« 「キャラメルマキアート」と「ウインナコーヒー」―日英堂 | トップページ | 「工房あかね展」と「里山の癒し」―in まついだ森の家 »

2013年2月16日 (土)

2013年のバレンタイン―LaLa Sweets&CAFE ROSSY

Rimg0623

2013年のバレンタイン。今年は、LaLa Sweetsさんのロングケーキを注文しました。
あげる相手は、父親と姉のダンナ様、甥、そして姪。
4人分まとめて、ケーキでプレゼント。
3連休の一日。食事をした後に、みんなでいただきました(^^)

折しもこの日は、ピアノの発表会だった姪。
2年前、初めて発表会に出た日のことを思い出しました。
あの時は、甥がまだ入院中でした。だけど、姪が弾く時だけ見に来られて…

終わった後に、ご褒美で食べたのも、LaLaさんのケーキ。
この時も、バレンタインを兼ねていて、みんなで食べたんだよなあ…(その時の記事

やっぱり、LaLaさんのケーキは、私たち家族と共にあると、思います(^^)

なお、ロングケーキは、写真のザッハトルテの他に、オペラ、ショコラオランジュ、ショコラフランボワーズ、ショコラバナーヌがありました(詳細はこちら)。
LaLaさんのザッハトルテは、安心できる味で大好きです♪
プティガトー(ショートケーキ)の形なら、普段でも食べられますよ(^^)

Rimg0696

そしてこちらは、CAFE ROSSYさんの自家製ガトーショコラ
ROSSYさんは今年「バレンタインギフト」の販売もしていましたが…ガトーショコラも登場させていたんですね♪
大人な甘さが、コーヒーと良く合いました(^^)

…「超」数量限定とのことなので…まだあるのかな??
売り切れていたら、ゴメンナサイ!
でも、店主さんの未練?なのか(笑)、チョコメニュー第2弾もありますので、ぜひ♪
(ああ…「第2弾」も食べたい…(>▽<))

なお、CAFE ROSSYの今後の企画はこちら↓

2月24日(日) カフェ婚
(女性の申し込みは締め切ったそうです。男性は若干空いています)
2月25日(月) アロマハンド・フットマッサージ
(埼玉・上里町のアロマトリートメントルーム・yururicaさんよるマッサージ。私もよく施術してもらっています→こちら

~今回紹介したお店~

LaLa Sweets
高崎市飯塚町382
TEL/FAX:027-362-9966
営業時間 10:00~19:30
定休日 水曜日・第3火曜日
URL:http://www.lalasweets.net/
※ブログはこちら→「幸せのレシピ LaLa Sweets」

CAFE ROSSY
伊勢崎市境女塚12-1(国道354号線沿い)
TEL/FAX:0270-75-6041
営業時間 8:00~21:00
定休日 火曜日
URL:http://caferossy.blog134.fc2.com/
Twitter:@caferossy

|

« 「キャラメルマキアート」と「ウインナコーヒー」―日英堂 | トップページ | 「工房あかね展」と「里山の癒し」―in まついだ森の家 »

カフェ」カテゴリの記事

和洋菓子・アイス」カテゴリの記事

コメント

家族の思い出と共にあるお店。
大切ですね。
ロッシーさんのガトーショコラも美味しそう~。

私は娘たちの友チョコ作り、その試食、もらってきたお菓子達のせいで、「当分チョコは・・・」と言う気分です。
でも、きっとケーキが目の前にあったら食べちゃうと思うけどね。(o^-^o)

投稿: suikamama | 2013年2月20日 (水) 05時55分

◆suikamamaさん
LaLaさんは、姉一家もよく買っているお店です♪
奥様のReiさんが、とっても気さくな方で…
ぜひ今度、行ってみてくださいね♪
ROSSYさんのガトーショコラも!なかったら、リンク先のホットケーキを…
大人気で、ROSSYさんは「コーヒーより多く作っている…」ってボヤいてます(笑)

娘ちゃんたちの世代は、友チョコが流行っているんですね!
たくさん…なら、私に「おすそわけ」してくだされば、よかったのに~☆(笑)

投稿: つぶ | 2013年2月20日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/49449059

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年のバレンタイン―LaLa Sweets&CAFE ROSSY:

« 「キャラメルマキアート」と「ウインナコーヒー」―日英堂 | トップページ | 「工房あかね展」と「里山の癒し」―in まついだ森の家 »