« 水上・小荒井製菓の「生どら焼き」 | トップページ | 前橋駅前の「南欧の邸宅」―ラ・フォンテーヌ »

2008年7月20日 (日)

ラーメン+ビストロ=Navajo White(ナバホホワイト)

子どもの頃、親によく連れられて高崎の街中にあるラーメン屋「らあめんはんす 成吉思汗(じんぎすかん)」に行きました。
「いかにもラーメン屋」という、カウンターと座敷中心の店内でいただいた「しょうゆらあめん」。透き通ったスープと太いちぢれ麺がとてもおいしく、何回行っても飽きない味でした。
春巻きや餃子、カレーのセットもあり、これも大満足な味。もっとも私はカレーセットだとボリューム的にきついので、春巻きや餃子のセットでしたが…coldsweats01

さて、この「らあめんはんす 成吉思汗」、2004年にリニューアルしました。
その名も「らあめんビストロ Navajo White(ナバホホワイト)」です。

Cimg1112

ラーメン屋とはとても思わぬ外観に大変身。
それもそのはず、「らあめんビストロ」というだけあり、ラーメン屋とビストロが合体したお店になっているのです。
つまり「成吉思汗」時代のラーメンや餃子も食べられるけど、鴨のローストやカルパッチョなんかも食べられてしまう構成。セットやコースで頼むと、料理が混在しています。
しかも夜は飲み屋さんにもなってしまう。かなり珍しいタイプのお店です。

間接的に聞いた話ですが、何でも息子さんがそのままラーメン屋を引き継ぐのではなく、ビストロ系を修行してきたとか…それで料理がコラボしているらしいです。

Cimg1113

店内も洋風でかなり洒落ています。
写真は2階の様子。こちらはパーティールームにもなります。1階も大体同じですが、カウンターがラーメン屋らしさをかもし出してます。そのせいか、一人でも入りやすいです。

今回はランチで「Navajo'sブランチセット」(950円)を注文。

Cimg1115

まさにこのお店のコンセプトを象徴したランチで、右はミニしょう油ラーメン、左は2種類のソースで和えたヒレカツ。ソースはトマトとかなり甘めの…オイスターかな?他にご飯、サラダ、小物、ドリンクとデザートがつきます。
カツは酸味と甘みが絡んだ斬新な味。一方ラーメンは昔ながらの変わらない味。

Cimg1116

デザートは杏仁のムースのマンゴーソースがけ。デザートも実はかなりおいしいくて、他のランチに「タルトDEランチ」という、タルトが食べられるものも。こちらのメインはサラダラーメンです。

私の親みたいに「昔のメニューが…」という人には、従来のラーメン単品もありますし、餃子などとのセットもあります。
昔のイメージを知る人はちょっと入りにくいかもしれませんが、親子2代で行ってもいいお店。「昔はこんなんだったんだよ~」と言いながら食べるのも、いいかも知れません。

…ただ、味は保証しておいしいのですが、定員さんの態度や気配りはもう少し…なところが。それが良くなると、一層いいお店になると思うんだけどなあ…coldsweats01

Navajo White(ナバホホワイト)
高崎市鞘町24
TEL:027-322-6029
営業時間 11:30~24:00
定休日 水曜日
※駐車場は道路向かいにある「パーク500」を利用(3台分 22:30まで可)。駐車券を発行してくれます。

|

« 水上・小荒井製菓の「生どら焼き」 | トップページ | 前橋駅前の「南欧の邸宅」―ラ・フォンテーヌ »

中華(ラーメン)・アジアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/22429504

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン+ビストロ=Navajo White(ナバホホワイト):

« 水上・小荒井製菓の「生どら焼き」 | トップページ | 前橋駅前の「南欧の邸宅」―ラ・フォンテーヌ »