« パティスリーフラヴールの「しあわせのチーズ」 | トップページ | 高崎マーチングフェスティバル(つづき)―フィールドドリル編 »

2012年10月24日 (水)

高崎マーチングフェスティバル

Rimg9631

Rimg9628

Rimg9623

Rimg9633

Rimg9621

前回の記事をUPした翌日の日曜日。
風邪、まだ「引いてるちう」だったのですが、「高崎マーチングフェスティバル」に行ってきました。
すっかり、秋の高崎の一大イベントとなった「マーチングフェスティバル」。
今年(2012年)で23回目を迎えました。

パレードのメインは市役所前のシンフォニーロード。
10時の開始時には、大勢の方が沿道に集まり、「祭典」が始まるのを待ちかまえていました。
そして、開始のファンファーレ。その後、およそ50ものマーチング団体が、音楽を奏でながらやって来ます。
団体は、市内の小中学校、高校、一般…とバラエティー豊か。

赤、青、シックな黒…と様々な衣装。弾む音楽。振られるカラーガード(旗)。
それぞれ個性があり、見て、聴いて、楽しい(^^)

Rimg9632

今回のマーチング、実は姪が参加していました。
パレードでは市内の小学校として。この後行われた「フィールドドリル」では、「高崎エレメンタリースクールバンド」の一員として。

姪は、これらに出場するために、放課後も土曜日も、夏休みも練習に通っていました。
夏休みは、ほとんどがマーチングの練習で埋まっていました。
練習はとても厳しかったと聞いています。記録的な暑さの中、体育館等で行う練習は身体的にも大変だったはずです。

「もう嫌だなー」と言いながらも、姪は休まず練習に参加しました。

その練習の成果の「お披露目」となった、今回の晴れ舞台。
お天気も、これ以上にない快晴で…
本当に、晴れてよかったと思います。

Rimg9644

…それは姪に限らず、参加した全ての皆さんに、当てはまりますよね(^^)
誰もが、この日のために一生懸命に練習しているんですから…

マーチングに出場することの楽しさや嬉しさ、「やり遂げた」という達成感。
この日に感じた想いを、いつまでも忘れずにいて欲しいなあ…と思いました。

私も、姪たちが頑張っていた姿や、マーチングのワクワク感。
忘れないでいたいと、思います。

パレードの列は、シンフォニーロード~あら町の交差点を右折して、フィールドドリルの舞台・城南野球場へ。
…そしてブログも、「フィールドドリル編」へつづきます。

高崎マーチングフェスティバル
URL:http://www.takasakimarching.com/

|

« パティスリーフラヴールの「しあわせのチーズ」 | トップページ | 高崎マーチングフェスティバル(つづき)―フィールドドリル編 »

イベント・スポット」カテゴリの記事

コメント

おはよございます~

快晴の中!よかったですね~~
マーチングとかってあまり見たことないんですが。。
キレイに列をなして歩きながらの演奏。。
難しいだろうな~~って思います。。
姪っ子さんもがんばったんですね!
ほんと大変だったんだろうなあ。。。
でもこの頑張りはこれからの人生に絶対プラスですよね。。
お疲れ様でした。。
あたしが言うまでもないことですが。。。
イッパイイッパイほめてあげてくださいね~~
や~~
おばちゃんは。。書きながら涙が出ちゃいます~~
見てもないのに。。。(笑)

投稿: まう | 2012年10月25日 (木) 06時23分

みんな かっこいいーーー
この日は結構暑くてハードだったことでしょう。
応援してくれる優しい人がいて幸せだね。
元ブラバンとしては、そこのとこが身にしみます。
楽しい学校生活に夢中になれる事ができるって素敵!!!

投稿: える | 2012年10月25日 (木) 17時26分

お疲れさまでした。暑いなか本当によく頑張っていましたね、子供達。衣裳着て送り出すときから涙でしたよ、私。パレード見てもまたまた涙、フィールド見てさらに涙で 汗に涙にグショグショでございました。息子は6年生だから最後、中学はマーチングないからがっかり。 来年は娘が金管やりたいそうで、ちびも保育園で始まるのでマーチングどっぷりはまりそうです。
来年も 情報交換よろしくお願いしますね。

翌日、肩が痛くてどうにもならないといっておりました。わかる気がします、めいっこちゃん大丈夫だったかな?

投稿: だいまる | 2012年10月26日 (金) 09時02分

>まうさん
演奏するだけでも大変で体力も使うのに、
まして「歩く」んですものね!
更に、この後紹介しようとしている「フィールドドリル」は
円陣や三角などを描きながら、
更にさらに、自分はどの方向に動かなくてはならないか、
楽器はどう向けるのか…などなど、
考えなくてはなりません!!

…体力があって、記憶力と機動力が優れている
若い時でないとできない気がします…

だから、この時にできて、本当に良かったなー。
「叔母ちゃん」は思っているのです(>▽<)

まうさん、大阪から涙…ありがとうございます!!

投稿: つぶ | 2012年10月26日 (金) 21時11分

>えるさん
はい(^^)誰もがみんな、カッコ良かったです!!
観客の私たちにはいい気候でしたが、
演奏する側は、ちょっと暑かったかも…ですね☆
でも、晴天で本当に良かったと思っています!
(雨だと中止だったんですよ~☆)

えるさんも、ブラバンでしたか!
私も何気にそうで、小学校はマーチングもしました。
その時はここまで規模が大きくなかったけれど…

学生生活に夢中になれること…
青春ですね~(>▽<)

投稿: つぶ | 2012年10月26日 (金) 21時16分

>だいまるさん
お互いに、お疲れさまな一日でしたね(^^)
本当によく頑張っていました!!
姪の姿を見た時は、感激で一瞬頭が「ぼおっ」となりました。
写真、上手く撮れるか、撮れなかったらどうしよう、なんて思ったりして☆
だから…息子さんに対するだいまるさんのキモチ、
とっても分かる気がします(^^)

来年も娘ちゃんのフィールドドリル、そして末っ子くんのキッズドリル…と、
まだまだ楽しみが続きますね!
練習が厳しいので「来年はしない」と言っていた姪ですが、
今回出場して「来年も出たい!」と思いが変わったようです(^^)
私も、また来年楽しめそうです♪
その時はまた、よろしくお願いします。

…姪は肩はどうだったかな?
実は翌日会ってないし、姉もその辺は話してないので、
分からないのです(^^;
息子くんは大丈夫ですか??
でも、すぐ治りましたよね☆何せ「若い」ですから~(笑)

投稿: つぶ | 2012年10月26日 (金) 21時28分

子どもたちの成長を見るのは、とても感動しますね。
そう言う姿を見せてもらえて、ありがたくも感じます。

姪っ子ちゃんは学校のマーチングの他にも参加されていたのですか?
すごいなあ。
家の長女も昨年がんばってましたね。
懐かしい。
まだ1年前のことなのに、あれからずいぶん経ってしまったような気がします。

つぶさんのお風邪も大丈夫?お大事にね。

投稿: suikamama | 2012年10月27日 (土) 06時02分

姪っ子ちゃんをはじめ、参加された皆さんがこの日のために一生懸命練習してきたからこそ、ここまで天気が良くなったのかもしれませんね^^

テレビ番組でマーチングを特集したコーナーがあって、それを見てからマーチングの大変さを知りました。

練習・本番をやり遂げた姪っ子ちゃんに拍手!!!!ですね♪

投稿: こしたま | 2012年10月27日 (土) 19時57分

>suikamamaさん
子どもたちの成長を見ることで、大人も元気と活力をもらえます。
私は自身の子はいないですが、姪と甥で感じています(^^)
本当に、ありがたいですよね♪

次の記事で話していますが、
フィールドドリルの団体は、複数の小学校等の合同バンドなんです。
姪の小学校が、そこに入っていまして☆
長女ちゃんも、前橋まつりで演奏していましたよね!
ほんの1年前のことだけど、短いようで長い。
その1年で、子どもはどんどん成長していくんですよね(^^)

風邪へのお気遣い、ありがとうございます。
大分良くなりましたが、まだ「完治」とは言えなくて…
咳が抜けないんですね☆いつものことなんですけど。
早く完治しないかなあ~(^^;

投稿: つぶ | 2012年10月27日 (土) 21時04分

>こしたまさん
「姪をはじめ、参加した皆さんが一生懸命練習したから…」
…こしたまさん、いいことおっしゃってくれますっ(>▽<)

本当に、これで雨降って中止になったら、やりきれないです!!

マーチング、本当に大変なんですよね。
私も姪の練習を一度見たことがありました。
あの暑い体育館の中で…いろいろ指示も飛んで…
よくやっていたなあーと思います。

拍手、ありがとう!!「叔母ちゃん」、嬉しいです(笑)

投稿: つぶ | 2012年10月27日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/47562279

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎マーチングフェスティバル:

« パティスリーフラヴールの「しあわせのチーズ」 | トップページ | 高崎マーチングフェスティバル(つづき)―フィールドドリル編 »