« 信州ツアー(つづき)~蓼科牧場とハーバルノート | トップページ | junk style market ―at MOTOKONYA »

2013年7月 3日 (水)

PONCURRYの米づくり

田んぼ

信州ツアーの話が終わってませんが…先週末のことを☆
6月29日の土曜日。起きたのは朝の4時15分。
5時過ぎに家を出て、高崎市の南・山名町へ車を走らせました。
ここで、6時から、手作業による田植えが行われたのです。

発端は、今や大人気!移動販売のカレー屋・PONCURRY(ポンカレー)さん。
「カレーに合うお米を、無農薬無肥料で作りたい!」と、ご実家の田んぼでお米づくりを始めました。
すもの食堂さんにBIOSKさん、福田農園さん、そしてお店仲間さんの協力を得て、田を耕し、苗を育て、代かきをする…
それらは全て手作業です。苗もビニールハウスの中ではなく、田んぼへの直播きで育ててきました(写真↑)。

おいしいお米を、みんなに食べて欲しいから。
だからこそ、手間をかけて作りたい。

田植え

今回の田植えは、ジョウモウ大学の授業の一環でもありました。
2日に分けて生徒を募集。多くの申し込みがあったそうです(その中から抽選)。
有志のお店仲間さんも、時間の許すギリギリまで参加していました。
店主・ワカさんのお人柄が伺える、一幕です(^^)

苗床作業

まずは、直播きの苗を苗床から外す作業を行います。
この時に混在しているヒエを取り除きます。
見分け方は、関節部と言われる節。毛が生えているのがイネ(稲)です。また、ヒエは根元が赤いので、その点でも見分けられます。

田植え

ある程度の稲の束ができたら、藁で縛って田植えの場所へ。
そうしてみんなで手分けして、一つ一つ植えていくのです。

道具登場!

手植えの際活躍するのが、ワカさんが持っている↑の道具。

使い方

苗を等間隔に植える道具で、2つの杭を田んぼの両縁の土手に差し、糸を張るんですね。
糸には印が付いていて、

使い方(その2)

印に合わせて植えれば、等間隔に植えられる…って訳です。
一列分植えられたら、杭を等間隔に移動。
モチロン、杭を移動させるのにも人出が要ります。

昔の農家が大家族だった理由が…分かりますよねぇ~☆

なお、今回の植え方は「一本植え」です。
機械植えの場合、一ヶ所に3本程度の苗が普通。苗の長さも短めです。
でも、「細く長く」植えるのが、いいお米ができる秘訣なんだそう。
一方で、直播きの苗でないと、できない方法でもあります。

自分に割り当てられた箇所を、一つ一つ植えていく。
隣の人の苗がなくなれば、分け合う。逆に自分の手持ちがなくなれば、分けてもらう。

一列が終われば、杭を移動して、また一列…

この日は全体の半分ほどを植えて終了。
ほぼ予定通りに進みました。

お昼ゴハン

終わった後は、すもの食堂さん手作りのお昼ゴハン。
サラダに煮玉子、漬物、野菜たっぷりのお味噌汁…
そして、今回植えた同品種のお米も食べることができました。

ゴハン

お米の品種は「ハツシモ」です。
コシヒカリより粘り気が少なく、あっさりとした味が特徴。
ワカさんたちが自ら食べ比べて、この品種に決めました。主役のカレーを引きたてるのに、ピッタリきたんだそうです。
コシヒカリのようなお米だと、味が強すぎて、カレーが負けちゃうらしいんですね☆

ゴハンの様子

汗を流した同士、みんなで食べるゴハンは最高!
これ以上にない、贅沢なゴハンになりました(^^)

…ひと昔前、家族、いや親戚総出で、こうした農作業をしていたのでしょう。
大人も子どもも手伝い、みんなで協力し合いながら作業をする。

そして、休憩の時や終わった後は、おにぎりや漬物、お茶なんかを持ち寄って。
それらを頬張りながら、団欒していたのだと思います。

便利になりすぎた現代。機械化が進み、作業自体は人出がなくても、「とりあえず」できるようになったけど。
それと引き換えに、人々が忘れてしまったものは、多いし重い…

PONCURRYさんの米づくり。忘れてしまった大切なものを、思い出させてくれるのではないか…と思いました。

ポーズ♪

~お店紹介~

PONCURRY
URL:http://poncurry.jugem.jp/
Twitter:@poncurry_waka
※米づくりの状況はこちら↑でチェック。また、出店情報もチェックできます。

また、大変おいしい♪ゴハンを提供してくれた「すもの食堂」さんについては↓。
今回の米づくりの状況も、Twitterでつぶやかれています(^^)

すもの食堂
URL:http://www.sumono.net/
Twitter:@sumonoshokudo

|

« 信州ツアー(つづき)~蓼科牧場とハーバルノート | トップページ | junk style market ―at MOTOKONYA »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

私も保育園~小学校低学年くらいまでは、母の実家の田んぼで毎年田植えをしていました。
手植えもしてましたよ!
後半は機械植えになったけど、機械で植えられない端っこは手植えだったり。
あの、泥の感触が懐かしいな~。
ぜひ毎年の行事?にして欲しいですね。
娘も高学年になればお手伝いに行けるかな。^^
私は、、、ご飯目当てで。。。笑

投稿: okko | 2013年7月 6日 (土) 17時24分

◆okkoさん
私は小学校の時に田植え体験をしました。
学校の近くに田んぼがあって、手で植えたんですね☆
「わーわーきゃーきゃー」言いながら、植えたんだよ~。
今は機械植え、それどころか米づくり自体、作り手さんが少なくなっているけれど、
ポンカレーさんたちには、ぜひ続けていって欲しいです!

それには私たちも応援しないとだよね!
また来年も田植えを…そして、娘ちゃんと一緒にしたいです(^^)
モチロン、後のゴハンもね♪(笑)

投稿: つぶ | 2013年7月 7日 (日) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/52281610

この記事へのトラックバック一覧です: PONCURRYの米づくり:

« 信州ツアー(つづき)~蓼科牧場とハーバルノート | トップページ | junk style market ―at MOTOKONYA »