« 高崎問屋町に誕生したケーキ屋さん―ル・ポンポネット | トップページ | 老神・川場の旅(後編)―道の駅「田園プラザかわば(とおまけ)」 »

2008年6月15日 (日)

老神・川場の旅(前編)―老神温泉「旅館仙郷」

1泊2日で老神(おいがみ)・川場方面へ小旅行へ行ってきました。
老神温泉で泊まって、川場の道の駅「川場田園プラザ」に寄って来るコースです。
前編・後編・おまけの三部構成でこの旅を紹介したいと思います。

まず老神温泉ですが、沼田市から片品・日光方面へ国道120号(ロマンチック街道)を車で45分ほど行ったところにある温泉です。

Cimg1043

(写真は道中の椎坂峠から見た沼田市の風景。なお椎坂峠にはドライブインも兼ねた「オルゴール館」があります)

草津や伊香保と比べると知名度は高くありませんが、尾瀬や片品の「吹割の滝」に行く際の宿泊地として利用されています。
赤城山の神が日光二荒山の神との戦で負った傷を癒した温泉と言われ、その後二荒山の神を追い払ったことから、「追神」→転じて「老神」という名称になったそうです。
温泉は無色透明のアルカリ性で、「美人の湯」「傷治の湯」と言われています。
現在は20軒近くの宿がありますが、観光地というよりも昔の温泉街といった雰囲気です。四万温泉にちょっと似ています。

Cimg1037_2

この写真は温泉街側の写真ではないのですが…。でも老神の雰囲気は伝わってくると思います。

そんな中、今回泊まったのは温泉街から少し離れた「旅館 仙郷」というお宿。

Cimg1005

Cimg1009

平日でも1泊2万円ほど~という、なかなか高級な旅館ですが、何年か(?)ぶりの大規模な親孝行の旅だったため、思い切って奮発。
でも、その分ホスピタリティは充実していて、到着時には

Cimg1008

抹茶と和菓子が振舞われたり、夕食後には

Cimg1034_2

女将さんからの直筆のメッセージつきで夜食が出ていたり、

Cimg1038

朝食が和食と洋食が選べたりできます(写真は洋食)。

要望等も応えてくれて、例えば私の親はお肉が食べられないのですが、事前に伝えたところお肉抜きの料理にしてくれました。
朝食の奥にあるオムレツは親の分なのですが、実はソーセージの部分がアスパラガス。
もちろん、食事以外の要望にも対応してくれます。

食事処は和室で掘りごたつ形式か畳にテーブルの2種類(部屋食になる場合もあります)。

Cimg1012_2

客室を改装したかな?と思われる場所でしたが、部屋の雰囲気はいいし、景色は最高!今は新緑が楽しめます。
紅葉時は鮮やかな景色になるんだろうなあ…。

そんな中出された夕食の一部はこんな感じ。

Cimg1013

先附と前菜。先附はホワイトアスパラ豆腐。
沼田市はアスパラガスを育てている農家が多いのですが、ホワイトアスパラも育てているのかなあ…。

Cimg1019

(6月だけど)鍋物。お肉は上州牛です。霜降りがすごい!口の中でとろけました。

Cimg1024

春野菜の揚物。野菜はアスパラガス・こしあぶら・うどの三種。うどはかき揚げになっています。いずれも地元沼田で採れたものです。
こしあぶらは山菜の一種で、見かけはたらの芽に似ていますが、香りが強いのが特徴。天ぷらにするとコクが出てとてもおいしいです。

Cimg1026

山椒ご飯・香の物・赤出汁のお味噌汁。
ご飯の上にある茶色いものは筍。お味噌汁の具は山菜です。
山椒や山菜も沼田産のものかも知れないですね。

お風呂は男女入れ替え制で、各内湯と露天があります。
部屋数は20室ほど。小規模なので賑やかさを求める場合は物足りないかもしれませんが、おこもりしたい時、ゆったりと落ち着いて過ごしたい時はいい旅館だと思います。

仙郷
沼田市利根町大楊2-1
TEL:0278-56-2601
URL:http://www.senkyou-gunma.jp/
※夏は中庭で蛍が見られるそうです。

老神温泉旅館組合公式サイト
URL:http://www.oigami.net/

-----------------------------------------------

おまけ(老神温泉のポピー畑)

Cimg1041_2

丁度見頃でした。一斉に花を咲かせていて、とてもキレイでした。

|

« 高崎問屋町に誕生したケーキ屋さん―ル・ポンポネット | トップページ | 老神・川場の旅(後編)―道の駅「田園プラザかわば(とおまけ)」 »

旅館・温泉施設等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/21625170

この記事へのトラックバック一覧です: 老神・川場の旅(前編)―老神温泉「旅館仙郷」:

« 高崎問屋町に誕生したケーキ屋さん―ル・ポンポネット | トップページ | 老神・川場の旅(後編)―道の駅「田園プラザかわば(とおまけ)」 »