« 「だるまだるま」の冷製おじや/高崎まつり2013(告知) | トップページ | 「とまとや」さんと「たま三郎」さん―at アルベロ.マルシェ »

2013年7月30日 (火)

「おかって市場」からタイムスリップ―富岡倉庫・繭乾燥場跡

繭乾燥場

「動楽市」「つきいちマルシェ」の会場にもなる「おかって市場」
ここは以前、繭の乾燥場でした。
そのため、店舗として改修されていない箇所は、当時の状態が残されています。

前回(7月14日)の「つきいちマルシェ」の時、特別に乾燥場跡を見ることができました。
扉を開け、足を踏み入れた途端、空気は大正~昭和初期(ごろ)へ。
タイムスリップしたかのような空間に、思わず目を見張ったのでありました。

繭乾燥場

繭乾燥機

繭乾燥機。つい先ほどまで、動いていたかのような存在感に圧倒。

繭乾燥場

パイプ

秤

取説と走り書き

柱や扉に記された走り書きも、当時のまま。

繭乾燥場

機械や設備は勿論のこと、小道具も歴史的価値を帯びているこの空間。
富岡の歴史を語る、ひとつの場所だと思いました。
そして、後世に遺して行きたい場所でもあります。

つきいちマルシェ

長閑に行われている「つきいちマルシェ」。後ろの建物に、こんな秘密があったとはね~☆

さて、この時の「つきいちマルシェ」。

朝マカポン

恒例となった、朝マカポン(cafe MAKAPさん&PONCURRYさんで朝ゴハン)。

つきいちマルシェ

たくさんの季節の野菜に草花たち。
(全部紹介しきれなくて…スミマセン☆)

むぎっこ&BIOSK

あれば必ず買っていくmugicco(むぎっこ)さんに、BIOSKさんも。
BIOSKさんでは、今回初めてプリンをいただきました(^^)

かき氷

そうそう!かき氷も食べたんだった!!
昔ながらの手回しの器械で、氷を削ったかき氷。
ふわふわシャリシャリでおいしかったです(>▽<)自家製シロップも最高でした♪

かき氷は次回のマルシェ(8月11日(日)開催)でも、登場するかもしれないですね~(^^)

そして、その時はこちら↓の個展も開催されています!

チラシ

「NIPPONの47人 2013 CRAFT」にも選ばれた、はぎちゃん先生こと萩原将之さんの陶器展です。
個展の名はそのまま「萩原将之 陶展」
期間は8月9日(金)~16日(金)の8日間です。

先日は「まーやの家」での「アオニサイノカタチ」陶展を大成功させた、はぎちゃん先生。
(余りの大盛況で、期間を延長させたほど!)
その工房は、富岡・妙義山の麓にあります。

地元開催の陶展。
はぎちゃん先生が織りなす「青」を、富岡の空気と共に味わいに来てくださいね♪
「アオニサイノカタチ」で密かな?人気だった、苔玉も登場する予定です(^^)

おかって市場
富岡市富岡1450
(富岡市役所向かい。上信電鉄・上州富岡駅からは3分)
TEL:0274-67-5373
営業時間 9:00~19:00(日曜日は~17:00)
無休(年始はお休み)
URL:http://okatte-market.jugem.jp/
Twitter:@okatteichiba
※「つきいちマルシェ」の情報も、こちら↑チェックできます。

|

« 「だるまだるま」の冷製おじや/高崎まつり2013(告知) | トップページ | 「とまとや」さんと「たま三郎」さん―at アルベロ.マルシェ »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/52658818

この記事へのトラックバック一覧です: 「おかって市場」からタイムスリップ―富岡倉庫・繭乾燥場跡:

« 「だるまだるま」の冷製おじや/高崎まつり2013(告知) | トップページ | 「とまとや」さんと「たま三郎」さん―at アルベロ.マルシェ »