« 「茶蔵坊」でモーニング | トップページ | 春のお弁当箱展とマナペコのおやつ―bottega616 »

2013年1月29日 (火)

「あした屋」のオーダーメイドバック―in Albero.

Rimg0513

先週、いや、更にその前の日曜日。
Albero.(アルベロ.)さんのお店で、私は素敵な「プレゼント」を受け取りました。
贈り主は、布製バックを手掛ける「あした屋」さんです。

発端は、遡ること2ヶ月前。前回の「アルベロ.マルシェ」でのことです。
この時に出店されていた「あした屋」さん。
オリジナルバックを受注する、ということで、作品例を展示していました。

その中の一つに、私の目が釘付け!
形や大きさ、風合い、そして使いやすさ…今まで探し求めていたバックが、そこにあったんですね(>▽<)
お値段を伺ったところ、市販のより全然リーズナブル!

「これを逃す手はない」と、即座に注文を決めました。

Rimg0509

そして生まれたのが、このバック。
写真は内側の様子です。外布、持ち手はモチロン、内布もどれにするか、ポケットは付けるか、付けるとしたら布は…と、一つ一つ決めていきます。
布も写真のような帆布もあれば、ソフトで優しい質感のもあります。

模様も様々…私は内布を水玉にしてみました。
外布はシンプルに無地です。さり気ない可愛らしさ?を出したかったんですね☆

Rimg0508

…例えばこんな感じ。内布の水玉がちらっと見えたりして(^^)

Rimg0515

バックの受け取り&支払いが行われた後、Albero.さんのコーヒーをいただきながら、話を伺いました。
「あした屋」さんの名前の由来は、

「あ」…ありがとう
「し」…しあわせ
「た」…たのしい ←訂正:「たいせつ」が正解
(↑あした屋さん、ゴメンナサイ!ご指摘、ありがとうございます!)

から来ていること。
製作や出店は、ご自身の無理のない範囲で…と考えていること。
今は他に「やるべきこと」もあり、今後、本格的に活動するか…も、迷っているところなんだそうです。

あした屋さんは、まだまだお若いです。
だから、いっぱい悩んで迷っていいのだと、思います。

「あした屋」さんの、名前の由来。
私たち一人一人を、「あした(明日)」につなげる、素敵な名前だと思いました。

Rimg0525

バックは早速使っています。身体に馴染んで、とっても使いやすいです。
多くの荷物が入れられるのに、しっかりした持ち手だから、肩に掛けても疲れにくい!

今まで「重くてがさばる」って理由で、「あるもの」を買おうか迷っていた私。
このバックなら、持ち歩いても大丈夫そうです。
…にわかに、現実味を帯びてきました(^^)

あした屋
イベントで出店されているかをチェックしましょう♪
出店される時が、チャンスです!

----------------------------------------------

そして、今回のAlbero.さん。
いつもはジェラートを紹介しますが、今回はこちら↓

Rimg0516

大マメさん手作りの、マフィンです。
今の時期は、ほぼ毎日作られています。中の具材もその都度変わって、この日は「はちみつリンゴ&グリーンレーズン」

グリーンレーズンは初めていただきました。通常のレーズンより酸味が強いです。
でも、はちみつリンゴとの相性は抜群!!
生地も、ほわっと軽く、優しい味わいです。
焼きたてだったので、1日経つと「しっとり」した生地になるのかな?
でもきっと、「優しさ」は変わらないと思います(^^)

Albero.
高崎市下里見町1701-1
TEL/FAX:027-340-1235
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
URL:http://www.albero-yamakifarm.com/
Blog:http://alberogelato.wordpress.com/(変更になりました!)
Twitter:@alberooomame
Facebook:http://www.facebook.com/alberogelato
※通販サイトはこちら→「山木農園」

|

« 「茶蔵坊」でモーニング | トップページ | 春のお弁当箱展とマナペコのおやつ―bottega616 »

ショップ」カテゴリの記事

和洋菓子・アイス」カテゴリの記事

コメント

使いやすそうなバッグですね♪
「あるもの」・・・・
たぶんアレだろうな~
なんて勝手に想像しています^^
(たぶん当たってると思いますよ♪)

投稿: しんごまま | 2013年1月30日 (水) 08時06分

あした屋です♪
素敵な記事にしていただいて
ありがとうございます!
感激です(#^▽^#)
あしたの「た」の由来は「大切」です(^_^)
「楽しい」でも全然アリですけどね♪
これからバッグのことでやりたいことに挑戦してみようと思っています。
これからもあした屋をよろしくお願いします(^^)

投稿: あっきー | 2013年1月30日 (水) 14時15分

◆しんごままさん
はい(^^)すごく使いやすいですよ♪
どんどん物を入れていきたい、勢いです(笑)

「あるもの」…当たりましたね♪
というか、簡単ですよね☆
分かりやすい人間ですから、私~(笑)

投稿: つぶ | 2013年1月30日 (水) 20時53分

◆あした屋さん(あっきーさん)
こちらこそ、コメントありがとうございます!
あと「た」の由来も…(笑)
よーく聞いたのに…ですよね(^^;

「たいせつ(大切)」、これも素敵で「大切な」言葉ですね。
私の文章では(しかも間違えてるし・笑)、あした屋さんの魅力を十分に伝えきれなかったと、思います。
それでも、感激だなんておっしゃっていただいて…
こちらこそ、感激です!!

やりたいこと、ぜひ挑戦していってくださいね。
私はいつもいつも、応援しています!
そして私も、失敗を恐れず、挑戦していきたいと思っています。

こちらこそ、またよろしくお願いいたします(^^)

PS:コメント…後の方をUPしました。
何回も入れていただいて…スミマセン☆

投稿: つぶ | 2013年1月30日 (水) 21時13分

素敵なあたたかみのあるバックですね♪
手作りって、自分で作ると凄まじいものが出来てしまいびっくりします。( ̄Θ ̄:
やはり買った方が良かったと、後悔もしばしば。
アルベロさんの皮の小物、今気に入って使っていますよ。

投稿: りき | 2013年1月31日 (木) 06時20分

素敵なバッグですね!!

本当に使いやすくて使い勝手のいいバッグって、なかなかないんですよね…^^;

投稿: こしたま | 2013年1月31日 (木) 22時23分

つぶさんの紹介してくれるものはどれも素敵でわくわくします。
持ってるだけで、つけてるだけで幸せになれるような何かを私も見つけたいなあ。
春が来るしね。^^
それと!マフィンはまだ食べてないの。
テイクアウトできるのかな。
楽しみ~♪

投稿: suikamama | 2013年2月 1日 (金) 05時45分

つぶさんのイメージにぴったりなバッグだね~。
帆布って、使えば使うほど味が出るから、これからの変化も楽しみだねぇ。
手作り、しかも作った人と会えるってますます愛着が沸く気がします。
世界にひとつしかない相棒とともに歩む、みたいな♪
このバッグを持って、群馬県内を駆け巡るつぶさん…素敵!

投稿: 桐子 | 2013年2月 2日 (土) 09時00分

◆りきさん
りきさんは、ハンドメイドをされることがあるのですか?
私は全くダメです☆よく「つぶさんってハンドメイド作家さんですか?」とは聞かれますが(笑)

本当に気に入った物は、長く使いますよね♪
りきさんの皮小物も、そうなりそうですね(^^)

投稿: つぶ | 2013年2月 2日 (土) 20時14分

◆こしたまさん
そうなんだよねー☆
バックに限らず、世の中にはごまんと「物」はあるのに、
「これが欲しかったんだよねー!!」
…っていう物は、なかなか巡り合わない…(^^;

巡り合えたことに感謝しなくては…ですよね♪

投稿: つぶ | 2013年2月 2日 (土) 20時17分

◆suikamamaさん
ありがとうございます(^^)
多くの作家さんやお店の方と出逢えて、
会ったり身につけたりするだけで、幸せになれることが増えました♪
春!そうですね~!!
気持ちもリフレッシュしますしね(^^)

マフィンはテイクアウトできますよ♪
ぜひ~o(^▽^)o

投稿: つぶ | 2013年2月 2日 (土) 20時20分

◆桐子さん
帆布って、味が出てくると、どのように変わるんですかね~??
今回初めて持ったので、実は分からないんです☆
でも、それも楽しみですね♪
手作りでオーダーメイドで、作り手さんの想いがあふれている。
もうこれは、手放せないです!
「相棒」と一緒に、多くの「楽しいこと」と伝えていきたいなあ~って思ってます。

ありがとうございます(^^)

投稿: つぶ | 2013年2月 2日 (土) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/49036734

この記事へのトラックバック一覧です: 「あした屋」のオーダーメイドバック―in Albero.:

« 「茶蔵坊」でモーニング | トップページ | 春のお弁当箱展とマナペコのおやつ―bottega616 »