« 「ガブリンチョ」のチカラ~2度目の「まゆパン工房」 | トップページ | 臨江閣「本館」~楫取素彦と群馬県 »

2015年2月26日 (木)

「臨江閣」のひな祭り

お雛様

ひな祭りの時期。今年も群馬のいろいろな場所で、お雛様が展示されていますが。。。
今回は前橋の「臨江閣」で、見ることができました。
本館と別館がある臨江閣。お雛様は別館の2階、大広間の舞台一面に飾られています。

小ぶりだけど年月を経た重みを感じられるのは、大正~昭和初期のお雛様。
一方で、大ぶりで華やかなお雛様は、高度成長期に作られたものです。

お雛様

高度成長期―昭和40年代のお雛様は、姿も表情も我が家のと似ています。
我が家のお雛様は、姉の初節句の時のもの。
まさに「同世代」なんですねo(^▽^)o

お雛様

凛としながらも、優しく佇むお雛様。

お雛様

お雛様

雛御殿

7段飾りがある一方で、このような(↑)豪華な「雛御殿」もありました。

お雛様

本来は、厄除けとして行われた「ひな祭り」。
それが、女の子の成長と幸せを願うお祭りになり。。。

時代ごとに姿かたちは変わるけれど、お雛様への想いは同じ。
見るだけで、華やかな気持ちになれるのも。。。

…春がやってきたなあ…と、思いましたo(^▽^)o

展示の様子

4月12日(日)までの展示。桃の節句が過ぎても、楽しめます♪

臨江閣のひな祭り
開催中~4月12日(日)
場所:臨江閣(前橋市大手町3-15)
時間 9:00~17:00(4月からは~18:00)
休館日:なし(無休)
入館料:無料

----------------------------------------------

…さて、今回の会場となった「臨江閣」。

臨江閣別館

お雛様のあった「別館」は、貴賓館として1910年(明治43年)に建設されました。

別館の外廊下

重厚感ある造り。和を主体としながらも、洋の要素も取り入れた建物は、居るだけで溜息が漏れてきてしまいます。

…だけど、今回、私が見たかったのは…その隣。
臨江閣の「本館」です。

実は昨年、別のイベントで初めて、臨江閣に行ったのですが。
別館だけ見て、本館を見ないで帰ってしまったんですね☆
(↑相変わらずおマヌケです・笑)

今回はまさにそのリベンジ!
臨江閣「本館」については、次回、紹介します(^-^)/

|

« 「ガブリンチョ」のチカラ~2度目の「まゆパン工房」 | トップページ | 臨江閣「本館」~楫取素彦と群馬県 »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/59061085

この記事へのトラックバック一覧です: 「臨江閣」のひな祭り:

« 「ガブリンチョ」のチカラ~2度目の「まゆパン工房」 | トップページ | 臨江閣「本館」~楫取素彦と群馬県 »