2017年10月17日 (火)

【告知】秋の『ちょっとしたパンまつり』 at TOMIOKA

フライヤー

富岡の「おかって市場」で、春と秋に開催される「パンまつり」。
今年(2017年)の秋は、会場の富岡倉庫などの改修で、開催されない予定でしたが。。。

工事の日程が変更になった関係で。
「ちょっとだけ」開催できることになりました。

名付けて「秋の『ちょっとしたパンまつり』at TOMIOKA」です。

イベントの様子

日程は11月5日の日曜日。時間は11時~15時です。
出店予定のパン屋さん&コーヒー屋さんは、冒頭の写真(↑)のほか。
(クリックすると拡大します)
Facebookにも載っています。

イベントの様子

「ちょっとしたパンまつり」なので、規模は小さめですが。
それでも、初出店あり、お馴染みのお店ありと、バラエティーは豊か。

イベントの様子

でも、「ちょっとしたパンまつり」だからこそ。
ゆったりと、パンやコーヒーを楽しめる。

そんなひと時になればいいなあ…と。
思っています(^^)
(なので、今回は告知も控え目です☆)

イベントの様子

祝日(文化の日)と絡み、3連休になる方も。また、そうではない方も。
「ちょっと出かけてみようかな」という感覚で。
お越しいただければ、幸いです♪

私は今回も、スタッフとして会場にいる予定です。
よろしくお願いいたします!

パン

パン

パン

パン

パン

パン

ハンバーガー

パン

秋の『ちょっとしたパンまつり』 at TOMIOKA
開催日 2017年11月5日(日)
開催時間 11:00~15:00
場所 おかって市場(富岡市富岡1450)
Facebook:「秋の『ちょっとしたパンまつり』 at TOMIOKA」
※車は近くの市営無料駐車場か、有料駐車場をご利用ください。
※出店者さんは変更になる場合があります。また売り切れの際は、ご容赦くださいますようお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

「中之条ビエンナーレ2017」を振り返って。

旧五反田学校にて

9月9日(日)~10月9日(月・祝)開催された「中之条ビエンナーレ2017」
私が行ったのは、9月の台風が迫っていた3連休のことでした。

最終日も含めた3連休、2回目行けるかな…と思ったけれど。
他の予定などが入ってしまったこともあり。
結局行けたのは、その時の1回のみとなりました。

伊参加スタジオにて

今回は以前このブログでちょこっと話をした。
「中之条ビエンナーレ2017」に行って感じたことを。
写真などを併せながら、述べたいと思います。

旧沢田小学校にて

今回のビエンナーレも、おもわず頬が緩んでんでしまう作品や。

Israel exihibition

作家さんの背景にある現実に。
衝撃を受けた作品。

伊参加スタジオにて

心に沁みて、とても感動した作品と。

様々な作品にも、出逢うことができ。
感性と心を揺さぶられたのですが。

作品と同じくらい、今でも脳裏に焼き付いているのは。

旧沢田小学校

沢渡エリアの「旧沢田小学校」と。

イサマムラ

伊参(いさま)エリアの「イサマムラ(伊参芸術文化創造施設)」の建物です。

この2つの会場は、どちらも閉校した小学校の建物を利用しています。
「旧沢田小学校」は、その名の通り「沢田小学校」。
「イサマムラ」も、もとは「伊参小学校」の校舎でした。

旧沢田小学校の様子 title=

中之条ビエンナーレではこれまでも、閉校になった校舎などを会場にしていますが。
何十年を経過した、年期の入ったもので。
現代の校舎として維持していくには、難しいものでした。

しかし、「旧沢田小学校」と「イサマムラ」の建物は、とても新しく。
現在の学校として、十分機能できる状況だったのです。

「イサマムラ」の様子

この状況には、いろいろな意見もあると思いますが。。。
善し悪しとは別に、私が強く感じたのは。

学校として十分な機能が整っていて。
生徒も快適に過ごせる環境なのにもかかわらず―

…それでも、閉校にせざるを得なかった。
中之条の「過疎」の現実です。

旧沢田小学校にて

だけどその一方で、中之条では。
この現実を受け止めた上で。

旧沢田小学校にて

それでも、前を向いて。
進んでいこう、という「力」も。

感じることが、できたのです。

「イサマムラ」ショップ

2013年に閉校した「伊参小学校」は、今年(2017年)に「イサマムラ」として。
伊参地域の芸術や文化の総合施設として、蘇りました。

作品&ワークショップ

そこでは、展示だけではなく。
作家さんの作品を販売するショップや。
お客さんが「作品」に触れ合える、ワークショップも開催されていました。

作品に触れる人たち

年齢を問わず。地域も問わず。
お客さん、作家さん、中之条の地域の人が一緒になって。
アートに触れることが、できるようになっていたのです。

旧五反田学校にて

「中之条ビエンナーレ」というアートの祭典は、今や地元の人たちにも浸透し。
受付のある会場では、地域ボランティアの方々が。
気さくに、笑顔を向けてくれました。

沢渡温泉街にて

また、沢渡の温泉街では。
地元の方と作家さんが話を交わす場面も。
目にすることが、できました。

しかもその光景は、とても自然で。
どちらも笑顔だったのが。
今でも、脳裏に焼き付いています。

イサマムラにて

今回の「中之条ビエンナーレ」のテーマ―「Symbiosis―共生」。
「個性」を認め、共に生きる―

旧五反田学校にて

それは、この中之条の地に確実に根付き。
新たな力となって。

イサマムラにて

私たちひとり一人に、その「姿」を。
示してくれているのだと、思いました。

伊参スタジオにて

旧五反田学校にて

「霊山たけやま」にて

沢渡温泉街にて

旧沢田小学校にて

イサマムラにて

イサマムラにて

旧沢田小学校とコスモス

中之条ビエンナーレ2017
(2017年9月9日(土)~10月9日(月・祝)開催)

URL:http://nakanojo-biennale.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【告知】「さくらカフェ」十月の展示会。