« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

高崎マーチングフェスティバル2013

スタンバイの様子

2013年の「高崎マーチングフェスティバル」。
初日は台風により「中止」という事態でしたが…、姪が出る2日目は晴天に恵まれました。

昨年は、最初からパレードコースの市役所前・シンフォニーロードに居ました。でも今年はまず、出場者がスタンバイしている「もてなし広場」へ。
姉と甥、そして姉のダンナ様と一緒に、姪の様子を見に行きました。

姪は今年が、小学校で最後のマーチングです。
この先も続けるかは分かりません。
もしかしたら、今回で最後のマーチングになるかも知れないです。

担当する楽器。昨年から、やりたがっていた楽器だったそう。
晴れの舞台で、演奏できて良かったね(T▽T)

「(台風で)もしかしたら見られない…」
そう思っていたこともあり、一層感慨深いものがありました。

市役所前

市役所前・シンフォニーロード。

パレード

パレード

パレード

そして、城南野球場の「フィールドドリル」へ。

フィールドドリル

開始前の様子。外野席の芝生から見る青空は、どこまでも広く。
その中を漂う雲は、とっても気持ち良さそうで。
球場から響く音楽を、楽しく聴いているように見えました(^^)

演奏できた子どもたちも、きっと清々しい気分だったと思います。
(…だからこそ一層、前日の「中止」が悔やまれてならないんだよなぁ…)

高崎マーチングフェスティバル
URL:http://www.takasakimarching.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

Three Brownのチーズたち―at つきいちマルシェ

Three Brown

10月の「つきいちマルシェ」(in おかって市場)。Three Brown(スリー・ブラウン)さんが初出店をされました。
前橋・粕川町にあるチーズ工房です。牛の飼育から、生乳・加工まで一貫して手掛けていて、手づくりのチーズなどを販売しています。

飼っている牛は7頭。全ての牛さんに名前があり、大切に育てられています。
放牧もされているとのこと。

牛さんなど紹介

家族の一員として、伸び伸びと育った牛さんが出す生乳は、濃厚だけどクセがなく、とってもまろやか。
それは、チーズなどの加工品でもよく分かります(^▽^)

今回、私はモッツァレラとミルクジャムを購入してみました。
モッツァレラは、お勧めされた意外(!)な食べ方、「ワサビ&醤油」で。

モッツァレラ

(我が家の器がイマイチで、見栄えが…ですが☆)
本当にチーズ特有のクセがなくて、お豆腐みたいな食感にビックリ!
これなら、いくら食べても飽きないですね♪

両親がモッツァレラ食べないのをいいことに、ほどんど私が食べてしまいました…(^^;ゞ

ミルクジャムは、パンに付けていただいています。

ミルクジャム

これはimaさんのカンパーニュに付けたところ。
ミルクの味がとっても優しくて、ほっこり癒されます(>▽<)

imaさんのパンは割とマイルドですが、酸味が強いハード系パンにも合いそうですね~♪
ほろ苦い、コーヒー生地のパンとも相性抜群です(^-^)v

mugiccoぱん

こちらは、9月のつきいちマルシェで。mugicco(むぎっこ)さんが、カチョカバロ(ひょうたん型のチーズ)を使ったパンを販売していました。
mugiccoさんの素朴なパン生地に、クセのないThree Brownさんのチーズ…これまた好相性でしたよ~♪

前橋市による「赤城の恵ブランド」認証も受けている、Three Brownさん。
そのThree Brownさんも参加される、11月のおかって市場のイベントが…

チラシ

「第8回 動楽市」です!
日程は11月10日の日曜日。10時からです。
Three Brownさんは「つきいちマルシェ」組で出店されます。
先述のimaさんやmugiccoさんも出店される予定ですよ~o(^▽^)o

その他の出店者さんについては、動楽市のブログをチェック!
今回も、ものすごい数&質の出店者さんです。
その他、音楽やワークショップ、アート…余りのボリュームに、チラシも折り込みになった程(笑)

11月10日。富岡に再び、笑顔と歓声が。人と人との繋がりが。
生まれようと、しています(^^)

チーズ工房 Three Brown
前橋市粕川町中之沢384-96
TEL/FAX:027-285-6862
販売日 水・日、月末の土日(10:00~16:00)
URL:http://threebrown.jimdo.com/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/threebrown/

おかって市場(つきいちマルシェ&動楽市会場)
富岡市富岡1450
(富岡市役所向かい。上信電鉄・上州富岡駅からは3分)
TEL:0274-67-5373
営業時間 9:00~19:00(日曜日は~17:00)
無休(年始はお休み)
URL:http://okatte-market.jugem.jp/
Twitter:@okatteichiba

第8回 動楽市
日時:11月10日(日)10:00~16:00
URL:http://do-raku-1.jugem.jp/
※場所はおかって市場のほか、歩いて30秒(!?)の三角公園でも開催されます。
※前回(第7回)の様子は、こちらこちらで(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

前橋・馬場川通り紅茶スタンド

店内

前橋の街中、国道の裏手で穏やかに流れる馬場川。
この沿道に、新しいカフェスペースが誕生しました。
その名も「馬場川通り紅茶スタンド」。以前MOTOKONYAで紅茶スタンドをされていた、HOATEAさんのお店です。
10月13日(日)にオープンしました。

MOTOKONYAでのイメージとは対照的な、アンティーク家具や雑貨に彩られた店内。
プロデュースされたのは、イベントでしかお目にかかれない「店なし雑貨屋」さんです。

店内

「店なし(雑貨屋)ワールド」と言える店内に目を見張りつつも、何気なく置かれたモノたちに驚き、思わず微笑んでしまう。
そして、いつの間にか心が安らぐ。

店内

イベントでの「店なし」さんと同じ空間が、ここにはありました。

店内

雑貨たち

店内

茶葉

モチロン、茶葉も販売されています。
ストレートの他に、「えがお」「ひなたぼっこ」などHOATEAオリジナルブレンドもあります。

パッケージもオープンに合わせてリニューアルしました。
味のあるネコちゃんの絵は、荒牧町にある雑貨屋・ieyaさんによるもの。カレンダーや葉書は紅茶スタンドでも買うことができます(^^)

紅茶とお菓子

一緒に販売されている小箱さんのお菓子を頬張りながら、紅茶を飲めば…。
それだけで、もう至福のひと時(>▽<)
気持ちもほっこり、和みます。

フラッと立ち寄って飲んでもいいし、テイクアウトもOK(確か…)。
気軽に寄れるスタイルも魅力です♪

「お店」は持ったけれど、運営スタンスは「お店」の枠に捕われない。
「一つの店舗が頑張っても限界がある。これからは複数の店舗などが連携して、『地域』を作っていかないと」
そうおっしゃった店主さんの言葉。とても重みがありました。

お店入口

アーケードを出て、数十メートルほど歩いた建物の1階です。
もう数十メートルほど歩くと、以前紹介したセマクテさん。
更にもう少し歩くと、「シネマまえばし」のある交差点に突き当たります。

また、「シネマまえばし」の建物には、10月26日(土)「アーツ前橋」がオープン!
前橋の街は、少しずつ蘇っていると…思います。

馬場川通り紅茶スタンド
前橋市千代田町4-1-18(小西ビル1階)
営業時間 12:00~18:00
定休日 月曜日
Twitter:@hoateashop
Facebook:https://www.facebook.com/bkstand

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

「田舎や」の焼まんじゅう

焼まんじゅう

少し前のことですが…「田舎や」(高崎市菊地町)の焼まんじゅうを食べました。
我が家では最近、「焼まんじゅう」はここのを買うことが多いです。

味噌だれは甘めでやや濃厚。
まんじゅう生地は、ふかふかでほわほわしています。

焼まんじゅう大好きな両親はモチロン、「焼まんじゅう余り…」な私もナットクする、おいしさです(^-^)v

焼いているところ

一串一串、たれをつけながら焼いて行く様子は、店内で見ることができます。
ご家族で切り盛りされている(たぶん…)、アットホームな焼まんじゅう屋さんです(^▽^)

お店外観

前橋~安中線沿い。榛名山が一望できる、田園地域にあります。
近くには、うどんがおススメ♪の三喜屋があります。

また以前紹介したイタリアン・レストランのTomato Creamで、「焼まんじゅう屋さんを目印に…」と書きましたが…。
その焼まんじゅう屋とは、まさに「田舎や」のことを言ってます☆

田舎や
高崎市菊地町157-7
TEL/FAX:027-343-8548
定休日 火曜日
※営業時間は不明です。
URL:http://www.inakaya.cc/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

「さくらカフェ」と「十月の作品展」

お店玄関

顔馴染みのクラフト作家さんの作品展がある、というので…。
前橋・富士見町の「さくらカフェ」さんへ行ってきました。

赤城山の馬事公苑の近くなのですが…最初、その場所に着いたのに、お店がどこなのか全然分かりませんでした☆
というのも、さくらカフェさん、普通のお宅なんですね。
店名の看板すらありません。唯一の手掛かりは、「P」という小さな、駐車場の看板のみ。

入口も、普通のお家で。
玄関から靴を脱いで、カフェのある2階へ上がっていくのです。

でも、2階へ上がり、扉を開けると…
日常とは異なった、別の空間がありました。

店内

店内

店内

クラフト作家さんの展示―「十月の作品展」は、いつものイベント出展で見られるような作品ではなく。
作家さんの芸術性が色濃く現れたものが、多いです。

展示

「芸術の秋」にふさわしく、ちょっとした鑑賞ができるようになっています。

展示

でも、作品は購入することもできるんですよ(^^)

雑貨たち

一方で、ちょこっとした雑貨類も置いてあります。

ランチ

ランチは基本「要予約」ですが、空きがあれば当日その場でも注文することができます。
私も予約はしなかったけど、たまたま空きがあって…ラッキーo(^▽^)o

ランチ

地元・前橋富士見の食材で作られたランチメニュー。

ランチ

どれもこれも優しい味で、ほっこり和みます(^^)

本

窓際に並ぶ本を手にとって、読みふけるのもまた一興。

デザート&ドリンク

ここで流れる時間は、緩やかで優しい。

オーナーさんも、とっても優しく、あったかい方です。
出展の作家さんをはじめ、皆さんが気に入っている理由が、とてもよく分かりました(^^)

カフェオープンは金・土・日曜日なので、「十月の作品展」が見られるのは、18~20日と25~27日の6日間。
11月に入ると、「晩秋のさくらカフェ」の展示が始まります。

さくらカフェ
前橋市富士見町石井1659-14
TEL:027-288-5568
営業時間
・ランチタイム 12:00~14:00(要予約)
・カフェタイム 14:00~17:00
営業日 金・土・日曜日(期間は4月~12月)
URL:http://www10.plala.or.jp/sakura09/
※場所の地図はWebにあります。駐車場を示す「P」の看板が目印。それも小さいので、見落とさないように気をつけて☆
※カフェメニューはケーキセットのほか、パンのセットもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

「田能久」の新ランチメニュー

新メニュー

染料植物園からの帰り道。観音様の脇を通る感じで山を降り、「田能久」さんところへ。
今回注文したランチは、新メニューです。
「アサリとバジルのリゾット」―アサリの味が優しくて、バジルの風味が爽やかで。

これまた余りのおいしさに
「う~ん…(おいしいっ!)」
と感嘆。最後の一口まで、その味を堪能したのでありました(^▽^)

今回の前菜

前菜

新メークインのミルクグラタン。

デザート

デザートは梨のシャーベット。
黒コショウがアクセント。意外ですが、これがまた不思議と合うんですo(^▽^)o

最近、なかなか田能久さんに行けなくて…
平日仕事の私は、基本は土曜日しか行く機会がありません。
でも土曜日は、このところお家の用事で、一日塞がってしまうから…(>_<)

久しぶりに行けた田能久さん。
私の「禁断症状」も、少し和らいだ模様です…(^^)

洋食屋 田能久
高崎市八千代町4-13-6
TEL/FAX:027-327-2905
ランチタイム 11:30~14:00(L.O.)
ディナータイム 18:00~(要予約)
定休日 日曜と祝日
URL:http://www.tanokyu.com/
※ブログ→「洋食屋田能久店主戯言 二ノ巻」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

思った以上に楽しい!高崎市染料植物園

染料植物園

10月に入ったある日のこと。高崎観音山にある「高崎市染料植物園」に行ってみました。
草木による染物の展示や、染色体験ができるのは知っていましたが…それ以外のことは、全然知らなかった私(^_^;)ゞ
実際足を運んでビックリ!思った以上に(←失礼☆)面白い施設でした。

まず展示や染色体験の場となるのは「染色工芸館」という建物ですが…。
これは、植物園のほんの一部に過ぎないんですね☆

植物園は想像以上に広いです。

入口

駐車場からの入口。階段を下っていくと…

自然観察園

遊歩道がしばらく続きます。
木々に囲まれ、ちょっとした散歩道に(^^)休憩のテーブルや水飲み場もあります。
後で知ったのですが、ここは「自然観察園」というエリア。木々の紹介もパネル展示されていました(パネルについては、後ほど説明しますね^^)。

そうして、冒頭の写真、「染色工芸館」の前に来るわけですが…
工芸館の裏手が、これまた広いです。

園内

ここまでくると、もう公園ですね☆
このエリアでは、古代(飛鳥・奈良時代)から現在までの染料植物が植えられており、散策しながら、時代を追って見ることができます。

植物とパネル

染料植物の側にはパネルも展示されており、植物と染料についての解説が。

パネル

植物の名前は勿論のこと、染料で使用される部分、媒染(染料を繊維に定着させる工程)に使用される物質(アルミや銅など)ごとの色見本、更には色名(「鶯色」とか)まで、細かく書かれています。

「同じ植物なのに、染め方によって、こんなに色が変わるんだね~!」
「某平安文学に登場した○○色って、この植物で染めた色なんだ~!!」

と分かる仕組み(^^)
染料植物、一つ一つにきちんとパネル解説があるんですよ♪

ナツメの木

またこちら。紅い果物で知られているナツメ(棗)ですが。

パネル

果実では余り染まらず、樹皮又は緑葉を使って染めるのこと。
「てっきり果実で染めると思ってた!違うんだね~☆」という発見もあります。

更には、普段口にしている果実の木が、染料になることが分かったり(正解は植物園で調べてみましょう♪)…と、もう「へ~っ!」と驚きの連続です!

染料って…専門の人だけ領域だと思っていたけれど。
私たちの身近にあるものなんですね♪

自然の豊かさ、素晴らしさを再発見するのにも、いい施設だと思います(^^)

ひびきばし

その他には、生態園(屋内と屋外)や休憩室があり、休憩室では飲食をすることもできます。
また植物園の近くには「ひびきばし」(↑写真)もあります。
観音山の名所になっているつり橋です。観音様の後姿も見ることができますよ(^^)

高崎市染料植物園
高崎市寺尾町2302-11
TEL:027-328-6808
開館時間 9:00~16:30(最終入館16:00)
休園日 月曜日・祝日の翌日・年末年始
入園料 無料(染色工芸館は大人100円。企画展開催中は料金変更あり)
URL:http://www.city.takasaki.gunma.jp/
(↑高崎市のホームページから「染料植物園」をチェック)
※10月11日(金)から企画展「文様礼賛-布に広がる美と願い-」が開催されます。詳細はWeb(市HP)で。
※企画展、染料体験(講習会)のほか、自然観察会やコンサートなどのイベントも開催されます。こちらもWebをチェック♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

第13回アルベロ.マルシェ~Albero. the 3rd Anniversary

アルベロ.マルシェ

中之条ビエンナーレが押してしまい、更新が遅れてしまいましたが…☆
9月23日(秋分の日)。13回目の「アルベロ.マルシェ」が開催されました。

Albero.さんは、この9月18日で3周年!!
そのため、マルシェも3周年ならではの企画が、たくさん盛り込まれました。
(いつもながら、Albero.さんの企画&実行力には、ビックリ&カンドーです!)

店内

まずは「人気のジェラート・ベスト20をショーケースに並べちゃおう♪」という企画。
8月中に、お客さんに好きなジェラートを投票してもらい、票数の多かった20種類を提供するというもの。
決定した20種類はこちら(←Albero.さんのブログ)。私も投票しましたが、いずれもランクインしていました♪

ジェラート

マルシェでいただいたのは、投票した「梨」。そして「とうもろこし」に「カフェ・プラリネ」。
投票しなかった2種類も、好きなジェラートです(^^)

この時、私が用意した器。

ジェラート&器

ENGOROさんの器です。
前回のマルシェで買って、持参してきたものです。プチジェラート3種が形よく収まって、すっごく絵になっています(>▽<)

ENGOROさんは、Albro.3周年を記念して器も作られました。

カップ

梨色のカップです。
限定2個。午前中に撮って、午後見たら…既に売れていました☆

ポストカード

こちらも3周年記念で作られた、danneさんのポストカード。
絵の数が、全て「3つ」なんですよ♪

あと写真は撮れなかったのですが、koiketamaさんも手織りの梨を作られていました。
(詳細はこちら←koiketamaさんのブログより)

ゲームの様子

マルシェは「梨之助」も登場し(梨之助については、以前紹介したこちらを♪)、梨の皮むきや早食い競争など、梨にちなんだゲームも行われました。
子どもも大人も、大盛り上がり!
そして自然と、その場に居る人みんなが、仲良くなってしまいます(^^)

和ッフル

(↑今回アルベロ.マルシェ初登場!の、和ゴンさんの和ッフル)
それがきっと、Albero.さんの魅力なんでしょうね♪

3周年、本当におめでとうございます!
これからも、私たちにおいしいジェラート&お菓子を。
そして、素敵な場所であり続けてくださいね。
(あ、でも無理はしないでくださいね☆笑)

これからも、よろしくお願いいたします(^^)

そして…

マルシェの様子

もう一つ気になるのが…お店の隣に出現(!?)した、木のお家。
どうやら、ログハウスを建てている模様です。

ログハウス建築中

この時ログハウスを造っていたのは…木工の創栄さんと、…あれ??
なんと、okkoさんっ!!

いつもはカワイイ小物を作るokkoさん。
それがこの時は、針と布をドリルと木材に持ち替え(笑)、創栄さんも顔負けのDIYぶりを発揮していました。

…実はokkoさん、娘ちゃんの勉強机やチェストも作っちゃうほど…なんですよ(^^)

ログハウス内

お二人のお陰で、ログハウスはこの日のうちに床張りが完了!!
この中で、今度は何が生まれるのか…楽しみですね(^^)

Albero.
高崎市下里見町1701-1
(県道137号沿い。ナビでは違う場所を示すので、ご注意を☆)
TEL/FAX:027-340-1235
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
URL:http://www.albero-yamakifarm.com/
Blog:http://alberogelato.wordpress.com/
Twitter:@alberooomame
Facebook:http://www.facebook.com/alberogelato
※通販サイトはこちら→「山木農園」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

中之条ビエンナーレ2013―沢渡エリア・蛇野、そして建築館へ。

蛇野

「中之条ビエンナーレ2013」のバスツアー、いよいよ最後です。
沢渡エリアのもう一つの場所は蛇野(へびの)。ここには2つの作品があります。
まずは写真↑の伝書鳩小屋を利用した作品。

蔵の作品

もう一つは、蔵を利用した作品です。
ここでは、偶然にも制作者の方がいらしていて、制作の経緯など聞くことができました。

この蔵は昭和20年(1945年)、沢渡地区で発生した大火で焼け残った蔵です。
沢渡の歴史から創られたのが、この作品。
石をジャガイモに見立て、蔵の添え木(×になっている箇所)に置かれています。ジャガイモからは「芽」も生えています。

蔵の作品

そして蔵の前には、本物のジャガイモ畑が創られ…。

作品の解説はガイドブックにも載っています。
そこに記された史実を知った時、私がまず抱いた思いは「やるせなさ」。
そして、制作者の方の作品に対する「思い」が、じわじわと…。
身体に沁み込んできた気がしました。

「ジャガイモ」は、そこになくてはならないものだと、思います…。

…さて、蛇野を後にしたツアーバス。
更に奥。山の中をずーっと入って…着いたのは「中之条ビエンナーレ建築館」

建築館

当初、ここは「美ら寿(ビラージュ)」という、私営の老人施設でした。
自給自足しながら充実した老後を過ごせる施設を―という理念で建てられましたが、現在は閉鎖。
しかし、ビエンナーレの期間中(土日祝日のみ)、施設の空間を利用した作品を、展示することになったのです。

建築館内部

作品は勿論のこと、建築館そのものの設計・建築技術やデザイン…これらも一見の価値があります。
「美ら寿」に関する資料も展示されていて、興味深いです。

作品

(↑建築館の作品)
こうして無事行ってきた、中之条ビエンナーレ。
一度行くと、まだ行ってない作品も見たくなるのが、人間の心理です。
私は個人的には、六合(くに)エリアを見てみたい!
六合はありのままの自然を利用した作品が、数多くあって…好きな作品が多い気がするのです。
まだ行ったことのないエリア、という理由もあります。

今回のビエンナーレで行けるかな…?
期間は10月14日(体育の日)までです。

中之条ビエンナーレ2013
開催中~10月14日(体育の日)※木曜日はお休み
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円(ガイドブック付き)
※パスポートで6エリア37ヶ所の作品を全て、また何度でも観ることができます。プレゼントが当たるスタンプラリーもできます。
※バスツアー及び関連イベントについては、Web(↓)で確認してください。
URL:http://nakanojo-biennale.com/

中之条ビエンナーレ建築館
開催中~10月14日(体育の日)の土日祝日
時間 9:30~17:00
場所 吾妻郡中之条町上沢渡3641-1(旧老人健康村「美ら寿」)
URL:http://nakanojo-biennale.com/architecture/

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2013年10月 2日 (水)

中之条ビエンナーレ2013―沢渡エリア・丸伊製材

木の作品

(「中之条ビエンナーレ2013」つづきです☆)
四万温泉を後にしたツアーバス。中之条の街中に戻る道を、ちょっと逸れて…
沢渡(さわたり)エリアへとやって来ました。
温泉もあるこのエリア。四万よりも秘境の感が濃く、ひっそりと佇みたい気持ちになっていきます。

ここでまず寄ったのは、「丸伊製材」です。
製材所だけあって、作品も、木そのものや、木造の建物を利用したものが並びます。

作品

作品

作品

そして、作品と同じくらい、私の目を輝かせたのは…

建物

「丸伊製材」の建物です。
昭和から約60年もの間、沢渡の林業を支えた製材所。
倉庫に工場…歳月を経た木造の建物は、長年の役目を果たしたという風格も具(そな)え、何とも言えない趣を醸し出しています。

天井

2階から天井の骨組みを見た時には…もう、萌えちゃうっ(>▽<)ってな感じで☆

道具たち

何気なく置かれた(ままになっている)小道具たちも、またすっごく良くて。

実は今回のビエンナーレの記事、最初のポスターの写真は、ここ丸伊製材で撮ったものです。
ふと目に入ったポスター。ポスターが周りの光景と相まって、まるで一つの「作品」のように…

私にとっては、それも実際「作品」だったのかも、しれません(^^)

建物と景色

「丸伊製材」では、不定期(週末が多いかな?)ですが、出店があります。
イベント出店では大人気!のお店ばかり♪
「えっ!この店も~!?」というお店も、出ることがあります。

私が行った時は残念なことに、どなたも出店がなくて…(涙)
当初予定の日だったら、あったんですけどね☆
(↑台風直撃で日程変更した)

また、今後も出店があるかは分からないので、出ていたらラッキー♪ということで…☆

バスツアーの方は、次回がいよいよ最後。
(ようやく「最後」です☆スミマセン、いつもながら長くって…)
沢渡エリアの「蛇野」、そして「建築館」へ向かいます…。

中之条ビエンナーレ2013
開催中~10月14日(体育の日)※木曜日はお休み
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円(ガイドブック付き)
※パスポートで6エリア37ヶ所の作品を全て、また何度でも観ることができます。プレゼントが当たるスタンプラリーもできます。
※バスツアー及び関連イベントについては、Web(↓)で確認してください。
URL:http://nakanojo-biennale.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »