« 出雲~松江の旅(その4)―蜆の出汁茶漬けと十六島海苔 | トップページ | 「山猫庵」と焼まんじゅう »

2014年9月 6日 (土)

出雲~松江の旅(ファイナル)―宍道湖畔「清松庵たちばな」

「たちばな」の和菓子

島根の県庁所在地・松江は、京都・金沢と並ぶ日本三大菓子処。
これは江戸時代、松江藩主だった松平治郷(後の不昧公(ふまいこう))が、茶の湯文化を広めたから、と云われています。

今回の旅の最終日、宍道湖畔にある和菓子店「清松庵たちばな」へ寄りました。
店内に入るとまず、目に飛び込んできたのは、色鮮やかな上生菓子。
秋桜(コスモス)に青もみじ、季節感溢れる和菓子たちは上品で、優しくて。
このまま飾っておきたい…そう思ってしまうほどでしたo(>▽<)o

店内の様子

最中やまんじゅう、ようかんに水菓子…と、種類も豊富。
全部いただいてみたい衝動に、駆られます。
(…結局、家族&姉一家もみんな大好きな「どらやき」を買ったんですけどね☆)

店内の様子

和菓子

店内の様子

宍道湖に面した場所には、喫茶スペースが。
時間に余裕があったので、お茶もしてきました。

珈琲あんみつ

私がいただいたのは、季節限定の珈琲あんみつ。
珈琲の寒天に、珈琲入りの餡。
イチゴやブルーベリーと、あんみつには余り見られない果物も添えられて。
西瓜(すいか)の砂糖菓子が、キュートで季節を感じます。

見た目も上品でお洒落。
お味はもう…言うまでもなく(^▽^)b

生菓子と抹茶

こちらは、友人が頼んだ生菓子と抹茶のセット。
(生菓子は選ぶことができます)

宍道湖を眺めて…

宍道湖を眺めながら、お茶を愉しむ贅沢なひと時。。。

ハプニング続きだった、出雲~松江の旅でしたが。
イイ感じで締めくくることができました(^▽^)v

松江駅ホーム

…でも、まあ、旅は無事に帰って来られればいいのであって。
旅先で起こったハプニング。それも「思い出」となって、心に焼き付いていくのだ…と思います☆

清松庵たちばな
島根県松江市袖師町11-1
TEL:0852-32-2345
営業時間 9:00~19:30
無休(元日のみお休み)
URL:http://www.sweet-studio.jp/tachibana/
※洋菓子の系列店もあります。こちらもチェック→「リビドー洋菓子店」

--------------------------------------------

…最後に…

私たちが島根から帰ってきた日の夜。
同じ中国地方の広島では集中豪雨に見舞われ、翌20日未明、土砂災害により72名の方が犠牲になりました。
行方不明の方は2人(いずれも2014年9月6日現在)。
そして、今もなお、多くの方々が避難生活を余儀なくされています。

19日の宍道湖

帰る日(19日)の午前中の宍道湖。
湖面は荒れ、雷雨が来てもおかしくない空模様でした。
今思えば、集中豪雨の前兆だったのかもしれません。。。

その前日、土砂降りの大雨を体験した自分たち。
あれが何時間も降り続けたんだ…と思うと、怖いです。

土砂災害で犠牲となった方々のご冥福をお祈りする共に。
被害を受けた方々へ、心よりお見舞いを申し上げます。

…そして、群馬も雷雨が頻繁に発生する地域です。
私たちは、より一層、災害への意識を持たないといけないのだ、と思いました。

|

« 出雲~松江の旅(その4)―蜆の出汁茶漬けと十六島海苔 | トップページ | 「山猫庵」と焼まんじゅう »

和洋菓子・アイス」カテゴリの記事

群馬県外のおいしいこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/57294834

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲~松江の旅(ファイナル)―宍道湖畔「清松庵たちばな」:

« 出雲~松江の旅(その4)―蜆の出汁茶漬けと十六島海苔 | トップページ | 「山猫庵」と焼まんじゅう »