« 「スマーク伊勢崎」へ行ってきました! | トップページ | 「茶香坊」のカフェがリニューアル! »

2009年1月25日 (日)

豊田屋旅館―その建物と料理

先日、高崎駅前の「豊田屋旅館」で飲み会がありました。
開発が進んだ駅前通りにたたずむ瓦屋根の建物です。

Cimg1943

創業は明治12年!という老舗の旅館(建物は昭和7年建築)で、その昔は多くの著名人が泊まったとか。
現在は宴会(食事)中心となってしまいましたが、趣のある部屋と料理のおいしさが好評で、週末は予約が取れないほど。

ちなみに建物は国の有形文化財に登録されています。詳細はこちら

高崎市ホームページ「豊田屋旅館本館」

Cimg1945

玄関の様子。ガラスにある「豊田屋」の文字が時代を物語っています。
部分的に改装され、ちょっとモダンな感じ。実際に改装した個室もあるみたいですが、大体は昔のままの部屋を使っており、全て個室です。

Cimg1946

階段も趣たっぷり(写真だと分かりづらいですが)。

なお、旅館の歴史や部屋の様子の詳細はこちら

ぐんまの名物商人「豊田屋旅館 園原豊さん」

料理は和の会席。女性や宴会には丁度いい量で、とっても繊細な味。

Cimg1947

先附。手前のカブに包まれているのはペースト状になった柿。カブと食べると、おせち料理の「なます」を甘くしたような味でおいしかったです。お豆には金粉が載っています。
あとは切り干し大根の煮つけとお豆腐のイクラのせ。

Cimg1948

椀物。汁はこの時期ならではの粕汁。
群馬で粕汁が出るのはかなり珍しいと思います。

Cimg1949

お刺身。隠れていますが、ホタテもありました。とても新鮮。

Cimg1950

焼き物。魚はブリですが、サザエもついています。手前は口直しの昆布の佃煮。

Cimg1951

「食事」のうどん。飲んで食べた後の口直しには丁度いいです。
うどんと一緒に揚物の天ぷらが出るので、天ぷらうどんとしても食べられます。

あとは白身魚の揚物(こちらはフライ風)が出ました。

お酒はビール、焼酎、日本酒がメインですが、ワインも出してもらえます。

Cimg1956

コースターと箸入れ。こんなところからもお店の風情が窺えます。

時代が変わり旅館としての運営は変わっても、この建物と料理はいつまでも後世に引き継いでいって欲しい…そう願わずにはいられないお店です。

豊田屋旅館
高崎市八島町68(ラジオ高崎向い)
TEL:027-322-3137
営業時間(食事)12:00~14:00/18:00~22:00
定休日 日曜日
※昼夜とも要予約です。

|

« 「スマーク伊勢崎」へ行ってきました! | トップページ | 「茶香坊」のカフェがリニューアル! »

旅館・温泉施設等」カテゴリの記事

飲み処・ダイニング」カテゴリの記事

コメント

とても品のある、格調高いところですね~♪
建物がとってもいい感じ・・
かおのゆく、飲み会の場所とはエライ違い・・
ブリが、とってもおいちそう(*^^*)
おうどんも、おいちそうですっ

投稿: かお | 2009年1月25日 (日) 21時06分

>かおさん
私もここは格調高すぎて、目上の方との飲み会でしか行ったことありません。
今回もそうでした。
普段の飲み会はフツーの居酒屋さんです(^^;

豊田屋は建物(と歴史)が貴重なので今回紹介してみました。
かおさんも高崎の街にお越しの際はぜひ見てみてください。
周囲とはちょっと違う雰囲気なので、すぐ分かると思います(^^)


投稿: つぶ | 2009年1月25日 (日) 21時24分

こんばんは~!!
初訪問っす。
この旅館ってこうなっているんですね~。
表からは良く見るんですが、中には入ったときないんですよ~。
豪華なゴハンなので、ワタシ当分、中に入れそうにありませんが、お金持ちになったら絶対に行ってみたいで~す!!

投稿: yuki | 2009年1月25日 (日) 22時16分

おぉ!初めてこの建物の中を見れました!
一度母がこちらに予約をしようとしたら、いっぱいで断られちゃったそうです・・・(^^;)
人気があるんですね~。私も一度は行って見たいな~。

投稿: yossy | 2009年1月26日 (月) 07時38分

>yukiさん
コメントありがとうございます(^^)
外観も歴史を感じますが、中もかなり「時代の重み」を感じますね~
部屋も昭和初期にタイムスリップした感じです。
でも不思議と落ち着きます。
やはり日本人だなあ~と、実感してしまう次第です。

お値段、実は飲み代入れても5,000円程度なんです。(京都の高級料亭と比べればリーズナブル!)
お昼も1,500円程度で食べられるはずなので、良かったら行ってみてください(^^)

投稿: つぶ | 2009年1月26日 (月) 20時49分

>yossyさん
私も目上の方との宴会の場で使おうと思い、連絡したらいっぱいだったことがあります。
ホント人気なんですよね~。
でも、老舗が人気があるのって、何だかいい感じがします。
これからもぜひ頑張っていただきたいです!!

ところで、yossyさんのブログ、とても気に入ったのでリンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします(^^)

投稿: つぶ | 2009年1月26日 (月) 20時57分

豊田屋旅館には、1975~1985年に時々泊まりました。
大変気持よい旅館で、さっぱりとしていて、しかもリラックス出来る素晴らしかったですね。
今も旅館として泊まれるならば、是非行きたいと思いますが、料理専門であってもサービスが素晴らしいように思われます。

投稿: まっちゃん | 2011年3月24日 (木) 19時31分

>まっちゃんさん
コメントありがとうございます。
泊まられたことがあるんですね!
私、一度泊まってみたかったです…(^^;

お料理とおもてなしは、今でも格調の高さを感じられます。
しばらくご無沙汰でしたが、今月のはじめ、行く機会がありました。
その後まっちゃんさんからコメントいただいたのも、何かのご縁かもしれませんね(^^)

投稿: つぶ | 2011年3月26日 (土) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/27430913

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田屋旅館―その建物と料理:

« 「スマーク伊勢崎」へ行ってきました! | トップページ | 「茶香坊」のカフェがリニューアル! »