« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

「高崎市 奇跡の給食」

奇跡の給食

高崎市役所の地下食堂。こちらで先日、「給食」をいただきました。
市内の小中学校で提供される給食のうち、昔からある懐かしい献立や、特産物を取り入れたメニューなど。
1日20食という限定ながら、食べることができるのです。

この週のメニューは…というと、左上から時計回りに、

●梅風味唐揚げ(ポテトサラダ付き)
●黄金煮
●けんちん汁
●麦(入り)ごはん

どれもお皿やお椀いっぱいに盛られ、ボリュームはあるのですが。
味付けは優しく、家庭的で。
完食してお腹いっぱいになっても、もたれることは決して、ありませんでした。

高崎市の学校給食は、「美味しい」と評判です。
子どもたちはもちろん、先生方にも喜ばれていると聞いています。
「また、美味しい給食が食べられる」―高崎市へ再赴任の際、そうおっしゃった先生もいるとか。

その評判の高さがきっかけとなり、美味しさの秘密とレシピを紹介した「高崎市 奇跡の給食」という冊子まで出版されました。

「高崎市 奇跡の給食」(からす川出版)

高崎市の給食が美味しい理由は、何と言っても「自校方式」であることです。
学校ごとに「給食室」を設け、そこで作られたゴハンが直接教室に届く…
温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で。。。

学校のある地域の食材を利用したり、食育などの授業を取り入れた献立が登場するなど。
学校独自の特色を出せるのも、「自校方式」の魅力です。

かく言う私も、高崎市の「自校方式」の給食を食べて、大きくなった一人。
給食は確かに美味しくて、「お代わり」もよくしていました。
どのような献立があったか、味はどうだったか…今でもはっきりと思い出すことができます。

麦ごはん&けんちん汁

…今回の地下食堂の「給食」も、「けんちん汁」と「麦ごはん」は、まさに昔食べた給食の味そのままで。

「あ~、この味だ~っ!」とカンゲキしながら、食べていましたo(T▽T)o

今現在、給食を食べている子どもたちが…大人になった時。
「美味しかったよね♪」って思ってくれること。
そして、給食を通じて感じた「食べること」の大切さを、次の世代に伝えてくれるといいなあ…と思います(^^)

~「高崎市 奇跡の給食」提供場所~

高崎市役所 地下食堂「はくもくれん」
高崎市高松町35-1(市役所本庁地下1階)
TEL:027-321-8099
時間 11:00~15:00
定休日 土・日曜日と祝日
※個数限定(1日20食)。メニューは週替わりです。

※注:学校によっては(合併前の町村地域の一部)、自校方式ではなく、センター方式が残っている箇所があります。

----------------------------------------------

…ちょっと余談になりますが…

私が子どもの時、好きだった給食ベスト3はこちら↓

1.カレーライス&チーズ又はアーモンドのサラダ
2.菜めし(飯)&煮込みハンバーグ
3.クリームサンド

また、「高崎市 奇跡の給食」を見て、食べてみたい給食ベスト3はこちら↓です。

1.高崎丼(高崎産チンゲンサイ入りどんぶり)
2.ごぼう入りドライカレー
3.ななはし天ぷら(豆入りかき揚げ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

焼き菓子の店「SO」―高崎・下小鳥町

店内の様子

昨年(2014年)、高崎の下小鳥町にオープンした焼き菓子のお店「SO」
イベントでスコーンを買ったことはあったけど…お店にはなかなか足を運べなかった私☆
先日、ようやく伺うことができました。

入ってまず右手。手前からずらりと並ぶ、クッキーたちも気になりましたが。。。
目を奪われたのは、壁に寄り添って並んでいる小袋たち。

グラノーラ

実はこれ、グラノーラの袋。
それも1種類ではありません。フルーツやナッツ…チャイなどスパイスの効いたものから、胡麻や大豆の入った黒い「和」テイストなものまで。
常時、数種類が揃っています。月限定のコーヒー味のものまでありました。

グラノーラの瓶

しかも、グラノーラはガラスの瓶にも入っていて、量り売りや試食もできます。
私も幾つか試食してみたのですが、甘みが食感がそれぞれ違っていて、楽しめました♪
個人的にナッツ&シードが好みだったので、お持ち帰りに。。。

焼き菓子を揃えているお店は、結構あるけれど。
グラノーラが選べるお店って、群馬ではそうないと思うので、これはイイなあ~♪と思いましたo(^▽^)o

クッキーたち

クッキーやビスケットなど、一口サイズの焼き菓子も充実しています。
形もいろいろ。○(丸)に□(四角)、動物などの型抜きもあったり。
生地もココア生地だったり、ナッツやチョコチップ、おからが入っていたり…と。
どれにしようか、本当に迷います。

実際、かなり長い間、クッキーたちと「にらめっこ」していまして。。。笑
結局、いろいろな味の入った袋を2種類、お持ち帰りしました。
パッケージも可愛くて、ちょっとしたプレゼントにも最適です(^-^)v

店内の様子

お菓子として楽しみたい人から、健康に気をかけている人にまで。
「お菓子屋さん」以外の楽しみ方がある、お店ですo(^▽^)o

お店外観

焼き菓子の店 SO
高崎市下小鳥町66-12
TEL:027-395-0825
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜日、第1・第3月曜日
URL:http://www.sohappy4cookies.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

「独標」~前橋・九十九山のベーカリー

お店外観

「さくらカフェ」さんに向かう道中のこと。気になっていたパン屋さんに寄りました。
前橋の富士見町。九十九山(つくもやま。正確には山頂には古墳もあります)の袂(たもと)に、ぽつっと建つ山小屋テイストのお店。

「独標」―「どっぴょう」と読みます。

北アルプスの西穂高にある独立標高点―「独標」。
独立丘陵の九十九山。その麓に「ドイツ(独)パン」のお店を。。。
そんな想いから誕生した、ベーカリーです。

店内のパンたち

とは言え、店内はドイツパンだけではなく、メロンパンなど日本人にはお馴染みのパンも。
みそパンや(焼き)カレーパン、フレンチトーストも置いてあります。

店内のパンたち

全体的に小振りなパンたち―だから逆に、どれも「お持ち帰り」できそうな気がして。
却って迷ってしまいます☆

イートインスペース

店の奥にあるのは、イートインスペース。
ドリンクのメニューもあるので、買ったパンと併せていただくことが可能です。
靴を脱いで上がるのが、とても心地いい♪
床の木のぬくもりで、ほっこり癒されますo(^▽^)o

パンたち

そのイートインスペースでいただいたのは…手前から時計回りに。
○カマンベールのカスクルート
○チーズフランス(ミニサイズ)
○くるみレーズンブロート(土日限定)

個人的には、くるみレーズンブロートが好み♪
もちもちした生地で、ドライフルーツの甘さも程良く、美味しかったです。

店内の様子

絵本やおもちゃが置いてあったり、小学校前のお子さんにはドリンク1杯無料にするなど、子どもに優しいサービスも魅力的です。
絶え間なく来るお客さん。半分以上は、お子さん連れの方でしたo(^▽^)o

お店看板

麦工房 独標
前橋市富士見町原之郷275-2
TEL:027-289-8039
営業時間 10:00~
定休日 月曜日

※なお、お店&パン紹介についてはこちら↓も…ぜひ♪
麦工房 独標のあんバター。(ときな。さんのブログ「ゆるりあるく。」より)
九十九山のBäckerei 麦工房 独標(FREESTYLE 大矢さんのブログ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

「さくらカフェ」四月の写真展+

作品

前橋・富士見町の「さくらカフェ」さんで行われている、4月の展示会。
「四月の写真展+絵画・文字・コトバ・クラフト」
一人1作品を持ち寄って展示する、小さいけれどあたたかい展示会です。

そこで出逢った、一つの作品。
「ぼくとぼく」という言葉で始まる、文章が添えられています。

それを読んだ時…私は。
涙があふれ出てくるのを、抑えることができませんでした。

もう一度、作品を見て、読みました。
帰り道、信号待ちの車の中で、思い返しました。

それでも、涙があふれてきました。

今でも、読むと、潤んでくるのを感じます。

…それは、この作品をつくった、作者さんのことを聞いているから。
そして、同じ状況にある、私の大切な人のことを思うから。

…今は苦しいかもしれないけれど。いずれは穏やかに羽ばたけることを。
この鳥のように。

そう願って、止みません。。。

展示の様子

展示は写真を中心に30点ほど。
(一人1点なので、30人ほどの出展者さんがいることになります)
金・土・日曜日のカフェオープンと併せて、見ることができます。

作品

作品

ケーキセット

ケーキセットは、さくらカフェさんらしい、穏やかで優しい美味しさ。
ランチメニューもあります。詳しくは、以前訪れた時のこちらを(^-^)/

展示の様子

いつ訪れても、穏やかで緩やかで。
あたたかい雰囲気にあふれていて。

時間の流れる感覚も、外の世界とは違う。

思っていた以上の長い時間を、過ごしていました(^-^)

さくらカフェ4月の展示
「四月の写真展+絵画・文字・コトバ・クラフト」

開催中~4月26日(日)までの金・土・日曜日。
※時間は「さくらカフェ」(↓)と同じです。

さくらカフェ
前橋市富士見町石井1659-14
(馬事公苑の近くです)
TEL:027-288-5568
営業時間
・ランチタイム 12:00~14:00(要予約)
・カフェタイム 14:00~17:00
営業日 金・土・日曜日
(期間は基本4月~12月)
URL:http://www10.plala.or.jp/sakura09/
※場所の地図はWebにもあります。店名の看板はありません。駐車場を示す「P」の看板が目印…ですが、小さいので、見落とさないように気をつけて☆
※展示は月ごとに開催されます。5月は「詩と写真の展示会」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

店舗になった「RINCAFE」へ。

お店の様子

「小串カタクリの里」に行く前に、立ち寄ったのは藤岡。
国道17号「立石」の信号を、線路方面へ曲がり(高崎からだと右折)、路地を進むと。。。
右手が開け、赤い看板と…その先に小さな店舗が、見えました。

RINCAFE(リンカフェ)さん。
これまでのワゴンカーでの販売を止め、藤岡の工房を「店舗兼」として営業するようになったのは、昨年(2014年)の年の瀬のこと。
それから4ヶ月余り…ようやく、伺うことができましたo(^▽^)o

注文カウンター

(↑パンの他に、ビスコッティなどの焼き菓子あります♪)
店舗になっても、パンを注文するスタイルは同じ。
サンドするパンと中身を選んだり、大きいパンはグラムやスライス単位で注文できたり。。。
優しくて親しみやすい店主さんも、全然変わっていませんでした。

…変わったのは、注文したパンをその場で食べられるスペースが、できたこと…かな☆

母親が別の場所に行きたがっていたので、その場では食べられなかったけれど。
「別の場所」で、ベンチに腰掛けながら、美味しくいただきました♪

パンたち

手前から時計回りに、ラムあんこクリームのサンド(パンはバンズ)、ブルーチーズとくるみ、そしてクリームチーズとメープルピーカンナッツのベーグルサンド。
(他にもいろいろ買いました。また買い損ねたのもありました…笑)

ラムあんこクリームはボリュームたっぷり!ですが、クリームが軽い口当たりで。
最初「これ食べられないかも…」と言ってた母親も、「食べやすい!」と言って、どんどん口に運んでいました。
後で分かったのですが、冬季限定のサンドだったんですね☆ギリギリで食べられて良かったですo(^▽^)o

どのパンも食べ応えがあって、美味しくて。
10時~14時30分のオープンですが、昼に行くと完売していることも。。。
それもワゴンカーの時と同じ(笑)変わらず大人気の、パン屋さんです(^-^)/

PAN+CAFE RINCAFE
藤岡市立石1461-1
営業時間 10:00~14:30
定休日 水曜日
Facebook:pancaferincafe

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »