« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

玉村「はたけ de マルシェ」

「はたけ de マルシェ」

5月17日の日曜日。玉村町の南小学校近くで「はたけ de マルシェ」というイベントがありました。
タイトルに「はたけ(=畑)」とある通り、イベントの舞台は「畑」。

テーマも、大地で育まれた食べ物や、手作りの雑貨、ワークショップなどを通じて。。。
…環境や自然のことを見つめてみる、というものでした。

会場の様子

とても天気の良い日で、会場の「はたけ」には、これ以上ないほど太陽の光が降り注いでいました。

木陰の様子

だけど、ひとたび木陰に入れば、日差しは和らいで。
5月らしい清々しい空気で、とても過ごしやすい一日でした。

木の葉とフラッグ

日光をめいっぱい浴びている、葉っぱたちは。
光を浴びるのが、嬉しくて仕方がないみたいで。
キラキラと、輝いていました(^^)

野菜たち

フードは、野菜そのものはモチロンのこと

ベーグルたち

パンや焼菓子などもあって、とても充実していました。

マフィンたち

大地の恵みが「ぎゅっ」と詰まった、フードたち。
余計な物は一切入っていない、フードたち。

加工品

加工品の販売もありました。
こちらも無添加。身体に優しいものばかりです。

グラノーラなど

マフィンやタルト

このイベントでは、フードなどを買って食べたりするに当たり、幾つかの「約束」があります。
出たゴミは、各自持ち帰ること。会場にはゴミ箱はありません。
また、マイカップやマイ箸(フォークなど)は、できる限り持参すること。

私もマイカップ(器)にマイスプーン、ゴミ袋、持ち帰り用のエコバックを用意。
水分補給には、お茶の入れた水筒を持って行きました。

ランチの様子

こうして、容器持参でいただいたランチは、ポンカレーさんのベジキーマカレー。
別バラのお菓子は、三喜屋さんのマフィン(有機人参&ピーナッツバター)。

青空の下、この上なく至福のランチとなった訳ですが、食べ終わって出たゴミは、マフィンを包装していた紙と、器を拭いたティッシュのみ。
ゴミ袋がすごく軽かったのが、とっても気持ちが良かったですo(^▽^)o

会場の様子

環境のこと。自然のこと。
深刻な面もあるし、難しく考えてしまいがちに、なるけれど。

WSの様子

深く考え込まずに、身近なことから。好きだったり、興味のあることから。
触れて、感じて、味わう。

…そこから、自分ができることを。
始めていけば、いいんじゃないかな。。。

子どもたち

このマルシェを、純粋に楽しんでいる子どもたちを眺めながら。

紙芝居

そんなことを、思いましたo(^-^)o

会場の様子

雑貨たち

服

本など

ライブの様子

ライブの様子

会場の様子

Tシャツと畑

はたけ de マルシェ
開催場所:佐波郡玉村町角渕5375-1
(南小学校を南下。玉村南ポンプ場そばです。)
Facebook:「はたけ de マルシェ」
※今回(2015年5月17日)で3回目。次回は11月頃を予定しています。

-----------------------------------------------

~おまけ~

…今回の「はたけ de マルシェ」で出店されていたポンカレーさん。
今月(2015年5月)末で移動販売を終了し、8月に富岡で店舗をオープンさせます。
(お店の名前も変わるそうです)

移動販売で食べられるのは、明日(30日・土)と明後日(31日・日)のみです。

ラストの出店や、店舗のことなど、詳細はポンカレーさんのブログを。
店舗オープンへの想いも、綴られています(^-^)/

-----------------------------------------------

…そして、もうひとつ。。。

コメントに返信ができていなくて、スミマセン!
後ほど入れますので、よろしくお願いします☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

前橋ポエトリー・フェスティバル2015~「マエバシ猫町」

「ポエフェス」フライヤー

前回、敷島公園のブックマルシェのことを書きましたが…前橋ではもうひとつ、「本」に関連したイベントがあります。
それが、「前橋ポエトリー・フェスティバル2015 『マエバシ猫町』」です。

場所は街中の文学館や店舗など(郊外も含めた連携会場もあります)。
開催期間は、5月31日(日)までです。

前橋は、詩人・萩原朔太郎の縁(ゆかり)の地です。
朔太郎が生まれ育ったのも、代表作「月に吠える」「青猫」が生み出されたのも、ここ前橋でした。
そのため、前橋市は「水と緑と詩の街」と謳(うた)われ、朔太郎を記念した「前橋文学館」も建てられています。

文学館と朔太郎像

今回のイベントで私が行ったのは、その「前橋文学館」。
(↑銅像は、萩原朔太郎さんデス)

ここでは「萩原朔太郎『猫町』作品展」のほか、「猫町」にちなんで「猫マンダラ」などの展示が。
そして、行った日(5月23日)に限り、ポエトリー・リーディング(詩の朗読会)が行われました。

朔太郎と広瀬川

(↑広瀬川を眺める朔太郎サン(の後ろ姿))

イベントのサブタイトルにもなっている「猫町」は、朔太郎の短編小説。
その小説「猫町」で繰り広げられる幻想的な世界を、写真や絵や美術作品という「形」にしたのが、「『猫町』作品展」です。

「目」で「猫町」の世界を味わい、リーディングでは「耳」で詩人さんご自身の作品(=詩)を聴いてきたのですが。。。
…自分で読む時とは、印象が異なるのを感じました。

何ていうか…はっきりと鮮明に、「詩の世界」を描くことができるんですね。

写真や絵では、その形や色合いから。
リーディングでは、詩人さんが詠う声の抑揚から。

広瀬川

(↑広瀬川。県道3号線から文学館方面に)

…もし、詩のことを、「馴染みづらいなあ…」と思っている方がいらっしゃったら。
「読む」以外のことから、入ってみるといいかも知れないです(^^)

今回のポエトリー・フェスティバルには、この他にも、様々な形で詩に触れられる企画が、随所に散りばめられています。

ブックカバー作品展

そのうちの一つ、「馬場川通り紅茶スタンド」さんで開催されている「ブラン・ニュー・ブックカバー作品展」に行ってきました。
デザイナー&イラストレーターの方々が、お気に入りの古い本のカバーを、自ら制作して展示販売する企画です。

ブックカバーたち

デザインされたブックカバーは、布だったり写真だったり。
ちぎり絵風になっていたり、プラスチックの「小物」が付いていたり…と、本当に様々。
古本も詩集…とは限らず、小説やエッセイもありました。

5月31日(日)までの期間中。
自分なりのスタイルで、「詩」を味わってみては??(^-^)/

アイスティー

そして、散策に疲れたら、ひと休み…もオツです♪

前橋ポエトリーフェスティバル2015
『マエバシ猫町』

URL:http://mebu-maebashi.com/poefes2015/
※期間は5月31日(日)までですが、イベント内容により日程と時間は異なります。詳細はWeb(↑)を参照してください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

「敷島。本の森」ブックマルシェ

「敷島。本の森」ブックマルシェ

5月16,17日(土日)の2日間、前橋の敷島公園で「敷島。本の森」のブックマルシェが開催されました。
私が行ったのは、初日の16日。

本来は、敷島公園の松林の中に本屋さんのテントが立ち、散策しながら本屋さんを巡る…ものでしたが。
この日は午前中の雨の影響で、本屋さんはフリッツ・アートセンター(&周辺)に。

…コンパクトなマルシェとなりましたが、ポップなドーム型の建物に集まったテントたちは、楽しいことをしようと「集合」したみたいで。
これはこれでとても可愛らしく、趣深いものがありました(^▽^)

マルシェの様子

本たち

マルシェの様子

本たち

本とお菓子

マルシェの様子

本たち

敷島公園の松林

翌日の17日は朝から天気がよく、この松林に様々な「本屋さん」が並んだのだそう。
訪れた人たちは、本を見て、読んで、一日を過ごして。。。

それはもう、この上なく心地よい、空間だったと思います。

本たち

マルシェの様子

本たち

ひとひとつ本屋さんを見て。気に入った本を選んで買って。

ワークショップ

傍らで繰り広げられていた、小さなワークショップの作品たちに、ほっと和んで。

マルシェの様子

美味しいコーヒーをいただいたら…時が経つのはあっという間。
午後のほとんどの時間を、この場所で過ごしていました。

本たち

私は本が好きです。子どもの時からよく読んでいて、本があればその場所に何時間でも居られる子どもでした。
図書館から帰ろうとしなかったことも、あったそうです。

今も時間があれば、できるだけ本に触れようとしています。
スマホやタブレット端末、電子書籍などで、たくさんの「文章」を気軽に「読める」時代ではありますが。
それでも、「本がなくては…」と思うし、身体が「本」を求めているのを、感じます。

本たち

それは、本だけが持つ、紙の質感や文字の印刷具合などもあるのですが。
文章が書かれて、編集されて。表紙のデザインや挿絵が描かれて。
そうして様々な人の手によって生まれる「本」。そこに「人」の息吹を感じるから、だと思うのです。

作家さんやライターさん、エディター(編集者)の方々。
デザイナー・イラストレーターさんに、出版社の方々。

そしてもちろん、私たちへ本を「渡して」くれる本屋さん。

皆さんの「想い」が詰まっているから。
手に取り、ページをめくった時、その「想い」が伝わるから。

本はこの世界に、なくてはならない物だと思うのです。

買った本たち

(今回買った本たち。カフェorお出かけorお菓子の本に偏ったのはご愛嬌で・笑)

ブックマルシェで出逢った本屋さんは、ご自身が持って来た本について、とても楽しそうに「語って」いらっしゃいました。
本当に本を気に入っていて、誰かに薦めたくて。
何よりも、本について話したくて。それが楽しくて。嬉しくて。

…種類が豊富で大規模な本屋さんも、悪くはないけれど。
セレクトした「お気に入り」の本を、「想い」を込めて提供する。

古くからの「街の本屋さん」が、少なくなっている現在。
…このような本屋さんが、「新たな街の本屋さん」になって欲しい…と思いました。

マルシェの様子

「敷島。本の森」ブックマルシェ
Facebook:「敷島。本の森」ブックマルシェ

また、「敷島。本の森」についてはこちら↓を。
○フリッツ・アートセンター
URL:http://www.f-ritz.net/
○shikishima@web
(敷島公園と周辺のショップ&イベントポータルサイト)
URL:http://www.shikishimapark.net/
※ブックマルシェは「敷島。本の森」のイベントのひとつとなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

第11回 動楽市~ありがとうございました!

おかって市場入口

「第11回 動楽市」当日の5月10日(日)は、青空が広がる晴天となりました。
お天気に誘われるように、開始の10時より前から、多くのお客さんが訪れて。。。
これまで以上の、賑わいとなりました。

三角公園の様子

そんな賑わいの中でも、クラフトにフードにミュージック。そして、ワークショップと。
それぞれの方が、それぞれの楽しみ方で過ごされていて。。。
本当に良かった…と思いました。

繭乾燥場とクラフトブース

午後は強風で砂埃が舞い、テントが煽られるという天候に。
一部のクラフトブースの出展者さんには、場所を移動していただく…という事態になりましたが。。。

移動した後の光景が、「おかって市場」や繭乾燥場の雰囲気に溶け込んでいて。
とても趣深かったのが印象的でした。

フラッシュモブ

今回も、「天候」というハプニングがありつつも…大盛況で無事終了した動楽市。
そして、たくさんの「笑顔」に出逢えた、動楽市。

動楽市を楽しみに訪れてくださったお客様に。
素敵な作品やフード&ドリンクを提供してくれた、出店(展)者の皆様。

演奏の様子

元気あふれる音楽で楽しませてくれた、ミュージックパートの皆様。

ワークショップの様子

ワクワクとした「モノづくり」を教えてくれた、ワークショップ担当の皆様。

動楽市スタッフ

そして、動楽市を裏で支えてくださった、たくさんの方々。
動楽市のスタッフ、「おかって市場」の方々。

今回もありがとうございました!

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

おかって市場の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

出店(展)の様子

演奏の様子

演奏の様子

演奏の様子

ワークショップの様子

ワークショップの様子

三角公園の様子

…そして…私ですが、前回以上(というか、今までで一番!?)に、二つの会場を行ったり来たりしていました。
お声をかけていただいたのに…ちゃんとしたご挨拶や、お話ができなかったと思います。
(申し訳ありません!)

それでも、笑顔で応じてくださった皆さん。
「お疲れさま」と、労いの言葉をかけてくださった、皆さん。

そのあったかさに、本当に感謝いたします!

改めて、ありがとうございました。

動楽市
URL:http://do-raku-1.jugem.jp/
(当日の様子は、こちら↑でも公開される予定です)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

5月10日(日)。第11回「動楽市」

フライヤー

ゴールデンウィークの連休も、今日(6日)で終わり。
「楽しい日々が終わっちゃったな…」と感じている方も、多いと思いますが。。。

木金(曜日)と乗り切れば、また週末がやってきます♪
そして…日曜日の10日は。。。
「第11回 動楽市」です!

「おかって市場」会場

(↑前々回(第9回)の時のです)
場所はもちろん、富岡の「おかって市場」と。

公園会場

(↑こちらは、前回(第10回)の時のもの。以下同じです♪)
「おかって市場」から徒歩15秒(!)の「三角公園」

ミュージック

今回もクラフト&フードの他、ミュージックに。

ワークショップ

ワークショップと、盛りだくさんですo(^▽^)o

出店(展)者さんやミュージックパートの出演時間、ワークショップの内容など。
詳細は、「動楽市」のブログに載っていますので、確認してみてくださいね♪

準備の様子

(↑前回(第10回)の開始前の様子)
なお、今回も私はスタッフとして参加します。
毎回そうなのですが、二つの会場を行ったり来たりして…動いています(笑)
もし見かけたら、声をかけてくださると、とても嬉しいですo(^▽^)o

そして、今回もどんな楽しいことが待っているのか。。。
とってもとっても楽しみです!

天気は「晴れ」です♪
皆様のお越しを、お待ちしています!!

第11回 動楽市
開催日 2015年5月10日(日)
開催時間 10:00~16:00
会場  「おかって市場」及び「三角公園」
(いずれも富岡市役所前です)
URL:http://do-raku-1.jugem.jp/
※駐車場は「市役所西側駐車場」又は「富岡駅東市営無料駐車場」(旧:大成ポリマー跡地駐車場)があります。
※電車の場合は上信電鉄「上州富岡駅」下車。徒歩2,3分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

cafe MAKAPとISLES HOUSE

MAKAP号とISLES HOUSE

カフェスペース

カフェスペース

移動カフェのcafe MAKAPさん。この4月から水曜日に、高崎・箕郷町のISLES HOUSE(アイルズハウス)さんに出店されることになりました。
普段だとお仕事の曜日…なのですが、先日の水曜日(4月29日)は祝日でお休み!
「これはもう行かなくちゃ♪」ってことで、箕郷へ車を走らせました。

この上ない青空で、空気も爽やかで心地よくて。
絶好の外カフェ日和です。
現地で待っていたのは、オーク調の建物に「ISLES HOUSE」のロゴ。
白いパラソル。そして…MAKAP号。

この組み合わせが、何とも言えないほど絵になっていて。
最高のカフェができるのは…間違いない、と思いました。

…そして実際、この上なく至福な時間を、過ごすことができたのですo(^▽^)o

ソイラテ

ここ最近、MAKAPさんでよく飲んでいるのが、「ソイラテ」
カフェラテも絶品ですが、豆乳とコーヒーの味の統一感や口に含んだ時の滑らかさ。。。
これらが、ここまで自然に感じるソイラテは初めてで。
初めて飲んだ時、余りの美味しさに衝撃を受けました。現在も、ダントツにナンバーワンのソイラテです。

MAKAP号

そんな、この上なく美味しいコーヒーを提供してくれるMAKAPさん。
話を聞いたところ、出店する場所やその日の気候によって、豆の種類や炒り方まで変えていらっしゃるそうです。

イベント出店なら、そのイベントに合う豆を。
定期の出店場所では、ご自身がその日に味わいたい豆を。

晴れや曇り。また晴れてても、湿度は、風は。
その日その日に、豆を選び焙煎して提供する。

それがとても楽しくて。
そして、そのことを、お客さんに味わってもらえるのが、嬉しい…と。
…そうおっしゃっていた、MAKAPさん。

本当にコーヒーが好きで。「人」が大好きな方で。

…みんなMAKAPさんのコーヒーが大好きで、MAKAP号に集まってくるのも。
それが理由なんだろうなあ…と、改めて思いましたo(^▽^)o

ISLES HOUSE

…さて、今回の出店場所であるISLES HOUSEさんですが…雑貨屋さん??
いえいえ、実は、お家や店舗の建築を手掛ける、ビルダーさんです。
建物はモデルハウス&ルームになっていて、見学することができます。

モデルハウスの様子

本当に自分の好きな空間で、大切な人と心地よく過ごす。。。
…その信念に基づいて設計・建築されたモデルハウスは、とてもハイセンス。

モデルハウスの様子

空間を彩る雑貨たちもオシャレで、「この場所で過ごしてみたいな…」という気持ちになりますo(^▽^)o

モデルハウスの様子

勉強机

モデルハウスの雑貨たち

モデルハウスの様子

でも、ハイセンスなだけでは決してなく、自然にある素材を積極的に使用。快適な住み心地を重視されています。
もちろん、耐震性能も考慮。

扉とかもしっかりとした造りでしたが、触れた際、自然と手に馴染んで。。。
とても心地よかったですo(^▽^)o

これから家を建てようと思っている方も、そうではない方も。
気軽に足を運んで味わってほしい、モデルハウスです。
リフォームの相談も、受け付けていらっしゃるそうですよ(^-^)/

「2階」からの様子

cafe MAKAP
URL:http://cafemakap.exblog.jp/
Twitter:@cafe_makap
※出店情報はブログかTwitter(↑)をチェック。なお、水曜日のISLES HOUSEさんの出店時間は10:00~15:00です。

ISLES HOUSE
高崎市箕郷町上芝12-4
TEL:027-386-6515
定休日 木曜日
URL:http://www.isles-house.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »