« カレーな水沢うどん―遊喜庵(大澤屋) | トップページ | 沼田のりんご&工女さんも愛したカレーライス »

2009年10月24日 (土)

群馬「まめ知識」Part2―上毛かるた

先月(2009年9月)に立ち上げた新カテゴリー「群馬『まめ知識』」。
第2弾は「上毛かるた」です。

Rimg0315_2

「上毛かるた」は昭和22(1947)年、戦後の日本を担う子どもたちが、郷土群馬を知り、愛するようになることを願って作られました。かるたを通じて、群馬の名所、名産や人物がわかるようになっています。

既にTVなどでも紹介されていますが、「上毛かるた」は群馬県民に深~く浸透しているかるたです。群馬の子どもたちは「上毛かるた」で遊び、群馬を知り、育ってきました。現在でも学校の授業で行ったり、大会に向けて練習したり(←県大会まである)しています。

そのため、群馬県で育った人は「かるた」というと「上毛かるた」。(ほぼ)誰もが知っており、読み句まで覚えています。
試しに群馬出身の方に「上毛かるたの『あ』は?」と聞いてみましょう。きっとこう答えます。…「浅間のいたずら鬼の押出し」。

…かく言う私も、群馬生まれの群馬育ちですから、当然「上毛かるた」で育ってきた人間ですhappy01

Rimg0313

(「ち」の札。写真のかるたは私が子ども時代の物なので、県人口のところが「170万」(しかも後に「180万」に直してる…)になってます。現在は200万)

子どもの頃は「上毛かるた」以外のかるたを知りませんでした。他県の子どもたちも、県の郷土かるた大会に向け、練習していると思っていた程です。
そのため上京した際、他県の人から「群馬にはそんなのあるの??」と言われた時は…衝撃でしたcoldsweats02

また「上毛かるた」は「個人戦」「団体戦」がありますが…

※「上毛かるた」のルールについてはこちら(Wikipadiaより)

群馬県民の皆さんは、どちらで戦い(遊び)ました…??

私の小学校の大会(町内会ごとに戦う)には、「個人戦」と「団体戦」両方ありましたが、私は「個人戦」の方が多かったです。
「個人戦」はがなく枚数だけの勝負なので、当時から勝負ごとに疎い私には楽だったのです。スタンドプレー好きな性格もありますが…coldsweats01

※「上毛かるたの役」って何?と思った場合もこちら(Wikipadiaより)

Rimg0311

(前回のまめ知識で紹介した上毛三山も。団体戦はこれを揃えると役に)

もうすぐ来年の大会に向け、子どもたちが練習を始める季節です。
私の姪(小学2年生)も、練習をし出します。姪は幼稚園の時から上毛かるたで遊んでました。幼稚園が遊びの一環で取り入れていたんですね。読み札もほとんど覚えています。

こうやって、代々引き継がれていく「上毛かるた」、群馬の誇りだと私は思っていますhappy01

|

« カレーな水沢うどん―遊喜庵(大澤屋) | トップページ | 沼田のりんご&工女さんも愛したカレーライス »

群馬「まめ知識」」カテゴリの記事

コメント

おいらの時代は160万だった・・・^^。
ちなみに好きな札は「よ」です^^;。

投稿: かわせみ | 2009年10月24日 (土) 22時57分

は~い♪170万でしたcoldsweats01(←素直でしょ)
兄さんや師匠やこにタンさんや田能久さんはゆるぎなく「よ」札
ファンでしょう。
ちなみに、カルタ審判講習、何度も参加してますから、
ばっちり読み手も審判も、役札計算もできますよん♪♪

投稿: かお | 2009年10月24日 (土) 23時14分

わーい わーい(^▽^喜)

家のカルタは「200万」です!若っ!!??

息子が小学校にあがって、一人一ついただきました。
まだ全部は覚えてませんが、あいうえお、つ だけは完璧です。

来月末に、「よ」の四万温泉に行きマース。チリを洗って美しく光って来るかも!

投稿: える | 2009年10月25日 (日) 18時08分

はーい(^^)/
180万で~す(^^)v ←たしか・・。
うん??
つぶさんも170万?
ちょっと調べてみた。
昭和52年に180万になってる。
えっ~、つぶさん年上~??????
かおさんは、絶対年上~なはずだ。( ..)φメモメモ

「よ」札、みんな取らないから、ワタシ確実に取ってた~(^^)v
「おめぇ~ら、ガキだなぁ~。こんなん、たいしたこたぁ~ねぇ~ぞ」って、取る手が震えながら・・ね。

投稿: yuki | 2009年10月25日 (日) 18時34分

>かわせみさん
「力あわせる○○万」で、年代分かっちゃうんですよね~。
かわせみさんは「160万」か。ふむふむ…

「よ」。子どもたちが大騒ぎしますよね。
「お前取れよ~」「嫌だよ~」となり、からかいの元となります☆
でも、ホントは男の子は…なんですかね~(^^)

投稿: つぶ | 2009年10月25日 (日) 19時45分

>かおさん
男の子(男の方?)は、やっぱり「よ」好きなんでしょうね~。
私が子どもの時は、「よ」を取るとからかいの元になりました☆
ホントふざけてなんですけどね。「お前ス○ベだ~」って(^^;
今やると男性陣で争奪戦??になっちゃうのかな(笑)

かるたのルール、ばっちしですか!?
私も大体は覚えてたけど、役の点数とかうろ覚えでした☆
今度のオフ会で「上毛かるた大会」やったら(←やるのか?って感じだけど)、審判お願いしますっ♪

投稿: つぶ | 2009年10月25日 (日) 19時55分

>えるさん
近年の「ち」は「200万」ですよね♪
ここ10年ほど「200万」が続いているので、「200万」世代が多くなってくるんだろうなあ~。
当然我が姪も「200万」世代です。

四万温泉、いいですね~(>▽<)
実は群馬の温泉で一番好きな温泉です。
ぜひ、世のチリ洗って…いえ、えるさんは「チリ」を吹き飛ばしちゃうくらいの方ですから(笑)ますますお美しくなってくださいね~(^^)

投稿: つぶ | 2009年10月25日 (日) 20時04分

>yukiさん
実は私は「180万」世代です☆
このかるた、姉が小さい時からあって…だから「180万」に直してあるんです。
なのでyukiさんと同年代…だと思いますよ~(^^)

「よ」、やっぱりみんな取らないんですね(笑)
でも「こんなん大したことないぞっ」って取っちゃう男の子もいました。
yukiさんは後者ですね~。でも「震えながら」だったのが、ぷちほほ笑ましいです(^^)

投稿: つぶ | 2009年10月25日 (日) 20時11分

おはよございます

上毛かるた。。。
ブログで群馬の方と知り合ってから知りました。
ってか、「じょうもう」って読み方もわかんなかった。。
学校で習ったり、大会があったり。。。
そんな郷土色のある授業やイベントは大阪では考えられないかも。。
大阪ならでは。。のこともあるんでしょうけど。。。
もともと大阪、って人間も少ないんでしょうね~

群馬のご家庭にはたいていあるんでしょうか・・

みなさんのコメントには入れないのが寂しいですが(泣)。。
「よ」はなんですか?

投稿: まう | 2009年10月26日 (月) 06時31分

私、子どもの頃から自分の世界に生きていて。「上毛カルタって、みんな気合いはいってるなあ。」と思いながら、まったく興味を示さない子でした。なので、「ねぎとこんにゃく」「つるまうかたち」くらいしか知らないんです・・・。
群馬で生まれ育ったくせにねえ。^^;お恥ずかしい。
うちは花札してたしね。ちなみにうちの子たちも、私の母の教えで花札の方がよく分かると思います。困ったものです。とほほ。

投稿: suikamama | 2009年10月27日 (火) 06時11分

>まうさん
群馬のブロガーさんだとよく挙げますよね~。上毛かるたの句。
他県の人から見れば「何??」って感じですけど、その位群馬県民にはしみ付いているかるたなんです♪
大抵の家庭にはあります。一家に一個「上毛かるた」です(笑)

大阪は…また独特の文化がありますよね。
私は大阪の方が、すっごく特徴的だなあ~と思います。
群馬県民は東京にぷち近い分、「都会っぽくしたいけど、なりきれない」中途半端な感があると思います。

「よ」は…かおさんのブログを見てくださいね~(^^)

投稿: つぶ | 2009年10月27日 (火) 20時10分

>suikamamaさん
そうだったんですか~。でも、「上毛かるた」の存在を知っていること自体が「群馬県民」だと思います~(^^)
それにしても「上毛かるた」の練習&試合とかって、ものすごい気合漂ってますよね。何でなんですかね??

花札は我が家でもやりました。基本的にカードゲームが好きなんですよね☆
私も小学生なのに、花札のルール知ってました。今はうろ覚えですけど、これもまたしたいですね~♪

投稿: つぶ | 2009年10月27日 (火) 20時16分

やりたいね。今度皆で花札(笑)
かおは「桜に幕」が大好き♪

投稿: かお | 2009年10月27日 (火) 22時13分

>かおさん
ブロガーさん同士で「花札」大会もいいですね♪
私も「桜に幕」は好きです。キレイですものね~。
あと何故か「松に鶴」が好きでした。(^^)

投稿: つぶ | 2009年10月28日 (水) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/31824731

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬「まめ知識」Part2―上毛かるた:

« カレーな水沢うどん―遊喜庵(大澤屋) | トップページ | 沼田のりんご&工女さんも愛したカレーライス »