« 「前橋版」プチール――ラムール | トップページ | プチールの生菓子 »

2008年4月 6日 (日)

再び箕郷へ―芝桜まつりとブルーベリー

4月5日(土)より「みさと芝桜まつり」が始まりました。
「織姫が置き忘れた桜色の羽衣」をモチーフに、赤・白・ピンクの芝桜が丘一帯を渦巻状に覆い尽くす様は、綺麗を通り越してまさに「圧巻」。
この間梅まつり紹介した高崎市箕郷町のイベントの一つで、全国緑化フェアぐんま2008(高崎会場)の市内サテライト会場でもあります。

で、用事がてら行ってみたのですが…

0804051
0804052

あれ…?
そう、まだ芝桜が咲いていないのです。
満開の時だと絨毯みたいになるんですけどね。
→満開時の様子はこちら(2007年の様子です。市のホームページより)

見ごろは4月中下旬~5月初旬。この時期は県外からも観光客が来て、道中は大渋滞になるんですよ。
花はちょっと寂しいですが、観光客も余り居ないので、渋滞にも巻き込まれずに散策できました。

会場内には売店があって、箕郷の特産物「梅」をはじめ、地元の野菜を売っていたり、うどんなどの軽食が取れるようになっています。
そんな中…新たな箕郷の特産とも言える食材に出遭いました。

それは…ブルーベリー

ブルーベリーは梅まつりの会場であるうめ公園付近(蟹沢地区)で栽培を行っていて、最近は「蟹沢ブルーベリーの丘」なんて言われています。
そこで生産されたブルーベリーのジャムが販売されているのです。

Photo

値段は450円。ちょっと高めですが、ブルーベリーの粒が大きく、ブルーベリーと砂糖しか使っていないので、余計な味がせずすっきりとした甘さです。
酸味が控えめなのも特徴。
私は個人的にですが、酸味が強いブルーベリーの味がちょっと苦手なので、これは気に入りました。

パンにつけて食べても、いくらでも食べられます。

Photo_2

なお、芝桜まつりの会場では、このジャムをのせたソフトクリームが食べられます。

Photo_4

こちらは250円。ソフトの甘さをブルーベリーですっきりとした味わいに。

ブルーベリー、箕郷を代表する特産物になるといいなあ、と思いました。

みさと芝桜まつり
開催期間 4月5日(土)~5月6日(火・祝)(2008年)
入園時間 8:00~18:00
入園料  大人300円、小学生150円
※詳細は高崎市箕郷支所産業課(TEL:027-371-9111)へ問い合わせるか、市ホームページをご覧ください。ホームページでは芝桜の開花状況も掲載されています。
市HP http://www.city.takasaki.gunma.jp/
※満開時の混雑を避ける場合は、開園直後か閉演直前に行くのをお勧めします。

|

« 「前橋版」プチール――ラムール | トップページ | プチールの生菓子 »

イベント・スポット」カテゴリの記事

名産・特産品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/12356643

この記事へのトラックバック一覧です: 再び箕郷へ―芝桜まつりとブルーベリー:

« 「前橋版」プチール――ラムール | トップページ | プチールの生菓子 »