« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

玉村のレストラン「グランダム」へ。

サラダ

先日、玉村町のレストラン「グランダム」で、夜ゴハンをいただきました。
南小学校のすぐ裏手にあります。県立女子大からも近いです。

注文したのは、単品にサラダ・デザート・ドリンクが付く「デザートセット」。

最初に運ばれてきたサラダ。まずこれに感動しました!
野菜の瑞々しさに、爽やかな味のドレッシングがよく合います。

ドレッシングの味の正体は…バジル。

バジルのドレッシング、これまでも食べたことはあるはず…だけど。
「食べていたかなあ~☆」と思わせるほど、バジルが主張していて。
オイルなどの他の素材は、あくまでもバジルの「引き立て役」。勝っていたり、ケンカしたりしていないんです。

そしてメイン。

パスタ

ボンゴレロッソのパスタ。このトマトソースもまた、美味しい!
トマトの酸味と瑞々しさを最大限引き出した、爽やかな口当たりのソースです。
ソースを成す他の食材は、ここでも出しゃばっていません。トマトの「引き立て役」に徹しています。

とにかく、今までに食べたことがない味で。
そして、とてもとても食べやすくて。
親世代にも喜ばれる味です。

「絶対にまた来よう!」と思いましたo(>▽<)o

デザート

デザートはモンブラン。そして抹茶のアイス。
個々により種類が変わります。
(ちなみに、もう一つは「パンナコッタ&チョコレートアイス」でした)

メインとなるお料理はパスタのほか、ハンバーグやチキンなどの肉料理も豊富です。
またセットも、デザートの代わりにパンorライスが付くものや、スープも付くのもあります。

コース料理がある一方、ランチもあるそうなので、様々なシチュエーションで使えると思いました(^-^)/

お店入口

レストラン グランダム
佐波郡玉村町上之手2025-7
TEL:0270-50-3635
営業時間
・Lunch 11:30~14:00(L.O.)
・Dinner 17:30~21:00(L.O.)
定休日 火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

たかさき絵本フェスティバル

たかさき絵本フェスティバル

1月31日(土)~2月10日(火)に開催される「たかさき絵本フェスティバル」
このプレイベントが高崎駅で行われていたので、駅前で用事を済ませた後行ってみました。

絵本たち

「たかさき絵本フェスティバル」の主催は、NPO法人の「時をつむぐ会」
毎年、高崎シティギャラリーで「絵本原画展」を企画・運営しています。

今年(2015年)は、「絵本原画展」が20年を経過して最初の年。
そこで、今回は規模を拡げ、イベントとして行われることになりました(^-^)/

「まちなか絵本ぼっくす」地図

イベント期間中は「絵本原画展」の開催のほか、図書館と駅周辺の数ヶ所のお店に「まちなか絵本ぼっくす」が設置されます。
身近な場所で、絵本に触れる機会を設けるのです。

なお、絵本は、お店に合うものをセレクト。
パン屋さんならパン、カフェならカフェの雰囲気に合った絵本…という感じです♪

ちなみにですが、パン屋さんは私も大好きな「日英堂」
カフェは「福カフェGru」や、「TAGO STUDIO TAKASAKI」ですo(^▽^)o

遊ぶ子供たち

そのプレともなる高崎駅のイベント。絵本の他にも、子どもが遊べるスペースがありました。
子どもたちは、積み木を積んだり、木の電車を走らせたり…と思い思いに遊びます。

遊ぶ様子

遊ぶ様子

ペーパークラフト作り

こちらは、新幹線のペーパークラフト作り(^-^)/

作る様子

BIOSKさんのお菓子

子どもたちが遊ぶ様子を、傍らで優しく見守るのは、BIOSKさんのお菓子たち。
大地から生まれたお菓子。子どもたちを、もっと元気にさせてくれる「おやつ」ですo(^▽^)o

絵本を見る様子

創造力がとても豊かで、いろんな可能性を秘めている子どもたち。
子どもたちは見て、聞いて、触れることで、それを一層伸ばすことができると思います。

「たかさき絵本フェスティバル」は、それを「感じる」のにいい機会。

いや、子どもだけじゃない。
「子どものキモチ」を忘れかけてしまった、私たち大人たちにも。。。

…イベント期間中、ぜひ絵本を手に取って、ページをめくってみては??(^-^)/

たかさき絵本フェスティバル
開催日 2015年1月31日(土)~2月10日(火)
場所 高崎シティギャラリーほか
時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
入場料 大人800円 子ども500円
URL:http://takasakiehonfes.org/
※↑の時間と入場料は、シティギャラリーでのイベント(「絵本原画展」など)のになります。「まちなか絵本ぼっくす」は、お店等の時間により異なります。
※入場料は前売りがあります。シティギャラリーや「まちなか絵本ぼっくす」の店舗等で。また遠方の方のために、サイトには「割引券」の印刷ページも公開されています(イベント前日までです)。

NPO法人 時をつむぐ会
URL:http://www3.ocn.ne.jp/~honnoie/tokitumu.html
Facebook:「時をつむぐ会」
※↑のFacebookにも「たかさき絵本フェスティバル」の様子がUPされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

Art&Zakka coppa-house―高崎・飯塚町

外観

高崎・飯塚町。「ウニクス高崎」の裏通りを通る度に、気になっていた建物がありました。
おもちゃの家のように、ナチュラルで可愛らしくて。
窓から、棚から、小さな雑貨たちが外を見つめていてるのです。

「どんなお店なんだろう…いや、そもそも『お店』なのかな??」

…その疑問が解決したのは、昨年(2014年)の「アルベロ.マルシェ」。
coppa-house(こっぱはうす)さんという方が、出展されていて。
その方が、この建物の主(あるじ)だということを、知りました。

入口の看板

coppa-houseさんは、本来はデザイン事務所です。
ですが、趣味でアート雑貨を作っていらしていて。
事務所を開ける平日を主に、雑貨の展示・販売も行っています。

私が行った土曜日は、事務所を開ける時のみ…のオープン。ホントはこの日はオープンしていなかったのですが☆
アルベロ.さんで偶然お会いし、話の流れで。。。
行く時間に併せ、開けていただけることになりました。

中の様子

扉を開けた途端、目に飛び込んで来たのは、びっしりと並んだ雑貨たち。
僅かな隙間さえも埋めようとしているみたいです。

雑貨たち

幾つあるんだろう…いや、もう数えきれない!
しかも、種類も半端なく多いです!木、紙、陶器に布、フェルト…。

雑貨たち

雑貨たち

雑貨たち

雑貨たち

中の様子

これだけの数と種類の雑貨たちを全て作った、だなんて。。。
その創造力と技術に、ただただ感動するしかありませんでした(T▽T)

雑貨と引き出し

あらゆる所にいる雑貨たちは、目線の下に潜んでいたり、隠れていたり。
雑貨たちが置かれている、引き出しを開けてみれば。。。

引き出しの中には…

チョコレートキューブみたいな、マグネットがっo(>▽<)o

引き出しの中

こちらの引き出しには、ウッドクリップをはじめとする木の小物たち♪

引き出しの中

「おさかな」さんも、隠れていましたo(^▽^)o

コッパハウスたち

どの雑貨たちも本当に可愛くて素敵で、一日中見ても飽きない空間なのですが。
coppa-houseさんの一番の魅力は、やはり看板でもある「コッパハウス」―小さな家のアート雑貨です。

コッパハウスたち

木のかけらを元に、小さな枝を付けたり、ペイントしたり。
更には、マスキングテープなどでコラージュしたり。。。

コッパハウスたち

そうして生まれた「コッパハウス」たちは、一つとして同じものはありません。
そして一つ一つが、とても個性があり、可愛らしいのですo(^▽^)o

中の様子

あくまでもデザインが本業で、雑貨の展示販売は傍らでされているので、オープンは基本平日です。
イベントに出展されることも、めったにないそうですが。。。

…ですが、2月の上旬。
再びアルベロ.さんでcoppa-houseさんの出展があります!

コッパハウス&チラシ

写真↑右上のチラシがそれ(^-^)/
羊毛フェルトの「ひつじ小屋」さんと、リース・アレンジのRuhe(ルーエ)さんとのコラボ展示です。
名付けて「『ヒ・ル・コのおくりもの。』展」

6日(金)~8日(日)の開催なので、平日coppa-houseさんに行けない方は、作品に触れる大大大チャンスです!

また午後には、coppa-houseさんのワークショップがあります。
ポストカード&カードフォルダーづくりを通じて、コラージュの体験できるそうですよ♪♪

Art&Zakka coppa-house
(Produced by デザインジム空想図鑑)
高崎市飯塚町1040-10
TEL/FAX:027-388-8277
オープン 平日9:30~18:00
URL:http://ailo-coilo.cocolog-nifty.com/
※日祝はお休み。土曜日のオープンは不定ですが、今回の私のように、事前に相談して都合が合えば開けてくださるそうです(^-^)/

『ヒ・ル・コのおくりもの。』展
開催日 2015年2月6日(金)~8日(日)
場所 Albero. collabo house(アルベロ.コラボハウス)
(高崎市下里見町1701-1 Albero.さん内)
時間 11:00~17:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

「まな」のパンたち―高崎・北原町

「まな」のパンたち

新たなパン屋さんを「開拓」してきました。高崎の北原町(ほぼ前橋です)にオープンしたばかりの、「まな」というお店です。
写真上は「みそパン」。下はホワイトとスイート、2種類のチョコチップを混ぜ込んだ「オセロ」

「みそパン」のお味噌は群馬県産。「オセロ」のチョコは甘さがありながらも、奥深い味わい。
自家製酵母のパン生地は甘くて柔らかく。誰にでも好まれそうな食感が特徴ですo(^▽^)o

肉団子のパン

こちらは名前は覚えてないのですが、肉団子が丸ごと入ったパン。
肉団子の甘しょっぱい味付けが、甘めの生地に合います♪
お肉もぎゅっと詰まって、ジューシー。小振りながらも、食べ応えのあるパンでした。

マカダミアンナッツ

ハード系のパンもあります。
「マカダミアンナッツ」。マカダミアンナッツが丸ごと入っています。クルミにホワイトチョコも入っていて食べ応えありますが、レモンピールが後味をすっきりしてくれています。
こちらのパン生地は甘めではありません。シンプルに小麦の味がすると思います。

買ったパンたち

食パンや明太子フランスも含めて、我が家が買ったパンは↑の通りo(^-^)o

なお、お店では↓のように「整列」していました♪

店内のパンたち

可愛く並んでいて、どれを「お持ち帰り」しようか、すごく迷ったなあ。。。

店内のパンたち

お店外観

売り場は6畳程度。小さなパン屋さんです。
両サイドの店舗(唐揚げ屋さんや美容院)と同じ敷地なので、駐車場が広く車も停めやすいです。
関越中央病院の北。県道と関越自動車道が交差する角にあります。
↑の赤い看板が目印です(^-^)/

自家製酵母パン まな
高崎市北原町849-4
TEL:027-372-8051
営業時間 10:00~18:30
定休日 日曜日と最終月曜日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

少林山の帰りは…「森のパン屋さん」。

森のパン屋さん

前回のつづき。少林山達磨寺の帰りに寄ったのは、山裾でひっそりと佇む「森のパン屋さん」
以前の「だるま市」の時をはじめ、食べたことはあるけれど。。。
お店の扉を開けたのは、実は今回が初めてでした。

「森」の入口から、木の小径(こみち)に沿って奥へ奥へ。
そうすると、一番奥に「森のパン屋さん」と構えた、緑色の「お家」に突き当たります。

多くの人のブログや話で、大体分かってはいたけれど。。。
それでも、「森のパン屋さん」以外何物でもない店構えに、ただただ感嘆するしかありませんでした。

絵本の世界がそのまま現れたような、森とパン屋さんに。
訪れた子どもたちの目は、キラキラと輝いているように見えましたo(^▽^)o

そんな「森のパン屋さん」は、パンも石窯で焼いています。

パンたち

窯から出したばかりのパンたちは、ふわふわ、ほかほかで、あったかい!
このあったかさ、ふわほわ感をすぐに味わいたくて、速攻で(!)家に帰りました。
家に居た母親と、それぞれ半分ずつ味わいます。

ふわふわ、もちもちした食感のパンは、食べ応え十分。
でも、いくらでも口に運べてしまう、たまらない美味しさです♪

「…これは本当においしい!」

パン好きで味に大変キビしい母親も、思わず声を上げていましたo(^▽^)o

お店看板

少林山前の県道49号線。↑の看板が目印。
道を登るとすぐ左手に、砂利の駐車場と「森の入口」が見えてきます。
(なお、そこから更に登ると、達磨寺の駐車場に行き着きます)

森のパン屋さん
高崎市鼻高町313-1
TEL:027-327-0835
営業時間 11:00(夏は10:30)~日没or完売まで
お休み 火曜日と強い雨の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

洗心亭と少林山達磨寺

洗心亭

少林山達磨寺の境内に、ひっそり佇む「洗心亭」
ドイツの建築家、ブルーノ・タウトが滞在したことで知られています。

普段は室内まで見ることはできないそうですが。。。
私が訪れた時は、ガイドの最中で開けていて。
ご相伴にあずかれた形で、中の様子を拝見することができました。

6畳の間と、囲炉裏のある4畳半の間。
襖も障子も、硝子戸もシンプル。
だからこそ、縁側から差し込む光が際立って。
室内にあるものを明るく温かく、浮かび上がらせています。

6畳の間に掲げられた額には「洗心」の文字。
一方で、4畳半には西洋的なシェードランプが。
それは決して「ミスマッチ」じゃない。むしろ当たり前のように佇んでいる。。。

…その洗練さ、美しさにすっかり魅了されて。
しばらくの間、動くことができませんでした。
(ガイドさんから声をかけられるほど固まってました・笑)

洗心亭の外観

タウトの当初の滞在は100日程度。
だけど結局、2年3ヶ月という長期になったのは…タウト自身の事情だけではなく。
この洗心亭での住まいが、気に入っていたからだと、思います。

洗心亭の外観

洗心亭から見える、榛名山麓の街々。
タウトもここから、同じ景色を見つめていたのかな。。。

少林山からの風景

タウトは毎日、少林山達磨寺のある鼻高の丘陵地を散歩し、農家の大黒柱や棟木、また人々の暮らしぶりを見て回りました。
地元の方とも気さくに触れ合い、交流を深めていたそうです。

言葉が通じなくても…「想い」というものは、伝わるものなんですね。。。o(^-^)o

達磨寺の境内

達磨寺の境内。この日は、昨年のだるま供養と、今年のだるまを買うために訪れました。
本当は「少林山だるま市」(1月6日~7日)の時に行くのが、いいのですが。。。

…でも、穏やかな境内に鐘の音が静かに鳴り響いて。
人々がゆっくりと、参拝や供養をする。

この雰囲気も、私は大好きですo(^-^)o

達磨堂

だるま

境内の様子

少林山達磨寺
高崎市鼻高町296
TEL:027-322-8800
時間 9:00~17:00(寺務所)
URL:http://www.daruma.or.jp/
※だるまに関しての行事は、毎年1月6日~7日の「だるま市」。そして1月15日の「だるま供養」(お焚き上げ)があります。「だるま市」の様子(昼)については、以前紹介したこちらも(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

富岡・甘納豆の小嶋屋

「小嶋屋」の甘納豆

貫前神社に初詣に行った折に、母親から頼まれ買ってきた「小嶋屋」の甘納豆。
写真は(手前から)金時うずら・白花豆・おたふく豆…ですが、青えんどうや小豆、さつま芋やアンズといった変わり種もあります。

「小嶋屋」さんは「甘納豆専門店」です。
1956年(昭和31年)の創業以来、甘納豆一筋!
販売しているのも、各甘納豆の小袋と大袋、そして贈答用の箱詰め。
和菓子は基本、取り扱っていません。
(母親は和菓子屋さんだと思ってたみたいで、驚いてました☆)

店構えも決して派手ではなく、富岡の街中に溶け込むように佇んでいます。
ですが、正月2日に行ったこの日も、絶えずお客さんが訪れていました。

包装の様子

丁寧に包んでくれた包装紙には、「小嶋屋」の文字とロゴ。
「甘納豆専門店」とも書かれています。

なお、奥のティッシュは「お年賀」としていただいたものです。
母親はこの「お年賀」に感心していて、

「…『お年賀』をくれるなんて、その街で昔から馴染んできたお店ならでは、だねえ。。。」

と呟いていました。

地元・富岡を愛し、そこに住む人・訪れてくる人を思うからこそできる、心配り。
お店の方もとても親切で優しいです。

甘納豆の袋に書かれた「富岡名物」の文字。
まさに、その通りの名店だと思いましたo(^▽^)o

お店外観

富岡の街中から延びる国道254線沿い、小学校や中学校が並ぶ近くにあります。
向かいにはスーパー「七日市マート」があるので、そこを目標に行くと、すぐ見つけられると思います(^-^)/

小嶋屋
富岡市七日市953
TEL/FAX:0274-62-2545
URL:http://www16.plala.or.jp/kojimaya2545/
※営業時間・定休日は不明です。
※駐車場あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

妙義神社と来れば…「HOUSENDO17」。

HOUSENDO17

2015年の初詣(のつづき)。妙義神社を訪れたからには、ここに寄らない訳にはいきません☆
「HOUSENDO17」。「はぎちゃん先生」こと萩原将之さんのギャラリー&ビーガンカフェです。

ギャラリーの様子

初詣で参拝客が多い妙義神社。
隣の「萩原芳泉堂」(←お土産屋さん。はぎちゃん先生はここの17代目でもあります)オープンしているし、「HOUSENDO17」も開けない訳にはいかないよねっ…ってことで☆
元日からギャラリー&カフェをオープンしていました。

カフェメニューは通常のビーガンスイーツ&ドリンクの他、お正月限定のお汁粉!
あんこ大好きですから…「絶対お汁粉♪」って思っていました(笑)

ごあいさつ

つぶちゃんも、「はぎちゃん先生」に新年のごあいさつ(^-^)/

お汁粉

いただいたお汁粉は、小豆の味がしっかりあって。
でも、さらさらとした喉越しで、後味もすっきりしていて。
豪華なお正月料理で疲れたお腹を、優しく労わってくれましたo(^▽^)o

付け合わせの酢和え(だったかな…)も、すんごく美味しかったです。
(「タッパー」を持参して「お持ち帰り」したいくらい、美味しかった。。)

「青」の器たち

はぎちゃん先生と奥さまに、これからの出展のことを尋ねたり、自分の今年の目標?などを語ったり。。。
小一時間は居たと思います。

…やっぱり、ここは居心地がいい。。。

お正月早々、素敵なひと時をありがとうございましたo(^▽^)o

最後におまけ♪

おしくらまんじゅう?

はぎちゃん先生と「おしくらまんじゅう」をして遊ぶ、つぶちゃん(笑)

HOUSENDO17
富岡市妙義町妙義199
(妙義神社入口。県道に面する大鳥居の脇にあります。)
TEL:0274-73-2438
時間 13:00~17:00(日曜のみ11:00~)
開廊日 金・土・日・月曜日
Blog:http://ameblo.jp/jin-519/
Twitter:@GgHagiai
※日曜日のみビーガンランチ(数量限定)を行っています。詳細は以前行った時のこちらを。
※ギャラリー&カフェはお休みになることもあります。行く時はブログやTwitterでチェックするのがベターです(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

2015年の初詣~貫前神社と妙義神社

貫前神社

境内の様子

鳥居からの富岡の街

2015年の初詣。まずはここ最近恒例の貫前神社(ぬきさきじんじゃ)に行きました。
思うところがあった時にお参りして…以来、初詣にも出かけています。

「下り参道」を進み、参拝して、鳥居から見える富岡の街と山々に清々しい気持ちになって…で、帰るのですが。。。

今年はもう1ヶ所、妙義神社(みょうぎじんじゃ)にも参拝してきました。

妙義神社への坂道

妙義神社入口

石段

奇岩で有名な妙義山。その東麓にある妙義神社は、山の奇勝をめでる妙義山信仰の中心です。
創建は537年。本殿へ行くには、幾段もの石段を登っていきます。

石段

石段は整備されていますが、本殿に近づくにつれ、斜めに曲がっている箇所も。
妙義山の険しさが窺えます。

隋神門からの風景

隋神門(本殿を囲む廻廊の門)まで登り切ると、麓の街が。

唐門

隋神門の奥にある唐門。
ここから先は本殿の領域です。

唐門の彫刻

鮮やかで見事な、唐門の彫刻。

派己曽社

旧社殿の派己曽社(はこそしゃ)からは、読経の声が。
凛とした声が、荘厳な神社の空気に響き渡ります。

おみくじ

おみくじも引きました。
運勢は「吉」。欲を持たず、堅実に生きることを示してくださいました。

神社からの坂道

厳かな神社の雰囲気に、身体がキリッと引きしまったような。
そんな気持ちで、神社を後にしたのでした(^-^)

~改めて…2015年の初詣~

一之宮 貫前神社
富岡市一之宮1535
TEL:0274-62-2009
URL:http://nukisaki.kazelog.jp/blog/
※貫前神社の詳細については、以前に紹介したこちらを\(^-^)

妙義神社
富岡市妙義町妙義6
TEL/FAX:0274-73-2119
URL:http://www.myougi.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

2015年、今年もよろしくお願いします!

お雑煮とお節料理

2015年、明けましておめでとうございます!
今年が皆様にとって、素敵な1年になることを。
そして、笑顔あふれる1年になることを、願っています。

今年もよろしくお願いいたしますo(^▽^)o

…さて、2015年は、お雑煮とお節料理をいただいてから、恒例のニューイヤー駅伝(1区)の応援に行きました。
実はここ数年、「逆」だったんですね☆
応援しに行ってから、お雑煮&お節を食べていたのです。

理由は単純で、「起きるのが遅く、食べてから応援に行く時間がなかった」だけなんですけどね。。。笑

で、今年のニューイヤー駅伝。

ニューイヤー駅伝

最前列は確保できたのですが、今回は「(選手を)写真に収めるのはこだわらず、応援に専念しよう」と決めていました。
なので、撮ったのは、

先頭集団

↑の先頭集団の1枚のみ。
今年は1区でも選手がばらけたのですが、後は旗を振って応援していました(^0^)/

そして、お昼には姉一家が挨拶に来たので。。。

ご馳走

ご馳走を囲んで賑やかなひと時。
これも毎年恒例です。

食後はMIKADOさんのプリンをいただきました。

MIKADOさんプリン

例年、MIKADOさんへは貫前神社に初詣をした帰りに寄るのですが、昨年の大晦日に富岡に行ったので☆
プリンは我が家も姉一家も、みんな大好きです。
「おいしいね♪」とみんな言いながら、いただきましたo(^▽^)o
(お味などの詳細は、以前紹介したこちらをどうぞ♪)

なお、奥に見えているどら焼きは、「九重ねぼけ堂」さんのどら焼きです。
我が家では恒例の、お正月のお菓子。
今年は姉一家にはお土産で持たせて。。。

ねぼけ堂どら焼き

私は姉一家が帰った後、ゆっくりと♪
以前紹介しているのですが、小ぶりな割に食べ応えのある甘さで「これぞ正統!」と言えるどら焼きです。

…お正月って、やっぱり食べすぎちゃいますね(笑)

~今回紹介したお店~

仏蘭西菓子店 MIKADO
富岡市黒川628-8(もみじ平公園通り)
TEL:0274-64-1339
営業時間 9:30~18:30
定休日 日曜日
(その他にもお休みになることがあります)
URL:http://www.mikado-jp.com/
Blog:http://mikado136.blog.fc2.com/
Twitter:@cake_mikado
Facebook:https://www.facebook.com/mikado.jp
※カフェはクリスマスやバレンタインなどの繁忙期はお休み。その他にもお休みになることがあります。

九重ねぼけ堂
高崎市南町7-6
TEL:027-322-4364
営業時間 8:00~19:00(日曜は~18:00)
定休日 水曜日
※営業時間と定休日は某グルメサイトからの引用です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »