« 前橋・ROBSON COFFEE | トップページ | フリマとカレーでフリマカレー♪―CAFE BAR 303 & Shukuru Kitchen »

2012年3月10日 (土)

震災から1年―高崎映画祭「ともにある Cinema with Us」

Rimg4401

2011年3月26日20時23分。
計画停電が終わった直後の、高崎・連雀町交差点です。

それまで真っ暗で、真っ暗で。
夜というのは、こんなに暗いものかと、驚くと同時に怖くて。
街の灯りが戻った時、とてもほっとしたのを覚えています。

明日2012年3月11日。
東日本大震災から、1年が経過します。

…そう、あくまでも1年が「経過」したに、すぎないんですよね。

津波や原発事故で、生活が一変してしまわれた被災者の方々。
その辛さ、苦しみは、今も続いています。
その心情は、被災者ではない私たちが、到底想像できるものでは、ありません。

だけど、それを少しでも、理解しなくてはいけないと思います。
1年が経過するからこそ、です。
決して、忘れてはいけないのです。
被災された方々が、真の笑顔を取り戻せるまでは。

…これは、最近少し意識が薄れてしまった、自分への戒めでもあります。

そんな中、高崎映画祭のパンフレットを手にしました。

Rimg7994

3月下旬~4月の上旬まで開催される高崎映画祭。
特集の一つ「ともにある Cinema with Us」では、東日本大震災に関するドキュメンタリー映画が10編、上映されます。

「ともにある Cinema with Us」とは、昨年開催された山形国際ドキュメンタリー映画祭2011(通称:YIDFF)の特集「東日本大震災復興支援上映プロジェクト」のこと。
YIDFFでは、約30編が上映されました。
そのうちの10編を、高崎映画祭でも上映しようというものです。

※上映する映画はこちら(高崎映画祭のサイトより)。

Rimg7996

高崎映画祭。ここ数年、仕事が忙しくて全然観に行ってなかったけれど。
今年は、時間を見つけて、観に行きたい。
改めて、「震災」と向き合うために。

高崎映画祭(第26回)
2012年3月24日(土)~4月8日(日)
会場:高崎市文化会館・高崎シティギャラリー・シネマテークたかさき
URL:http://www.wind.ne.jp/tff/

※震災に関する映画は、他に「邦画ドキュメンタリーセレクション」にて「がんばっぺ、フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~」が上映されます。

|

« 前橋・ROBSON COFFEE | トップページ | フリマとカレーでフリマカレー♪―CAFE BAR 303 & Shukuru Kitchen »

イベント・スポット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回の高崎映画祭、僕も観たいと思ってました!!
自分の知らない東日本大震災がそこにはあって、そしてそれを観ることによって、別の角度からもう一度東日本大震災を見ることができると思いました。
…でも、仕事が忙しくて多分見に行けないんだろうなぁ(泣)。


↓ROBSON COFFEEに行かれたのですね^^
以前、o_k_dさんの記事を見てから気になっていました。
男性一人で行っても大丈夫そうなお店ですか?

投稿: こしたま | 2012年3月10日 (土) 22時07分

おはよございます
あれから1年。。
この1年。。何をしてきたんだろう。。。
いろんな方のブログを見せていただいてますが。。
皆さん本当に心痛め。。
何かしたいという気持ちが伝わってきます。。
つぶさんはじめ、群馬の皆さんも。。
チャリティ的なイベントだとか。。物品を集められたり。。
多くの仲間が1つになられてる気がします。。
大阪にいると実感も薄いし~~
あたしの周りではそんな意識のある人も少ないようで。。
なかなか動くことが難しいのだけど
地道にだけど。。できることをやっていこうって思ってます。

投稿: まう | 2012年3月11日 (日) 10時01分

>こしたまさん
NHKで津波が来たときの映像が放送されました。
それを見て、改めてショックで…
私たちはその場にいなかったけれど、いや、いなかったからこそ、見る必要があると思いました。

仕事、忙しいとは思いますが、
ぜひ時間を見つけて、観て欲しいです。
私も必ず、観に行きます。

↓ROBUSON COFFEEは、男性でも合うカフェですよ(^^)
こしたまさんだと、より似合いそうだなあ~(想像中)。
一人で、なんておっしゃらずに(笑)ぜひぜひ☆

投稿: つぶ | 2012年3月11日 (日) 20時20分

>まうさん
大阪から、いつもいつもありがとうございます(^^)
この1年、何をしてきたんだろう。
私も同じ気持ちです。
というか、誰もが同じ気持ちだと思います。

だって、被災地はまだ「復興」していないから。
被災地が、日本が「復興」に向けてもがいているから。
だから何をしても「まだ足りない」と思ってしまうんですよね。
でも諦めちゃ、いけない。
「何をしてきたんだろう」と思いつつも、し続けなければいけないと思うのです。
そうしなければ、本当に復興できなくなるから。

震災を「忘れない」。そして「できることをする」。
これは、私たち全ての日本人の、課題なんでしょうね。

投稿: つぶ | 2012年3月11日 (日) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/44441585

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から1年―高崎映画祭「ともにある Cinema with Us」:

« 前橋・ROBSON COFFEE | トップページ | フリマとカレーでフリマカレー♪―CAFE BAR 303 & Shukuru Kitchen »