« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

2014年の桜は富岡から~そして、「あんことCAFE」へ。

三角公園と桜

2014年の桜前線、群馬にもやって来ましたね~o(^▽^)o
富岡の三角公園のソメイヨシノも、ちらほらと。
今日(29日)の暖かい気候に誘われて、花びらをほころばせていました♪

桜

桜

毎年この時期は仕事が大変忙しく、のんびりと花見をするゆとりがありません…☆
が、思いがけず富岡で見ることができました(^▽^)

今年はもう少しいろいろな場所で、見ることができるかな~♪

ところで、今日は富岡の街中でランチ。

あんことCAFE

富岡市ガス水道会館(市役所からは徒歩1分!)の側にある「あんことCAFE」です。

店名に敢えて「あんこ」とついているのは、元々は餡を販売する「あんこ屋」さんだから。

店内

レジ隣りのショーケースには、「お菓子」ならぬ「あんこ」(のパック)が並んでいます。
(写真右下のがそうです)

店内

店内はどことなく、家に居るような雰囲気で。
ゆったりと和みながら、お食事することができました。

ランチ

ランチメニューの一つ、ポークソテー(で良かったかな?)ランチ。
お野菜がたっぷりなのが嬉しい♪
ライスも玄米なんですよ。柔らかく炊いてあるので、とても食べやすいです(^-^)b

ソテーしたお肉も、外側はカリッと香ばしいけど中はジューシーで…おいしかったな~。

スイーツ

これにドリンクと「ひとくちスイーツ」がついて…850円(3月時点)です!
この日の「ひとくちスイーツ」は、あんこのブラマンジェ。
さすがに「本家」だけある「あんこスイーツ」。豆がしっかりしています。
「ひとくち」ではなく、三口程度味わえるスイーツです♪

メニュー

ご一緒した「富岡通」の方々によりますと、スイーツはあんみつがとってもおススメだとか…。
その上のフレンチトースト(小豆)や、ロールケーキも気になりますねぇ…。

今度はカフェタイムを狙って、行ってみたいですo(^▽^)o

あんことCAFE
富岡市富岡1489-3
TEL:0274-62-0546
営業時間 11:00~20:00
定休日 日曜日
※お店については、こちらの方々のブログもぜひ♪
「あんことCAFEのランチセット」(こしたまさんのブログ)
「餡子を求めて…あんことCAFEへ。」(ときな。さんのブログ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

Live Bar「みんなのうた」~@高崎

Live Bar「みんなのうた」

カウンター奥に並ぶのは、シングルモルトを中心とした銘酒の数々。
フードはほとんどありません。お酒に合う「つまみ」なモノが少々…。

お酒はほとんど飲めない、「下戸」な私が場違い(!?)にも行ったのは、北高崎駅から徒歩1分、ビルの地下1階にあるLIVE BAR「みんなのうた」
LIVE BARとは、ギターやドラムが置いてあり、ステージでライブができるバーのこと(そのままですね…笑)。

ここで、ある「送別会」が行われまして。で、行ったわけです。

お酒

(下戸という)体質上、お酒よりも食べ物に目が行ってしまう私は、お店への興味はさほど持ってなかったのですが…。
でも、ストックされているお酒の種類。そして、クオリティーの高さに、すっかり目を奪われてしまいました。

ノンアルコールのカクテル、いやソフトドリンクでも実感できる、上質な味。
舌触りまろやかな氷。
グラスの透明感すら、その辺の飲み屋さんとは格段に違う。

ぬいぐるみでボトルキープ

だけど、決して高級ぶらない。和やかな雰囲気も漂う、不思議な空間。
ボトルキープをする、女性の方もいらっしゃる様子です。

…私もお酒が飲めたら、ボトルキープしてまったりしたい(>▽<)

店主さんは、意外!にも女性です。
(いや、↑の雰囲気からして「意外」じゃないか☆)
それも女性が足を運びやすい一因かも、しれないですo(^▽^)o

ライブステージ

さて、お店のもう一つの「顔」―ライブステージですが、空いていれば自由に演奏していいそうです。
プロを目指す人も、趣味で音楽を楽しむ人も、ちょっと披露できるからいいですよね♪
楽器は持ち込みも可能(なはず)です。
(送別会は楽器を持ち込んで行われました)

ドラム

店内の様子

更にお店の「裏」とも言える「顔」が、麻雀(笑)

麻雀クッキー

毎週水曜日は麻雀好きが集まって、卓を囲むのだそう。
賭博的な印象が強い「麻雀」ですが、頭を使うから脳の活性化に良いんですよね♪

LIVE BARなのに、なぜ「麻雀」か?
…どうやら、女性店主さんに理由がありそうですよ(^▽^)

Live Bar みんなのうた
高崎市大橋町29-1 ダイヤパレス北高崎(地下1階)
TEL:027-329-5945
営業時間 19:00~26:00
定休日 日曜日と祝日
URL:http://minuta.web.fc2.com/
Twitter:@min_uta
Facebook:minuta.takasaki

月に1回程度、日曜日に高崎ストリートミュージシャンの演奏イベントが行われるそうです。
直近の開催日4月20日(日)
お酒飲みながら、演奏が楽しめますよ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

TRATTORIA 「PAPPARE」 in Maebashi

お店外観

最初は高崎の西部・八幡町。そして国道17号近くの緑町へ移転して10数年…。
長年愛されてきたトラットリア・PAPPARE(パッパーレ)。この度前橋に再移転し、新装オープンとなりました。
場所は川曲町。中央中等教育学校や医療福祉大学のすぐ近く。田園風景も広がる、見晴らしのいい地域です。

緑町の時は、「トラットリア」のイメージに近い、気軽な雰囲気で。
うら若き(!)20代の時は、足繁く通った思い出深いお店です。

メニュー

川曲町店の雰囲気は、どちらかといえば「トラットリア」より「リストランテ」。
でも、ランチは980円~いただけます。
今回は、久しぶりに友達とランチだったので、前菜やデザートの付いた1,590円のコース。
(値段は3月上旬時点です)

前菜

前菜の「チキン(県内産)のサラダ仕立て」は、黒ゴマのソースが効いていてゴージャス。

パスタ

メインのパスタ(牛肉とゴボウのクリーム味スパゲティ)は、シンプルに優しく。

デザート

デザートのパンナコッタとシフォンケーキは、春を感じさせる華やかさと口当たり。

前菜は2種類、メインは6種類(一部プラス料金あり)から選択できます。
付け合わせのパンも、牛乳と卵、ニンニク味、フォカッチャと3種類盛られ、食べ応え十分でした(^-^)v

店内の様子

テーブルも広く、ゆったりとした雰囲気でお料理を堪能できます。
友達との話が弾んだのも…決して「久しぶり」だけではなかったです(^▽^)

お店看板

TRATTORIA PAPPARE
前橋市川曲町113-1
TEL:027-289-8083
営業時間
・Lunch 11:30~14:30
・Dinner 17:30~21:30
定休日 火曜日

-----------------------------------------

…話は変わりますが…

先日、姪のピアノ発表会がありました。

発表会

今回の発表会は、姪だけではなく甥もピアノを弾きました。
姉弟で連弾をしたのです。

姪が初めて発表会に出た3年前、甥は長期入院をしていました。
発表会どころか、ピアノを続けることさえ危ぶまれた時。

…それが、二人で連弾とは。

あの時は、想像すらしていなかった…(T▽T)

姪のピアノも、すごく上達していて。
叔母の欲目を引いても、貫録ある演奏だったと思います。

今日・3月22日は甥の8歳の誕生日。
そして、週明けの24日は、姪の小学校の卒業式です。

二人とも、本当におめでとう!!

これからも、自分なりに一つ一つでいいから。
前を向いて、歩いていってね(^▽^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

高崎・本町「matka」~うつわと生活道具の店

matka

まだ冬の寒さだった3月のはじめ。高崎の本町(もとまち)にあるmatka(まとか)に行きました。
高崎神社へ向かう国道(354線)沿いにあります。
ここも、「まちごと屋」の空き物件紹介で誕生したお店です。
(以前紹介したお店はこちらを、ぜひ^^)

matkaはマクロビ&アロマのnoonさんと、建築&デザインのeN designさんが共同で運営しています。
「食」をメインに、器や箸、スプーンなど…。

店内

感性優れたお二人が、セレクトした「もの」が並びます。

器たち

器たち

器たち

箸

教室

お味噌作りやお茶会など、noonさんの教室も随時開催。
手作りのお菓子も、(置いてある時は)買うことができます。

3月の20日(木)から24日(月)までは、企画展も行われます。
「北欧のくらしと美味しいもの」展
詳細は最後に↓載せましたので、ぜひご覧ください(^^)

店内

お店で取り扱っている品物は、カタログでお取り寄せすることもできるそうです。
私は、奈良の「中川政七商店」のを見せていただきました。
日本の「伝統」と「美」を大切にした、ハイセンスなモノたちが並びます。

…サイトを見て気になった方。
一度matkaさんに相談してみては?(^^)

matka
高崎市本町122
TEL/FAX:027-386-2428
営業時間 11:00~19:00
定休日 火・水曜日
URL:http://www.matka122.com/
Facebook:matka122
※駐車場はないと思いますので、近くの有料駐車場などを利用してください。

店舗は述章堂(「蔵」が目印のハンコ屋さん)と水村園の間にありますが、ちょっと分かりづらいです。
実は私、何度もお店の前を通っているのですが、なかなか見つけられなくて…(^_^;ゞ
述章堂さん側から見たイメージ↓を参考に…ぜひ。

お店外観

それでは、企画展のお知らせです♪

「北欧のくらしと美味しいもの」展
期間 3月20日(木)~24日(月)
(21日(金)・23日(日)はcafe matkaオープン)
※「美味しいもの」は「cafe matka」で登場します。CROFT BAKERYさんのパン(シナモンロール!)も登場するそうですよ♪
※ワークショップ「暮らしの教室『紙ひもの鍋敷きづくり』」もあります(予約制・定員あり)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

実は初めてだった「伊東屋珈琲」/3月11日。3年経って思うこと。

伊東屋珈琲

桐生散策の〆となったのが、ビーンズ(珈琲)カフェの名店「伊東屋珈琲」
夕暮れ前のカフェタイム。有名店だけあって、店内はお客様でいっぱいです。
ですが私…実は初めての来訪でした☆

初めてなので、ケーキとセットでいただきたい…。

珈琲とケーキ

ということで注文。
ポットで出てくるのが、伊東屋珈琲の特徴。2杯分飲めます\(^▽^)/

ケーキは「エコセ」という名前(すっかり忘れてましたが、Facebookに載ってた!笑)。
アーモンドクリームとココア風味のダッコワ―ズという2色の生地で、ラム酒付けのプラムがサンドされています。
しっとりした味で、珈琲とよく合ったなあ~o(>▽<)o

1号店

そんな「伊東屋珈琲」さんですが、この度2号店がオープンします!
(プレオープンとして豆販売は行っています)
場所は桐生の街中・仲町。
先に紹介した「りっぷる洋品店」「撫菜花工藝」からも近いです♪

写真でですが、外観を見たところ…1号店とは雰囲気は異なるものの、これまたお洒落。
「フジマキネクタイ」さんの建物を利用しているのかな…?

そして青と白の車…レトロ感満載なんですけど~!!

TwitterFacebookをぜひ、チェックしてみてくださいね♪

伊東屋珈琲(1号店)
桐生市相生町2-588-75(県道3号線沿い)
TEL/FAX:0277-53-5053
営業時間 11:00~21:00
定休日 月曜日

Itoyacoffee factory(2号店)
桐生市仲町3-15-20
TEL/FAX:0277-46-7878
営業時間 10:00~18:00(←3月11日時点)
定休日 月曜日
※3月下旬正式オープン予定です(現在は豆のみ販売)。

なお、Webなどのアクセスはこちら↓
URL:http://www.itoyacoffee.com/
Twitter:@cafebella1999
Facebook:https://www.facebook.com/itoyacoffee

-----------------------------------------------

…さて…

3月11日。東日本大震災から3年が経ちました。

震災関連のニュースや番組なども見ました。
昨年一昨年と、その時の記事を読み返しました。

昨年の「先祖になる」の記事で、私は

「新しい生活、そのこと全部が悪い訳ではないけれど。
でも最終的にはみんなが「故郷」に帰れるように」

と書きました。

でも、「故郷に帰れる」ことが本当に望ましいのか。
今の復興の現状を見ると、疑問が沸いてきます。

勿論、誰もが「故郷に戻りたい」と思います。
でも、実際はとても戻れる状況ではなく…。

一方で、被災した地で、再び生活を始めた方もいます。
被災を乗り越えて、生きていくために。
取り組んでいる方々もいます。

思うに、真の復興は単に「元の状況に戻る」というのではなく。
どんな場所に居ても、被災した方が「笑顔」になれること…なのだと思うのです。

一度失った物は取り戻せない。
…でも、それに代えられるような出来事が、一人ひとりに起こって欲しい…。

私は今、そう願っています。

…そして、家族が揃って、友人たちが側にいて。
安定した暮らしを送ることが、いかに幸せなことなのか。

私たち一人ひとりが、噛みしめて生きていかなくてはならない、と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

吾妻山麓の「工房チャツネ」

「工房チャツネ」への道

「撫菜花工藝」の次に向かったのは、2年前に登った吾妻山の麓。
路地裏にはまだ雪が残る中…(観測史上最大の…ではなく、その一週前の雪です)見つけたのは一軒の家。
その家には雪だるまと並んで、パンの看板がありました。

「工房チャツネ」です。

お店入口

おでかけパン屋「ジャム猫」さんが、桐生へ工房&直売所を設けたことで名前を改め、誕生したお店です。
自家製酵母を使い、粉、水、塩で作るパンは、イベントでも大人気!

また、パン屋さんとは思えない、木造の平屋建ても魅力的で。

桐生に行ったら、ぜひぜひ行きたいなあ~と、思っていました。

プレート

…でも、行った時間が遅かったせいか、パンは売り切れてしまってて(T_T)
唯一残っていた、ラスクを買ってきました。

パン

もっと早い時間だったら、↑のようなパンがたくさん、並んでいたんでしょうね…☆
(写真は前回の動楽市のです)

店内の様子

でも、店内は替え難いほど素敵な空間で。

店内の様子

見られただけでも、行った甲斐があった、と思いました。

チャツネさんとは、余りお話をしたことはないのですが。
前回の動楽市で、私が出店会場の三角公園でスタッフとして居たこと、覚えてくださっていて。
「富岡(出身)の方だと思っていました」とおっしゃっていました。

そんな会話ができたのも、素敵な「お土産」の一つですo(>▽<)o

店内の様子

パンの他にも、オーガニックな食材なども販売。
私は栗とオレンジが入ったジャムを買いましたo(^▽^)o

ラスク

唯一買えたラスクは、大雪の雪かきのおやつに。
余計な油分が入っていないラスクは、後に残らない軽い味わい。
でも、パン生地の味はしっかりする、ある意味「食べ応えのある」ラスクです。

工房チャツネ
桐生市宮本町2-3-6
TEL/FAX:050-1190-2676
営業時間 11:00~17:00(木曜日は~15:00)
定休日 日・月曜日
URL:http://kobochutney.blogspot.jp/
Twitter:@o_de_ka_ke
※駐車場は↑のサイトから参照。または電話で問い合わせを。
※店舗出店・イベント出店の情報は↑のTwitterをチェック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

桐生・錦町「撫菜花工藝」

撫菜花工藝

「りっぷる洋品店」から徒歩5分。県道68号線に出て左(「錦町十字路」方面)に向かったところに、ギャラリー「撫菜花工藝」(なずなこうげい)があります。
ご夫婦で陶芸をされていて、ギャラリーのほかに、教室や七宝焼のアトリエも。
富岡の「動楽市」にも前回、出展されました。

器

ご夫婦…と言っても、お二人の作品は対照的です。
こちら↑の上2段、白地に下が煉瓦色の器は、夫の元吾さん。

器

こちら↑の幾何学模様の器が、妻の真紀子さんです。

…最初見た時、逆だと思ったんですよ(笑)
元吾さんが個性的な方で、真紀子さんはシンプルな方だと思ったんです。

意外でした。
でも、今はその方が、しっくり来る気がします。

「元気な奥様を優しく見つめるダンナ様」…って感じで(^^)

ギャラリーの様子

棚の後ろには工房が。
ギャラリーから見えるのも、身近な感じがしてイイです(^▽^)

作品

器

対照的なお二人の器。でも、どちらも手に取ればしっくり馴染んで。
いただいたお茶も、格別おいしく感じられました。

なお、冒頭の写真、器の下にあるコースターはrippleさんの。
前回の「りっぷる洋品店」でもお茶が出ましたが…。
こちらの器は、撫菜花工藝さんのなんです。

それぞれの作家さんが、お互いの作品を紹介し合う…。
何だかすごく、素敵なことのように思えましたo(>▽<)o

撫菜花工藝
桐生市錦町2-4-5
TEL:0277-46-6341
時間 10:00~18:00
定休日 水曜日と日曜日、第5週
URL:http://nazunakougei.jp/

※撫菜花工藝さんのイベント情報。鎌倉・由比ヶ浜で個展を開きます!
期間 3月29日~31日の3日間
場所 招山由比ヶ浜(←ステキな場所です!必見♪)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

「つぶちゃん」の里帰り~桐生・りっぷる洋品店

昨年、「ミシラヌモリ」のイベントで出逢った、この子。。。

つぶちゃん

手前中央の紫のコ。「私に似ている」ということで、「つぶちゃん」と名付けられました☆
イベント終了時に連れて帰り…以来、お出かけする時は、大抵「連れて行き」ます。

Twitterの方では度々登場している「つぶちゃん」。日を追うごとに愛着が沸いて。
今はホントに、自分の「分身」のように感じています(笑)

「つぶちゃん」の生みの親は、桐生で染物と洋服などを手掛けるripple(りっぷる)さんです。
夫のハルさんが染色し、妻のクミさんが縫製しています。

週1回・火曜日には、自宅兼仕事場をショップ「りっぷる洋品店」としてオープン。

お店外観

平日だし、場所は桐生だし、そうそう行くことはできないのだけれど。
2月11日の火曜日は、建国記念日で祝日!!
それを利用し、遂に、行くことができました\(^0^)/

「つぶちゃん」にとっても、はじめての「里帰り」です(*^▽^*)

店内の様子

こじんまりとしながらも、rippleカラーがあふれる店内。

服たち

奥に見えるのは試着室。店舗ならではの利点です。
(私も試着してスカートを買いました♪)

カウンターと仕事場

カウンターの奥は仕事場。
クミさんのミシンが見えます。「つぶちゃん」も、ここで「生まれた」と思われます。

つぶちゃん

その「つぶちゃん」は、お母さん(=クミさん)が出してくれた「お布団」でスヤスヤ…(笑)

お茶とコースター

お客さんも、次から次へと訪れて。
小さな「洋品店」は、あっという間にいっぱいになりましたo(^▽^)o

「つぶちゃん」には申し訳ないけれど(笑)次に行きたい場所もあり、お店を後に…。

また「火曜日のお休みの日」を見つけて、連れて行くからね…☆

そう誓ったので、ありました(*^▽^*)

りっぷる洋品店
桐生市錦町2-10-44(桐生市役所近く)
※火曜日のみのオープン(時間:11:00~19:00)
※駐車場はないので、近くの駐車場を利用してください。
URL:http://www.ripple-garden.com/
Blog:http://ripple-garden.doorblog.jp/
Twitter:@ripple_kumi

※出店情報はWeb等↑を参照…ですが、直近の出店はこちら↓。

「おいしい と いろ」
日時 3月30日(日)
場所 MOTOKONYA(高崎市元紺屋町9)
「そや製菓店」(So-yaさん)とのコラボイベントです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »