« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

伏兵(?)のとり弁当―おっ!鳥弁当本舗

群馬の「とり(鶏)弁当」というと登利平「上州御用鳥めし」たかべん(高崎弁当)「鶏めし弁当」が有名です。
これはこれで好きなのですが、それ以外にお勧めしたいとり弁当があります。
「おっ!鳥弁当本舗」のお弁当です。

Cimg1236_2

場所は高崎市片岡町ですが、お店はなく配達専門(5個以上から)。個別では高崎高島屋食の駅ぐんま高崎店で購入することができます。値段は630円。
ちなみに包装に描いてある絵は雷様。群馬は「雷(らい)と空っ風義理人情」上毛かるたより)と言われるほど夕立が起こりやすい地域。雷様も様々な食べ物に登場しています。

Cimg1238

さて、お弁当の中身ですが、ご飯に鶏肉(これは外せません!)、そしてごぼう。ごぼうはこのとり弁当の大きな特徴の一つ。きんぴら風味で、「鶏肉とごはん…」となってしまう単調な味にアクセントを加えています。よ~く味がしみていて、とってもおいしいです。

肝心の鶏肉は薄めの味付けで、鶏そのものの味が生かされていると思います。黒胡椒がアクセント。ピリッとした辛さが味を引き締めてますね。

ご飯はしょう油だれがついてますが、全然しつこくありません。たれの味はしますが、後に残らずあっさりとしています。
お米自体もこだわりがあって、高崎の高木米穀店「べっぴん米」というのを使用しています。べっぴん米は時期に合わせ、産地や銘柄、割合を微妙に変えて1年中おいしいご飯が食べられるようにしたブレンド米です。お米がおいしいのも、お弁当がおいしい所以だと思います。

付け合せの漬物も生の梅干しが入ってたりと、細部にこだわりのあるとり弁当。
3年ほど前、とある行事でいただいてから、すっかりファンになりました。
我が家でも好評で、食の駅に行く際はたまに買ってきてくれます。
ちなみに今回も…でした。

おっ!鳥弁当本舗
高崎市片岡町2-3-18
TEL:027-327-0554
フリーダイヤル:0120-52-0554
※注文受付は9時から19時とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

ぶどう(葡萄)の季節―榛東ぶどう郷

8月も終わりに近づき、季節は初秋。
(もっとも今年は「もう秋真っ只中!?」と思ってしまうほどの気候ですが)
果物も徐々に夏~初秋の果物が出てくるようになりました。

この季節旬の果物の一つにぶどう(葡萄)があります。
先日、母親が榛東村にいる親戚からぶどうをもらってきました。

Cimg1235

榛名山東麓にある榛東村はぶどうの産地。自衛隊駐屯地の道路沿いを中心にぶどう園が軒を連ねており、その数は40軒近く。「榛東ぶどう郷」と呼ばれ、ぶどう狩りが行われています。
ぶどう狩り自体は私はしたことはなく、もっぱら食べる専門(!)なのですが、姪が幼稚園の時したことがあり、採ったぶどうをおすそわけしてもらってました。

その時のぶどうも大きくて甘かったですが、写真のぶどうも大きいし甘い!熟しすぎていると言えるくらいで、手に取るとたまに実が「ぐしゅっ」と崩れてしまいます。
甘さは「これ以上ぶどう本来の甘さってないんじゃないか」と思える程で、果汁オンリーでないぶどうジュースを飲んでいる錯覚が。でも、どう見ても生のぶどうなんですよね。その証拠に後に甘さ残らないし(笑)。
水分も十分。思わず次の実へと手が伸びてしまう、おいしいぶどうでした。

なお、このぶどう園の道路沿いには「しんとうふるさと公園」があります。
道路を挟んで南北に公園が分かれており、歩道橋でつながっているのですが、歩道橋からはローラー型のすべり台が伸びているという、かなり珍しい構造をしています。
見かけ以上のスピードで走るミニ鉄道(土日祝日のみ)やアスレチックもあり、子どもと行くとなかなか面白い公園です。

榛東ぶどう郷
開園時期 8月上旬~10月上旬
開園時間 8:00~17:00
入園試食料金 (一般)大人300円 子ども250円
(団体は各50円引き)
休園日 期間内は無休です。
※詳細はこちら→榛東村ホームページ「榛東ぶどう郷」

しんとうふるさと公園
北群馬郡榛東村大字山子田1920-1
開園時間 9:30~16:30
休園日 月曜日
料金 入園は無料ですが乗り物は別途料金がかかります。
※こちらも詳細は→榛東村ホームページ「ふるさと公園」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

「ぐんまちゃん家」再び!

7月に東京銀座に誕生した「ぐんま総合情報センター」通称「ぐんまちゃん家(ち)」。
オープン初日に行ってみたのですが、この度銀座に用があったので、再び行ってみました。

場所は歌舞伎座のすぐ近く。前回の時は看板が地味だったんだけど…

Cimg1225

「ぐんまちゃん家」の看板がある!しかも大きい!
群馬をPRする場所なんだもの、これぐらい大きくなくっちゃね!
今回のイベントの看板やのぼりも立ってるし、呼び込みもしていて(こちらは前回もしていました)、かなり目を引くと思います。
(ちなみに前回(オープン当初)の外観等を載せた記事は→こちら

「ぐんまちゃん家」のサイトにも今後のイベント情報が掲載されるようになったし、徐々にではありますが、群馬のPR、向上していると思われます。

さて、今回のイベントは看板やのぼりにもある通り「桐生特集」。
桐生うどんの試食や販売、浴衣の着付けやレンタル等を行っていました。

Cimg1227

試食の桐生うどん。粉っぽさはなく、喉越しすっきりといけます。こしは強すぎず弱すぎず、ちょうどいい感じです。

Cimg1229

今回は写真の「桐生うどんの里」「上州あづまうどん」が試食に。おいしかったので、思わず買ってきてしまいました。一袋315円。
絹織物の町、桐生は水もきれいなことからうどんの店が多く、20軒以上のうどん屋さんがあります。うどん屋さんを巡るスタンプラリー「桐生うどんラリー」というのもあります。
(詳細は→「桐生うどん会」のサイトへ

Cimg1228

こちらは桐生の名産、絹織物。販売もしていました。

Cimg1226

1階の物産コーナーで見つけた携帯入れ。県のマスコット「ゆうまちゃん」改め「二代目ぐんまちゃん」入り。
イベントをはじめ長年様々な場所で活躍してきた「ゆうまちゃん」。「ぐんまちゃん家」ができたことがきっかけで、二代目「ぐんまちゃん」を襲名しました。
ちなみに初代「ぐんまちゃん」は「あかぎ国体(昭和58年)」の際に馬場のぼるさんが作成。こちらも現役です。

9月も様々なイベントをやる模様。群馬の情報発信拠点として、ぜひ頑張ってほしいです!

ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家(ち))
東京都中央区銀座5-13-19
(デュープレックス銀座タワー5/13 1・2階)
TEL:03-3546-8511
営業時間 10:30~19:30
URL:http://kikaku.pref.gunma.jp/g-info/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

六郎のぷるるん羊かん

8月も後半になり、いくらか暑さは和らいだ頃ではありますが。
母親が夏に合う和菓子を買ってきました。

Cimg1213

高崎市貝沢町にある和菓子屋さん「六郎」「ぷるるん羊かん」です。
写真は小倉ですが、抹茶もあるみたいです。
和紙で書かれた説明書きには、「水羊羹でも練り羊羹でもないぷるるんとした新しい食感」と書かれていますが、どんな羊かんなんだろう??

封を開けてみると…

Cimg1220

まず見た目にびっくり。羊かんとは思えないほどの薄い小豆色です。
色からして「水羊羹でも練り羊羹でもない」ですね。ただ抹茶はもう少し色が濃いみたいです。

Cimg1221

味はこれまた普通の羊かんとは一味違っています。
食感は水まんじゅうの皮(と言える部分)に一番近いです。水まんじゅうの皮は葛(くず)の粉からできていますが、実際こちらも葛が使われているみたいです。

小豆の味も普通の羊かんほど濃くはないですが、「味がしない」というわけではないです。「すっきりとした小豆の味」という感じ。
小倉は本来はかなり甘いものなので、この季節に食べると後に甘さが残って、喉越しが…と敬遠しがちな人も、この羊かんなら喉越しすっきりといただけます。

まさに夏にぴったりの和菓子です。

----------------------------------------------

おまけ(六郎のその他の和菓子など)

Cimg1211

粒餡(つぶあん)のおはぎ(左)とごまのおはぎ(右)。
かなり大きいです。田舎のおはぎといった感じ。でも見かけより甘さは控えめ。
ごまのおはぎには中に餡が入っています。

Cimg1212

お赤飯(栗入り)。もち米とお豆の味がしっかりしていて、かなりおいしいです。栗の甘さがアクセント。ごま塩のしょっぱさと上手くマッチしています。
もち米も固すぎず、ちょうどいい蒸し加減。まさにお手本とも言えるお赤飯です。

夢づくり菓子づくり 六郎
高崎市貝沢町465
TEL:027-363-1480
営業時間 9:00~18:30
定休日 月曜日と第3火曜日
※こちらにも情報が載っています→goo地域のサイトより
※ブログもあります→六郎の和菓子日記

--------------------------------------------------

お知らせ(お詫びと訂正)

前回の記事「ケーキ屋さんのパフェ―Lien(リアン)」にて、お店情報の営業時間と定休日に誤りがありました。現在は訂正をして掲載しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

ケーキ屋さんのパフェ―Lien(リアン)

高崎問屋町界隈には、意外にもケーキ屋さんがたくさんあります。
問屋町二丁目、上毛新聞高崎支社の裏手にある「Lien(リアン)」もその一つです。

Cimg1214

「メモリード」(冠婚葬祭事業者)の結婚式等でケーキや焼き菓子を提供しているお店ですが、個人向けの販売やカフェも行っています。
ケーキもおいしいですが、先日、「ここのパフェがとてもおいしい」という情報を得たので行ってみました。

パフェは定番のチョコや話題のマンゴーなど6種類がカフェスペースで食べられます。
そのうち、私はストロベリーパフェを注文してみました。

Cimg1217

生クリームやイチゴジャム、バニラアイス、そして忘れてはならないイチゴがたっぷりと入って(或いは載って)いますが、このパフェの突出すべきはシリアルの部分。
コーンフレークが一般的ですが、ここではクランチしたパイ生地が使われているのです!

Cimg1218

器の底に潜んでいるパイ。さくさくっとしていて、生クリームやイチゴジャムと食べると、ミルフィーユを食べているよう(ミルフィーユはカスタードですが)。実際ミルフィーユで使われるパイではないかな…。

Cimg1219_2

パフェにはパイ以外にもスポンジが入っていて、こちらはショートケーキを食べている感じです。
う~ん、これぞ「ケーキ屋さんのパフェ」。おいしいというのも十分頷けます。

それでいて値段は450円!ボリュームもあるのに、この値段はかなり破格です。

Cimg1216

こちらは母親が頼んだフルーツパフェ(550円)。フルーツがたくさん入るよう、器は浅めです。写真では見えないですが、こちらもクランチしたパイが入っています。
なお、バニラアイスをフルーツのシャーベットにした、トロピカルフルーツパフェ(550円)というのもあります。あっさりとした口当たりのパフェが食べたい場合にお勧めです。

パティスリー Lien(リアン)
高崎市問屋町2-3-7
TEL:027-360-3131
営業時間 10:00~20:00
定休日 火曜日
※以前紹介した問屋町のケーキ屋さんは→こちら(ル・ポンポネット)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

アンリ・シャルパンティエのゼリー

今回は番外編(と言った方がいいんだろうなあ…)。今世間ではお盆の季節。俗世に見えられる仏様を拝みに、実家や親戚の家に行ったりすることも多いと思います。
そこで必要になるのは…お土産。

我が家でも、親戚の家にお線香をあげに行く際必ずお土産を持っていきます。
どうやら今年は「アンリ・シャルパンティエ」のゼリーにした模様です。

Cimg0984

Cimg0985

「アンリ・シャルパンティエ」は神戸の芦屋発祥の洋菓子で、そのおいしさから全国的に有名になりました。現在は関西・東海・関東を中心に多数店舗を構えています。
群馬では高崎高島屋で焼菓子とゼリーが購入できます。

私は旅行で神戸に行った時、お土産でマドレーヌやフィナンシェの焼き菓子を買ったのが最初だったのですが、余りのおいしさに感動!味にはかなりうるさい母親までもが絶賛し、それ以来家族ぐるみのファンになっています。

個人的にはマドレーヌ等の焼き菓子が一番好きですが、ゼリーもとてもおいしいです。
写真のゼリーは手前から時計回りにレモン、オレンジ、リンゴのゼリー。ですが、黄桃や洋梨、ぶどうやマンゴーなどの果肉がそのまま入っており、しかも大粒。とは言え、ゼリーもきちんと果物の味を主張しているんですよね。余計な甘さはないけど、濃い。
まさに…果物をまとめて食べている感じです。

ゼリーは3個入りの箱で1,300円ほど。かなりいい値段ですが、それだけ価値のあるゼリーです。

アンリ・シャルパンティエ
URL:http://www.henri-charpentier.com/
※注:ブログの写真は以前撮影したものです。
※ゼリーは写真の種類の他に、テリーヌの形をしたものもあります。

高崎高島屋
高崎市旭町45
TEL:027-327-1111
営業時間 10:00~19:00
休業日 基本的に水曜日ですが、8月は無休です。
URL:http://www.takashimaya.co.jp/takasaki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

ニャーヴェトナム・LABI高崎店

7月11日、高崎駅東口に誕生した「ヤマダ電機LABI1高崎」。
ヤマダ電機のほか、レストランや書店、ブランドショップ等も含む複合施設として、群馬県民の間では注目の的となっています(詳細な記事は→こちら(高崎前橋経済新聞より))。
オープン直後は朝から入店を待っていた人や、駐車場に入る車で周辺は大渋滞という混雑がありましたが、1ヶ月経って多少落ち着いた模様です。

東口にそびえ立つガラス張りのビルを見ながら、「またすごいものができたなあ~」と思っていた私(ご存知ない方に写真でお見せできないのが、本当に残念なのですが…bearing)。
遅ればせながら、ようやく行くことができました。

ヤマダ電機の店舗や品揃えも気になるところですが、私が(それ以上に)気になったのは…もちろんレストラン
5階がレストラン街で、17店舗もあります。

Cimg1210

このうち、ベトナム料理店「Nha VietNam(ニャーヴェトナム)」に行ってみることに。
群馬ではベトナム料理のお店は少ないので、結構貴重です。
私の母親も以前行った時、このレストランが一番混んでいたとのこと。

ランチタイムだったこともあり、料理はフォー(米の粉で作った麺)を中心。その中でも「日替わりご飯+日替わりミニフォー」のセット(1,155円)を頼んでみました。

Cimg1209

この日のご飯は鶏肉とあさり、フォーは豚肉で、他生春巻きがつきます。
かなりのボリュームでしたが、フォーもご飯もあっさりしていて食べやすかったです。

この他にもタイカレーとのセットや、オープン記念の特製ランチもあります。
特製ランチは魚介の入ったフォーで、こちらもかなりおいしそうでした。

店内のテーブルが細かく分かれているので、女性一人でも気軽に入れます。
また夜は飲み屋さんになるので、飲み会の場所としても使えます。何しろ駅前ですから

注意点はランチにドリンクが含まれていないこと。群馬ではランチメニューにドリンク付は定番ですが、ここでは別注文になります。
でも、お水代わりにサービスで蓮のお茶をくれます。甘めながらも喉越しがすっきりなお茶でお勧めです。

Nha VietNam(ニャーヴェトナム)・LABI高崎店
高崎市栄町1-1 ヤマダ電機LABI1高崎5階
TEL:027-330-1221
営業時間 11:00~22:00(L.O21:00)
URL:http://www.foodworks.co.jp/

ヤマダ電機LABI1高崎については→こちら
(ヤマダ電機HPより)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

高崎まつり―だるまみこしと福引景品

8月2日(土)、3日(日)の2日間、「高崎まつり」が開催されました。
高崎まつりは高崎市街地を中心に行われるお祭りで、今年が34回目。しかしその歴史は古く、発端は明治以前と言われています。
大きな見物の一つである山車(だし)も、当初から誕生していたそうです。現在は市街地の町内ごとに38台あり、全国有数の台数を誇ります。今年は17台が出ました(輪番制による)。

また「だるまみこし」も高崎らしい見物の一つ。高崎はだるまの生産が日本一!巨大なだるまみこしや市民参加型の創作だるまみこしもあります。

Cimg1207

創作だるまみこしコンテスト(2日)の最優秀賞のガチャピンおみこし。
「これがだるま!?」と思うほどの出来栄えです。

Cimg1206

同じく3日の最優秀賞「牛だるまおみこし」。鼻とほっぺがキュートheart02
あえてだるまの形を残したのもグッドですhappy01

コンテストは2日と3日、2回にわたり行われました。
なお、おみこしはお祭り後、両日の優秀賞と共に高崎市役所の正面ロビーに飾られています。

さて、そんな「高崎まつり」。1枚200円のワッペンを購入すると、福引(1枚につき1回)をすることができます。
今年は4枚購入し福引をした―実際福引をしたのは連れの姪と甥ですが―のですが…いずれも残念賞coldsweats01でも、このような景品をいただきました。

Cimg1205

なんと、ウェルク高崎のクッキー!!
以前このブログでも紹介し、大ファンのクッキーです。
(その時の内容は→こちら
プレーンやココア、ゴマ味などが4,5個ほど入っています。

これ一袋一袋作るの大変だったんじゃないんかなあ…と感動shine

私が福引に行ったのが初日、しかもお祭り開始直後。
企業等からの物品提供(寄付)により景品を揃えているため、後で福引すると別の景品になっていた可能性が高いです。
これもある意味「貴重」だったのかも知れません。

高崎まつり・だるま
詳細は市ホームページ及び観光協会のサイトをご覧ください。
・高崎市ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/
・高崎観光協会
http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

念願!「福豚」のウィンナー

7月6日の記事、「ぐんまちゃん家」を紹介した中でちょこっと出てきていた「福豚」。
(公式サイトは→こちら

前橋市の市街地から赤城山へ向かう途中、三夜沢町にある林牧場(とんとん広場)で育てられた豚です。
徹底した管理(とたっぷりの愛情)の下、ストレスなく健康に育てられた豚は、豚肉とは思えない霜降りで赤身が濃く、柔らかいのが特徴。脂身もさっぱりしています。
生ロースハムとロースハムは、2008年に日本のハム工房では初めてモンドセレクション金賞を受賞しているのです。

まさに栄誉ある豚…様(笑)。

以前「グッドぐんま」のブログで福豚のトンカツを紹介しているのを見てから、ずっと食べてみたいと思っていたのですが。

念願かなって、ウィンナーでいただける機会が。

Cimg1197

ポークウィンナー。ロースハム等と同時にモンドセレクション銅賞を受賞したウィンナーです。パッケージがかなりかわいい!

Cimg1198

フライパンで焼いたウィンナー。我が家の流儀で細かく切ってしまったため、見栄えは悪くなってしまいましたが、味は格段においしかったです!

まずお肉の味が濃い!「ウィンナーってこんなにお肉の味がするもんなんだなあ」と感動shineするほどしっかりしています。きっと「赤身が濃い」からなのでしょう。
旨味も濃縮されていて、噛めば噛むほど旨味が口の中に広がります。脂身もあると思うのに、全然くどくなく、いくら食べても飽きません。

う~ん、名誉ある賞を受賞するのもナットク…
値段も580円とお高いのですが、それに見合うだけのウィンナーだと思います。

群馬は実は豚肉の産地。特に前橋は「豚肉のまち」で、トンカツやカツ丼等の豚肉料理店が多いのはもちろん、「tonton(とんとん)汁」(豚汁)や「tontonまんじゅう」(豚肉のおまんじゅう)まで売り出すほど。最近は専用サイト「TONTONのまちまえばし」まで立ち上げました。

そんな豚肉アピールの一役を担っている「福豚」。私が購入したのは「けやきウォーク前橋」のアピタででしたが、通販も行っています。

林牧場「福豚の里」とんとん広場
前橋市三夜沢町534
TEL:027-283-2983
FAX:027-283-2980
URL:http://www.fukubuta.co.jp/

-------------------------------------------------

おまけ―「モンドセレクション」とは?

世界的に権威のある食品品評会のことで、世界食品オリンピックと訳されることもある。最初は菓子が中心だったが、近年酒類をはじめ食品以外にも拡大されつつある。
日本でも菓子・酒類を中心に数多く受賞しており、中には金賞の上の「特別金賞」や3年以上連続で金賞のものもある。(Wikipediaより抜粋)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »