« 松井田と妙義山へ―紅葉ドライブ | トップページ | 「富岡赤れんが」と「本宿どうなつ」―古月堂 »

2008年11月18日 (火)

紅葉ドライブ(続編)―いよいよ妙義山へ!だけど…

前回の記事「松井田・妙義山へ―紅葉ドライブ」のつづきです。
昼ごはんも食べて、いよいよ妙義山へ向かいます。
まずは妙義神社近くの「道の駅みょうぎ」へ。ソフトクリームを食べました。

Cimg1605_2

栗&ミルクのミックスソフト(250円)。ミルクはもちろん地元の生乳入り。
栗のソフトって珍しいですよね~。栗の味がかなり濃く、ミルク味の方が負けてしまいそう…です。でも、ソフトなのでモンブランみたいに重くはないです。コーンもおいしく、かなりおススメ!
(ちなみにミルクのみ、栗のみのソフトもあります)

Cimg1607

道の駅から撮った紅葉の様子がこちら。ですが、紅葉の映え具合が…な気が。
天候(曇り)のせいもあるけど、どうも見頃を過ぎてしまっている気が。
う~ん、と思いつつ車を走らせると…

Cimg1613

Cimg1614

Cimg1615

やはり見頃は過ぎてしまった模様ですbearing
(期待させてしまって…スミマセン!)
まあ、街中でさえ紅葉真っ盛りなんですものね(落ち葉もあるし)。それより時期が早い山は無理もありません…

ちなみに写真はいずれも「さくらの里」から撮ったもの。「さくらの里」は道の駅から下仁田方面へ行くとある県立の施設。ソメイヨシノをはじめ1万本以上の桜があります。春になったら再び行ってみたいなあ…

その後は道を松井田方面へ引き返して「妙義ふれあいプラザ もみじの湯」へ。

Cimg1616

先出の「道の駅みょうぎ」の近くにある日帰り温泉施設。「妙義ふるさと美術館」も併設しています。
小規模な施設ですが、その分行き来がしやすくちょっとした立ち寄り湯には最適。温泉は無色透明ですが「ぬめり」があり、「成分が入ってるんだなあ~」と実感。熱さは露天でちょうどいい熱さ(内湯だとちょっと熱いかも…)。「露天だとぬるい」という施設もある中で、この熱さはなかなかないと思います。いい湯でした。

道の駅みょうぎ
富岡市妙義町岳322-7
TEL/FAX:0274-73-3991
開設時間 9:00~17:00
※詳細はこちら(道の駅のサイトより)

妙義ふれあいプラザ もみじの湯
富岡市妙義町妙義1-1
TEL:0274-61-7600
FAX:0274-61-7601
利用時間 10:00~20:00(12月~2月は19:00)
休館日 月曜日(祝祭日は開館)と祝祭日の翌日
利用料金(3時間) 大人:500円 子ども300円
※詳細はこちら(「温泉の旅」のサイトより)

----------------------------------------------

おまけ―「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産候補!
…に伴い富岡製糸場グッズが

日本史の授業でも出てきた「富岡製糸場」。明治初期に建てられた器械製糸場で、近代文化を象徴する施設の一つです。
この富岡製糸場と周辺の絹産業遺産群が2007年1月30日に「世界遺産暫定リスト」に記載されました。現在世界遺産登録へ向け、盛んな活動が行われています。
お菓子をはじめとするグッズもあちこちで販売。

Cimg1618

こちらのお菓子は前回の記事にあった「おぎのや 横川ドライブイン店」で販売されていたもの。この他にもお菓子や化粧品など、繭や絹に関連したグッズが売られていました。
候補になった時、「富岡製糸場ってそんなにスゴイのかなあ??」と思ったのですが(←県民なのにとっても不謹慎!)、こう見てみるとぜひ登録されてほしい!群馬の絹織物の歴史が世界に知られれば、いいですよねhappy02

※詳細はこちら
群馬県:富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡市:富岡市世界遺産推進ホームページ

|

« 松井田と妙義山へ―紅葉ドライブ | トップページ | 「富岡赤れんが」と「本宿どうなつ」―古月堂 »

イベント・スポット」カテゴリの記事

名産・特産品」カテゴリの記事

旅館・温泉施設等」カテゴリの記事

コメント

そっち方面には行った事なしですう(;^^)
温泉、気持ちよさそ♪
ソフト栗~ムもhappy01 食べてみたいですねっ
・・つぶさん、かおも・・
「日本で最初の富岡製糸」だけど そんな凄いん?って思いました。
やっぱ 行って見ると変わりますかねえ・・

投稿: かお | 2008年11月18日 (火) 21時45分

>かおさん
「富岡製糸場」私は子供の時行っただけで、その時は「ふ~ん」で終わってしまったので(無理ないんだけど)、今行ったらまた違った感慨があるんでしょうねhappy01
ちなみに前回ちょっと出た碓氷峠の鉄道施設(めがね橋やアプト式鉄道敷など)も「絹産業遺産群」として入っているみたいです!絹織物を運搬したということで…

投稿: つぶ | 2008年11月19日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/25390650

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉ドライブ(続編)―いよいよ妙義山へ!だけど…:

« 松井田と妙義山へ―紅葉ドライブ | トップページ | 「富岡赤れんが」と「本宿どうなつ」―古月堂 »