« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

「臨江閣」のひな祭り

お雛様

ひな祭りの時期。今年も群馬のいろいろな場所で、お雛様が展示されていますが。。。
今回は前橋の「臨江閣」で、見ることができました。
本館と別館がある臨江閣。お雛様は別館の2階、大広間の舞台一面に飾られています。

小ぶりだけど年月を経た重みを感じられるのは、大正~昭和初期のお雛様。
一方で、大ぶりで華やかなお雛様は、高度成長期に作られたものです。

お雛様

高度成長期―昭和40年代のお雛様は、姿も表情も我が家のと似ています。
我が家のお雛様は、姉の初節句の時のもの。
まさに「同世代」なんですねo(^▽^)o

お雛様

凛としながらも、優しく佇むお雛様。

お雛様

お雛様

雛御殿

7段飾りがある一方で、このような(↑)豪華な「雛御殿」もありました。

お雛様

本来は、厄除けとして行われた「ひな祭り」。
それが、女の子の成長と幸せを願うお祭りになり。。。

時代ごとに姿かたちは変わるけれど、お雛様への想いは同じ。
見るだけで、華やかな気持ちになれるのも。。。

…春がやってきたなあ…と、思いましたo(^▽^)o

展示の様子

4月12日(日)までの展示。桃の節句が過ぎても、楽しめます♪

臨江閣のひな祭り
開催中~4月12日(日)
場所:臨江閣(前橋市大手町3-15)
時間 9:00~17:00(4月からは~18:00)
休館日:なし(無休)
入館料:無料

----------------------------------------------

…さて、今回の会場となった「臨江閣」。

臨江閣別館

お雛様のあった「別館」は、貴賓館として1910年(明治43年)に建設されました。

別館の外廊下

重厚感ある造り。和を主体としながらも、洋の要素も取り入れた建物は、居るだけで溜息が漏れてきてしまいます。

…だけど、今回、私が見たかったのは…その隣。
臨江閣の「本館」です。

実は昨年、別のイベントで初めて、臨江閣に行ったのですが。
別館だけ見て、本館を見ないで帰ってしまったんですね☆
(↑相変わらずおマヌケです・笑)

今回はまさにそのリベンジ!
臨江閣「本館」については、次回、紹介します(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

「ガブリンチョ」のチカラ~2度目の「まゆパン工房」

あんバタ君Set

「ぱっくり」と大きく開けた切れ目に、バター。そして、「これでもかっ☆」とぎっちぎちに押し込んだ「あんこ」。
それでも入り切れなかった「あんこ」たちは、別のパンに添えて食べたっていう。。。

太田の「まゆパン工房」さんの名物「今日のあんこ」。
この日のあんこは、「あんバタ君Set」。
あんことバターが別添えになっていて、自らサンドしていただきます。
(ちなみにですが、奥にちょこんと居るのは「ライ麦カンパ(の一部)」デス☆)

当然のことながら、一口大にちぎることはできず、思いっきり「ガブリンチョ」。
あんこの程良い甘さと柔らかさが、ハードなパンの食感と、よく合ってます。

美味しいのはモチロンなのですが、それ以上に食べてて「楽しい」!
自然と、口元が緩んでくるんですね☆
「あんこ」が口の回りに付いてもへっちゃら!そんなこと、どーでもよくなっちゃうくらい、楽しいんですo(^▽^)o

「ガブリンチョ」という言葉は、まゆパンさんが作った「造語」です。

本日のキャスト

(私が行った2月15日のキャスト↑。子どもちゃんの落書きが何とも言えないデス)

いわゆる「かぶりつく」という意味なのですが、実は…まゆパンさんのパンは「ガブリンチョ」して食べるのが、正統な食べ方(笑)
ブログには、「ガブリンチョ」しているお客さんの様子が、たくさん登場します。
大人も子どもも、赤ちゃん(!)までも。

そして、「ガブリンチョ」しているお客さんはみんな…とてもイイ顔をされているんですねo(^▽^)o
単に「美味しい」という顔じゃなくて。。。
生き生きとした、パワーみたいなものを感じるのです。

それはきっと、「パンを食べる」そのことが「ただ単に楽しい」から。
楽しくて仕方がないから、自然とパワーがあふれ、素敵な顔になるのだと思います。

ライ麦カンパたち

(冒頭ちょこっと見えていたライ麦カンパ。元はこんなに↑でっかいです☆)

そんな「ガブリンチョ」のチカラを生み出し、素敵なパンを提供してくれる、まゆパンさん。
まゆパンさんの魅力…初めて行った時より更に知れて。

…これは本気で。。。
私も、「まゆパンさんにハマった」一人に、なっちゃいそうですo(>▽<)o
(ホント、場所が太田(1時間以上かかる)なのがとっても悔やまれマス☆)

お店入口

なお、今回行った時のオープンは15時ごろ。
30分前でも完売する寸前だった…という前回の教訓を生かして、1時間半前にお店に行ったら…6番目という好順位!

選び放題で逆に迷っちゃったのですが(笑)、あんバタSetの他に、ライ麦カンパ・フルーツどっさりのカンパ・黒糖くるみブレッド・スコーン…と、オーソドックスなのを中心に、持って帰りました(^▽^)v

この日は、とても風の強い日だったけれど。
常連さんにおススメのパンを訊いたり、逆におススメのお店を教えたり。。。
そんな会話をしていたら、1時間半はあっという間。

まゆパンさんのお母さんのお心遣いも、ありがたくて。
またこの場所でのんびり、パンを待っていたいなあ…と、思いましたo(^▽^)o

まゆパン工房
太田市大島町935
Blog:http://ameblo.jp/mayupan-yummy/
Facebook:@mayupankobo20131122
※オープン日及び時間はブログをチェック。人気が高いため、時間通りに行っても買えないことがあります。確実にゲットしたい場合は、ゆとりを持って行くのがおススメです♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

リニューアル後のサンデールームへ。

入口

店内の様子

店内の様子

店内の様子

店内の様子

店内の様子

前回のつづき)So-yaさんのバレンタイン出店の場所となった、サンデールームさん。
昨年の春頃、これまで別にあったKURA(自然食材店)と03wear(衣類・生活用品店)を、サンデールームの1階に集約して…リニューアルしていました。

リニューアルしてから、なかなか行けないでいたのですが、今回を機に伺えることに。

全面ガラス張りの入口。そこから柔らかい光が差し込み、店内は明るい雰囲気です。
KURAの食材たちは、一層元気に(^^)
空間を広く取ってあるので、とても見やすくて、買いやすいです。

奥は03wear。ここは、ゆったりと落ち着いた雰囲気。
タオルや洗剤、化粧品、インナーウェアなど、ゆっくりと選ぶことができます。

以前のKURAや03wearも、それはそれで良かったけれど。
生活に必要なもの。やはり一つにまとめた方が、便利だよなあ…と思いましたo(^▽^)o

野菜たち

無肥料・無農薬、有機栽培の野菜たち。
加工品ももちろん、自然から生まれたものを揃えています。

量り売りの様子

岩塩や砂糖、お米は量り売りをしています(^^)

タオルなど

オーガニックコットンで作られたタオルやウェアは、触っただけで「それ」と感じる柔らかさo(>▽<)o
贈り物にも最適です♪

So-yaさんの販売が始まる前と後。2回見て…こちら(↓)を買いました。

買ったモノたち

3色のニンジンと、手作りのスコーン2個。そして…イングリッシュマフィン。
あと、写真はないのですが、ウェアも。。。

マフィンは実は、桐生の「チャツネ」さんのです。
毎週水曜日(12:30~)に、サンデールームさんに持ってきてくれるんですね♪
行った日は丁度水曜日!売り切れ寸前でしたが、思いがけず手にすることができました(^-^)v

お店入口

サンデールーム(KURA&03wear)
前橋市千代田町5-4-2
TEL:027-231-5600
営業時間 11:00~18:00(土曜は~14:00)
定休日 日曜日
URL:http://www.sundayroom2000.com/
Twitter:@sundayroom2000
Facebook:sundayroom2000
※営業時間と定休日は1階の「KURA」と「03wear」のです。
※2階はイベントスペース。なお以前行っていたカフェは、現在はしていないので注意してください☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

2015年のバレンタインはSo-yaさんのお菓子で!

ブランチSetのデザート

【2015年2月11日(祝) バレンタイン・ブランチSet】

◆デザート(So-yaさん担当)◆

●有機シナモン・有機スターアニス・バニラビーンズかおるチョコレートムースのバナナcake。

●生チョコクレームシャンティーと、ストロベリーみなみさんの大粒苺のcake。

●奥出雲・木次バターと、おさだ農園・カラスザンショウのはちみつマドレーヌ。ココア味。

●有機くるみのロースト。キャラメルソースあえ。

2015年のバレンタイン。今年は11日の祝日にSo-yaさんの出店があったので、そこでと決めていました。
場所は前橋のサンデールームさんです。

写真のデザートプレートは、サンデールームさんとコラボした、「バレンタイン・ブランチSet」のひとつ。
ケーキ1カット、普通のケーキ並みにあります。それが2個も!
しかも、ミニマドレーヌとくるみロースト付きo(>▽<)o

かなりのボリュームなのですが、そこはSo-yaさんのお菓子。
濃厚なんだけど、後味がすっきりしていて。
最後まで美味しく、いただくことができるのです!

ブランチSet

サンデールームさんによる、自然の恵みたっぷりのゴハンと併せて、大満足のブランチとなりましたo(^▽^)o

持ち帰ったお菓子たちは、両親、そして姉一家の元へ。
まず姉の家に行ったのですが、姪&甥だけではなく、姉のダンナさんも居て。。。
みんなで一緒にいただきました♪

姉たちみんなで♪

(↑姉&姉のダンナさんが、気を利かせてGuRuGuRuを「立たせて」くれました^^)
ブランチSetの時みたいに、一口ひとくち、じっくりと味わうのもいいけれど。
みんなでワイワイ言いながら、いただくのもまた、格別です!

So-yaさんのお菓子。
美味しいのはモチロンだけれど、気持ちまで楽しくさせてくれる。。。
子どもも大人も、おじいちゃん&おばあちゃんも。

だからみんな、So-yaさんのお菓子が大好きだし。
並んでも食べたい!と思うのかも…知れないですo(^▽^)o

販売の様子

今回も行列となったお菓子販売。でも、昼過ぎに一区切りついた時点でも、少しですがお菓子が残っていました。
あんなに多くの人が並んでいたのに…どれほどの数を作っているのか。。。

So-yaさんの努力とパワー、本当にスゴイですっ!!

So-ya
URL:http://blog.goo.ne.jp/soya-konjaku
※店舗はありません。出店販売のみ。出店の情報はブログ(↑)をチェック☆
※今回紹介したデザートプレートについての詳細や当日の様子、裏話(!?)についてはは、ブログのこちらこちら、そしてこちらを。

----------------------------------------------

…そして今回、So-yaさんとコラボし、場所を提供してくださったサンデールームさんについてですが。。。

それは次回で、詳しく紹介します~(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

「関口フランスパン」―東京・江戸川橋

関口フランスパン

「関口フランスパン」は1888年(明治21年)、東京・文京区の小石川関口教会(現:カトリック関口教会)の製パン部として創業しました。
以来、130年近くもの間、フランスパンの名店として地元の人に愛されています。

そのフランスパンを、先日東京へ行った際、手にすることができました。

手にした瞬間の、ふわっとした軽さ。
群馬に持ち帰る間、ずっと漂っていたパンの香り。
そして…切った時、パリッと鳴ったクラフト。弾力感あふれるクラム。

フランスパン

口に入れると、クラフトのカリカリ感と、クラムのもちもち感が一層味わえて。
クラムには瑞々しさすら感じられて。
ほのかに感じられる塩気も、また絶妙。

バターを付ければ、その味はより一層引き立って。
いつまでも噛みしめていたい―そんな気持ちに駆られます。

フランスパンは小麦粉・イースト・塩・水で作る、最もシンプルなパン。
だからこそ、味がストレートに伝わるパンだし、美味しさも一入(ひとしお)なのだと思います。

本場・フランスの製法を受け継いだ、正統のフランスパン。
近辺に立ち寄られた際には、ぜひ味わって欲しいフランスパンですo(^▽^)o

お店看板

場所は東京の文京区関口。最寄駅は有楽町線(東京メトロ)の江戸川橋駅です。
「1a出口」から徒歩数分。

お店外観

お店の外観。

店内のパン

フランスパン以外のパンも充実しています。
お昼時に行ったら、地元の方でレジは列を成していました。

本当に地元に愛され、根付いたパン屋さんだということが、よく分かりますo(^▽^)o

…なお、写真↑にある坂を登って行くと、右手に「カトリック関口教会」、左手には「ホテル椿山荘東京」が見えてきます。
実はこの「椿山荘」で、友人の結婚式が行われて。。。

「どうせ行くなら近くの美味しいお店もっ♪」ってことで、「関口フランスパン」に行ったのですが。
フランスパンを持って結婚式の会場に行ったのは、私しかいないんじゃないか…と思います(笑)(^▽^;)

関口フランスパン(本店)
東京都文京区関口2-3-3
TEL:03-3943-1665
FAX:03-3943-1669
営業時間 8:00~18:00(日祝日は~17:00)
無休(年末年始はお休み)
URL:http://www.sekiguchipan.co.jp/
※お店は他に、江戸川橋駅4番出口すぐの「パティスリーダノワーズ店」と「サンドイッチカフェ リール」があります。詳細はWeb(↑)で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

「RUSTIC」~at 馬場川通り紅茶スタンド

RUSTIC

RUSTIC【形容詞】
意味:素朴な/飾りのない/質素な

―この言葉がそのまま名前となった、企画展。
1月30日(金)~2月1日(日)の3日間、前橋の「馬場川通り紅茶スタンド」で開催されました。

「RUSTIC」を創ったのは、「装身具」作家のineff.labo.さん。
「植物装飾」のkuu...(空創舎)さん。
「布製品」を手掛ける、「ひなたにて」さん。

そして、「焼菓子」の「ひびきや」さんです。

展示の様子

素材ひとつひとつが持つ「魅力」。その魅力を、ありのままに表現したい―
―という思いから、企画された「RUSTIC」。

そうして創られた空間は、すっと研ぎ澄まされるような。
一方で、ほっと温もりを感じるような。

これ以上、上手く表現できないほど、素敵な空間になっていて。
都合で僅かな時間しか居られなかったのですが、十分に味わうことができました。
(いや、正直言うと…もっと居たかったデス。。。)

kuu...さん

普段の紅茶スタンド店内の装飾も手掛けるkuu...さん。

展示の様子

「ひなたにて」さん

「ひなたにて」さんは、定番の柿渋染のほか、シンプルな白の布製品も。

ineff.labo.さん

ineff.labo.さんは、普段の女性らしさ溢れるアクセサリーは封印。

展示の様子

「ひびきや」さん

そして…「ひびきや」さん。
「ひびきや」さんは今回が初めての出店販売。
私にとっても初めての…「ひびきや」さんです。

シフォンと紅茶

「小松菜シフォン」を「ニルギリ」の紅茶で。
シンプルな味。でも、決して忘れることができない味です。

「RUSTIC」の空間でいただけたのもまた、感慨深かったなあ。。。

…企画展への想いや、展示の様子など、詳細はineff.labo.さんのブログや、「ひなたにて」さんのブログを。
私の拙い言葉では言い表せないほどの、想いが詰まっていらっしゃいます!
ぜひ、読んでみてくださいね(^-^)/

RUSTIC
(2015年1月30日~2月1日開催)

ineff.labo.(装飾品)
URL:http://ineff-labo.shop-pro.jp/
Twitter:@ineff_labo
Facebook:ineff.labo.

kuu.../空創舎(植物装飾)
URL:http://www.kuusousya.com/
Facebook:kuu.1228

ひなたにて(布製品)
URL:http://blog.hinatanite.net/
Twitter:@zakka_house_326
※「ひなたにて」さんは、深谷で雑貨店「house」も開いています。

ひびきや(焼菓子)
URL:http://hibikiya.petit.cc/pineapple1/
Facebook:Hibikiyacafe
※通常は太田でカフェを開いています。

馬場川通り紅茶スタンド(開催場所)
前橋市千代田町4-1-18(小西ビル1階)
営業時間 12:00~19:00
定休日 月・火曜日
URL:http://bsteastand.wix.com/hoatea
Twitter:@hoateashop
Facebook:bkstand

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

移転後の「BOULANGERIE UNPEU」へ。

お店外観

休日のパン屋さん巡り。1週前のことになりますが、BOULANGERIE UNPEU(ブランジュリ アンプ)へ行ってきました。
前橋では自然派ベーカリーとして、知られているお店です。

元々は違う場所にありましたが、この度、総社神社の近くへお引っ越し。
我が家からは、ちょこっと近くなったので。。。
パンを食べたがっていた母親も誘って、行ってきました。

店内の様子

ドアを開けると、ナチュラルな店内の雰囲気と、かわいいパンたちがお出迎え。

パンたち

パンが低い位置にあるので、一つ一つ、じっくり見ることができます。
どのパンも個性があって、かわいくて。
どれも買いたくなってしまいます(笑)

それをグッと我慢して、買ったパンはこちら↓

買ったパンたち

手前から、バナナキャラメリーナ、ミルククリームのパン、クロックムッシュにミニうぐいす、ドライトマトが入ったハード系パン(名前忘れた…)。
そして、ポテト&コーン入りのパンに食パンです。

その中で、一番ヒットだったのは「バナナキャラメリーナ」。

バナナキャラメリーナ

輪切りのバナナとキャラメルが入った、デニッシュ生地のパン。
ねっとり感が程良いキャラメル、バナナの甘さ、そしてローストしたアーモンドの香ばしさが、パン生地によく合います。

自家製酵母を使ったパン屋さんだけあって、パンの生地は後を引かないあっさり系です。
人によっては、やや淡白に感じるかも。。。
だからこそ、こうした濃厚な味との組み合わせがいいんだなあ~、と思いました(^▽^)v

BOULANGERIE UNPEU(ブランジュリ アンプ)
前橋市元総社町3-5-29
TEL:027-254-0015
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜日
URL:http://members3.jcom.home.ne.jp/unpeu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »