« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

「ぶたのにっき」と「ミュラー展」と「文字曼荼羅」と…。

ぶたのなつやすみ

出雲旅行の話はまだ×2つづきますが、ここでちょっと群馬のイベントのことを…。
まずは「まえばしまちなか ぶたのなつやすみ」のスタンプラリー。
前橋街中の3店舗で、ほっこり和む「ぶたのにっき」を展示。
3店舗全て回ってスタンプを押すと、ぶたさんからプレゼントが…。
ポストカード&ハンカチの販売や、古本の展示、お菓子の販売もあったりで、のんびり楽しく過ごせるイベントになっています。
(私は姪と行ったので、バタバタした感じで巡ってしまったけど・笑)

まずは、家具・ステーショナリーのWandervogelさん。

Wandervogel

ぶったのおつげ

ぶたさんからの「ありがたい」お告げ、「ぶったのおつげ」。
おみくじ方式で引けます(^▽^)

suiranさんの本

古本のsuiranさんおススメ、夏休みに読みたい本も展示。

valo kioski

2店舗目は、カフェのvalo kioskiさん。

前橋街中マップ

ぶたのカルタ

valoさんでは、前橋街中マップや「ぶたのカルタ」の展示があります。
小箱さんの限定お菓子も、ここでゲット♪

もう1店舗は、馬場川通り紅茶スタンドさん。ぱらり書房さんによる展示もあります。
ですが…この日は、紅茶スタンドまで足を延ばすことができませんでした☆
スタンプラリーは8月31日(日)まで開催しているので、ぜひ寄って「プレゼント」をいただきたいなあ。。。

まえばしぷらぷら ぶたのなつやすみ
期間 開催中~8月31日(日)
Blog:http://butayasumi.blogspot.jp/
(イベントのきっかけや内容、お店の情報はこちら↑で)

--------------------------------------------

スタンプラリーをした日の夜に行ったのが、おもちゃ屋のMOMOさん。

MOMO「ミュラー展」

ここで8月31日(日)まで開催されているのが、「ミュラー展」です。
ドイツ・ザイフェン生まれのおもちゃ工房・「ミュラー社」の木工芸品を展示。
展示期間中は「ナイトミュージアム」と称し、20時半(夜8時半)までオープンしています。

店内の様子

店内に入ると…そこはもう、ドイツ「おもちゃの村」の世界です。

ミュラー工芸品

精巧で、可愛らしく作られた工芸品。

ピラミッド

こちらの塔(「ピラミッド」といいます)は、ろうそくの火の熱により、上のプロペラが回り、中のお人形が回転する仕組み。
伝統的で精巧な仕掛けに感動!そしてどの作品も…とてもキレイな造り、ですよね(^▽^)

子どもがいる方はモチロン、いない方でも立ち寄って見て欲しい。
特に夜、灯りの中で見ると、一層ドイツ・ザイフェンの雰囲気を味わえます。

MOMO夏のミュージアム「ミュラー展」
期間 開催中~8月31日(日)
時間 11:30~20:30(会期内限定。通常は~18:00です)
場所 MOMO店内(高崎市下小鳥町463-1)
入場無料
※「ミュラー展」についての詳細はMOMOさんのブログを。工芸品の解説もあるので、見てから行くと一層面白いと思います(^-^)b

---------------------------------------------

そしてそして、その翌日には下小鳥町のショップ&カフェ・RAYMUSE(ライムズ)さんに行きました。

RAYMUSE外観

「ガールズ・ガールズ・ガールズ」のイベントがあって行ったのですが、ここで同時に開催されていたのが。。。

文字曼荼羅

藤重容子さんによる「文字曼荼羅」展です。
一見普通の曼荼羅アート…かと思いきや、

文字曼荼羅

曼荼羅の一つ一つが、文字でできているんですね!
「愛」「幸せ」「心」「大好き」「ふれあう」…。
曼荼羅を構成する言葉(=文字)どれもが、心和むものばかり。

ハガキやシールなどの販売もされていたので、早速ハガキを1セット買いました(^-^)

店内の様子

「文字曼荼羅展」の開催も、8月31日(日)まで。
RAYMUSEさんはショップコーナーが広く、雑貨類も充実しています(「こんなに広かったんだ!」と驚きました)。
カフェスペースは別室です。夜はバーに様変わりするそうです♪

藤重容子 文字曼荼羅展
期間 開催中~8月31日(日)
時間 11:00~20:00
場所 RAYMUSE店内(高崎市下小鳥町144-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

出雲~松江の旅(その2)―出雲大社

「出雲大社」石碑&つぶちゃん

(「出雲大社」の石碑前で記念撮影をする、つぶちゃん↑)
「出雲大社」は言わずもがな、縁結びの神様・オオクニヌシノオオカミ(大国主大神)を祀る神社です。

国造りに尽力し、豊かな国へとさせたオオクニヌシノオオカミ。
その国に魅力を感じたアマテラスオオミカミ(天照大神)は、自分の子孫に統治させたいと、オオクニヌシノオオカミに迫ります。
オオクニヌシは国を譲る代わりに、「天に届くような神殿を造って欲しい」と願い出ました。
そうして造られた神殿が、出雲大社。以来、現在に至るまで、出雲の地を優しく見守り続けています。

なお、オオクニヌシノオオカミが「縁結びの神様」と云われる所以は、国譲りの際

―「私はこれから、かくれたる神事(目に見えない人の縁)を治めよう」―

とおっしゃったから。
この縁は男女の縁だけではなく、「すべての人が幸福に繋がれるように」という、深い意味が込められています。
(決して「色恋」だけではないんですよっ!笑)

鉄の鳥居への石畳

石碑のある木の鳥居を抜けると、オオクニヌシの神様の領域です。
白い、整然とした石畳を進んで行くと、鉄の鳥居が見えてきます。

鉄の鳥居

鉄の鳥居からは、石畳が両脇に。
人々は石畳に沿って、歩きます。

銅の鳥居と拝殿

銅の鳥居と拝殿。

拝殿

大しめ縄は、一般の神社とは逆の左巻き。
参拝の仕方も一般の神社と異なり、「二礼四拍手一礼」です。

大しめ縄

御本殿

拝殿の脇を抜けると、御本殿が見えてきます。

八足門

入ることはできないので、回廊の八足門(やつあしもん)から参拝。

回廊脇

参拝の後、回廊に沿って御本殿を一周しました。

御本殿と白兎

裏に回ると、御本殿を見上げる白ウサギがっ(>▽<)
「因幡の白兎」のお話も、この出雲・オオクニヌシノオオカミから生まれました。

神楽殿

そしてこちらは、一番大きなしめ縄のかかる神楽殿。
祈祷や結婚式が行われる場所です。

結婚式の様子

私が行った時も、結婚式の写真撮りが行われていました。

御本殿

大まかではあったけれど、こうして巡った出雲大社。
大神様のおわす場所。でも、聞いていた通り、「厳か」というよりは「穏やか」で「優しい」場所で。
大神様に護られている―そんな空気を、身体いっぱいに感じることができました(^▽^)

御本殿と白兎たち

出雲大社
島根県出雲市大社町杵築東195
TEL:0853-53-3100
参拝自由
URL:http://www.izumooyashiro.or.jp/

------------------------------------------

…ところで、前回の記事「サンライズ出雲」で予感がした「サプライズ」ですが。。。
それはこの後で、起こりました。。。(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

出雲~松江の旅(その1)―「サンライズ出雲」で出発!

出雲大社正門

8月17日(日)~19日(火)、島根県の出雲方面へ旅行に出かけました。4年前の滋賀&近江以来の遠出です。
出雲のメインはもちろん、出雲大社
そして、「神の湯」と言われる名湯・玉造温泉での宿泊。
この2つを軸とし、出雲~松江まで巡る旅でした。

この旅では、行きに寝台特急「サンライズ出雲」を利用しました。

サンライズ出雲

17日(日)の22時に東京駅を出発。
時間前に車両がホームに入ってきたときには、もう旅行ムード満点で。
「うわぁー来た来たっ」なんて言って、歓声あげたり、写真に収めたり…。
行く前に食事&見送りに来た友人も巻き込んで、記念撮影までしていました(^▽^;)

部屋の様子

「サンライズ出雲」の部屋ですが、一部を除いて個室。2人用の個室もあります。
私たちが乗ったのは、ベットが広めの1人用個室。
浴衣や布団のほか、コンセントやラジオ(FM)もありました(歯ブラシやタオルはないので用意しましょう☆)。

くつろぐ?つぶちゃん

一日の疲れが出てくる時間帯。揺れもあるので、長い時間下を向いていると酔いが…きます☆
私も、手早く支度をして眠ることに。
日中動き回っていたせいか(←また後で紹介します)、揺れや部屋の閉塞感、煙草の匂い(喫煙車両だったんですね)など気にならず、あっという間に眠ってしまいました。

朝の景色

(朝の景色。関西地方は最近の豪雨で川の水かさが。。。)
そして翌日(18日)、車内アナウンスで目が覚めます。
列車が小動物(鹿)と衝突したので、緊急停車しているとのこと。
20分ほどで発車しましたが、到着時刻が遅れる模様です。

ダイヤが乱れたため、他の列車の通過待ちの影響も出、出雲への到着は11時05分。
予定より1時間以上の遅れとなりました。

大山

それでも、中国地方の最高峰・大山(だいせん)が見られたり。

宍道湖

宍道湖(しんじこ)が見られたりと、それなりに楽しめましたo(^▽^)o

サンライズ出雲

かくして、終点・出雲市駅に着いたわけですが、1時間以上も遅れているので、当初の行程プランを変更しなくてはなりません。
しかも同行した友人が酷い列車酔いになってしまい、駅から動けない状況。。。

またまたプランを変更。列車やバスを使う予定でしたが、友人が「(自分が)運転するなら乗れる」というので、急遽レンタカーを借りることになりました。

ハプニング続きの出雲~松江旅行。
この後も何か、ありそうです。。。(つづく)

「サンライズ出雲」について
はじめての寝台列車―寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に乗ってみよう!(「トレたび」のサイトより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

「SUKIMA week」~小箱&SUKIMA collaboration!

SUKIMA week

前橋のカワイイ焼菓子店「小箱」さんと、小さなワイヤー雑貨が評判の「SUKIMA」さん。
お二方がこの度コラボし、小箱さんの店内でミニイベントが開催されました。
イベントの名前は「SUKIMA week」
期間は8月7日(木)~10日(日)。お店のオープンは木~日曜日ですから、まさに「コラボ週間」だった訳ですo(^▽^)o

コラボは小箱さんのお菓子と、SUKIMAさんの雑貨の組み合わせ。
小箱さんカラーを取り入れた、ワイヤー雑貨も登場しました。

トング&パン型クッキー

ワイヤーのトングに、パンの形をしたクッキー。
(クッキーは10個。形も味も全て違います!)

メガネ&ショートブレッド

白&焦げ茶のメガネに「お顔」のショートブレッド。
(メガネの色で味が異なります。表情も一つ一つ違うっ(>▽<)。メガネを掛けさせると、また違った顔に♪)

バスケット&プティ・フール

そして、バスケットにプティ・フール(一口サイズの焼菓子)。
(バスケットは小物入れにもなります。)

ワイヤー雑貨たち

ワイヤー雑貨は、カードスタンドやモビール(ネコちゃんの形の…デス☆)がオリジナル。
SUKIMAさんおススメ、「おうち」や「椅子」などもありました(^▽^)

トング&パン型クッキー

小さくてカワイくて。だけど、とてもよくできていて。
ときめきと笑顔をくれる、お二方の作品。
「SUKIMA week」、次回もあるといいなあ。。。と思いました(^▽^)

なおワイヤー雑貨については、今週(14日(木)~17日(日))も、小箱さんの店舗で販売しています。
また、今後のお二方の出品&出展情報はブログ(↓)などを。
どうやら、ワクワクすることがあるようです♪♪

小箱
前橋市総社町総社2843-13
(産業道路沿いのうなぎ屋さんの脇道を入ったところです)
TEL/FAX:027-212-7054
営業時間 11:00~19:00
営業日 木・金・土・日曜日(←変更になりました!)
URL:http://ko-baco-hp.blogspot.jp/
Blog:http://ko-baco.blogspot.jp/
Twitter:@ko_baco_san

SUKIMA
Blog:http://bunkakeitekuteku.blog.fc2.com/
Twitter:@WireSukima

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

南牧村の「ちょっとしたcafe」2014

旧尾沢中学校

昨年(2013年)、南牧村(なんもくむら)に夏の間だけ誕生した「ちょっとしたcafe」
今年(2014年)は旧尾沢中学校の木造校舎を利用し、10月5日(日)までオープンしています。

丹生湖でひまわりを見た日の午後…訪れることができました。

幾年を経過した木造校舎。積み重なった材木。斧。
そして、その木材で作ったと思われるベンチ。
これらの光景を目の当たりにした途端、否応なく胸が高まる一方。。。
身体の力(りき)みが抜けていくのを、感じました。

校舎内の廊下

下駄箱のある玄関から入り、奥へ。
右手には懐かしい、木目張りの廊下が広がります。

カフェスペース

カフェスペースは、廊下の反対側に。
木の自然さを生かしたテーブルに、教室で使用していた椅子。
広い窓からは、南牧村の緑が一面に。。。

カフェスペース

扉を利用した黒板には、デザートのメニューが。
振り子の時計も、趣深い。。

おにぎり

昨年と同様、丼ものもあったけど、今回はおにぎりを。
具は5種類から「大豆醤油」と「しそ味噌」をチョイス。
地元・南牧村の味が「ぎゅっ」と詰まった、食べ応え十分なおにぎりです(^-^)v

そして「別バラ」のデザート。

ケーキ

ブルーベリーと桃のショートケーキ。
こちらのブルーベリーも、南牧村で採れたものを使用しています。
デコレーションがシンプルでカワイイ♪
木造校舎のカフェらしい、落ち着いた色合いです(^^)

地元の食材を使った、美味しいゴハンにデザート。
建物の木のぬくもり。
窓から見える自然。BGMは川のせせらぎ。。。

シンプルだけど贅沢で、幸せなひと時。
…いつまでも、この空間に浸っていたかったです(^^)

店内の様子

階段から…

アイヌ刺繍

定期的に、アイヌ刺繍のワークショップも開催しています。

他の教室

カフェ以外の教室も、体験教室の場として利用されています。
旧尾沢中学校、実は体験型農村レストラン・潺(せせらぎ)の施設でもあります。
体験できるのはピザやそば、こんにゃく作りのほか、木工や川遊びも。

廊下

今回の「ちょっとしたcafe」さんは、潺さんとのコラボ営業なんですね♪
潺さんお手製のピザも、カフェでいただくこともできます(^▽^)
(潺さん側のご都合によりますので、注意してくださいね☆)

ちょっとしたcafe in 南牧村(2014年Ver.)
甘楽郡南牧村羽沢51-2
(旧尾沢中学校。ナビだと出ないので最後↓参照してください)
・期間 オープン中~10月5日(日)
・時間 11:00~17:00
・お休み 火曜日+ときどき
URL:http://www.patieco.com/
Twitter:@chottocafe

体験型農村レストラン 潺
・場所&時間は「ちょっとしたcafe」と同じ。
・営業日 土日祝日(平日は要予約)
URL:http://nanmoku.biz/~seseragi/

---------------------------------------------

~アクセス~

下仁田方面より県道93号で南牧村へ。
道の駅「オアシスなんもく」→火とぼし祭りの大日向→カタクリ群生の六車→蝉の渓谷へ。
「蝉の渓谷」からは道が狭くなります。
羽沢バス停手前の右手坂(急登デス)の上に木造校舎(旧尾沢中学校)があります。

なお、そのまま県道の橋を渡ると、南牧村民俗資料館(白い建物)へ通じる坂(県道201号)もありますが、この坂ではないので注意してください。
橋を渡る前の右手の坂です。潺さんの木の看板も目印になると思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

アルベロ.マルシェ「お写んぽことば」~愛する我が地域

お写んぽことばWS

話は先月に遡って…7月27日・日曜日。第17回アルベロ.マルシェの日。
今回は、マルシェが始まる1時間前に、「お写んぽことば」のワークショップが行われました。
アルベロ.さんの周辺を「おさんぽ」しながら、思い思いに写真を撮り、うち1枚を自分の言葉を載せて展示する―というワークショップ。
講師は写真・詩作家の反町 潤さんです。

コラボハウスでひと通りの説明を受けて、出発。
この日は朝から猛暑☆午前9時でもじりじりと太陽が照りつけ、外に居るだけで汗が噴き出してきます(>_<)
でも、ワークショップに参加した方は(自分も含めて・笑)、暑さなどもろともせず☆
「のんびり~」という雰囲気はさすがに…だったけど、「おさんぽ」を楽しんでいました(^▽^)

景色

果物畑

ぶどう

景色

タンポポの綿毛

梨

景色

バッタ

景色

「おさんぽ」した後は、コラボハウスでワークショップ。

WSの様子

展示する写真1枚を決めるのですが…1枚に絞るのって、ムズカシイ!!
それでも何とか選んで、印刷をしてもらいます。
そしたら、今度は言葉を。
こちらは「ひと言」みたいな言葉だけれど、(私にしては)すぐ浮かんできました。

WSの様子

「言葉」は手書きで。書く用具も自由で。

ワークショップはここで終了。
後は反町さんが額に入れ、展示をしてくださいました。

展示の様子

(デジカメのバッテリーが切れてしまい、スマホで撮ったから写りが悪いですネ…)
マルシェの後1週間ほど、アルベロ.さんの店内でも飾られたそうです。

アルベロ.さんの前に拡がる景色。
果物畑と、小さな山々と、青い空。
ただそれだけの景色だけど、前々からとても気に入っていました。

実際歩いてみても、それは素敵な場所で。
歩いてならではの、楽しい発見や出来事があって。
とても幸せなひと時だったと、思います。

今回のアルベロ.マルシェのテーマは「愛する我が地域」でした。
「幸せ」なひと時をくれる、この地域を。
これからも、大切にしていきたいと思います(^▽^)

ジェラート

この日選んだジェラート。上からスイカ、レモンバニラ、チョコミント…でした。

Albero.(アルベロ.)
高崎市下里見町1701-1
(県道137号沿い。ナビでは違う場所を示すので、ご注意を☆)
TEL/FAX:027-340-1235
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
URL:http://www.albero-yamakifarm.com/
Blog:http://alberogelato.wordpress.com/
Twitter:@alberooomame
Facebook:http://www.facebook.com/alberogelato
※通販サイトはこちら→「山木農園」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

富岡・丹生湖のひまわり畑

ひまわり畑

富岡の丹生湖(にゅうこ)西側の丘に拡がるひまわり畑。
毎年8月の初旬になると、一面にひまわりの花を咲かせます。

皆さんのブログ&ツイートに誘われて…この間の日曜日、行ってきました。

今年(2014年)は6月の集中豪雨に見舞われて、苗が流失。
再度の種まきを含め、例年の倍以上の手間がかかったそうです。

「いつもはもっと(花で)黄色になるんだけんどさ~」
実施団体の農家さんは言ってたけれど。

ひまわり

それでも、数多くのひまわりたちに、思わず笑みがこぼれるので、ありました(^▽^)

ひまわり

天気が良ければなおのこと、良かったんでしょうけどね。。。
お昼前に行ったのですが、この日は夕立が早くて☆
帰り道、ポツポツと降ってきて、富岡の街中で土砂降りに見舞われました…(笑)

「顔」なひまわり

目と口…顔のようになったひまわり(^▽^)

丹生湖とひまわり

丹生湖を一斉に見降ろすひまわりたち。
教室で、黒板に向かっている子どもみたい(^▽^)

ひまわりとミツバチ

ミツバチたちは、せっせとお仕事。

ひまわりとミツバチ

ひまわりとつぶちゃん

ひまわりに見とれる「つぶちゃん」

ひまわり

夕立も多い時期。青空の下撮るのなら、午前中、それも早い時間がおススメです。
あるブロガーさんは、朝の7時に撮ったそうで。。。
さすがにそこまで、でなくても、9時~10時頃には行きたいかな…(^▽^;)

…しかも私、「丹生湖=にゅうこ」と読むのを、つい先ほどまで知らなくて☆
違った読み方をしていました。しかも公然と違った読み方で言ってた、ハズカシイ奴です。。。(笑)

丹生湖のひまわり畑
富岡市下丹生549(ナビ設定住所)
費用 無料(ただし展望台利用は100円。寄付も受け付けています)
※Webページはこちら(こだま農産物生産組合)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »