« 佐々木洋品店(つづき)~階段室、そして2階へ。 | トップページ | 太田「BLACKSMITH COFFEE」 »

2014年11月28日 (金)

高崎電気館~映画館からコミュニティスペースへ

高崎電気館

少し…いや、かなり前、10月の話になります。
甥が「『子ども囲碁』のイベントに参加する」というので、会場となった「高崎電気館」に行ってきました。

「高崎電気館(略:電気館)」。元々は、1912年(大正2年)に開館した、高崎市で最初の映画館でした。
戦後から高度成長期には、多くの人が映画を観に訪れ、娯楽の場として賑わいました。
ところが、その後は映画低迷の煽りを受け、2001年(平成13年)に閉館となってしまいます。

しかし、閉館となっても、建物は壊されることはありませんでした。
そのままの状態でひっそりと、高崎の街中に佇み続け。。。

そして、今年(2014年)の10月3日。
電気館は「地域活性化センター」という、コミュニティスペースとして再オープンしたのです。

1階通路

現在ある電気館の建物は、1966年(昭和41年)に建てられたもの。
一部工事されてはいますが、外観をはじめ、当時の面影が色濃く残っています。

集会室

1階通路の左側は集会室。この時は囲碁教室が行われていました。
ここは市民が使いやすいように、改装されています。

研修室入口

ミニシアターだった右側は、研修室。

研修室

ここも一部改装はしていますが、壁や天井などに映画館時代の面影が。
ミニコンサートなら気軽に行える雰囲気です。
現に、この日は午後にスピネット(小型のチェンバロ)の演奏会が開催されました。
(私が入った時はリハーサル中でしたが、お願いをして撮らせていただきました)

広報誌など

研修室の壁に貼られている、昭和時代の広報誌。そして当時の写真。

なお、「映画館」として再び利用されることになった2階は、一切改装をしていないそうです。
館内や座席、映写機に至るまで当時のまま。
(この時は2階に行けなかったので、写真はないのですが…)

電気系統室

その他にも所々に、「時代」を感じられる空間があって。

物置となった場

そこからは、当時この場所に居た人々の息づかい…

映画を観に来たお客さんの高揚感とか。
また、上映する側―スタッフの方の熱意とか。

…そういったものまでも、伝わってくる感じがしました。

「子ども囲碁」の様子

甥や姪の世代に、再び動き出した「高崎電気館」。
この場所が私たち、いや私の親世代、更にはその上の世代も…そうであったように。
甥や姪たちにとっても、思い出深い場所になって欲しいな…と思います(^▽^)

高崎電気館(高崎市地域活性化センター)
高崎市柳川町31
TEL:027-395-0483
Facebook:「高崎電気館プロジェクト」

|

« 佐々木洋品店(つづき)~階段室、そして2階へ。 | トップページ | 太田「BLACKSMITH COFFEE」 »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/58110310

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎電気館~映画館からコミュニティスペースへ:

« 佐々木洋品店(つづき)~階段室、そして2階へ。 | トップページ | 太田「BLACKSMITH COFFEE」 »