« ラスクとソフトのコラボ―「ガトーフェスタ・ハラダ」のソフトクリーム | トップページ | 梅干し以外の梅の食べ方――梅枝・ume味満喫キャンペーン(箕郷梅まつり) »

2008年2月27日 (水)

南イタリアの家庭ってこんな感じ?――トラットリア ラウタイタリコ ピアッティーノ

以前紹介した「p.cafe」のあるプチショッピングモール「パルクハナミズキ」
ここにもう1軒、イタリアンがあります。
名前は「トラットリア ラウライタリコ ピアッティーノ」

Cimg0622

以前にランチの時行ったことはあるのですが、今回は初めて夜に行ってみました。
外観はもともとお洒落な感じですが、夜は照明の関係もあり、一層お洒落に見えます。

でも店内は対照的に和やかな雰囲気。

Cimg0627

椅子やテーブルが木で作られていたり、アルコール類が雑多に置かれてたりします。
何だか「ほっ」とくつろげる場所。
私はこの店に来る度、「南イタリアに居るみたいだなあ」と思ってしまいます。

さて料理ですが、今回はセットで注文。
セットはパスタorメインの料理に+500円でサラダとドリンクがつきます。
「夜はセットなさそう」と思っていただけに、これはラッキーでした。
しかもサラダとはいえ、ムール貝のトマト煮がこんなに!
サラダ&前菜といった感じです。

Cimg0623

メインともいえるパスタ。私は「サンダニエル産生ハムとルッコラのスパゲティ」を注文。

Cimg0624

一緒にいた友人はこの冬一番の人気メニュー、「生ホタテとフレッシュトマトのタリオリーニ」を注文しました。

Cimg0625

これは友人のから取り分けていただいたものです。
手打ちだけあって、麺はかなり太め。でも、先ほどのスパゲティより麺の味がしっかりしています。
あと何といっても驚きなのはホタテです。
貝柱も大きいですが、貝柱以外の身もしっかり入っているのは珍しい!
(お皿のオレンジ色の部分がそうです)

(奥の写真に少し写っていますが)盛り付けもホタテの貝殻を添えたりして、とっても豪華!でした。

とにかく、みんなでワイワイ喋りながらおいしくイタリアンを満喫するには最適です。
お店の方も、とっても明るくて親切。
今回の食事、実は当初人数がもう少し多くて「食事会」という形で予約を取ったのですが、変更が生じてしまい、結局小規模なものになってしまいました。
それでも、お店の方は親切に対応してくれました。
会計の際に出たホタテの話なども明るく話してくれたし…こんなアットホームな雰囲気も、ほっとさせる要素かも知れませんね。

Cimg0628_4 トラットリア ラウライタリコ ピアッティーノ
高崎市井野町1009-4(パルクハナミズキ内)
TEL/FAX 027-381-8787
Lunch 11:30~16:00(L.O 15:00)
Dinner 17:30~23:00(L.O 22:00)
木曜定休日
URL http://l-aula.com/
(このHPは前橋敷島店がメインとなります)

|

« ラスクとソフトのコラボ―「ガトーフェスタ・ハラダ」のソフトクリーム | トップページ | 梅干し以外の梅の食べ方――梅枝・ume味満喫キャンペーン(箕郷梅まつり) »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/10755965

この記事へのトラックバック一覧です: 南イタリアの家庭ってこんな感じ?――トラットリア ラウタイタリコ ピアッティーノ:

« ラスクとソフトのコラボ―「ガトーフェスタ・ハラダ」のソフトクリーム | トップページ | 梅干し以外の梅の食べ方――梅枝・ume味満喫キャンペーン(箕郷梅まつり) »