« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

中之条ビエンナーレ2013―四万温泉・日向見エリア

日向見エリア

「中之条ビエンナーレ2013」。バスツアーが次に向かったのは、四万温泉の奥、日向見(ひなたみ)エリア。
ここまで来ると、奥四万湖は目の前。温泉街より更に山は深くなり、湯治場の雰囲気が濃くなってきます。
温泉街には何回も来た私も、日向見まで来たのは今回が初めてでした。

ちょっと見ただけでは、分からないようにある「作品」たち。
それがまた、日向見の雰囲気と溶け合っていて、いい感じです。

作品とピンボール

作品と足湯

作品

日向見エリアのもう一つの見所は、昨年リニューアルしたひなたみ館
ここにも作品が展示されています。

ひなたみ館と作品

こちらは外の景色とは対照的に、スタイリッシュな空間。

足湯につかったり(めちゃくちゃ熱かった☆さすが奥四万)、国重要文化財の日向見薬師堂にお参りしたり…
日向見の雰囲気も堪能した後は、次のエリア・沢渡へ向かいます。

…とその前に、お昼ゴハン。

釜飯セット

日向見エリアに行く前、四万ゆずりは荘で釜飯のセットをいただきました。
地元の食材を使った料理。こういうのが、とても嬉しい(>▽<)
モチロン、おいしかったですよ♪

この時、席の隣が私と同じく、女性一人で参加…の方だったので、お話しをしました。
彼女は西日本出身で、東京在住。この日は四万に泊まって、翌日は六合エリアのツアーにも参加するとのこと。

群馬には度々訪れているようで、「安くておいしい!」と、道の駅では、野菜をたくさん買っていくのだそうです。

「群馬って、来てみたら、すごくいい場所だって分かった」

とおっしゃった言葉が、私は嬉しくて嬉しくて(T▽T)

「群馬は素敵な場所」―
―ずっとそう思っているし、そう思っているから、ブログ(一応「群馬ブログ」なので…)をやっているのだけれど。
だけど、それはあくまでも自己評価。
だから、他県の人が「群馬はイイ」と言ってくれると、自分が褒められたみたいに嬉しくなるのです。

間違いない。群馬は他県の人も認める、「いい所」なんだよねo(^▽^)o

中之条ビエンナーレ2013
開催中~10月14日(体育の日)※木曜日はお休み
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円(ガイドブック付き)
※パスポートで6エリア37ヶ所の作品を全て、また何度でも観ることができます。プレゼントが当たるスタンプラリーもできます。
※バスツアー及び関連イベントについては、Web(↓)で確認してください。
URL:http://nakanojo-biennale.com/

※また、四万温泉についてはこちら↓
四万温泉ホームページ(四万温泉協会・四万温泉旅館協同組合)
URL:http://www.shimaonsen.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

中之条ビエンナーレ2013―四万温泉・温泉街エリア

四万温泉

「中之条ビエンナーレ2013」のつづきです。
旧廣盛酒造を後にしたツアーバスは、一路北上し、四万温泉へ向かいます。
その時間はおよそ30分。運転をしないせいか、思ったより近く感じました。
長閑な中之条の景色、ボランティアガイドさんの素朴な案内も心地よくて…(^▽^)

四万温泉は、いい意味で古びた温泉街です。
足を踏み入れた途端に、身体の中に溜まっていた緊張が、解きほぐされて行くのを感じます。

そんな空気に包まれた温泉街は、全てがアート。
作品は勿論、何気なくある(前回の作品なのかもしれないですが…)モノたちも、四万の景色に溶け込み、一層趣深い風景を醸し出しています。

缶提灯

雛人形

積善館

「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった積善館
この一室だって、一つのアートと化しています。

そして、温泉街で出逢った作品。

作品

作品

作品

作品

作品

作品

作品

積善館をメインとした温泉街会場、バスツアーではかなりの時間を割いて、観賞できるようになっていました。
私は、かなり時間が余ってしまったのですが…ツアーに参加された方の中には、「温泉に入ってきた」という方も。
ここでは、アートだけではなく、温泉やお茶など「四万温泉」そのものを楽しむのが、賢いのかもしれないです。

また四万温泉エリアは、夜ライトアップして初めて、観賞できる作品もあります。
これはぜひ泊まって…ですね(^^)

バスツアーは、四万のもう少し奥へ、進みます…

中之条ビエンナーレ2013
開催中~10月14日(体育の日)※木曜日はお休み
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円(ガイドブック付き)
※パスポートで6エリア37ヶ所の作品を全て、また何度でも観ることができます。プレゼントが当たるスタンプラリーもできます。
※バスツアー及び関連イベントについては、Web(↓)で確認してください。
URL:http://nakanojo-biennale.com/

※また、四万温泉についてはこちら↓
四万温泉ホームページ(四万温泉協会・四万温泉旅館協同組合)
URL:http://www.shimaonsen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

中之条ビエンナーレ2013―通運ビル~旧廣盛酒造

ポスター

中之条で2年に1回開催される、「温泉+故郷+アート」の祭典―
「中之条ビエンナーレ2013」が始まりました。10月14日(体育の日)まで、約1ヶ月間の開催です(木曜日はお休み)。

前回(2011年)の時は、バスツアーで伊勢町&伊参を巡った私。
(その時の様子については、こちらこちらこちらを)
今回もバスツアーを申し込みました。
コースは四万&沢渡温泉を巡るコース。

当初申し込んだ日は台風上陸とブッキング(!)、というアクシデントはありましたが☆
日程変更して、無事行って来ることができました。

出発地の通運ビル

ビル内と作品

作品

階段と作品

軽~く観てからバスに乗り込み、出発します。
(↑思わず見入ってしまい、乗るのが最後になったのはご愛嬌で☆)。
まずは中之条の街中・伊勢町。旧廣盛(ひろざかり)酒造です。

作品

作品

作品

作品

作品

作品

作品

作品

作品

廣盛酒造では、地元のお兄サマも駆けつけてくださって、一緒に観ることができました(^^)

今回は事前にガイドブックで予習をしたのですが、ガイドブックで見るのと、実際目の当たりにするのとでは、作品に対する印象が異なります。
写真では紹介していませんが、「チョコレート・ドリームス」という作品があります。ガイドブックだと、チョコレートにまみれたオブジェ作品だ、と思ったのですが…
(実際の作品は…直接会場で確認してみてください!)

中之条にある建物や自然を利用し、「こんな風に展示してるんだ!」「こんな所を利用しているだね~!」と発見するのも、魅力の一つです(^^)

次はいよいよ、四万エリアに向かいます。

中之条ビエンナーレ2013
開催中~10月14日(体育の日)※木曜日はお休み
時間 9:30~17:00
観賞パスポート 1,000円(ガイドブック付き)
※パスポートで6エリア37ヶ所の作品を全て、また何度でも観ることができます。プレゼントが当たるスタンプラリーもできます。
※バスツアー及びその他のイベントについては、Web(↓)で確認してください。
URL:http://nakanojo-biennale.com/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年9月21日 (土)

「ヌーベル三浦」のカフェスペース

ケーキ

安中・磯部のケーキ屋さん「ヌーベル三浦」
ケーキや焼き菓子は食べたことがあるのですが(こちらこちら)…先日、初めてお店に行きました。ヨーロピアン仕様の、可愛らしい建物です。

しかも今回は、イートインスタイルのカフェスペースも利用。
ドリンクはお茶(紅茶と緑茶)なら、無料でいただけます。
コーヒーは200円も…しなかったかな☆

私は秋らしく「かぼちゃのモンブラン」を。
一緒に行った友人は、甘さも酸味もマイルドで食べやすい「レアチーズケーキ」。

友人は群馬出身ですが、今はダンナ様&娘ちゃんと福岡で暮らしています。
今回は、福岡に行ってから初めての帰省。

久しぶりに会う友人との話は弾み、気が付けば結構な時間を過ごしてしまいました(笑)

カフェスペース

販売スペースとは隔てられているので、本格的な「カフェ」の雰囲気で、落ち着けるんですよ♪

「長居してスミマセン…」と詫びながら、トレイを返したのですが。
お店の方は「全然大丈夫ですよ~」と、笑顔で応えてくださいました(>▽<)

お店外観

ヌーベル三浦
安中市下磯部168-4
TEL:027-385-7056
FAX:027-385-7052
営業時間 9:30~19:30
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

生糸はとみおか、だんごはなみき―並木屋

並木のだんご

「生糸はとみおか、だんごはなみき」―
この文句もお馴染み、富岡・「並木屋」のみたらし団子。
タイミング等もあって、なかなか口にできなかったけれど…(私が「みたらし」より「あんこ」の方が好み…というのも、あります☆)
この間富岡に行った際、いただくことができました♪

時間が経つとすぐ固くなるのもナットクの、柔らかい団子。
そして、甘さより醤油のしょっぱさが際立つ、みたらしのたれ。
だけど、そのしょっぱさが、団子を焼いた時に付いた、焦げ目の香ばしさとよく合います(^^)

今度富岡に行った時、みたらしが好きな両親に買って帰ろう…とか。
団子片手に富岡散策も、オツだなあ…とか。
そんなことを思った、私でした☆

お店外観

お店は254号バイパスから、富岡市役所方面に。
線路手前の右手にあります。↑の「のれん」が目印です。

並木屋
富岡市富岡1611-7
TEL:0274-62-0512
営業時間 9:00~16:00(売り切れ次第終了)
定休日 水曜日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

monsoon donuts stand―in Maebashi

お店外観

前回のつづき)CROFT BAKERYの次に向かったのは、前橋の街中、広瀬川沿い。
ここに、monsoon donuts(モンスーン ドーナツ)さんのドーナツスタンドがあります。
ドーナツとドリンクをカウンター形式でいただける、群馬では珍しいスタイルのお店です。

11時のオープンに合わせて、お店へ。
monsoonさんらしい、ヨーロピアン・アンティークな店構え。看板とも言える「赤い自転車」もありました(^^)

移動販売がメインだったmonsoonさんが店舗を始めたのは、今年の6月頃。
オープンに当たり、いろいろな想いがあったと思います。

その想いが「ぎゅっ」と詰まった、monsoonさんのこだわりが感じられるお店です。

店内

入ってすぐ右のレジカウンターで注文。
ドーナツ、ドリンクのほかサラダやスープの軽食もあり、セットメニューも。

ショーケース

初めてお目にかかる、手づくりのサラダ。
セットにして、カウンターで食べたかったんですけどね…☆
時間の都合もあり、今回はドーナツのみテイクアウトで(^-^;)/

そして、店内

店内

小物たち

店内

そしてそして…持ち帰ったドーナツ。

ドーナツ

塩ココア、ココナッツバナナ、そしてチャイ。
クリームのついたココナッツバナナ。暑い日だったし、お店でもショーケースに入ってたので…
冷蔵庫で冷やしてから、いただきました。クリームはひんやり、ドーナツ生地はしっとりしてスペシャルな味に♪

私、正直なところを言うと、クリームがない方が好みだったんですが…覆りました!

一方で塩味のドーナツもおススメです。
「ゴボウ」を食べた時の衝撃は…(>▽<)これこそ、サラダとセットにしていただきたいです♪

monsoon donuts
前橋市住吉町2-1-18
TEL:050-1452-1566
営業時間 11:00~19:00
定休日 日曜日と月曜日
URL:http://www.monsoondonuts.com/
Blog:http://monsoondonuts.blogspot.jp/
Twitter:@monsoondonuts
※移動販売も続けていらっしゃいます。BlogやTwitterをチェック♪
※なお、明日(9月16日)は月曜日ですが、祝日ということもありお店をオープン!ワークショップも開催するそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

前橋・CROFT BAKERY

オシャレなパン

◆エスカルゴバターとポテトのボルギャン
◆チョコのエクレア
◆オニオンブリオッシュ
◆グリーンオリーブのバトン …etc.

オシャレなネーミングに、生地・具材とも手の込んだパンが並ぶのは、CROFT BAKERY(クロフト ベーカリー)のパン屋さん。
前橋のベイシア文化ホール(旧:県民会館)近くの、住宅街にあります。

どのパンも魅力的で、どれを買おうか、とってもとっても迷いました。
ケーキ屋さんみたいに対面式で買うのも、このお店の特徴。
そのため、私の視線は、パンが並ぶカウンターに釘付けです。

店内の様子

なかなか決められない私。でも、お店の方は笑顔で待っていてくださいました(^^)

結局決めたのは、この通り↓

選んだパン

バゲットに、ザワークラウトとソーセージの入った「シュークルート」。
「チョコヴィルノア」にブリオッシュ、そして写真にはないですが、とうもろこし入りのハード系パンをお試しサイズで。
誰にでも好まれる、クセのない生地で食べやすいです。弾力もあります。

特にバゲットは秀逸!
余りのおいしさに、ずっと食べ続けてしまいそう…(>▽<)

また一つ、素敵なパン屋さんに出逢いました♪

店内とパン

オシャレなパンが並びますが、お値段はリーズナブルです。
150円~200円が平均値かな…。バゲットは230円です。

また9月22日(日)、イベント出店があります。
高崎・島野町の「HOUSE&GARDEN」で開催される「秋のマルシェ」です。
気になる方は…Web↑をチェック♪他の出店者さんも、魅力的な方ばかりです(^^)

お店外観

お店については、ときな。さんのブログもぜひ♪
クロックムッシュにも惹かれたんだよなあ…☆

CROFT BAKERY
前橋市日吉町2-5-1 みずき館1F
TEL/FAX:027-257-9052
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜日・第2月曜日
URL:http://croft-bakery.blogspot.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

南牧村の「ちょっとしたcafe」

外観

甘楽郡南牧村(なんもくむら)は、群馬の南西部、上野村へ向かう道すがらにある、山間の村です。
人口は約2,100人。高齢化率が全国一の村、とも言われています。

その南牧村に、この夏、期間限定でカフェがオープンしました。
名前は「ちょっとしたcafe」
もともとは東京・上石神井にあるお店です。オーナーさんが南牧村の自然と住む人々の人柄に感動したのが、オープンしたきっかけ。
場所は、お蕎麦屋さんだった古民家を利用。

県道93号沿いの、役場のすぐ手前。
木の看板を下って行ったところに、ありました。

お店の様子

出入口

店内から

前からある状態を、そのままに。
でもそれが、却って趣深い。

メニュー

メニューの食材も、南牧村をはじめ、地元のものが使われています。

どんぶり

お一人で切り盛りされているので、出るのに時間がかかることも。
でもここでは、待つのも楽しみのうちです。
友人とならゆっくり語らい、一人だったら読書。
縁側から見える自然を、ただ眺めるだけだって、いい(^^)

いただいたBBQどんぶりは、「カフェごはん」ながらもどこか、懐かしい味がしました。

ミニデザート&ドリンク

期間は9月22日(日)まで。その後は東京のお店で。
でも、東京でも南牧村の食材を使っていくそうです。

都会の方が地方の良さを知り、その地に触れる。
そして、その良さを都会で伝える。
そして更に多くの方が、良さを知っていく…

「ちょっとしたcafe」さんの試みは、過疎や少子高齢化といった、地方が抱える問題。
更には都会が抱える問題も、解決の糸口が見つかるような気がしました。

…ぜひ来年も、南牧村に来て欲しいなあ…

ちょっとしたcafe in 南牧村
甘楽郡南牧村大字大日向1517
・期間 9月22日(日)まで(17日はお休み)
・時間 11:30~18:00(ごろ)
(21日はイベントのため通常営業は15:00まで。また最終日・22日も15:00までです)
URL:http://www.patieco.com/
(↑東京のお店のHPからリンクされています)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

りっぷる展覧会―in おかって市場

りっぷる展覧会

富岡の「おかって市場」さん。先月のはぎちゃん先生による陶展に引き続き、今月も展示会があります。
今回は桐生のripple(りっぷる)さん。名付けて「りっぷる展覧会」です。

夫のハルさんが染色し、妻のクミさんが縫う…
ご夫婦の共同作業で生まれた服や小物たち。その色合いとデザイン、着(付け)心地に多くのファンがいらっしゃいます。
私も前回の動楽市で帽子を買ったのですが、この夏に大活躍しました!
リバーシブルでオシャレだし、畳んでカバンの中に入れてもかさ張らないし、何よりも肌に馴染みます(>▽<)

期間は本日・9月6日(金)と、7日(土)、8日(日)の3日間。
最終日の8日は、おかって市場恒例の「つきいちマルシェ」もあります。

「つきいちマルシェ」と併せてかな~☆、と思ってたけれど。
初日の6日、休暇が取れたこともあり、行ってきました!!

カバンたち

服たち

「まる」小物

帽子&店内

ハンカチたち

エプロン

オシャレなエプロン&帽子の後ろに見えるのは…

空子ファミリー

「裏」(!?)で人気「増殖」中!「空子ファミリー」(のおにんぎょう)♪
「りっぷる展覧会」に併せ、集まってきています☆
何故「空子ファミリー」なのか。集合して飾られているのか(非売品です)。
…分からない方は、クミさんに訊いてみてくださいね♪
下に立てかけてある、「空子と愉快な仲間たち」のフォトブックも必見です(^^)

りっぷる展覧会
開催日 9月6日(金)・7日(土)・8日(日)
場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
時間 9:00~19:00(8日は17:00まで)
TEL:0274-67-5373(おかって市場)
※最終日・8日は「つきいちマルシェ」と同時開催です!

また、rippleさんについてはこちら↓。

ripple
URL:http://www.ripple-garden.com/
Blog:http://ripple-garden.doorblog.jp/
Twitter:@ripple_kumi
※火曜日のみですが、ご自宅でショップもオープンしています↓
「りっぷる洋品店」
桐生市錦町2-10-44(時間:11:00~19:00)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

つくしの森の納涼祭―in 老人ホーム「やまと」

カレーとハッシュドポーク

8月最後の日曜日。姪を連れて「つくしの森」の納涼祭に行ってきました。
場所は安中にある「在宅型有料老人ホーム やまと」
高齢者施設ですが、一般の方もマルシェ感覚で、気軽に参加することができました(^^)

写真↑は、Yammy's Chicken(通称:ヤミチキ)さんのチキンカレー(手前)に、空島キッチンさんのトマトのハッシュドポーク(奥)。
どちらもメインは唐揚げにスープ…とジャンルが別☆でも、どちらもすっごく、おいしかったですよ♪
ヤミチキさんのカレーは正統派。空島キッチンさんのハッシュドポークは優しい味です。
姪と1個ずつ頼んで、互いに味見したりして食べました(^^)

フードは他にも…

和ッフル

和ゴンさんの「こんなに盛っちゃっていいの!?」という和ッフルや、

かき氷

氷香さんの果肉ジューシーなかき氷。

その他にも、「まついだ森の家」でランチした和ノ屋さんなど、一施設の納涼祭とは思えないほどのフードの充実度でしたo(^▽^)o
流しそうめんも、やってたんですよ~。
時間の関係で、そうめんタイムまで居られなかったけど…☆

空子さん

今回のイベントスタッフでもあり、告知してくれた「空子の部屋」の空子さん。
イベントの詳細や「つくしの森」については、空子さんのブログを(→こちら)。

演奏会などの催しあり、ワークショップあり、講演会あり…
フードをメインに紹介しちゃった(!)けれど、人と人とが「繋がる」ことを意識したイベントでした。

イベントの様子

空島キッチンさん

Sweet Deviさん

Sweet Deviのみいさんや織物作家のkoiketamaさんの姿も。

マッサージ

やまと&森の家のマッサージには、あの方もスタッフで参加されていました♪
(マッサージ受けたかったけれど、姪も居るし時間ないし断念…☆)

催し

催しは、施設で暮らす高齢者の方々も、部屋の中からご覧になっていました(^^)

イベントの様子

在宅型有料老人ホーム やまと
安中市原市3518
TEL:027-388-0071
URL:http://www.yyh-yamato.co.jp/
※「つくしの森」の活動についても、Webで紹介されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

本とコーヒーを求めて「麦小舎」へ。

麦小舎入口

万灯会から遡ること数時間…
北軽井沢の森の中。別荘も建ち並ぶその一角に、足を踏み入れていました。
週末だけオープンするブックカフェ・麦小舎(むぎこや)さんです。

ずっと行きたいと思っているんだけど、なかなか行けない場所。
そこを訪れることができた時、子どもみたいにドキドキワクワクしてしまいます。
今回の麦小舎さんも、また然りでした。

看板を見つけ、建物が目に入り、徐々に近くなってくる。
それにつれ、自分の目が輝き、胸が高鳴ってくるのが分かりました。

麦小舎さん

余りにも興奮して、靴を脱ぐ場所を土足で入りかけてしまったのは、ナイショです…(笑)

店内

入ってすぐは、天窓のあるサンルーム。ナチュラルな木の家具が映えます。
ここもカフェスペース。雑貨類なども展示販売されています。

サンルーム

サンルーム

書籍たち

そして、奥の部屋。
暖かみ溢れる灯りに、壁を彩るのは書籍たち。

書籍たち

書籍たち

書籍とワンコ

ハードカバーに文庫。雑誌に図鑑。
小説に詩歌、絵本や洋書まで…
本好きにはたまらない場所です。

暖炉とソファ

本を手に、何時間でも佇んでいたい…
その気持ち、とてもよく分かりました。

店内

コーヒーは高崎のtonbi coffeeさんによる、麦小舎オリジナルブレンド。
看板メニューは麦小舎バーガー

麦小舎バーガー

高さのある麦小舎バーガー(写真はチーズをプラス)は、ジューシーながらも優しい味。
手づくりのポテトチップスも、すごくおいしかったです!

コーヒー

少人数でゆっくりと過ごすためのカフェなので、5名以上のグループの入店はお断りをされています。
小さなお子さんは連れても大丈夫です。その場合は、他のお客さまの迷惑とならないように…とのことです。

入口

ネコとハンモック

ネコと麦小舎

本とコーヒー 麦小舎
吾妻郡長野原町北軽井沢1990-3407
(↑群馬県です。ご注意を☆)
TEL/FAX:050-3668-7042
営業時間 10:00~17:00(10、11月は~16:30)
営業日 土・日・祝日(冬季は休業になります)
URL:http://www.mugikoya.com
Blog:http://mugikoya.exblog.jp/
Twitter: @mugikoya
※隣の小屋には、古本と雑貨のお店「キジブックス」もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »