとする「強さ」と。
みんなを笑顔にしたい、という「優しさ」が。

移動販売をしていた時以上に、伝わってくるのを…感じました。

カボチャたち

その「強さ」と「優しさ」に、またみんなが魅かれ。
自然と、「baimai」に足を運ぶのでしょうね(^^)

…いや、もう既にみんな、「足を運んで」いますね。。。笑

幸いなことに、自分にとっては富岡への「通り道」です。
富岡に行く時or帰る時…立ち寄ることになると、思います!

baimai
富岡市上高尾29(県道10号線沿い)
TEL:0274-67-1188
営業日時 
・土日 8:00~16:00
・月火水 11:00~18:00
(木・金曜日はお休み)
Facebook:「baimai」
※高崎から行く場合は、県道10号線「上高尾」の交差点を直進して、少し進んだ右手にあります。GoogleMapで見たら、もう載っているので(←早いっ!)、確認してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

「ヤマワラウ」―高崎・若松町

ヤマワラウ

お店入口

高崎市役所の南側一帯は、古い建物も残る閑静な住宅街。
その一角に、ハイセンスで可愛らしいお店が誕生しました。

真っ白な外装に、淡いブルーグレーの扉。大きな窓。
さり気なく灯る、ペンダントライト。
そして…ライトの下、扉と同じブルーグレーで書かれているのは。。。

「ヤマワラウ」
…このお店の、名前です。

店内の様子

8月11日、ベイクショップ(焼菓子のお店)としてオープンした「ヤマワラウ」さんは、SNSなどであっという間に話題となりました。
オープンの11時ともなると、絶えずお客さんが訪れて。。。午後には完売。
本来は18時までのオープンなのですが☆
大人気です(^^)

マフィンたち

ベイク(焼菓子)はマフィンやスコーンを中心に。グラノーラバーやクッキーも置いてあります。
マフィンは白桃やチョコ、くるみなどの「おやつ系」のほか、甘くない「お食事系」のものも。
私が行った時は、「大葉&ベーコン」や「ドライトマト&ガーリックロースト」などがありました。

両手で隠せないほど大きいので、1個で十分食べ応えがあります。
でもフワッと柔らかい食感は、お店の雰囲気そのまま!
あっという間に、完食をしていました(^^)

マフィンたち

今回はマフィンとスコーンを買ったのですが、次はグラノーラバーやクッキーも買ってみたいな。。。

コーヒーやジェラートも販売しています。イートインスペースもありますが、こちらはまだ準備中とのこと。
…いつか、イートインもしてみたいですね…o(^-^)o

「ヤマワラウ」

…お天気と時間の都合もあって、汗だくでやってきた私(笑)
それでも、笑顔で優しく対応してくださった「ヤマワラウ」さん。

「ヤマワラウ(=山笑う)」の名前に合った、優しく温かいお店でした(^^)

ヤマワラウ
高崎市若松町2-11
TEL:027-381-5028
営業時間 11:00~18:00
定休日 火・水曜日(8月は無休だそうです)
Instagram:YAMA_WARAU
※駐車場はお店に向かって左。1台停めることができます。
※「ヤマワラウ」の由来ついては、okkoさんが詳しく紹介しています(↓)。とても綺麗な由来に、思わずため息が漏れました(^^)
ヤマワラウ。(okkoさんのブログ「紫陽花 *てづくり な まいにち*」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

静岡・伊東の旅(つづき)~いろいろ、回りました。

伊東マリンタウン

(車窓から道の駅「伊東マリンタウン」を。カラフルな三角屋根の家が目印)

静岡・伊東の旅のつづきです。今回は、現地で暮らす友人に会いに行く旅でもありました。
伊東に行くことを伝えたら、いろいろと情報を教えてくれて。
前回の花火も、彼女が教えてくれました)
電車で伊東まで行く私たちに…「車じゃないと不便だよ」と。
仕事が忙しいのにもかかわらず、車を出し、案内までしてくれました。

今回は、その友人の運転で行った(行けた)場所を振り返ります(^-^)/

初日は伊東駅から伊豆高原へ。
ベーカリーカフェ「ル・フィヤージュ」へ行きました。

ル・フィヤージュ

ル・フィヤージュ

ランチプレート

80種類もの手作りパンが並ぶのですが…昼過ぎに着いた時には、パンはほとんど残ってなく。
カフェのランチプレートも、一種類だけを残すのみ。
人気店です。オシャレですものね♪別荘に居るような感じで。。。

つぶちゃん

(木陰のテーブル席で「森の妖精」になりきる、つぶちゃん↑)

この後は、宿泊先のホテル「ウェルネスの森・伊東」へ直行。
温泉やマッサージで、花火大会の時間までのんびり過ごして…

…で、翌二日目。
まずは城ヶ崎海岸へ行きました。

城ヶ崎海岸

城ヶ崎海岸

大室山の噴火により造られた、複雑な地形に黒い岩石。
そこに打ち寄せる白い波。所々で色合いを変える、コバルトブルーの海。
岩と海の色の対比といい、波の動きといい…とてもキレイです。

つぶちゃん

つぶちゃんも、ここで記念撮影。
(…でも、海と岩石が写ってない。吊り橋しか。。。笑)

灯台

灯台もあります。モチロン、ここは上に登ります。

テッペンからの風景

テッペン(頂上)からの風景(^^)

…ここで結構時間が押していたのですが、「パン好き」な私のために、パン屋さんにも連れて行ってくれました♪
(初日も行ったのにね・笑)

MahaloMahalo

「335BAKERY MahaloMahalo(マハロマハロ)」
ハワイアンテイストのパン屋さん。

店内の様子

パンたち

食パンやカレーパンのほか、ドーナツやチリドック、更には「コーヒーゼリーパン」といったパンまで!
「こんなパン、ハワイの現地にもありそう!」と思っちゃうような、オリジナルなパンが並びます(^-^)

ノアコッペ(中央奥。くるみの入ったコッペパンみたいな生地に、クリームをサンド)を帰りの電車でいただいたのですが、軽くふわっとした生地で、クリームも懐かしい味で優しくて。。。
あっという間に1個完食。しかも「まだ食べられる」と思ったほど!
(お昼ゴハンは別に食べてい…るんですよ~☆)
食パンも買いましたが、こちらも食べやすくて美味しかったです♪

…パン屋さんの後は、「伊東に行ったからにはやはり『海のモノ』を!」ってことで。
海鮮料理のお店でランチ…のはずだったのですが☆
定休日だったり、完売していたり…と、空振りが続いてしまい。。。

海鮮丼

味噌汁

お土産を買うこともあって、冒頭に登場した「伊東マリンタウン」内で済ませることに。
伊東の特産物・しらす入りの海鮮丼をいただき、伊東で採れた「あおさ」のお味噌汁を味わいました(^^)

…で、お土産を買っていたら、あっという間に電車に乗る時間が迫っていて。。。
「伊東マリンタウン」を出る時点では、正直間に合うか微妙!な状況。

でも、友人が急いで車を走らせてくれたお陰で、発車5分前に伊東駅に到着!
無事に、指定していた電車に乗ることができました。

最後の最後まで、友人には本当に感謝。
そして、彼女と私たちが多くの時間を過ごせるように…と。
時間調整など配慮してくださった、友人の勤め先の方々にも…(T▽T)

ヨットと海

伊東の旅。多くの人たちによる「温かさ」と「優しさ」で。
1泊だったけど充実した、とても思い出深い旅となりました(^^)

最後におまけ。

干物

家のお土産で買ってきた伊東名産の干物。
ホテルの「朝市」で出ていたのを、クール便で送ったのですが、家族に大好評!
自分自身も「これは美味しい♪」とパクパク食べています(実は家族以上に…笑)

「マルマサ水産」という会社で作られた干物なのですが、注文した後に友人に訊いたら、魚介が余り…な彼女でも美味しく食べられる、とのこと。

クール便だから、冷凍しておけば1ヶ月程度は持ちます。
まだ何枚かあるので、もう少し、伊東の余韻に浸れそうです(^-^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

按針祭・海の花火大会~静岡・伊東の旅

「花火」の前の静けさ

2015年、夏の旅行は静岡・伊東へ出かけました。
行った日は、8月10日と11日。
泊まった10日は偶然にも、「按針(あんじん)祭・海の花火大会」が行われる日でした。

徳川家康の外交顧問だったウィリアム・アダムス~三浦按針(みうらあんじん)。
その三浦按針にちなんだ「按針祭」は、8月8,9,10日の3日間、開催されます。
祭りのラストを飾るのが、「海の花火大会」。
20時から1時間、伊東の海岸一帯で、約1万発の花火が打ち上げられるのです。

花火大会の話を聞いた以上、私と友人はホテルでの夜ゴハンもそこそこに。
開始1時間前には、伊東海岸の浜辺で腰を下ろし、花火の打ち上げを待っていました。

そうして始まった、「海の花火大会」は。
今まで見たこともない華やかさで。

海面から上全てを「キャンバス」にして、次々と描かれる花火に。
ただただ見入り、感動する以外ありませんでした。

花火の様子

(↑冒頭の画像とほぼ同じアングル)

水上スターマイン

(↑左は冒頭にも見えていた客船)

花火

花火

頭上の花火

(↑左に「海の家」の屋根が。頭上にも花火が打ち上がります)

ラストの様子

ラストは、海岸が明るく見えるほどの連発。
これにはもう、「凄い」という言葉と。
高揚感しか、ありませんでした。

…ただ、はっきりと「形」となって思ったのは。

「この日に伊東に来てよかった」

ということ。

そして…この花火大会を教えてくれた友達と、友達の勤め先の方々への。
感謝の気持ちです。

本当にこの花火。
見られて良かったと、思いました(T▽T)

按針祭・海の花火大会(第69回)
開催日時 2015年8月10日 20時~21時
(毎年8月10日。雨の場合は翌日に順延)
場所 静岡県伊東市 伊東海岸一帯
(海上5ヶ所から同時に打ち上げます)
打上数 約1万発
※伊豆で最大の花火大会と言われているそうです。

---------------------------------------------

…そして、伊東での旅の話。
もちろん(?)、これで終わりではなく。。。

次へ「つづき」ます(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

「環」~at はるな陶芸工房

「環」

時間は7月に遡ります。暦の上では「大暑」。暑さも本格的となった頃の4日間。。。
榛名山麓にある「はるな陶芸工房」さんで、企画展「環(わ)」が開催されました。

企画されたのは「はるな陶芸工房」さんのほか、手紡ぎの糸や布小物をつくる「flatter」さん。
そして…桐生で、染布と洋服などを手掛ける「リップル(ripple)」さんです(このブログでも度々紹介していますね^^)。

展示の様子

工房の扉を開け、中へ入った途端、広がっていた「環」の世界。
作品たちは、単に「並んで」展示されているのではなく。

作品と作品とが、「組み合わせ」られていたり。
それぞれ作られた物が「合わさって」、一つの作品になっていたり。

展示の様子

まさに、これこそが巡り廻って織りなす…「環」。
そう思える、素敵な展示となっていました(^^)

展示の様子

展示の様子

はるな陶芸工房さんの陶器たちは、大柄だけど優しい、自然をモチーフした柄が特徴。
その器たちに、flatterさんのシンプルな布地がよく合います。

展示の様子

flatterさんの紡いだ糸たちは、リップルさんの洋服の柄に。

展示の様子

ナチュラルだけれども、カラフルで。
何処かポップさも感じられる、展示でした(^^)

展示の様子

展示の様子

展示の様子

展示の様子

展示の様子

展示の様子

つぶちゃん

会場の様子

「環」
(2015年7月23日~26日開催)

場所 はるな陶芸工房
(高崎市上里見町401-2)

はるな陶芸工房
高崎市上里見町401-2(榛名中学校そば)
TEL:027-340-5252
URL:http://lilaweb.net/
Facebook:「はるな陶芸工房」
※工房では通常、作品の販売は行っていません。 金曜日に陶芸教室を開催しています。詳細はWeb等で。

flatter
URL:http://haribouzu.exblog.jp/
※イベント出展が中心です。出展情報はブログ(↑)をチェック。

リップル(ripple)
桐生市小曽根町4-45
URL:http://ripple-garden.doorblog.jp/
Twitter:@ripple_kumi
※出展もされています。詳細は↑で。
※また、以前紹介した「りっぷる洋品店」ですが、2015年8月より、上記(↑)の住所にお引っ越しをしました。営業日(火曜日のみ)、時間(11:00~19:00)は変更ありませんが、10月より第1土曜日もオープンする予定です(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

フルーツオンザヒル~高崎・吉井町小串

フローズンアイスバー

8月に入ってから、SNSなどで話題のフローズンアイスバー。
ショーケースの中に、一斉に並んだ色鮮やかなアイスバーは、見た人を惹きつけ。。。
連日の猛暑も相まって、家族で、友人と、そして一人でも。
お店へと、足を運びます。

そんな私も、知ってすぐの週末土曜日に、行ってみました。

お店外観

お店の名前は「フルーツオンザヒル」
高崎の吉井町小串、「カタクリの里」のすぐ近くにあります。

果樹畑

お店の周辺に広がるのは、ブルーベリーやブドウなどの、果樹畑。
ここで採れた果物たちを使用して、アイスバーが作られています。

ブルーベリー

ブルーベリーの摘み取り体験も、できるみたいです(^^)

店内の様子

店内に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、フローズンアイスバーのショーケース。
ここでまず、「うわーぁ」と歓声が挙がります。

アイスバーたち

アイスバーの種類は10数種類ほど。
複数の果物を組み合わせたり、一つの果物でも、ヨーグルトやミルクと合わせたり…と、バラエティーに富んでいます。

…今が旬、大好きな「スイカ」もいいけど、どうしようかな。。。
迷った挙句、「イチゴマーブルヨーグルト」に決定♪

イチゴマーブルヨーグルト

(↑一口だけ食べちゃってます^^)
店内の席に腰掛けて、端から「かぷッ」と齧(かじ)りつけば。。。
口の中に、ひんやりとした感覚と。
イチゴの甘酸っぱさと、ヨーグルトの爽やかな味が拡がります。

齧り進めていくうちに、暑さで火照った身体は。
いつの間にか、クールダウンしているんですね(^^)

余りにも美味しかったので、お代わりをしちゃいました☆
でも一人で2本を一気に食べるのは、お腹に差し障るかな…と思ったので。

ブルーベリージュース&ブドウ

農園で採れたばかりのブルーベリージュースを(^-^)/
スムージーもあります。果実のままのブドウは、家へのお土産。
果物や野菜の販売もあります。

今の季節にぴったりの、フローズンアイスバーの農園カフェ。
東京だけじゃない、群馬でも、それも新鮮な果物を使ったものが食べられるなんて。

とてもシアワセだなあ…と思いましたo(^▽^)o

フルーツオンザヒル
高崎市吉井町小串750-5
TEL:027-388-8411
URL:http://www.fruitonthehill.co.jp/
※国道254号線、「小串」の信号から藤岡方面へ向かうと、お寺とコンビニが見えます。この間の脇道を登った所にあります。丘の上にあり、国道からでも看板(垂れ幕)が見えます。
ナビで住所を指定しても、正しく指定しないことがあるので、気を付けてください(私はそれで迷いました。結構分かりやすい場所なのに…笑)

---------------------------------------------

…ところで…

今回の記事…新しいカメラで写真を撮りました。

LUMIX GM

買ったカメラはこちら↑。Panasonicの「LUMIX GM」です。
世界最小と言われるミラーレス一眼で、これまで使っていたコンデジ・RICOH「CX1」と、カメラ本体の大きさはほとんど変わりません。

「…一眼で更にレベルの高い写真を撮りたい!」と思って購入したのですが、まだ使い勝手が分かっていない上、ブログにUPできる画像の解像度との絡みもあって…余り上手く写っていません(笑)

…早くコツを掴んで、いい写真をUPしたいなあ。。。

カメラ自体の性能はとてもイイし、写真自体の質も格段に違います。
がんばります~(^-^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

Maison de Jillco~高崎街中の「欧風食卓」

お店外観

以前のこちらの記事で紹介した、Maison de Jillco(メゾン・ド・ジルコ)さん。
その時は店舗は準備中…でしたが、7月7日の七夕の日にオープン。「欧風食卓」のレストラン&ダイニングとしてのスタートを切りました。
場所は高崎街中、井上病院向かいの慈光通り沿いです。

オープンして2週間のある夜。「女子会」が行われるのを機に…早速お店に伺うことができました。

店内の様子

ヨーロッパ、それも南欧を彷彿させる明るい入口や店内に、気持ちも弾みます♪
席は20席ほど。多くはないですが、この位の規模の方がアットホームな雰囲気で、和みますo(^▽^)o
カウンターやテーブルの他に、小上がりの席も。私たちはその小上がりで、いただきました。

アミューズ

(相変わらず、飲み物がノンアルコールでゴメンナサイ…笑)
まずは「お通し」代わりのアミューズ(前菜)3種。始めにこちらを、注文するスタイルです(5種類のアミューズにすることもできます)。
オシャレながらもキュートさあふれる盛り付けが、「女子」ゴコロをくすぐります♪

どれも美味しかったのですが、特に感動的だったのは左の「トマトパフェ」。
ピンク色の泡ムースがとても滑らかで、クリームみたいにすっと口に入っていきましたo(>▽<)o

その後は…どんどん注文して、いただいて…喋ります(笑)

ポテトサラダ

アボカドのポテトサラダ。
(ジャガイモがグリルされている「ポテトサラダ」初めて目にしました!温泉卵と混ぜていただきます)

キッシュ

重厚感あふれるキッシュ。

豚バラ肉のコンフィ

看板メニューの豚バラ肉のコンフィ。
くちどけ加藤ポークを使用。感想は以前食べたこちらから\(^-^))

魚料理

お魚も美味しい♪
(魚の種類は…失念^^;ハーブやトマトの酸味が効いて…口当たり良かったです!)

パエリア

ご飯モノは、魚介がたっぷりのパエリア。
ライスにはサフランは使用していません。でもその分、魚介の香りが漂い食欲をそそります。
味付けも、お米と具の味がストレートに伝わって、シンプルな味。
でも、シンプル・イズ・ア・ベスト。とても美味しかったです!

「女子会」は3人だったので、結構な量をいただいているのですが。。。
それでもまだ、「食べられる」と思えるほど、どれもこれも美味しくて。
予定時間を大幅に過ぎてしまうほど(ある方は終電を過ぎて(!)しまうほど…)、お料理とお喋りを楽しんでいました。

でも、その楽しいひと時も…ようやく〆。

ジェラート

こちらのジェラート。実はアルベロ.さんのジェラートです♪
パインレモンヨーグルト(左)に、小豆島のレモンとオリーブオイル(上と右)。
「小豆島の~」はミルクベースで、中央のペッパーをかけていただくと、また違った味わいに(^▽^)b

飲み会の〆にアルベロ.さんのジェラート…だなんて、もう最高です!
…でも、自家製のチーズケーキやパンナコッタも気になるなあ。。。

…それはまた、「次回」のお楽しみです♪

Maison de Jillco
高崎市通町2-3(安藤ビル1F)
TEL/FAX:027-329-6444
営業時間
・Lunch 11:00~
・Cafe 15:00~
・Dinner 17:00~
(2015年8月現在)
定休日 月曜日 
Twitter:@maison_jillco
Facebook:maison.de.jillco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »