« 「日本料理 中むら」のお弁当 | トップページ | 「DEKO.」の豆パン―フック »

2010年4月25日 (日)

「旧井上房一郎邸」一般公開―in高崎市美術館

旧井上房一郎邸(略:井上邸)は、井上工業の二代目にて高崎の文化振興にも貢献した井上房一郎(1898-1993)の自邸です。建築家アントニン・レーモンド(1888-1976)の自宅を写していることから、レーモンドの建築スタイルを知る上で貴重な建物と言われています。

この井上邸、現在は高崎市美術館に併設されています。昨年の10月~3月まで庭の改修工事で見られなかったのですが、4月より「一般公開」という形で再びお目見えしました。

Rimg1722

井上邸をじかに見るのは、今回が2回目。
前回は外観しか撮っていないので、今回は中も撮ってきました。
(撮影OKなんです)

Rimg1700

Rimg1702

Rimg1703

Rimg1704

この椅子、腰掛けられます。スタイリッシュなのに…座り心地は最高です。

中の様子

Rimg1709_2

Rimg1715

Rimg1718

Rimg1716

喧騒の街中に佇むオアシス…。
この雰囲気…私はすごく好きです。

なお、現在高崎市美術館ではコレクション展「5つの部屋+(プラス)」を開催中!

Rimg1699

美術館に収めれられている作品を「ガラスの部屋」「詩のある部屋」など、5つのテーマに分けて紹介しています。

観覧料は大人100円(大高生は80円)。この料金で井上邸も見られますので、ぜひ。

旧井上房一郎邸/高崎市美術館
高崎市八島町110-27
TEL:027-324-6125
開館時間 10:00~18:00(金曜は20:00まで)
※入館は閉館30分前までとなります。
※井上邸は12月~2月は17:00までです。
休館日:月曜と祝日の翌日

※詳細はこちら→高崎市ホームページ「高崎市美術館」

--------------------------------------

~おまけ~

美術館で頭とココロをリフレッシュした後は、高崎の街を散策。

…で、お昼はここにしました。

Rimg1727

cafe&bar ESSENCE(カフェ&バー エッセンス)。ナチュラルフードとシャンパンのお店です。今年(2010年)1月下旬にオープンしたばかり。

Rimg1729

写真のマクロビオティックプレート(850円。ドリンクは別)をはじめ、食材は無添加や有機栽培、国産にこだわっています。お肉やお魚を極力使用しないのも特徴。
右のナゲットやペンネのソースも大豆を使用しています。

ナゲットは胡麻を使うことで、食べ応えあるように工夫されていました。

スタッフも女性。女性同士はモチロン、一人でも入りやすいお店だと思います。

cafe&bar ESSENCE
高崎市通町34(イッコウビル1階)
TEL:027-324-5755
営業時間
・カフェ 11:30~18:00
・バー 18:00~翌3:00
無休(カフェは水曜定休)
URL:http://cafe-essence.com/

|

« 「日本料理 中むら」のお弁当 | トップページ | 「DEKO.」の豆パン―フック »

イベント・スポット」カテゴリの記事

カフェ」カテゴリの記事

コメント

やった~\(^o^)/
ワタシも見に行こうっと~。
まだ、未体験ゾーン!!!!!!!
この建物かちょええよね~。
ワクワク!!

投稿: Yuki | 2010年4月25日 (日) 21時07分

高崎はここのところご無沙汰していました。
建築物には興味があるので、行ってみたいです。
木の小さい椅子がかわいくておしゃれ♪
自分ちに欲しいです。

最近一人ランチしてないです。
子どもと一緒が多くて、一人だと心細くて。^^;

投稿: suikamama | 2010年4月26日 (月) 05時35分

>Yukiさん
はい。かっちょええですよ!井上邸。
こんなにハイセンスな建物を、ウン十年前に作ったとは…。
すごいです!!!

Yukiさんも、ぜひ体験してくださ~い(^^)

投稿: つぶ | 2010年4月26日 (月) 20時33分

>suikamamaさん
私も建物見るのが好きです♪
井上邸は、お気に入りの一つですね~。
椅子、すっごくカワイイしお洒落ですよね!
お子さんのいるすいかママさんの家なら、似合いそうだな~。
私も欲しいですが、我が家には似合わなさそう…(^^;

子どもと一緒だと、賑やかで楽しいですよね♪
でも、私は一人でも全然苦じゃないんです。
むしろ気楽で…だから、のほほんと「独り身」なんでしょうね(笑)

投稿: つぶ | 2010年4月26日 (月) 20時39分

赤ちゃん連れではなかなか入れなそうですが、雰囲気よさそうですね。

休日に、落ち着いた場所に行き、つぶさんのセンスを感じますね(*^-^)


投稿: なべゆき | 2010年4月26日 (月) 21時16分

>なべゆきさん
「大人のオアシス」って雰囲気ですから…(^^)

でも、子どもと「わいわい」言いながら、楽しめる場所も好きですよ♪
一緒に騒ぐと、気分転換になります♪♪

投稿: つぶ | 2010年4月27日 (火) 21時40分

高崎市美術館でアントニン・レーモンドの企画展やっている頃だったか、以前の公開のとき行きましたよ~happy01
私も井上邸の雰囲気好きです。
時代はちょっと経過しているのに、全然古さを感じないたたずまいっていうかshine

バーも行ってみたいな♪

投稿: うぶこ | 2010年4月27日 (火) 22時04分

私も、昔の建物を見るのが大好きなんです。
ジョサイア・コンドル、フランク・ロイド・ライトなんかが好きで、アントニン・レーモンドは群馬に来てから知りました(音楽センターに行ったときに)。
去年、高崎市美術館に行ったときは非公開で見れませんでしたが、改修が終わって、もう見られるんですね!
ぜひ、近いうちに行ってみたいですhappy01
カフェのマクロビランチも美味しそうですね♪
女性一人でも入りやすいなら、要チェックです☆(メモっておきます!)

投稿: まり | 2010年4月27日 (火) 23時40分

>うぶこさん
そう言えば、以前レーモンドの企画展行った、って行ってたよね~♪
私も企画展は行ったけど、井上邸までは見なかったよ~。
あの時は美術館と併設されてなかったから…(^^;
今は美術館に行けば見られるので、お得感があります♪

本当に、これが何十年前の建物なのかな~って思うくらい、スタイリッシュ!!
レーモンドは偉大な建築家ってこと、実感させれます(^^)

バー行きたい??
では…うぶこさんが落ち着いたら…(^^)

投稿: つぶ | 2010年4月29日 (木) 20時16分

>まりさん
まりさん、さすが造詣おありですね~。
ジョサイア・コンドル、フランク・ロイド・ライト…ピンと来なくて、Wikipediaで調べちゃいました☆ジョサイア・コンドルは鹿鳴館を設計したんですね。
建物見るのは好きなんですが…どうも学問的なことが覚えられなくて…(^^;

音楽センターも好きです。老朽化が問題で、少し前まで取り壊すか否か議論がされましたが、確か…残す方向になったようで…良かったと思っています(^^)

カフェは、スタッフも女性だけなんです。
なので、まさに「女性のためのカフェ」だと思います♪

投稿: つぶ | 2010年4月29日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/34384329

この記事へのトラックバック一覧です: 「旧井上房一郎邸」一般公開―in高崎市美術館:

« 「日本料理 中むら」のお弁当 | トップページ | 「DEKO.」の豆パン―フック »