« 紅葉ドライブ(続編)―いよいよ妙義山へ!だけど… | トップページ | すき焼き宅配便―「牛や清」 »

2008年11月22日 (土)

「富岡赤れんが」と「本宿どうなつ」―古月堂

前回の記事で、富岡製糸場が世界遺産候補になっていて、グッズもあちこちで販売されていることを書きました。
その一環…なのかな??下仁田町にある和菓子屋さん「古月堂」では「富岡赤れんが」というカステラがあります。

Cimg1622

富岡製糸場の赤レンガをイメージして作られたこのカステラ。表面には製糸場が創業開始した「明治五年」の刻印まであります。値段は525円。
確かに普通のカステラより赤茶色で、赤レンガって感じです。

Cimg1630

でも…このレンガ色はどこから??
このカステラは黒糖を使っているのですが…でも、それだけじゃ赤い色は出ないですよね。
原材料の表示を見たところ、実は意外なものが…。(正解はこの記事の最後にあります!)

Cimg1628

味はふわふわとした食感で、黒糖の甘みもあり、とってもおいしい!
裏にはザラメがついていて、食感&味共にアクセントになっています。
小麦粉は県内の地粉を使用。まさに「群馬ならではのお菓子」だと思います。

もう一つ、このお店にはとてもおいしいお菓子があります。

Cimg1582

それがこの「本宿どうなつ」(5個入り525円)。北海道産のいんげん豆を使用した白あんが入っています。こちらの生地も県内の地粉です。

Cimg1587

白あんは口当たり柔らかで、いんげん豆本来の味を生かしています。「これぞいんげん豆の味」って感じ。生地も軽い食感で、でもパサツキ感はなくて…餡とのコントラストが絶妙!な味。

このお店のお菓子は素朴だけど素材本来の味を最大限に活かし、温かみのあるのが特徴。カステラもドーナツも食べるだけで幸せな気分になりますhappy02

場所は下仁田町の上州姫街道沿いにあります…が、実は私は1回も行ったことがありませんcoldsweats01
どんな和菓子屋さんか行ってみたいんですけどね~。妙義山行った時に話もあったんだけど、時間の関係もあって…

ちなみに今回は高崎スズランで販売されていた(期間限定:現在は終了)のを購入しました。群馬展のイベントの際、販売されていることもあります。また、宅配もしてくれるみたいです。

菓子処 古月堂
甘楽郡下仁田町本宿3760
TEL/FAX:0274-84-2417
定休日 水曜(祝祭日は営業)
※軽井沢店もあります。
 長野県佐久郡軽井沢町新道23-10 TEL:0267-42-3334

-------------------------------------------------

【解答】「富岡赤れんが」のカステラ、赤い色は何??

正解は「トマト」
カステラにトマトとは…でも、トマトが入ってあのレンガ色が出せるのだと思います。
ちなみに桑の実も入っているみたいです。

|

« 紅葉ドライブ(続編)―いよいよ妙義山へ!だけど… | トップページ | すき焼き宅配便―「牛や清」 »

名産・特産品」カテゴリの記事

和洋菓子・アイス」カテゴリの記事

コメント

富岡製紙場・・・
昔授業で習ったことを思い出しました。
赤レンガだったんですね。
味も昔ながらの素朴な味に思えますね

投稿: なべゆき | 2008年11月22日 (土) 22時59分

>なべゆきさん
日本で最初の(官営の)器械製糸工場だったんですよね。
私も授業で学んだ時は、「ふーん」という程度でしたよ…赤レンガもこのお菓子を見て「あ、そう言えばそうだった…」と思い出した次第ですcoldsweats01

投稿: つぶ | 2008年11月23日 (日) 10時22分

授業とゆうか。。やっぱ、「日本で最初の富岡製糸」by上毛カルタ・・ですよねえ・・happy01
でもこの画像たち、甘いもんに目が無いかおには、ほんとに目の毒。。なんてんまげなんでしょ・・heart01

投稿: かお | 2008年11月23日 (日) 18時00分

>かおさん
確かに群馬県民は「上毛かるた」の「に」ですよね!
私も「富岡製糸場」の名前を聞いたのは上毛かるたが最初でしたhappy01
お菓子は実物の方が数倍もおいしそうですが…少しでもおいしさが伝われば幸いですheart02

投稿: つぶ | 2008年11月23日 (日) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/25573482

この記事へのトラックバック一覧です: 「富岡赤れんが」と「本宿どうなつ」―古月堂:

« 紅葉ドライブ(続編)―いよいよ妙義山へ!だけど… | トップページ | すき焼き宅配便―「牛や清」 »