« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

「ぼっかけ焼きそば」って??―長田本庄軒

けやきウォーク前橋のフードコート(フェスティブコート)にある焼きそば屋さん「長田本庄軒」。

Cimg1640

焼きそばを買おうと列に並んでいたら、メニューに見慣れない焼きそばが。

その名も「ぼっかけ焼きそば」。

…「ぼっかけ」って一体何??

値段は「中」で550円。豚肉&キャベツの焼きそばもあるのですが、こちらは同じ「中」でも450円。豚肉よりも高い!
焼きそばの写真を見ると…何だかそぼろっぽいお肉しか入っていないような…

でも、お店の看板メニューみたいだし、「ぼっかけ」自体にすごく興味が沸いたので、そちらを注文してみました。

Cimg1639

ぼっかけ焼きそば(中)。太めの麺に濃厚&甘いソースが絡まって、とてもおいしい。麺もふんわりとして、きちんと麺の味がします。何でもお店で製麺をしているみたいです。ゆでるのもラーメンのように一玉ごとに…と本格的。

で、気になる「ぼっかけ」はこちら

Cimg1639a_2 Cimg1639b

右側はちょっとわかりにくいのですが…実はこんにゃくと牛すじ肉!これらを甘辛く煮込んだものらしいです。この「ぼっかけ」が入っているので「ぼっかけ焼きそば」。
後で分かったのですが、「ぼっかけ」は神戸市長田区発祥の家庭料理で、カレーやうどんなどにも入れられるとか。
この焼きそば屋さんの店名も「長田」。「神戸」という文字も窺えるし、ナットク…

「こんにゃくに焼きそば!?」という気もしますが、「ぼっかけ」の入った焼きそばは味に深みが出る気が。牛すじ肉もよく味がしみていて、おいしかったです。ちょっとクセになる焼きそば…かも…

長田本庄軒(けやきウォーク前橋店)
前橋市文京町2-1-1(けやきウォーク前橋2階)
TEL:027-223-3380
営業時間 10:00~22:00
※詳細は「けやきウォーク前橋」のサイトをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

すき焼き宅配便―「牛や清」

先日、我が家にビッグニュースが!
お正月用のハムを当てようと、 「高崎ハム」の懸賞に応募した母。
(「高崎ハム」についても紹介したいけど、それは別の機会に…)

そしたら…「牛や清」の「すき焼き宅配便」セットが当たってしまったのですsign03

Cimg1631

「牛や清(ぎゅうやきよし)」、私は全然知らなかったのですが、前橋でも有名なすき焼き・しゃぶしゃぶのお店で、ちょっと高級&かなりおいしいとのこと。
確かに、お肉なんか霜降りで、すっごくおいしそうheart02
後でサイトで分かったのですが、上州黒毛和牛を使用しているんですね。野菜なども群馬県の特産品を使用。もちろん、ねぎとしらたき(←これだけ写真にないです。写し損ねました…)は下仁田産。県外の人も「群馬県の特産」で真っ先に浮かぶ(らしい)下仁田ねぎとこんにゃく、これは外せません。

…お肉が好きじゃない母は「ハムの方が良かった」と言ってましたが、当たったのはやはり嬉しそうnote
もちろん、お肉が好きな私&父親は大喜び。
こんなに高級なすき焼き、30ウン年生きてきて初めてではないだろうか…。

で、作ったのがこちら。

Cimg1635

備え付けの手順どおりには作ったのですが…鍋に野菜&しらたきが全部入りきらなかったため、お肉中心のすき焼きになってますcoldsweats01
でも明らかに、本格的なすき焼きです。
我が家はすき焼きというと豚肉なんです。「牛肉だと高いので豚肉と混ぜる」パターンはありがちですが、我が家では100%豚肉。しかも味がやや薄めなため、生卵は使いません。

でも今回はたれが濃いので生卵をつけて…

Cimg1638

これぞ、本当のすき焼きhappy02
お肉も柔らかいし、牛肉の旨味が。しいたけも厚みがあっておいしいし、しらたきも太くてぷるぷるしています。明らかに市販のものとは違う!
たれは「牛や清」の特製(最初の写真、左側の墨汁っぽいのがそうです)。とても味が濃いのですが、飽きずに食べられるのが不思議。
初日では食べきれないため、2日目に残りの野菜としらたきを入れたのですが、全然飽きませんでした(しかもこの日は生卵なし)。父親は3日目にうどんを入れて食べたほど。

このたれがあれば、我が家の「豚肉すき焼き」もかなり違うと思われます。
お店でも食べてみたいけど…無理かなあ…

牛や清
前橋市岩押町4-9-15
TEL/FAX:027-233-1519
営業時間 12:00~14:00/17:00~22:00
定休日 日曜日(予約により営業)
URL:http://www.gyuya.jp/
mail:office@gyuya.jp
※紹介の宅配セットもサイトから注文できるみたいです(4人前10,500円)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

「富岡赤れんが」と「本宿どうなつ」―古月堂

前回の記事で、富岡製糸場が世界遺産候補になっていて、グッズもあちこちで販売されていることを書きました。
その一環…なのかな??下仁田町にある和菓子屋さん「古月堂」では「富岡赤れんが」というカステラがあります。

Cimg1622

富岡製糸場の赤レンガをイメージして作られたこのカステラ。表面には製糸場が創業開始した「明治五年」の刻印まであります。値段は525円。
確かに普通のカステラより赤茶色で、赤レンガって感じです。

Cimg1630

でも…このレンガ色はどこから??
このカステラは黒糖を使っているのですが…でも、それだけじゃ赤い色は出ないですよね。
原材料の表示を見たところ、実は意外なものが…。(正解はこの記事の最後にあります!)

Cimg1628

味はふわふわとした食感で、黒糖の甘みもあり、とってもおいしい!
裏にはザラメがついていて、食感&味共にアクセントになっています。
小麦粉は県内の地粉を使用。まさに「群馬ならではのお菓子」だと思います。

もう一つ、このお店にはとてもおいしいお菓子があります。

Cimg1582

それがこの「本宿どうなつ」(5個入り525円)。北海道産のいんげん豆を使用した白あんが入っています。こちらの生地も県内の地粉です。

Cimg1587

白あんは口当たり柔らかで、いんげん豆本来の味を生かしています。「これぞいんげん豆の味」って感じ。生地も軽い食感で、でもパサツキ感はなくて…餡とのコントラストが絶妙!な味。

このお店のお菓子は素朴だけど素材本来の味を最大限に活かし、温かみのあるのが特徴。カステラもドーナツも食べるだけで幸せな気分になりますhappy02

場所は下仁田町の上州姫街道沿いにあります…が、実は私は1回も行ったことがありませんcoldsweats01
どんな和菓子屋さんか行ってみたいんですけどね~。妙義山行った時に話もあったんだけど、時間の関係もあって…

ちなみに今回は高崎スズランで販売されていた(期間限定:現在は終了)のを購入しました。群馬展のイベントの際、販売されていることもあります。また、宅配もしてくれるみたいです。

菓子処 古月堂
甘楽郡下仁田町本宿3760
TEL/FAX:0274-84-2417
定休日 水曜(祝祭日は営業)
※軽井沢店もあります。
 長野県佐久郡軽井沢町新道23-10 TEL:0267-42-3334

-------------------------------------------------

【解答】「富岡赤れんが」のカステラ、赤い色は何??

正解は「トマト」
カステラにトマトとは…でも、トマトが入ってあのレンガ色が出せるのだと思います。
ちなみに桑の実も入っているみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

紅葉ドライブ(続編)―いよいよ妙義山へ!だけど…

前回の記事「松井田・妙義山へ―紅葉ドライブ」のつづきです。
昼ごはんも食べて、いよいよ妙義山へ向かいます。
まずは妙義神社近くの「道の駅みょうぎ」へ。ソフトクリームを食べました。

Cimg1605_2

栗&ミルクのミックスソフト(250円)。ミルクはもちろん地元の生乳入り。
栗のソフトって珍しいですよね~。栗の味がかなり濃く、ミルク味の方が負けてしまいそう…です。でも、ソフトなのでモンブランみたいに重くはないです。コーンもおいしく、かなりおススメ!
(ちなみにミルクのみ、栗のみのソフトもあります)

Cimg1607

道の駅から撮った紅葉の様子がこちら。ですが、紅葉の映え具合が…な気が。
天候(曇り)のせいもあるけど、どうも見頃を過ぎてしまっている気が。
う~ん、と思いつつ車を走らせると…

Cimg1613

Cimg1614

Cimg1615

やはり見頃は過ぎてしまった模様ですbearing
(期待させてしまって…スミマセン!)
まあ、街中でさえ紅葉真っ盛りなんですものね(落ち葉もあるし)。それより時期が早い山は無理もありません…

ちなみに写真はいずれも「さくらの里」から撮ったもの。「さくらの里」は道の駅から下仁田方面へ行くとある県立の施設。ソメイヨシノをはじめ1万本以上の桜があります。春になったら再び行ってみたいなあ…

その後は道を松井田方面へ引き返して「妙義ふれあいプラザ もみじの湯」へ。

Cimg1616

先出の「道の駅みょうぎ」の近くにある日帰り温泉施設。「妙義ふるさと美術館」も併設しています。
小規模な施設ですが、その分行き来がしやすくちょっとした立ち寄り湯には最適。温泉は無色透明ですが「ぬめり」があり、「成分が入ってるんだなあ~」と実感。熱さは露天でちょうどいい熱さ(内湯だとちょっと熱いかも…)。「露天だとぬるい」という施設もある中で、この熱さはなかなかないと思います。いい湯でした。

道の駅みょうぎ
富岡市妙義町岳322-7
TEL/FAX:0274-73-3991
開設時間 9:00~17:00
※詳細はこちら(道の駅のサイトより)

妙義ふれあいプラザ もみじの湯
富岡市妙義町妙義1-1
TEL:0274-61-7600
FAX:0274-61-7601
利用時間 10:00~20:00(12月~2月は19:00)
休館日 月曜日(祝祭日は開館)と祝祭日の翌日
利用料金(3時間) 大人:500円 子ども300円
※詳細はこちら(「温泉の旅」のサイトより)

----------------------------------------------

おまけ―「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産候補!
…に伴い富岡製糸場グッズが

日本史の授業でも出てきた「富岡製糸場」。明治初期に建てられた器械製糸場で、近代文化を象徴する施設の一つです。
この富岡製糸場と周辺の絹産業遺産群が2007年1月30日に「世界遺産暫定リスト」に記載されました。現在世界遺産登録へ向け、盛んな活動が行われています。
お菓子をはじめとするグッズもあちこちで販売。

Cimg1618

こちらのお菓子は前回の記事にあった「おぎのや 横川ドライブイン店」で販売されていたもの。この他にもお菓子や化粧品など、繭や絹に関連したグッズが売られていました。
候補になった時、「富岡製糸場ってそんなにスゴイのかなあ??」と思ったのですが(←県民なのにとっても不謹慎!)、こう見てみるとぜひ登録されてほしい!群馬の絹織物の歴史が世界に知られれば、いいですよねhappy02

※詳細はこちら
群馬県:富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡市:富岡市世界遺産推進ホームページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

松井田と妙義山へ―紅葉ドライブ

群馬は街中もmaple紅葉真っ盛りmapleですが、松井田~妙義山方面へ紅葉を見に行ってきました。
松井田(現安中市松井田町)は群馬と長野の軽井沢をつなぐ碓氷峠や、釜めしで有名な横川駅があります。
妙義山は、群馬県民なら誰もが知ってる「上毛三山」の一つ。上毛かるたにも「紅葉(もみじ)に映える妙義山」と詠われるほどの紅葉の名所です。

今回は我が両親のほか、姉と姪甥がいたため、まずはレジャー!横川駅すぐにある「碓氷峠鉄道文化むら」に行きました。

Cimg1602

「鉄道文化むら」は実際に使われた列車の展示のほか、ミニSLとか乗れたり列車の運転までできたりと、子どもや鉄道ファンにはちょっと楽しいテーマパークです。

Cimg1588

寝台車や食堂車など、中に入れる列車も。お座敷列車は休憩所にもなっています。

Cimg1597

SLも展示。

Cimg1591

ミニSL。こちらは実際に乗れます。大人200円、子ども100円(確か小学生から)。写真は運転前の準備の様子。
私も甥(2歳)の付き添いで乗りましたが、そこそこのスピードで長い距離走るため、かなり面白いですhappy01

Cimg1600

こちらは園内を一周する列車(大人400円)。イギリス産の蒸気機関車で愛称「あぷとくん」…のはずですが、現在あぷとくんは検査中。代わりにディーゼルエンジンの列車が運行しています。
車両は木目で趣があるのですが、列車はかな~りゆっくりめ。正直物足りないかも…coldsweats01本来の「あぷとくん」ならまた違ったと思います。

ちなみに何故「あぷと」という名前なのか?―それはまだ信越線が横川―軽井沢間があった時(現在は廃線)に、「アプト式」という方法で列車が碓氷峠を登っており、そこからつけられた模様です。

なお、実際運行している列車は、この他にもトロッコ列車「シェルパくん」があります。
この列車は少し先にある日帰り温泉施設「峠の湯」まで行きます。「峠の湯」は私は2,3回ほど行ったことがありますが、お風呂が広く、施設もきれいで、かなりおススメ。列車と施設利用のセット料金もあるので注目です(往復の場合大人1,700円)。

さて、そんな風にぐるぐる園内を回ってたらお腹が空いてきましたcoldsweats01
やはりここは、「おぎのや」の「峠の釜めし」ですよね!

Cimg1603

「全国の好きな駅弁」では常に上位の超有名な駅弁。横川~軽井沢間が廃線となり、現在はドライブインなどの販売のみですが、その人気は不動!
鉄道文化むら近くの横川ドライブインで食べたのですが、食堂は席の確保が難しいほどの混みようで、食べていた人の半数は釜めしでした。値段は900円。

Cimg1604

薄く味付けしたご飯に、鶏肉・ごぼう・椎茸・栗・うずら・杏子・筍・紅しょうがと色とりどりの具材を載せた釜めしは昔と変わらない味。
ここ何年食べてなかったのですが、おいしさは健在!
具もおいしいのですが、ごはんもおいしいんですよね~。味付けもしつこくはないのに、しっかり主張しているというか…
昔は杏子が嫌いで、「これが入ってなければいいのになあ」と思った時もありましたが、こう改めて食べるとやはり杏子あってこそ!の釜めし。どの具が欠けてもいけないですconfident

…その後はいよいよ紅葉!ですが、ここまで書くとかなり長くなってしまう…ので次回に。
ちょっとだけ、鉄道文化むらで撮った紅葉の様子をお見せします。

Cimg1598

Cimg1590

碓氷峠鉄道文化むら
安中市松井田町横川407-16
TEL:027-380-4163
FAX:027-380-4111
開園時間 9:00~16:30(3~10月は17:00まで)
休館日 火曜日と年末年始
入園料金 大人:500円 子ども(小学生)300円
(本文にあった乗り物料金は入園料とは別にかかります)
URL:http://www.usuitouge.com/bunkamura/

おぎのや(ドライブイン横川店)
安中市松井田町横川297-1
TEL:027-395-2431
FAX:027-395-2011
営業時間 8:00~20:00
URL:http://www.oginoya.co.jp/
(「おぎのや」のサイトですが、お店情報もこちらにあります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

忘れられない(?)ザッハトルテ―La La Sweets(ララスイーツ)

高崎問屋町界隈のケーキ屋さん第3弾!
先日のことですが、姪がケーキを持ってきてくれました。今年7歳になったので、七五三のお祝いです(もっとも買ったのは姉ですが)。
それが「La La Sweets(ララスイーツ)」のケーキです。

Cimg1569

問屋町のお隣、飯塚町にあるケーキ屋さんで、マルエドラックの向かいにあります。
写真は左下から時計回りに、シュークリーム×2、かぼちゃのプリンケーキ、ショートケーキ、チーズケーキ(フロマージュ)、フルーツのロールケーキ、ザッハトルテ。

問屋町には、「Lien(リアン)」「ル・ポンポネット」といったケーキ屋さんがありますが、こちらの特徴はアットホームなかわいいケーキとリーズナブルな価格。
平均300円くらいだったか…と思いサイトで確認したら、ピンポン!写真の中で300円台はロールケーキとザッハトルテのみ。あとは200円台で食べられます!
味もシンプルかつ素朴で、小さいお子さんと一緒に買うのに最適なケーキ屋さん。もちろん普段使いのケーキ屋さんとしてもおススメです。

さて、写真のケーキですが、真っ先に目を引いたのはザッハトルテ。チョコが濃厚そう!食べてみたいheart02…と思ったのですが、それは姪のお腹の中に。

…まあ、いいんです。我慢します。叔母ですから…coldsweats01
(それに今回は姪の七五三だし…)

で、結局選んだのはフロマージュチーズケーキ

Cimg1570

少し前にベイクドチーズケーキも食べたのですが、こちらはスフレタイプ。ふわふわとした食感ですが口当たりは滑らか。チーズの味は軽めですが飽きない味です。

…こう書いていたら、リベンジ(?)でザッハトルテが食べたくなってきた…
また近いうちに行こうかなhappy01

La La Sweets(パティスリー ララスイーツ)
高崎市飯塚町382
TEL/FAX:027-362-9966
営業時間 11:00~19:30
定休日 火曜日と第3水曜日
URL:http://www.lalasweets.net/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

超人気の「ナポリの食卓(高崎店)」に行ってきました!

「イオンモール高崎」の北、「15のクゥール」(ケーキ屋さん)の近くにできたイタリアン「ナポリの食卓(高崎店)」。
私はお店自体知らなかったのですが、周囲からは「すごく混んでいる」との噂。
そんなにおいしいお店なのか!?ということで、早速行ってみました。

Cimg1571

11時半ごろに行ったのですが、56台停められる駐車場は既に7割ほど埋まっています。
「この時間でこの混みようはすごい」と、ますます期待大。
お店の外観もかなりお洒落。実際店内に入るとナポリ風(店名が「ナポリ」ですからねcoldsweats01)の白壁とアンティークな照明が迎えてくれます。

Cimg1579

Cimg1580

私たちが通されたのは4人席×2組の個室。個室は結構あります。
ただ「個室」がちょっと「個室」とは言えない所以が…(それは後で分かります)。

さて、肝心のメニュー。実はここに人気の最大の理由が。

Cimg1572

パスタ(20種類ほど。ドリアなども可)をメインに、サラダバー・バラエティピッツァ・ドリンク・ドルチェ(デザート)のセットをつけるスタイルが基本。
最大の特徴はバラエティピッツァ。食べ放題ですが方法が変わっていて、ピッツァが焼けると店員さんがわざわざ席まで持ってきてくれるのです。お客さんは一切れいただいて、しばらくすると、今度は違う種類のピッツァを店員さんが持ってきてくれて…の繰り返し。
「もう食べたくないよ」という場合は、テーブルにあるプレートを「まだ食べます」→「お腹いっぱいです」に替えると店員さんは運んできません。

Cimg1574

サラダバーとバラエティピッツァ。サラダはポテトやかぼちゃ、マカロニサラダもあってバラエティー豊富です。スープも飲めます。この日はコーンスープ。味にうるさい母親が「おいしい!」と絶賛してました。

Cimg1576

バラエティピッツァ(その2)。こちらはナスとソーセージのカレーピッツァ。ピッツァは席に居た1時間ほどの間に10回ほど来ました。その度種類が違っていて、「よくも短時間にこれだけの種類を焼くなあ~」と感心shine

Cimg1575

メインで注文したツナとフレッシュトマトの塩味スパゲティ。麺は細めで量は気持ち少なめ。ピッツァが食べ放題なので、このくらいで丁度いいです。唐辛子のピリッとした味がアクセント。

Cimg1581

ドルチェはケーキに一口ジェラートまでついてオドロキ!思わず店員さんに「ジェラートまでつくんですか!?」と尋ねてしましました。写真はレアチーズケーキ+紅茶のジェラート。

これでドルチェが選べる「選べるナポリ」セットだと1,490円です。

メイン+食べ放題スタイルなのは、以前紹介した「小塙町カフェ」とほぼ同じ。「小塙町カフェ」も混んでましたが、それ以上に混んでいるのは「バラエティピッツァ」と「ドルチェ付き」、そして「個室」なのだと思います。
私たちが帰る頃にはお店の外までお客さんが待ってましたから…(当然駐車場はいっぱい)。

ただ個室であっても、サラダバーに行くお客さんやピッツァを運ぶ店員さんの出入があるため、実際はかなり賑やかな印象があります。
落ち着いて食べる…という感じではちょっとないのかな…

でも「小塙町カフェ」と同様、家族連れにはいいと思うので、今度は姉(と姪甥)を連れて行きたい、と思いました。

ナポリの食卓(高崎店)
高崎市西国分町158-1(明和県央高校隣り)
TEL/FAX:027-360-6344
営業時間 11:00~24:00
無休
URL:http://www.boston-gr.com/
※今回紹介したメニューはランチのセットですが、単品でも注文できます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

ハワイの旅・食べ物編

前回の「ハワイの旅」のつづき「食べ物編」です。
ハワイ→アメリカの食べ物というと「ボリュームがあって大味」というイメージがありました。
確かにボリュームは半端ではなかったです。

Cimg1438

パスタは(ペンネの量で明らかですが)2人前以上あるんじゃないかという勢いだし、

Cimg1439

サラダはレタスが「4分の1カット」で出てくるし、
(しかも左のアイスティーのグラスはビールのジョッキさながらだし)

Cimg1478

ハンバーガーはトマトが2枚のってしまいます。

でも、味は必ずしも大味ではなかったです(お店にもよると思いますが)。
こんなにボリュームがあるのに全然嫌にならず、おなかいっぱいになるまでいくらでも食べられました。
ハンバーガーなんか、お肉がすっごくジューシー。粗挽きで旨味が凝縮されています。「これぞビーフ!」という味。ケチャップやマスタードなくても十分おいしいです。

ただ…お店がハンバーガーやパスタ、パン(マフィンなど)ばかりなので、段々日本食が恋しくなってしまいますね…coldsweats01
2日続けてお寿司食べたり(このお寿司も意外においしい!)、カップラーメンが無性に食べたくなったりしてました。

ちなみに写真のパスタとサラダ(&ドリンク)は「ザ・チーズケーキ・ファクトリー」、ハンバーガーは「クアアイナ」というお店。どちらも評判のお店で、「チーズケーキ・ファクトリー」はワイキキにあり、店名でもあるチーズケーキもすごくおいしいです。
「クアアイナ」は私はハレイワ(北部の街)で食べたのですが、ワイキキ近郊でも食べられます。東京にも店舗があるみたいです。詳しくはサイトで(↓)

クアアイナ:http://www.kua-aina.com/(日本語)

------------------------------------------------

ハワイと言えばやはりフルーツ!フルーツは本当においしかったです!

Cimg1528

スムージー。フルーツたっぷりで、とても新鮮。何種類入れても同じ値段なのがウレシイ。

Cimg1468

前回写真でも紹介した「ドールプランテーション」でいただいたフルーツ。マンゴー・パパイヤのほか、ヤシの実(白い果実)やサトウキビ(薄黄色のいかにも繊維質っぽいやつ)もあります。
バナナはアップルバナナといって、リンゴの味がするバナナ…だそうですが、私にはリンゴの味がよく分かりませんでしたcoldsweats01でも、普通のバナナよりはあっさりしていたと思います。
ヤシの実は噛んでると「生のじゃがいもってこんな感じじゃ…」というもそもそとした味が。サトウキビは最初繊維質まで食べようと思いましたが…無理でしたcoldsweats02繊維質は残して、噛みながら甘みを吸うみたいです。どちらもかなりクセがあり、一口で十分かな…

でも、マンゴーはジューシーで甘みたっぷり!口の中でとろけてしまいます。衝撃的においしかったですshine

--------------------------------------------

最後にお土産の紹介。

Cimg1557

ハワイにもありました「地域限定コロン」。ハワイのコロンはコーヒー味。ハワイ島で生産されるコナコーヒーが使われています。ほろ苦甘くて、ちょっぴり大人の味。小さいパックになっているので、職場のお土産にも適してます。ABCストアなどで販売。

Cimg1560

「ホノルル・クッキー・カンパニー」というお店のクッキー。写真では中身が分かりづらいですが、パイナップル型をしたクッキーで、マカデミアナッツやパイナップル、先述のコナコーヒーなどハワイの特産物を使った「メイド・イン・ハワイ」のクッキーです。甘すぎず、さくさくとしていて日本人向き。
金額も5ドル前後からとリーズナブル。ワイキキの主要ホテルやショッピングセンターを中心に10ヶ所ほどお店があります。

ホノルル・クッキー・カンパニー:http://www.honolulucookie.com/(英語)

--------------------------------------------

ハワイとは言え、そこは外国。言語や習慣など慣れない部分もあったけど、国内に居るのでは分からないことが(ちょこっとだけ)見えてきて、それなりにためになったし、面白かったです。
でも、やっぱり日本が一番いいよなあ…coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

番外編―ハワイの旅

今回は(またもやですが)番外編。10月26日~11月1日までハワイに行ってきました。
県外の旅行は年に2,3回ほど行くのすが、海外は8年前のグアム以来2回目。職場で長期休暇がいただけたので、行ってきたのです。

ハワイはホノルルのあるオアフ島のみでしたが、観光客は余り行かない北部地域(ノースショア)にも行けたし、なかなかボリュームのある旅だったと思います。

Cimg1444

Cimg1456

Cimg1523

ハワイを(いや世界を)代表するワイキキビーチ。波が穏やかで、泳いだり初心者がサーフィンをするのに適しています。まさにリゾート地に適したビーチ。

Cimg1446

Cimg1500

ワイキキの街並み。写真は朝撮ったものですが、全体的に日本人が少なかったのは意外でした。時期的なものだと思います。最後の方(30,31日)は3連休と重なるせいか、日本人が増えてきてました。

Cimg1511

ビル群。ワイキキのホテルをはじめ、首都ホノルルはたくさんの高層ビルが建っています。

ハワイというと、「年中晴れていて暖かい」というイメージが強いですが、これはワイキキ周辺(ホノルル)特有の気候なんだそうです。特にこの時期は、ホノルルを出ると曇りや雨が多く、朝晩は冷え込みます。

ちなみに郊外の天候はこんな感じ。

Cimg1465_3

Cimg1470

この写真はジュースで有名な「ドール」のショップ。オアフ島は実はドールのプランテーションがあり、見学もできます。

Cimg1471

北海岸の砂浜で見たアオウミガメ。産卵をしているのではなく、体を温めています。
ハワイは意外に海水温度が低いため、泳ぎ続けていると体が冷えて動きが鈍くなり、サメに襲われやすくなります。それで海岸に上がり「ひなたぼっこ」をしているのです。

ボリュームのあるハワイの旅。食べ物の話は次回紹介したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »