« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

信州ツアー(つづき)~蓼科牧場とハーバルノート

蓼科牧場

信州ツアーのつづきです。
信州・長野は土地柄、見渡す限り平原や畑が続いてる…そんな場所が多いです。
山はずっと先にあり、空が広い。
群馬では余り見られない光景です。

写真↑は、蓼科牧場のお馬さんたち。
のんびりと草を食んで、気持ち良さそう♪
遠くかすかに見えている鉄塔だって、牛さんの形。
その長閑な光景に、こちらもリフレッシュできちゃいます(^^)

…でも、ここ。当初の信州ツアーには組み込まれていませんでした。
次の目的地に向かう道中、「ソフトクリームがおいしい」という話が挙がって…☆

ソフトクリーム

牧場にある「牛乳専科もうもう」に寄った次第☆
時間押しているのに…(-_-;
さすがブログ&Twitterのツワモノが揃う(!?)ツアーです。

でも、寄るだけあって、ソフトクリームはおいしかったですよ!
すっきりとしたミルクの味で、食べやすいんです♪最後までおいしくいただけました(^^)

そうしてようやく、車は当初の目的地へ。
と向かったものの…

途中、私は何と車酔い☆
トーストとソフトクリーム、お腹いっぱい食べたのが「キタ」ようで…。
(ソフトクリームまで食べなければ…でもどうしても、食べたかった…)

そんな状態で着いたのが、「ハーバルノート・シンプルズ」。

お店外観

蓼科高原の中に佇む、ハーブ&アロマテラピー専門店です。
「いかにも作った」という感がなく、自然に、ただ「そこにある」という雰囲気が、イイ。

お店外観

最近、アロマにも関心が芽生えた私。
正直、よーく見たかったけれど、この時はまだ、車酔いの状態から抜け出せず…(-_-;
写真を撮るのがやっとでした☆

…「やっと」の身体なのに、デジカメ構えてたんだよなあ…

自分のブログ根性(!?)に、我ながら呆れ(笑)、感心した次第です☆(更につづく)

ハーブたち

器たち

店内

アロマ

窓からの様子

庭の様子

猫ちゃん

庭の様子

~今回紹介したお店~

牛乳専科もうもう
長野県北佐久郡立科町蓼科第二牧場
TEL:0267-55-7557
営業時間 9:00~17:30
※4月上旬~11月下旬の営業。営業期間内は無休です。

蓼科ハーバルノート・シンプルズ
長野県茅野市豊平10284
TEL:0266-76-2282
FAX:0266-76-6416
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
URL:http://www.herbalnote.co.jp/
※通販もあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

信州ツアー~始まりは「YUSHI CAFE」で。

YUSHI CAFE

6月23日・日曜日。
この日は群馬を抜け出して、ブログ&Twitter仲間さんたちと「信州ツアー」に行きました。
まずはお約束、佐久の「YUSHI CAFE」でモーニングです。
実は「YUSHI CAFE」、最後に行ったのは北八ヶ岳の時
1年半以上も経っていました。

店内

久しぶりの「YUSHI CAFE」は、懐かしい一方、何かが新鮮で。
でも、居心地のいい空間は、そのままで。

店内

そして、すうっと自然に、私たちに安らぎを与えてくれます。

コーヒーカップたち

歓談

歓談その2

そして、今回の朝ゴハン。
トースト&コーヒーのセット(500円)。トーストはジャムを塗ってもらいました。

ジャムトースト

マーマレード(左)とリンゴ(右)のジャム。
マーマレードは柑橘の酸味が爽やかで、梅雨のこの時期にすごくよく合いました!
リンゴは甘みが強くて、ほっと和む味です。

…でも、リンゴを食べている途中で「もう出るから」と急かされちゃって☆
最後の方はじっくり味わえなかったんです。
何しろ、ツアーの時間が押してたもので(笑)

出だしで30分以上遅れたこのツアー。どうなることやら…(^_^;
しばらく、信州ツアーの話がつづきます。
(余りにも長くなりそうなので、途中別の話が入る可能性大です・笑)

お店入口

YUSHI CAFE
長野県佐久市協和2379
(国道142号線 協和交差点近く)
TEL:0267-53-1043
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

「あすなろ」復活

あすなろ
昭和30年代後半~40、50年代。その間、高崎で、音楽と詩のコミュニティーサロンとして名を馳せた喫茶「あすなろ」。
昭和57年(1982年)に惜しまれつつ閉店しましたが、この6月9日(日)復活を遂げました。

復活させたのは、高崎経済大学の関係者及び学生さんたち。
実際にお店を運営するのは、学生さんが主体です。メニュー、ディスプレイ、そして企画に至るまで、ほぼ学生さんが考え、動きます。

そんな復活後の「あすなろ」。ある日の夕方に行ってみました。

お店入口
場所は閉店時店舗があった鞘町(開店当初は本町。その後鞘町に移転)。
「さやもーる」通りの一角にあります。

そして…店内。

店内

店内

重厚感あるたたずまいに、流れるBGMはクラシック。
「あすなろ」は、群響(群馬交響楽団)に大いに関係があります。
群響の誕生を描いた映画「ここに泉あり」に感銘を受けた詩人・崔華國(さいかこく)がオープンさせた店なのです。

…「あすなろ」を知らない世代には、一見ちょっと身構えてしまうかもしれないけれど。
でも、不思議と居心地が良くて、時間を忘れて佇みたい…
そんな雰囲気が、ありました。

こころ

各テーブルには、往年の文豪の名作が。
コーヒーを片手に、ページを捲る…
学生さんのアイディアで、置かれるようになったそう。

階段の壁面

2階はイベントスペースとなっています。
階段の壁面には、「あすなろ」の歴史と当時の写真などがディスプレイ。
これも学生さんが企画し、作成・展示しています。

2階

2階の様子。

壁面

壁面のディスプレイも学生さんによるもの。
詩や楽譜が綴られています。

往年の「あすなろ」の面影を残しつつ、現代の社会にどう息づいていくか。
学生主体という運営面においても、試行錯誤な点が多々あると思います。

でも、「高崎」という街の歴史と文化に触れ、これからの社会に伝え、生かす。
その取り組む姿勢に、エールを送りたい\(^▽^)/

…お店を出る時、看板の前に立っていつまでも見送ってくれた学生さん。
その姿が、とっても印象的でした。

お店外観
なお、メニューは喫茶(ドリンクとお菓子)のみです。
コーヒーは350円。リーズナブルな上に、私好みのスッキリした飲みやすい味でした(^^)

あすなろ
高崎市鞘町73(さやもーる通り内)
TEL:027-384-2386
営業時間 12:00~21:00
定休日 月曜日
Twitter:@asunaro_tcue
※ブログはこちら→「あすなろ学生部会のブログ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

下戸。。でも楽しめる「高崎バル」(つづき)

大大坊

「高崎バル」のつづきです。
「THE RED LION」の後の3軒目。ラーメン屋の大大坊(だいだらぼう)に行きました。
「もう〆!?」ってな感じですが、何しろ下戸ですからね。。。夜ゴハンの代わりです☆
一度行ってみたかったお店でもあります。

女子一人では入りづらそうな外観ですが…
店内は気さくな「おかあさん」が和やかに対応してくれるから、居心地が良かったです♪

ここでのバルメニューは冷製の2種類。
「海老あえそば」か「ニンニクのあえそば」。どちらかを選びます。
ドリンクはウーロン茶が付きます。

冷製あえそば

私は海老の方をチョイス。
味は濃厚だし、太麺なのでボリューム大。でも、不思議と食べられます♪

…それでも、さすがにお腹いっぱい☆

隣の男子学生お二人は、厚さ3~4センチはあろうかという、超ビックなチャーシューがのった麺を食べてました。
チャーシュー、器からはみ出てたし、麺だって…大盛りだったんですよー!!
そのビジュアルに、思わず凝視しちゃいました☆写真撮らせてもらえば良かったなー☆
モチロン、学生さんは平然と完食です!
若い男子の食欲って、ホントすごい\(^0^)/
私も不思議と、元気をもらえました♪

そして、4軒目は…日が替わった休日の昼間。
老舗ケーキ屋の「ラ・メーゾン」に行きました。

ラ・メーゾン
こちらも昼間バルチケットが使えるお店。
奥に喫茶スペースがあって、好きなケーキ&コーヒーのセットがバルメニューになっていたんです。

ケーキセット
実はこの時、母親と一緒でした。
なので、母親と二人でチケットを使用。
母親は、一番のお気に入りであるモンブランを。私はちょっとランチを食べ過ぎてて(笑)、軽めにプリンを選択。

このように、5枚綴りのチケットを、複数人で使用できるのも「高崎バル」の魅力です。
また、「あとバル」と言って、イベント終了時チケットが余っても、一週間程度、金券として利用できるんですね(利用できる店舗は限られます)。

実は私も、大大坊の後の時点では、チケットは「あとバル」で使おうと考えていました。
でも「高崎バル」のことを聞いた母親が、「ラ・メーゾンに行きたい」と言い出したので…

「下戸。。でも楽しめる『高崎バル』」いかがだったでしょうか?
モチロン、「バル」と銘打つ以上、アルコールと共にお店を回るのがベストだと思いますが…
まあ、これも、一つの楽しみ方、ということで(^^)

高崎バル
URL:http://www.takasakicci.or.jp/bar/

~今回紹介したお店~

上州山賊面 大大坊
高崎市通町111
TEL:027-327-9083
営業時間
・昼 11:00~14:30
・夜 18:00~22:30(なくなり次第終了)
定休日 月曜日・第2、4火曜日

ラ・メーゾン
高崎市田町24
TEL:027-326-2000
FAX:027-326-2559
営業時間 9:30~19:00(喫茶は~17:00)
定休日 水曜日
URL:http://business3.plala.or.jp/lamaison/
※ブログはこちら→「夜とケーキと音楽と」
※なお、以前紹介した記事はこちら。母親のお気に入り・モンブランについても(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

下戸。。でも楽しめる「高崎バル」

バルチケット

6月6日(木)~9日(日)に開催された「高崎バル」。
高崎街中の店舗を、スペインバル的な感覚で巡れるようにしたこのイベント。
事前(当日でも可)に5枚綴りのチケットを購入し、イベント期間中に対象店舗のバル限定メニューをいただく、というものです。

既に何回か開催されていますが、今回、初めてチケットを購入しました。
第1回目から気にはなっていたものの、時間的な都合がつかなくて☆
そしてもう一つ、大きなネックだったのが、私自身が「下戸」なこと(^_^;
バルは「タパス」という小皿料理を「つまみ」に、バーなどを「飲み歩く」ものです。
だから下戸な人には…ねぇ…無謀でしょ(笑)

しかし、今回、高崎バルの参加店舗とバル用メニューを見たところ、ソフトドリンクを提供してくれるお店が増えているのに気付きました。
これなら、行けるかな♪…ということで…

…下戸な私が、どのように「高崎バル」を楽しんだか。

まずはランチ。
バルは夜が基本ですが、日中でも利用できるお店が幾つかあります。

だるまだるま

鞘町にある「だるまだるま」。
国産・無添加の素材にこだわったおむすびを、朝7時半から提供してくれるお店です。

バルメニュー

こちらのバル限定メニューは、おむすび2個とお味噌汁。
おむすびは、1個を焼き大福に変更可。お味噌汁も、好きなドリンクに変更できます。
私は「おかか」のおむすびに、焼き大福。そしてお味噌汁。
お味噌汁は、めちゃくちゃ具が入っていて、大満足\(^0^)/
おむすびも、お米が甘くって、具の量も多くて、おいしいんですよ♪

そして、2軒目はバル本番の時間帯・夕暮れになってから。
「THE RED LION」へ行きました。

THE RED LION

こちらの方も行かれたパブリックハウス(パブ)です。
めっちゃ本格的!下戸なのに何故??って感じですが、一度行ってみたかったのです。
ソフトドリンクも飲めるみたいだし…

店内は、半数が欧米系の方が占め、飛び交う会話も英語(たぶん)。
日本人の方も、オシャレな方ばかり。
バーテンのオネエサンも、カッコよかったよなあ…

ドリンクと店内

いつもの自分からすると、思いっきり場違いですよ。ハイ(^_^;

こちらのバルメニューはドリンクとミートパイ(又はチキンパイ)のセット。
パブはアイルランド&イギリスでの飲むスタイル…ですが、バル的感覚で使用しても、悪くないよなあ~と思いました(^^)

…3軒目以降は、次回へつづきます☆

高崎バル
URL:http://www.takasakicci.or.jp/bar/

~今回紹介したお店~

だるまだるま
高崎市鞘町80(タイムズビル1階)
TEL:070-5011-8643
営業時間 7:30~17:00(売り切れ次第終了)
定休日 月曜日
※テイクアウト、予約も可能です。

THE RED LION
高崎市通町33-2(Nビルディング1F-C)
TEL:027-325-1405
営業時間 17:00~翌2:00(金・土は~翌4:00)
無休(正月を除く)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

くうや市(つづき)―soracoukanと仲間たち

くうや市

丸沼高原・「くうや市」のつづきです。
soracoukan(そらくうかん。紹介は前回の記事参照^^)と仲間たちが繰り出す「くうや市」。
清々しい空気と新緑の中、人々の会話と笑い声が絶え間なく流れます。

それはまるで、爽やかで心地よい音楽会のようでした。

イベント様子

iikarakanさん

バックたち

飾り付け

Tasukuさん&rippleさん

rippleさん

rippleさん人形

Cou屋入口

Piece*Plusさん

ひろさんの器

muguetさん

サンドイッチ&スープ

大石商店さん

sweet deviさん

花たち

ミニ演奏

キノコたち

クーちゃん

しめうさ堂さん

イベントの様子

大石商店さん

イベントの様子

「soracoukanと仲間たち」の皆さんについてはこちら(←空子さんのブログ)。
素敵なひと時を、ありがとうございました♪
「くうや市」で出逢えた皆さんにも、感謝♪♪

そして何より…ここまで連れて来てくださった二人のお兄サマに、感謝です(^^)

Cou屋
利根郡片品村東小川4658-47 ペンション村内
TEL:0278-58-4151
FAX:0278-20-7119
URL:http://www.cou-ya.com/
Blog:http://cou-ya.sblo.jp/(Cou屋日記)
※パン販売&カフェ(Cou-cafe)の営業期間は、6月14日~10月28日(2013年)の金・土・日・月曜日。カフェができるのは土日のみですが、8月は金・月曜日も可能だそうです。
※パンの販売は、焼き上がりの10時ころ~。カフェは11:30~15:00(L.O.14:30)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

「くうや市」―片品・丸沼高原「Cou屋」

Cou屋看板

Cou屋入口

中の様子

イベントの様子

イベントの様子

6月最初の日曜日。まずは電車に揺られて、沼田駅まで。
2週連続で夜明けの棚田ツアーを敢行した(スゴすぎっ☆)お兄サマ方と合流し、丸沼高原のペンション「Cou(くう)屋」へ向かいました。

ここでこの日開催されていたのが、「くうや市」というイベント。
Cou屋さんと、Twitter仲間の空子さん、そしてiikarakanさんのトリオ「soracoukan(そらくうかん)」がプロデュースしました。

Cou屋さんのおいしいパンとピザを、皆さんにも食べてもらいたい!
それなら、仲間の小物作家さんにも声かけて、イベントしちゃおう♪

そうして開催された「くうや市」。
日光への金精峠は目の前。遠い場所にもかかわらず、多くの方々が訪れていました。

パンと石窯

Cou屋さんのパン、とんでもなく人気です!
開始11時ちょっと過ぎで、既にカンパーニュ・バゲット・ベーグル類は半分以上なくなっていました。
サンドイッチ系はまだありましたが、次から次へと手が伸びて、トレイの中へ…
レジを待つ方、どの人もトレイはパンの山!

「早く買わないと、売り切れちゃう」
私もその仲間に、加わりました(^^)

買ったパンたち

タルトや焼菓子も含めて、買ったパン類はこちら。
(写真には見えていませんが、焼菓子(パウンドケーキ)はもう1種類買ってます)
Cou屋さんのパンは、香ばしい味が特徴です。
特にバゲットの「カリッ」とした歯ごたえは、めちゃくちゃ私好み(>▽<)
今まで食べたバゲットの中で、一番おいしいかも…

サンドイッチも、具がたっぷり♪でも味付けはマイルドで、おいしかったです。
スープと一緒に、外のテーブルでいただきました。
丸沼の爽やかな気候、新緑が降り注ぐ中…
最高のブランチになりました(^^)

アスパラピザ

石窯で焼いたピザも、焼き上がった傍からなくなっていきました。
写真は、丸沼産のグリーンアスパラのピザ。
アスパラはシャキシャキ、味もしっかりしていて、とってもおいしい!
ピザ生地は…もう、言うまでもありません(^^)v

Cou屋さんは、夏季期間の金~月曜日はパンだけの購入もできます。
そのうち、週末の土日はカフェもOPEN!
夏のドライブ。通りがけに寄ってみては、いかがでしょう??(^^)

なお、「くうや市」の様子については、この次につづきます。
撮った写真は100枚以上。やっぱり、一つにまとめられなかった…(笑)

Cou屋
利根郡片品村東小川4658-47 ペンション村内
TEL:0278-58-4151
FAX:0278-20-7119
URL:http://www.cou-ya.com/
Blog:http://cou-ya.sblo.jp/(Cou屋日記)
※パン販売&カフェ(Cou-cafe)の営業期間は、6月14日~10月28日(2013年)の金・土・日・月曜日。カフェができるのは土日のみですが、8月は金・月曜日も可能だそうです。
※パンの販売は、焼き上がりの10時ころ~。カフェは11:30~15:00(L.O.14:30)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

「パンまる」の味噌バンズ。そして…

Rimg1094
以前こちらで見つけた「味噌だれ」のバンズパン
実は「パンまる」にもあることを、少し前に発見しました。

「パンまる」の味噌バンズは、味噌だれはサンドされていません☆
焼まんじゅうみたいに、表面に「とろん」とコーティングされています。
丁度甘い「皮」の部分に…ですね♪

正式名称は「味噌だれくるみバンズ」…なため、ベースの生地はくるみパン。
味噌だれはやや甘みが強いです。でも、クルミの塩気と相まって、これまたおいしいバンズパンでした(^^)

なお、以前紹介した「パンまる」のバンズパンはこちら

パンまる
高崎市飯塚町382-4
TEL:027-362-4337
営業時間 7:00~20:00
定休日 なし

更に、これまでに紹介した「バンズパン」のラインナップはこちら↓
バンズパンは群馬西毛(西部)固有の、ローカルパンです。
今後も食べ次第、紹介していきます♪

「セブンイレブン」のバンズパン(コンビニバンズパン編)
「櫻」のバンズパン(味噌だれバンズ編)
「マナペコ」のバンズパン
「パリジャン」のバンズパン(あんバターサンド編)
トリアノンの「メイプルバンズ」(変わり種編)
「プラリネ」のバンズパン(生クリームサンド編)
「アジアパン」のたまごパン(「バンズパン」仲間たち編)
「ぱん卓」のたまごパン(「バンズパン」仲間たち編)
「パンまる」のバンズパン(あんバターサンド編)
日英堂のバンズパン(バンズパンとは?解説付き)

------------------------------------------------

そして…前回の記事でもちょっと触れましたが…私事を。

Rimg1658
(高崎の麦畑。小麦らしいです。バックの山は榛名山)
実は先週、甥が入院していました。2年半前の病気の再発です。
(その時のことは、こちらで…)

厳密には甥の病気は完治しておらず、これまでも何かある度に、幼稚園や学校を休む日々を繰り返してましたが…
入院は最初の発症後初めて。
姉はまた看病のため、病院へ泊まり込み。姪も義兄と二人きりの生活…
私もなるべく、姪の側に居るようにしていました。

そんなこんなでどうなることやら…と思ってたけど、5月最後の金曜日、何とか退院。
正直、これで終わり…ではありません。でも、とりあえず家族が揃った点では「ほっ」とした次第です(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »